スポンサーリンク

2019年03月26日

今日のボリビア戦。出場したら頑張れ武蔵

 今日は日本代表ボリビア戦が行われる。

 スポ新予想では武蔵は先発ではなく控えらしいが、たとえ控えでも後半出場してくる可能性はあるだろう。

 武蔵が出場するシュミレーションとしては日本がリードしている時。相手が前掛かりになって攻めているときに武蔵がピッチに入れば面白い。後ろにスペースがたくさんあれば武蔵が活きる。

 武蔵のスピードならDFラインをうまく抜ければGKと1対1になることができるはず。

 そしてそのときには世代別で一緒だった、南野や中島がいればなおやりやすい。

 とにかく代表初ゴールが待ち遠しい。

 しかし、出場したとしてもあまり時間はないだろう。またリードされる時点での出場ということも考えられる。

 そうなるとなかなか点をとるのは難しくなる。

  しかし、なんとかして結果を残して欲しい。

 武蔵はリーグ戦で順調に得点をしていけばコパ・アメリカにも選出されるだろう。

 ここは日本代表で結果を出してリーグ戦に良い形で戻ってほしい。

 まだ、コンサからの現役代表で得点をとった選手はいない。
 武蔵が初めての選手になってほしい。




      勝手に叱咤コンサ外伝
                                  
        孔明ツイッター  

posted by 孔明 |18:07 | 日本代表 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年03月25日

名古屋戦はボールを握りたい者どおしの試合

 土曜日は名古屋戦だ。

 名古屋は自分たちでボールを握りたいタイプのチームで
 ボールを持って仕掛けてくるのが得意なチーム。

 引いて守ってきた鹿島とはまったく違うチームなので、こちらとしてはやりやすいだろう。

 しかし、攻撃力はかなりのものがある。

  こちらもボールを保持したいチーム。

 いかにボールを持つか争奪戦になると思う。

 

 名古屋はサイドがかなり高い位置をとり、2-2-4気味で前に出てくる。

 こちらは5バックで守るが押し込まれないようにしたい。

  名古屋はショートパスをテンポ良くつなげて前線へ展開してくる。

  そしてサイドからの攻撃が迫力がある。

  こちらは相手のサイドハーフが上がったスペースが空くのでそこを起点に攻撃を展開していきたい。


 また相手のサイドバックがあがってくれば相手は2バック状態になる。そこをついていきたい。

 縦に速い攻めが効くはず。攻撃は相手がブロックを作る前に完結したい。

 そして必ずシュートで終わることだ。そうしないとカウンターを浴びる羽目になる。 

  名古屋とは矛対矛の対決になる。どちらがより攻撃で結果を出せるか注目となる。

 こちらはできるだけボールを持って仕掛けて行きたい。

 チャンスは多くあると思う。そのチャンスを生かして欲しい。





     勝手に叱咤コンサ外伝
                                  
        孔明ツイッター  

posted by 孔明 |20:59 | 戦術 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年03月24日

深井が日本代表に刺激を受けている。

 今日のスポニチには深井のことが載っていた。

 22日の日本代表コロンビア戦の武蔵の雄姿に刺激を受けたそう。
「素直に自分のことのようにうれしくて本気で応援しました。」

 武蔵に代表選出後誰よりも早く武蔵に「おめでとう」メールを送ったそう。
「(A代表の)最初の試合でいつも通りできえちたんじゃないかと思う。」
「自分も改めてそこを目指さなきゃいけないと思ったし、武蔵以外にも一緒にやってきた選手がたくさんいたので負けていられない。」

 武蔵は深井の1学年上だが、世代別の代表になっていた武蔵を気になっていたはず。深井も世代別代表だったが、今のフル代表は深井と世代別代表で一緒にやった選手が多くいる。うらやましいとおもったり、いつかは自分がと思っているはず。

 武蔵のフル代表選出もうらやましいという思いが強かっただろう。

 深井も怪我さえなければとも思っているに違いない。

 ただ、終わったことは仕方がない。

 もう過去は取り戻せない。

 とにかくこの状態を上げて、代表を目指してほしい。

 深井は昨年はミシャに怪我の影響で大事に使われた。

 今年は基本的にフルタイムを出場してるが、まだまだ調子のよい時と比べて完全ではない。
 それでも清水戦は深井らしいプレーが随所にみられた。

 厳しくあたりに行ってファウルをとられずにボールを奪い取るプレーが多くあった。
 深井も徐々に調子を上げている。

 このまま調子を上げていけば日本代表も夢ではないと思う。

 とにかくチームでまずは調子を上げて行くしかないだろう。



      勝手に叱咤コンサ外伝
                                  
        孔明ツイッター  

posted by 孔明 |21:14 | 選手のこと | コメント(2) | トラックバック(0)

2019年03月23日

もっともっとうまくならなければ

 4試合を終わって2勝2敗。10位になった。

 まだ4試合だけだが、欲を言えば勝ち点9位は欲しかった。

 順位表を見ると正直FC東京が首位とは思わなかった。また、広島もまだ負けがないとは予想外。大分も3勝もするとは思わなかった。また川崎Fがまだ1勝もしていない。

 名古屋はある程度予想していたが、だからJリーグは面白い。

 まったく予想外のことが起きている。ただ、まだたかだか4試合しかやっていない。まだまだどんな展開になるかわからないだろう。

 こちらは1試合1試合大事に戦っていくしかない。

 さすがに相手はかなり研究してくると思う。あの鹿島がかなり研究してきて徹底的な守ってカウンターという戦術を立ててきた。

 他のチームもかなり対策を練ってくるはず。
 それを打ち破らなければいけない。

 ミシャも進化してきている。以前はまったくやらなかったセットプレーの練習もやっているし、結果には出なかったがカウンター対策もやっていたらしい。

 しかし、攻め倒すことを目標にしているチームならもっともっとボールを握りたい。

 相手がボールを持ったら全力で奪い取りに行って二次攻撃、三次攻撃を仕掛けていきたい。

 チームのこの戦術だとやはり相手のカウンターが一番危険だ。

 これからの試合はそれをいかに防ぐかにかかっていると思う。

  このチームは進化の途中。もっともっとうまくならなければ




     勝手に叱咤コンサ外伝
                                  
        孔明ツイッター  

posted by 孔明 |21:12 | J1リーグ | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年03月22日

武蔵が日本代表でコロンビア戦に先発した。

 今日の日本代表戦は武蔵がワントップで先発。

 前半、中島のクロスから武蔵がフリーになりヘッドをしたが、うまく当たらずゴールを逃した。これが武蔵としては一番惜しかったシーン

 武蔵はターゲットになったが、相手のCBが190cm以上もある屈強な選手でなかなか前に収められなかった。それでもなんどか空中戦に競り勝ちマイボールにしていた。

 また、スペースに抜ける動きでDFを振り切ろうとしていたが、DFと並走し惜しいシーンがあったが切り替えしをしてマークを外そうとしたがボールが体を離れてしまい。GKと1対1になれなかった。

  そもそも代表のクロスの精度が悪くて良いクロスが武蔵に来なかった。

 しかし、やはりFWは結果が必要で点がとりたかった。
 ただ、初代表としてはまずまずだったのではないだろうか。
 チーム全体として今一つ武蔵を生かしきれなかったこともある。

 武蔵ももう少しポジショニングを良くしてDFを振り切れるような態勢にしたかった。

 これで武蔵はまずは代表1キャップとなった。

  これからたくさん代表での経験を積むに違いない。

 コロンビアというかなり強力なチームとあたって、FWとしての駆け引きや当たりの強さもよい勉強になったに違いない。

 次は火曜日に代表戦が行われる。次出場の機会があったらなんとしても、得点という結果を出してほしい。




     勝手に叱咤コンサ外伝
                                 
        孔明ツイッター  

posted by 孔明 |21:37 | 日本代表 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年03月21日

