スポンサーリンク

2014年01月25日

#12がたなびく街。

 オフシーズンなので久しぶりにNFLネタでも。

 NFLプレイオフもいよいよ佳境で残るはプロボウルとスーパーボウルのみ。先週はカンファレンスチャンピオンシップ(野球で言えばクライマックスシリーズのファイナル)2試合が行われた。そのうちNFCではシアトル・シーホークスが逆転で去年のNFCチャンピオンである49ersを下した。

 サッカーではサポが12番目の選手というのはよく言われるがアメフトでも同様、いやそれ以上に12番目の選手の役割を果たすことは多い(ちなみにwikiによると公式に#12をファンの背番号と定めているのはシーホークスのみ)。その最たるものがクラウドノイズで、相手QBのプレイコールを通りにくくしてミスを誘ったりタイムアウトを余計に使わせたりとホームアドバンテージは殊の外勝敗に大きく影響する。
 そのシーホークスはホームで滅法強く、今年は1敗しかしていない。ホームの利を活かして地区優勝&シード1位となった。プレイオフにおいてはこのシード順も大きな意味を持っていて、1位シードは1試合少なくなるだけでなく移動なしに常にホームスタジアムで試合が出来るメリットがある。

 シーホークスのクラウドノイズはリーグ屈指でとかくやりにくいスタジアムの1つに挙げられている。BS1ではクラウドノイズの大きさが時に130デシベルを超える(!)とか、スタジアムの構造自体音が反響しやすくなっていたり、座席にアルミを用いるなど「そこまでするか!」というほどに詳しく紹介されていた。それもすごいことだけど、チャンピオンシップの試合の日に街のシンボルであるスペースニードル(だと思う)のてっぺんに#12の旗がたなびいていたのを見た時に「ああ、いいなあ」と思ったんである。

 街全体が盛り上がっているのは言うまでもないんだけど、スーパーボウルがかかる大事な試合の日に街のシンボルにホームチームの旗がたなびく。それが当たり前の光景ってのがすごくうらやましく思えて。移籍や解雇、再契約が日常茶飯事、パッカーズやスティーラーズなど街単位で熱狂的な応援をするNFLは比較的サッカーと近い環境だと思っているんだけど、いつの日かJ1優勝がかかった試合とかACLで決勝に勝ち進むとかものすごく大事な試合の日に街中が赤黒で染め上げられたらどんなに素敵でカッコいいだろうか。

 まああれだ、試合の日はレプユニで街を闊歩するとか、赤黒グッズを普段から身につけているとかまずは赤黒が街全体に溶け込むところから始めなきゃならないんだけどね。俺たちの街にはコンサがある、が当たり前の光景として存在する。それが少しずつ広がっていけばいいなと思う。

 デブでも着られるユニ売ってくれっていうワガママは通りそうもないから、キャップとマフラーくらいはゲットしとこうかな…。無理とは思いつつもレプユニがオーダーメイドできれば\30,000出してでも買うんだけどなあ。

