スポンサーリンク

2010年06月30日

岡田ジャパン雑感①。

 ほとんどこの方の後追いになってちと恐縮だが、
 簡単に岡田ジャパンに対する雑感を振り返っておこうと思う。

 去年の弾丸ツアー中に観たオランダとの強化試合。60分まで0-0と健闘しながらその後ガス欠、電池切れであっという間に0-3にされた試合であった。その当時はよくやったというのとこれが限界なのかなというのと相半ばするのが正直なところだった。それ以降はいちいちチェックするのも面倒くさいくらいにやられ続けで、杉山某には3連敗してこいとまでボロクソに叩かれる始末。

 まあ、不肖このフラッ太も本大会の展望としてはグループリーグの初戦に勝って勝ち抜け確率20%で、負ければ事実上の敗退決定と踏んでいた。32カ国になってから初戦を落として勝ち上がった国は皆無に等しいとおぼろげに記憶していたし。2分け1敗、1分け2敗、3敗、1勝1分け1敗で得失点差で涙を飲むという順番で予想していた。だって点が獲れる予感が全くしなかったんだもの(汗)。

 初戦はどこも慎重に入って負けない戦いに終始するだろうから、引き分けは十分あると思っていたが初戦に1-0で勝ったことで勢いがついたことは言えると思う。決してカッコいい勝ち方じゃなかったけど、カッコいい勝ち方なんて求めてもきっとできなかっただろうし「これで戦う!」というのを結果で示せたことが大きかったと思う。

 三浦コンサや石崎コンサを観てきたサポーターの端くれとしては岡田ジャパンは戦術厨的にコンサと重ねて観てしまうところが多かったけど、メンタルの重要性を見せつけられたというのもまた確かなワケで。月刊コンサドーレでのアントニオ猪木との対談からも、石崎監督が戦う姿勢について口を酸っぱくして言うのもなんとなくわかる気がしたんである。

 ・・・簡単に、って言ったのに中途半端に長くなりそうだ(汗)。

posted by フラッ太 |16:25 | FIFA World Cup 2010 | コメント(0) |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントする