スポンサーリンク

2015年05月25日

この勝ち点3はデカい!

>あとは日本と韓国が五輪予選で同組にならないことを祈る…

 アウェイ徳島戦は2-1の勝利。

 サポーターズブログに並ぶタイトルからシーズン中盤とは思えない激闘ぶり、
 両チームのこの試合にかける思いが伝わってくる。

 前半だけで負傷交代2人とかそれだけでもかなり厳しい戦いだったことが窺えるが、
 そんな状況でも勝ち点1に終わらずに勝ち点3をゲットできたことは実に大きな意味がある。
 徳島に与えたダメージのデカさを考えるとAT弾での勝利は正に“つうこんのいちげき”。
 これだけ攻めてもダメか、勝ち点1すら取れずに負けるのかというショックは計り知れない。
 文字通り徳島を“沈めた”というのはコンサにとって大いに自信になるはず。
 負傷交代したのは負担がデカい2シャドーかな?内村ならかなりヤバいが…タイトルにはないから大丈夫か?

 劇的な勝利というのはチームが波に乗れる。

 順位は7位のままだけど、上位が軒並み足踏みをして差が詰まってきた。
 まだまだ連勝連敗であっという間に順位変動が起こってしまうから楽観視はできないけど、
 今までのコンサとはちょっと違うぞ!というのを感じる。

 '11コンサの昇格イヤーは室蘭でシュート2本に終わる負けを喫するなど当初は昇格を狙えるような状態ではなかった。岡山が加入して「昇格できなかったらユニフォームを脱ぐ!」とブチ上げたものの、昇格(争い)には現実味がなかった。目の前の試合を1つずつ戦うことでじわじわ這い上がり、昇格争いを現実のものとしたのはシーズン終盤。ぶっちゃけ、よそはどうでもよくて自分たちの戦いだけに没頭できた。

 だが、今年は違う。去年は財前氏を途中解任しバルバリッチ監督にスイッチ。補強もこれまで以上に積極的に行ったし、シーズン開幕から本気でJ1を狙う!という空気に満ちていた。ナザリトこそフィットしていないものの、去年から加入した都倉はもちろん今年加入した稲本やソンユンが大車輪の活躍。下馬評でもそこそこいいところ行くという声がある中で、それなりの順位につけている。

 三浦コンサの昇格イヤー('07年)も基本的には先行逃げ切りで競り合った状況下で昇格を勝ち取ったとは必ずしも言えない。もっとも、今そこそこいい位置に着けているとはいえ、プレーオフ圏内にいるわけではないし昇格争いは始まったばかり。ガチで昇格を争うという意味ではこれが最低限のレベルというのが現実。

 …けどさ、苦手にしていたアウェイ2連戦を連勝できたってのはやっぱ気持ちいいよ。
 ここ数年、順位表とにらめっこすることがなかったけど今年はちょっと違う。
 1つ1つが大事ってのは変わらないにせよ、順位表で一喜一憂できるってのはうれしいね。

 コンサは勝ったけど、クラシックは明日に残りそうなので今晩はセーブする。
 とかく5月を乗り切るのがホント大変なんだわ…。でも、コンサが勝てば大丈夫!

posted by フラッ太 |00:00 | 試合後の印象 | コメント(0) |

2015年05月24日

徳島戦の展望。

>深井さん、くれぐれも無理しないでおくんなせぇ…

 さて、今日はアウェイ徳島戦。
 そこそこいい位置に着けているコンサだが、ここから上に行くためには
 相性の悪さとか鬼門とか言ってる場合じゃないんである。

 徳島はJ1からの降格組。ここまでは6連続ドローで16位に沈んでいるが、選手個々の能力は決して低くない。むしろ前線はタレント揃いでなぜこんな成績になるのかわからない(得点9はJ2ワースト2位(!))。エステバンは間違いなくJ2では反則レベルの外国人選手だし。さしずめ、静的なダニルソンといったところか。

 ここ数日忙しくて録画を観る余裕が全くなくコンアシでチェックするのが精一杯なので、
 戦術予想は孔明さんに丸投げ(苦笑)。ただ、ぼんやりとキーワードを挙げるとするなら
 「自信」になろうかと思う。

 序盤パッとしなかったコンサが岡山戦では完璧な内容で浮上のきっかけを掴んだ。内容に結果が伴ったことで好循環を生んでいる。福岡も開幕から3連敗でどうなることかと思いきや井原監督が立て直して現在5位。このあたりがJ2の面白さであり難しさでもある(恐ろしさとも言うが)。