posted by フラッ太 |22:26 | スポーツ | コメント(2) |

2014年01月20日

アイコン。

>着られるユニをと思ったのにフェホが退団とは…

 赤:いやあ、プレビューパーティーでいよいよ新シーズンが始まるんだって感じがしますねぇ。
 黒;Zepp Sapporoが会場ってのは年齢層が高いコンササポには苦行じゃねーのか?
 赤:ドームが空いてなかったんだから仕方ないですよ。
   ゴール裏でずっと立ってると思えば苦にならないんじゃないですか?
 黒:背番号もおおむね落ち着くところに落ち着いたな。
 赤:22番が神田というのは読めなかったですね。期待の現れということでしょうか?
 黒:かつては大伍がつけた背番号だしユース出身者の出世頭にってのはあるだろうな。
 赤:しかし本当に松山光がコンサに加入するとは思いませんでした。高橋先生には感謝です。
 黒:架空の選手の登録ってアリなのか?
 赤:セクシーさんとこじゃ三杉の登録もあったみたいですから問題ないんじゃないかと。
   キャプテンシーがあって守備が上手くてキープ力もあってミドルシュートも打てる。
   そんなボランチがいたら理想的ですよね。
 黒:おのれ野々村、深井さんの存在を何と心得るかっ!叩き斬ってくれるわ!
 赤:そんなにいきり立たなくっても。深井さんのすごさはサポならみんな分かってますよ。
 黒:それにしても松山光プロジェクトをここまで具現化するとはな。上手いこと考えたぜ。
 赤:yahooトップにも挙げられましたしね。
   ノノが言ってた大人の遊びってことなんでしょうか?
 黒:コンササポなら育成で実績を上げてきたのは誰でも知っている。
   だが、それだけじゃ周りの人には理解してもらえない。
   育成を柱にしてクラブが大きくなることをアピールするのに松山光は格好のアイコンだ。
 赤:キャプ翼世代にはどストライクですからねぇ。
   良くも悪くもキャプテン翼は日本サッカーに大きく影響を与えましたし、
   大空翼はある意味シンボルですから。
 黒:…そうとも言うな。
 赤:セレッソでしたっけ?ユースチームが独立採算でやってるのは。
 黒:ハナサカクラブのことか?
   ユースチームのサポートを独立採算でやってるってことらしいから
   参考にした部分はあるだろうな。
 赤:支援金は育成費や強化費に限定するということですから目的意識がハッキリしますしね。
 黒:コンサにはリオ世代が多いし今年はオリンピック予選もある。
   タイミングとしてもぴったりだし、コンサから五輪代表を出したいってのは本音だろう。
 赤:荒野や奈良が代表遠征に行ってますからね。荒野がリオで大暴れするのを見たいなあ…。
 黒:そのへんは彼らに頑張ってもらうとして、だ。
   将来の代表候補がいて、さらにそれが自前の育成組織から出てきた。
   「実はコンサってすごくね?」ってのをアピールするのはサポの役目だぞ。
 赤:サポが伝道師になるわけですね。尚のことGON44組はうかうかしてられないです。
   そういえば榊が坊主になりましたけど、気合い入ってますね。
 黒:甘い!榊は甘い!
 赤:どうしてですか!点が獲れなかったら坊主になるって約束ちゃんと守ったでしょう!
 黒:アピールが足りんのだ!どうせ坊主になるんだったら
   五厘(五輪)にしました!荒野には負けません!」となぜ言わない!
 赤:そういう閃きはウチらだけで十分ですってば。


 ユニにも触れたかったけど今回はサラッとやってみた。
 このコンビが本調子を取り戻すのは果たしていつになるのやら…。

posted by フラッ太 |13:25 | ネタの殿堂 | コメント(2) |

2014年01月16日

2014年、スタート。

>それでも稀勢の里を諦めない!

 外国人含めた契約選手も発表になり、練習も始まり、新ユニフォームも発表になりと
 2年目の財前コンサもいよいよ始まるんだなというのを改めて感じる。
 今年の新ユニフォームの印象は「そうきたか!」。今年も実にカッコいい。
 黒が増えたので戦う集団ってのをより強くイメージさせる。ユニだけなら今年も既にJ1だ。

 小野との仮契約も正式に発表となり、いよいよな感じはさらに高まる。レコンビンとの契約を土壇場でうっちゃられたので小野はたとえ合流が遅れても絶対に獲得するというノノ社長の意気込みってのは深読みしすぎか?

