スポンサーリンク

2016年07月09日

ここからが本当の闘い。

>ソンユン交代って何があった!?

 アウェイC大阪戦はスコアレスドロー。

 サポーターズブログに並ぶタイトルからソンユンがどうやら負傷交代っぽく
 代わって入った金山が奮闘したということになろうか。

 正直、ソンユンの離脱はかなり痛い。
 だが、GKの負傷交代という緊急事態を乗り越え敵地でスコアレスドローで凌いだのも大きい。
 交代カードが1枚少なくなる中で監督も選手も死力を振り絞っての闘いだったんだろう。

 ただ、強引にポジティブに捉えるならソンユンは既に韓国の五輪代表に選ばれているのでコンディションにかかわらず離脱は決定事項。その時期が早く来ただけ。そう考えると難しい状況で試合に入らなければならなかった金山がこれまでとは違ってスコアレスドローに貢献できた。今日のMOMと言って差し支えないと思う。

 不本意な形ではあるけれど、昇格するチームってニューヒーローが出てくるもの。
 金山にとってもある意味リベンジ達成だし、サポもホッとひと息つけた。
 千葉戦と松本戦では全てが金山の責任ではないにせよ2試合で5失点と散々だったしね。

 録画は明日観る時間を作れると思うので内容はさておくとして、
 今日の激闘はここからが本当の闘いだと覚悟を問われた気がしてならない。

 セレッソが最も勝つのが難しい相手であったというのもあるが、まだ半分という現実は重いなあと思わされてしまう。包囲網も敷かれる。研究もされる。先を見据える余裕なんてない。先は長いなあと思ってしまうのだが、それでも21クラブと同時に闘うわけではない。闘う相手はあくまで1チームごとなのだから、言葉は悪いが1つ1つ叩き潰す、“出てくる杭”を打ちのめすだけ。それは開幕から変わらないこと。

 セレッソにしても直接対決でコンサを叩けなかったのは痛いはず。コンサは1試合消化が少ないしね。撃っても撃っても入らない(という試合展開だったと思う)のは次節以降にも引きずるだろうし、ホームで勝ち点3が獲れなかった現実はたとえコンサが首位であっても後々重くのしかかる。

 今日はこれくらいにしといたらぁ…ってセリフはさてどっちのものになるのかな。
 さあ、こっからが本番だ。気合い入れ直そうぜ。

posted by フラッ太 |21:57 | 試合後の印象 | コメント(3) |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事に対するコメント一覧
Re:ここからが本当の闘い。

本当に惜しかった引き分けでした。正直勝ててもおかしくありませんでした。ソンユンが怪我して嫌な予感はしましたが金山がしっかり役目を果たしてくれました。
C大阪にとっては痛い引き分けだったと思います。
後半戦は相手チームもしっかり研究してくるでしょうから、まさにここからが本当の闘いですね。
次節もアウェイでまたまた蒸し暑い岡山での戦いになりますが次節はしっかり勝ち点3を取りたいですね。

posted by れいほう| 2016-07-09 22:49

Re:ここからが本当の闘い。

ソンユン退場は、オリンピック大丈夫か?と思いましたが、終了後セレッソ・サポに挨拶に行ってたので、大事無いかな?、とは思います。検査はするとは思いますが。
お互いのキーパーが目立った試合でした。解説者は「試合が締まる」と言ってましたが、両サポーターはそんな思いじゃなかったはず。王将が側金(将)無しのひとりで逃げ回る、そんな感じの試合でした。特にアディショナルタイムは詰むや詰まざるやで、心臓に悪かったです。

posted by 蹴球素人| 2016-07-09 23:23

Re:ここからが本当の闘い。のお返事。

 >れいほうさん
いつもは味方になってくれるバーポストさんが珍しく敵になりましたね(苦笑)。
内村のニア抜きシュートはキム・ジンヒョンでなければ入っていてもおかしくありませんでした。
フリーで待っている選手もいましたが、あれはあれで1つの正解でしょう。
わりと早い段階でやってきた天王山、ケガ人も多いですがここを乗り切ってほしいですね。
 
 >蹴球素人さんへ
ソンユンとキム・ジンヒョンの2ショットはいい絵でしたね。
ソンユンがセレッソのゴール裏に向かったときには涙が出そうになりましたよ。
結果がわかっていてもハラハラでしたから
オンタイムで観ていればかなり心臓に悪い試合でしたね。
キーパーが痛んだので前後半共にアディショナルタイムも長かったし
お腹いっぱい胸焼けするほどスリル満点でした。

posted by フラッ太| 2016-07-16 05:44

コメントする