 自信を持てているコンサと波に乗れずに自信喪失気味の徳島。
 ぜひとも徳島には“眠ったまま”にすべき。昇格イヤーの徳島の建て直しは凄まじいものがあったし…。

 コンサにありがちな弱きを助ける悪癖もなくすこと!
 複数得点とまでは言わん、キッチリ勝つべし!

posted by フラッ太 |10:08 | スチャラカプレビュー | コメント(0) |

2015年05月17日

神様仏様都倉様。

>姐さん、9月4日今から空けといてねー

 アウェイ群馬戦は2-0の勝利。
 サポーターズブログ→J公式と辿って都倉が決めたのとスコアだけ把握。

 都倉と来たらコンサはよいとこ家建ててくれ、サッカーは上手いしカミさんはきれいだ、
 ゴールは決めるし、イケメンだし、トークも達者だし、胸板厚いし、首は太いし、
 スーツ姿もEZOCAカード持たせてもとにかく何やらせてもサマになるしでリア充大爆発しろ、
 いや大爆発されたらそれはそれで困るから爆発し続けろと。
 今から昇格云々は気が早いにも程があるが、都倉の貢献や信頼度からして
 都倉ぶっこ抜かれたら即詰みなんて事態は絶対に避けていただきたい。
 それこそ'12年の再来になってしまうぞ。…とまあ、都倉への賞賛はこれくらいにして。

 ゴールデンウィークの過密日程が終わってひと区切り。13試合で勝ち点20の8位。
 プレーオフに届くであろう1試合あたり1.8の勝ち点にも3足りない。
 悪くもないが良くもないといった現状でブレイクを挟む30節までの“第2クール”は
 「上位に居続けるための戦い」
 具体的にはプレーオフ圏内を維持するのがテーマになろうかと思う。
 今までできなかった課題でもあるしね。

 コンサの永遠の課題はアウェイの気候に適応すること。
 GW期間中にそれほど試合の質が落ちなかったのはターンオーバーの正否よりも
 アウェイ2戦がナイトゲームだったから。そう勝手に思っている。
 アウェイゲームは前泊が義務づけられているので
 ナイトゲームであればほぼ丸一日体を慣れさせることができるが群馬戦のキックオフは13時。
 とはいえまだ5月。気温が高いだけでヒーコラ言ってたら真夏のアウェイは乗り越えられない。
 気温の高さよりもむしろ湿度の高さの方が厄介…のはず。

 まあ何にせよ2クールの1発目を複数得点&完封勝利で締めたことは何より。
 もう1段ギアを上げていこう。

posted by フラッ太@クラシック快飲ちう。 |23:50 | 試合後の印象 | コメント(2) |

2015年05月11日

結果論だけど結果が全て。

>頼む、オレに休みをくれ!じゃないとネタも書けやしない…(←そっちかよ!)。

 普段は録画を観る前は先入観が入らないように極力情報を遮断しているんだが、
 今回は我慢できずにブログ巡りをしたのでそこで思ったことをつらつらと。

 攻守に於いて都倉頼みが露呈した、都倉に取って代わるFWが出そうで出ない」
 って結論になっちゃうんだけど、主にナザリトをスタメン起用したことに関しては
 シロートが思いつくようなことをプロである監督なら当然考えが及ばないはずはない。
 裏を返せばナザリトをスタメン起用する理由があった、メリットがあると踏んだ、ということ。

 シロートが思いつくようなこと、とはここでは
 「岡山戦からの好転は都倉を1トップに置くことで前線からの守備が機能し、
 相手を型にハメて主導権を握った」ということになるかと思う。

 で、ここからは完全に妄想だけど(汗)、監督はターンオーバーを明言していたし、連戦のどこかでナザリトをスタメン起用する気でいたと思う。内村が連戦前で既にイエロー累積3枚で内村抜きの事態も想定しなければならなかったし。岡山戦と磐田戦しかチェックできてないが、岡山戦ではほぼパーフェクトな出来。金沢戦もアウェイでドローなら相手は上位だし結果としては悪くない。

 で、磐田戦で完勝して「さて、どーすんべ?」と。
 愛媛戦では監督のコメントとして「迷ったが勢いを重視した」というのがあった。
 ここが分岐点だったのかな、と。

 で、愛媛戦は積極的に勝ち点3を取りに行ったが結果はドロー。都倉は攻撃だけじゃなく守備でもファーストディフェンスに走っているからこれ以上1トップで使い続けるのは相手に研究もされるし、最悪壊れるリスクもある(選手の側は出来ないとは言わないから)。かといってナザリトのスタメン起用は都倉のサポート(お守り?)が欠かせない。実際、シーズン序盤で何度も都倉がなだめるシーンがあったし…。内村をスタメンから外したのは無理使いしたというのがあったからだと思う。愛媛戦の前にナザリトがケガという報道もあったしスタメン起用はそもそも無理で時間限定だったかも?