 ゴメスの福島修業は驚きだったがゴメスなりの危機感の表れなんだろう。
 鶏口となるも牛後となるなかれとも言うし、余所の釜のメシを食うことはきっと身になるはず。

 …とまあ、生存確認的につぶやいてみる。
 移籍に関しては珍しくオチが先に思いついてネタが作れなかったりして(苦笑)。
 まあ余所のことなのであんまり深入りするのもどうかと思うし…。
 今は積ん読状態の本を読んでいるところ。読み終わった時点でアップしようかと。

 おかげさまで120万アクセスを達成しました。
 去年のうちに到達したかったんですが10,11月が忙しく更新もままならずで。
 オフィシャルブログにもいろいろな問題があり、移転も視野に入れなければとも思いますが、
 それでもオフィシャルブログはとっかかりとしてはやはり欠くことはできない。
 ここから完全に撤退する気はないんだけど、どうしようかなと思案している次第。
 更新が滞ってはいますが、よろしければこれからもお付き合いのほどを。

posted by フラッ太 |18:26 | コンサについて | コメント(2) |

2014年01月07日

苦渋の選択。

 どうやらレ・コン・ビンの移籍は流れたようで。アベさまのNHKがこの段階で誤報を流すとも思えないし。
 この結末に関してはscaさんの見解が一番スッキリするかなあ。

 自分だけのことを考えれば移籍の道を選んでいたような気はするが、自分が抜けることでクラブそのものがなくなったら…となるといろいろと悩んだのも想像はできる。監督が「(レ・コン・ビンが)いなくなるなら辞める!」とかクラブを売却するぞとかがどこまで本気かってのはさておくとしても。

 義理と人情を秤にかけりゃ…という苦渋の決断だと思いたい。

 多分にセンチメンタルではあるけれど、結果的には土壇場で裏切られた格好でぶっちゃけ後味は悪い。三上GMも慎重に言葉を選んではいるが「そりゃないよ!」というのが偽らざる心境ではなかろうか。コンサに来たとしてもレギュラーが確約されているわけではないし、財前監督も無条件でポジションを与える気はない。戦力面よりもビジネス面が先行していた感はあるので純粋な戦力アップという意味ではダメージは少ないと思うが、海外に打って出る機会を失ったという点では大きなマイナスで戦略の大きな見直しを迫られる。

 救いがあるのは社長とGMが枠の外に飛び出すという同じベクトルでいること。
 J2クラブの動向が経済ニュースで取り上げられるなんて今までなかったわけだし、
 その可能性を示せたのはたとえレコンビン獲得がかなわなかったとしても実績として残る。

 当分は試合に勝ってクラブの価値を高めることになる。すぐには無理でも小野の獲得はメドが立ちそうなので虻蜂取らずにはならなかったわけだから、ひとまずオフの動きには区切りがついた。あとはキャンプでしっかり鍛えて開幕を目指そう。

posted by フラッ太 |09:51 | コンサについて | コメント(4) |

2014年01月01日

年の初めの天皇杯。

>ゆっきぃさん、おめ!

 あけましておめでとうございます。
 いろんな意味で中途半端に終わった2013年。今年はスッキリしたいもんですな。

 さて、年の初めの天皇杯。Jリーグの1位と2位が決勝で対戦するのは初めてとのこと。
 非常にわかりやすい図式の中で最後の元日決戦はFマリノスが勝利。

 判官贔屓をものともせず、というのはちょいと表現がおかしいけど、リーグ戦で2勝したそのままの力関係が出たのかな。去年の最終節で俊輔が崩れ落ちたシーンはあまりにも絵になりすぎたしねぇ…。CKからの2点目は蹴った瞬間にゴールの確信があったかのよう。さすがの俊輔だった。タイムアップの笛が鳴った瞬間の俊輔が喜びを爆発させるのではなく、小さく「よっしゃ」とつぶやき淡々としていたのが印象的だったなあ。

 絵になる男が天皇杯を掲げる。今年のコンサで絵になる男は誰になるのか?
 別に1人に限ったワケじゃない、何人出てきてもいいんだぜ?

 そんなわけで、今年もよろしくお願いします。
 

posted by フラッ太 |15:57 | スポーツ | コメント(2) |