スポンサーリンク

2010年06月18日

勝ったから何とでも言える!

 一応、コンササポの端くれとしては日本代表をコンサの選手と重ね合わせて見たりする。

 阿部をアンカーにしたイングランドとのテストマッチでやっと守備が安定したのかなと思っていた。ちょっと前に4-3-3はどうだろう?と妄想したのは、実はこの阿部をアンカーしたフォーメーションがベースにあったりする。もちろん「今さら何を言いやがる!」って話ですけどね。
 実際は今年の石崎コンサでは芳賀がCHの核だから阿部を芳賀に見立てて、その前にカズゥと宮澤を置いたらなかなかエロい組み合わせになるよなあと妄想したワケだが。J1ならいざ知らず、J2ならいいとこいくんじゃなかろうか。あくまで攻撃のみだけど。
 無理やり代表に当てはめるなら宮澤≒長谷部で遠藤≒カズゥになるんだろうけど、カズゥの展開力をより活かそうと思ったら阿部の位置にカズゥが入っても面白いんじゃないか。そうなると前目のポジションに誰が入ればいいんだろう?古田かなあ?・・・などと妄想が暴走していく。

 岡田ジャパンと石崎コンサは時々重なることが多いように見えてしまう。
 特に松井や大久保が攻撃にも守備にも走り回って途中交代されたのを見るとなおさらそう思う。大久保があんなに献身的に守備をやるとは思わなかった。あれを見たらみうみうは神戸でもあんな動きを要求するに違いないぞ(笑)。

 やはり誰もが代表選手に選ばれるだけのことはある。

 前の3人はちゃんとボールキープしてくれるから最終ラインが守備に追われていても休む時間を作れる。松井や大久保は仕掛ける意識も持っているしドリブルもする。地上波でミスターセレッソが解説していたが、松井のドリブルが入ったことでカメルーンのDFラインの意識がボールにいったというのはなるほどなあと思わされた。本田の動き直しも動きそのものは代表レベルの選手ならさほど難しくはないと思うが、あの場面でできるのはやはり“場慣れ”しているからなんだろう。真ん中の3人もセカンドボールを巧く拾っていたのはスキルの高さもさることながらムダな動きがないからだと思う。

 え?明日はオランダ戦なのに何を今さらカメルーン戦の話をしてるんだって?
 いいじゃござんせんか。ネタの鮮度からして今日を逃すワケにいかないんで。

 明日は仕事でオランダ戦は観られねーんだよっ!
 明日の試合時間中はヒマだろうなぁ・・・。

posted by フラッ太 |17:30 | コンサについて | コメント(0) |