 実はこういったケースは去年の山形の終盤戦にもあった。プレーオフ争いと天皇杯の掛け持ちという過密日程。その最中、石崎監督は敢えてメンバーを固定するという選択をした。ちなみにこれは読売新聞のスポーツ面から知ったので妄想でも何でもないということをあらかじめお断りしておく(もちろん殊更に石崎監督を持ち上げる気などなく、そういうことがあったということである)。過密日程の中でメンバーを固定するのは少なからずリスクが多くなる。疲労が蓄積された状態での連戦だから動きは重くなるし、ケガのリスクも高まる。それでもそうしたのは勢いを重視した、価値があったから。

 石崎監督はギャンブルに成功した(=結果が出た)から賞賛もされ内幕が明かされる、
 バルバリッチ監督はギャンブルに失敗した(=結果が出なかった)から批判される。
 そういうことなんじゃないかな、と。
 まあ、ギャンブルとはいっても両者共に五分以上、少なくとも五分には戦えるという心算の下でだとは思うけどね。

 もっとも、シーズン終盤で先のことをあまり考えなくても良かった石崎監督とまだ3分の1に差し掛かるところで先を見据えなければならないバルバリッチ監督とではギャンブルをするしないの踏ん切り方も違ってくるというのはある。都倉が壊れることは絶対に避けたいし避けなければならなかったし。

 都倉は個人でも2ゴールという結果を出しチームを鼓舞した一方で、ナザリトはノーゴールで途中交代となればどちらがコンサのエースかは明らかだ。都倉が決めて負けたのなら仕方ないと信頼されている一方でナザリトが決めてもチームが勝てないんじゃ意味ないと思われている、と言い換えてもいいかも知れない。ただし、これはあくまでも「現時点で」であってナザリトが必要ないということでは決してない。ナザリトの身体能力が高いことは証明済みだし、第一、都倉頼みでは長いシーズンを乗り切れずに息切れする(既にしている?)。

 ナザリトがどう変わるかは彼自身の意識にかかってくるし、
 ナザリトをどう活かすかは監督の指導やシステム変更も含めた采配にかかってくる。
 そしてこれは何もナザリト、FWに限らず全ての選手やポジションに言えること。

 そりゃ、負けりゃ悔しいよ。
 悔しいけどさ、勝ち負け以外にもいろいろ考えることはあるよねってことで。
 え?お前の場合は妄想の垂れ流しだって?…否定できんなあ(汗)。

posted by フラッ太 |00:16 | 戦術厨の戯言 | コメント(0) |

2015年05月09日

案の定。

>どうしてこう地上波で中継入ると…いや、なんでもない。

 ホーム熊本戦は2-3の負け。
 深夜勤から帰ってきてひと寝入りした後、TVをつけると前半12分で早くも失点してた(汗)。
 「おいおい…」地上波も録画してるし、乗り遅れちゃったし、疲れてるし
 オンタイムで追っかけなくてもいいかなと布団でゴロゴロ。

 前半終了時に再びTVをつける。0-2。案の定って感じ。
 「徹底してロングボールを…」なんてのを聞くと小野監督にしてやられた感が。
 プレスにくるのをバカ正直に付き合わなくってもいいよね、的になる選手もいるし。
 そんなところか。持ち駒をフルに使い切っている、そんな感じを受ける。
 無理して攻めて0-3になって1点返すのが精一杯で1-3の負けだろうと思ったが、結果は2-3。

 もちろん、負けはいただけないし、せっかくの磐田戦の快勝劇も粘った愛媛戦のドローも
 この負けで大半が台無しになってしまった。
 だが、1-3じゃなく2-3にしたことはポジティブに捉えたい。
 何とかしようと思っていたから2-3にしたし、実際できたわけで。
 地上波で試合を見た人も頑張ってはいるんだなというのは感じただろうし、
 負けのダメージを少なくしたことには意味があるはず。得失点ではダメージは最小限だしね。

 3失点という現実は単にスタミナだけでは片付けられない大きな問題がある。
 相性とかに逃げるのではなく、きちんと向き合う作業は必要。
 だったら最初から試合観ろ!っていうツッコミはなしで。録画は最初からちゃんと観ますよ。
 頑張ってるってだけでは認めてもらえないなんてのは
 今さらこっちが言わなくたって選手たちにはわかっているはず。

 以前に読んだ著書で小野監督の策士ぶりにはわりと敬意を持っているのだけど、
 「(苦し紛れではなく)積極的にロングボールをドンドコ入れられたときにどうするか?」
 ってのを突きつけられたのかなあと予想する。稲本というストロングポイントをかわされたってことでもあるし。

 サッカーって難しいね。
 特にJ2はちょっとしたことでガラリとチームが変わるというか、風景が変わるというか…。
 だから考える作業が面白くなって戦術厨になったりするワケだが(苦笑)。

 奥が深いとまではなかなか言えないけど、まああれだ、ある種の達観、悟りの境地ですよ。
 じゃなきゃコンササポやってらんないもん。こんなこともあらぁな。
 少なくとも開幕戦のショボい試合よかよっぽど戦ってたんだよね?よね?

 あーあ、勝利の美酒に酔いたかったのに…。

posted by フラッ太 |16:55 | 試合後の印象 | コメント(3) |

2015年05月07日

良しとすべき…かな?

 愛媛戦はドローのようで。
 全くのノーインフォメーションでサポーターズブログを開き、ドローとわかる。
 その後コンサ公式HPでスコアレスドローとわかる。

 予想としては1-1を基本線としていた。
 前貴を信用しないワケじゃないけど、急造のDFラインはそれだけでリスキー。
 ウッチーが調子上げてきたし、都倉でごり押しすれば1点は何とか取れるかな、と。
 1失点は必要経費かなと思って1-1ならまあOK、2-1でも1-0でもとにかく勝てば良し、
 2-0以上なら万々歳で、いよいよ本物かと思ったけど愛媛もそう甘くないねぇ…。

 深夜勤から帰ってきて即チェックしたので内容は何とも言えないが、
 戦術厨目線では無失点に抑えたことを良しとしたい。

 いいだけ疲れたので、まずは磐田戦で元気取り戻すことにする。
 

posted by フラッ太 |06:29 | 試合後の印象 | コメント(2) |

2015年05月03日

よっしゃぁぁぁ!

>そうか、ウチらが磐田潰したから金沢が首位なのか…。

 ホーム磐田戦は3-0の勝利。
 金沢戦の映像はコンアシ以外ノーインフォメーションなんだが、岡山戦はゴメスと宮澤の連携に比べて荒野と稲本はイマイチ。パウロンが狙われたらしいということからも、このあたりのキズ、隙を衝かれたのかなと妄想しつつ迎えた磐田戦。

 磐田に対しては悪いイメージはそれほどないものの、小林祐希を中心に攻撃力はかなりの迫力。ポジティブな見方をしていたとはいえウノゼロで勝つってのは虫が良すぎる、勝つとしたら2-1かなあとぼんやり予想していたのだが3-0で圧勝とは望外の喜び。普段は全くと言っていいほどチェックしない順位表までJ公式でチェック。ようやっと、“いなければならない位置”に戻ってきた感じがする。

 もっとも、これは監督や選手の頑張りだけではきっとないと思う。
 連休中唯一のホームゲーム。都倉が水戸戦で放ったサポ殺しの憎いセリフ。
 ゴール裏をはじめとして「俺たちの番でしょ?」という思いはサポの側に少なからずあったはず。

 J2は特にそうだが、楽に勝てる相手など1つとしてない。
 実力的に上のチーム相手にはコンサはわりといい勝負をするとはいっても
 これほどの見事な勝利の最大の理由はホームゲームだったからってのは妄想じゃないはず。
 ドームに駆けつけた方は久しぶりに誰もが幸せなひとときに浸れたことと思う。

 「これがあるからコンササポはやめらんねぇ!」

 成人はみんなクラシックに酔いながら談笑していることだろう。ざっくりニュースチェックしているうちに都倉2発とウッチーで3点ってのがわかってしまったが(苦笑)、まあ決めるべき人が決めてくれたってことで。金沢戦で出た課題が修正できてのものならば内容も伴っての勝利といっていいと思う。

 どう頑張っても磐田戦はGW終了後じゃないとチェックできないのがつらいところだが(汗)、どことなくモタついた感のある3,4月から反転攻勢に出られそうな勢いをつけた今日の圧勝劇。まだまだ過密日程は続くし気を抜けないのも確かだが、今日だけは素直に勝利の喜びに浸ることにする。ドームに行った人たちを「うらやましい!」なんて思わないぞ。

posted by フラッ太@クラシック快飲ちう。 |23:25 | 試合後の印象 | コメント(0) |