進藤には守備のかじ取りをしてほしい。

 今日の日刊は進藤のことを書いてあった。

 昨日は2日間のオフを挟み練習を再開。

 進藤「負けたので気分としてはまた一からやれれば」

 今季はリーグ戦で4試合7失点
「失点は気にしなくてもいいわけではない。」

 鹿島戦は「ゴールから逆算して守れていない場面がチームとして多かった。」

 ボランチら守備陣との連係を課題にあげて
「良くなるために要求をできることは伝えていく必要がある。」

 攻撃面では
「昨年からやっていることを引き続き出せている。」

 相手の配置によって試合中で選手間で修正し、チャンスを多く作れている手ごたえがある。「開幕戦で負けてちょっと苦しむかなと思ったけど、今は自信をもってやれている。」

 進藤はここまで4試合だが今年もフル出場。あまり目立ったプレーはなく、地道にプレーしている印象だ。

 攻撃は縦には行くが、リスクを冒してまで前線に入っていくことはあまりなかった。

  守備は可もなし不可もなしと言ったところだろうか。

 ただ、ここまで失点が多いので進藤としても責任を感じているのだろう。

 まずは今年は怪我無く1年を過ごしてほしいというのと、昨年のようにどんどん攻撃に参加してほしいと思う。

 ただ、まだルーカスとのコンビの連係は完全ではないので時間がかかるように思われる。

  進藤にはもっと飛躍してほしい。

  そして守備。前線に人数をかけているのでカウンターを浴びるとやはりもろい。攻守の切り替えを早くしてなんとか防いでほしい。

 もっとも一番いいのは相手のカウンターをできるだけ前で潰すこと。

 進藤にはそのかじ取りをしてほしい。

 とにかく進藤には頑張ってもらいたい。



      勝手に叱咤コンサ外伝
                                 
        孔明ツイッター  

posted by 孔明 |21:14 | 選手のこと | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年03月20日

カウンターの精度を高めてほしい、

 鹿島戦は気になったことがあった。

 それはカウンターがあまり上手くいかなかったこと。
 
 鹿島戦でも何度もカウンターのチャンスがあったが、相手の網に引っかかってしまうシーンが多かった。

 鹿島と比べれとまだまだだと思う。

 やはり相手にしっかり守られると崩すのはなかなか難しい。

 相手の人数が揃う前に素早く攻めればチャンスが多くなる。

 今更言うまでもないがサッカーは相手の守りの人数が少ないほど点が入る。

 いかにして相手の人数が少ない内に攻撃するかも考えた方がいいと思う。

  今は武蔵がいるので、高い位置で奪ったら武蔵に渡せば、武蔵がなんとかしてくれそうだが、やはりチーム全体で考えなければいけないだろう。

 カウンターのパスは素早く正確に、ボールを持ったら一気に人数をかけて攻撃する。ミシャも常々言っているが攻守の切り替えを早くしたい。

 いざカウンターになると焦ってしまい、相手にパスが引っかかると言うことがたびたび起こる。
 もっと冷静にやってほしい。

 練習もしているのだろうが、もっといろんな状況を作ってカウンターの練習をしてほしい。

  鹿島戦ではボールを奪ってもなかなかボールの出しどころがなくて迷っているうちにパスを出すタイミングを失ってしまうシーンが多かった。そして結局、遅攻になってしまった。

  ここはもっとカウンター攻撃のための戦術をいろいろと練ってほしい。
 
  とにかくカウンターの精度を高めてほしい。


     勝手に叱咤コンサ外伝
                                
        孔明ツイッター  

posted by 孔明 |20:16 | 戦術 | コメント(5) | トラックバック(0)

2019年03月19日

スペースがない場合の対処方法

 鹿島は引いて守って自陣に引き寄せ一気にカウンターという戦術をもちいてきた。

 敗戦はそれに対応でなかったことが原因だが、鹿島の引いた守りに攻撃する際にはスペースがなく、精度を要求されるシーンでパスミスをしたり、パスを受けても囲まれボールロストを繰り返した。

  こういったことを打開するため攻撃でスペースがない場合にはどう攻略すればいいのだろうか。

 昨日夕方のNHKのローカルニュースで鹿島戦の解説者だった元日本代表GKの小島さんが、それについての打開策を話していた。
 それはドリブル。
 


 後半福森が左サイドからドリブルで仕掛けて相手のファーストDFが寄せてきてその後ろのスペ-スが空いてチャナがボールをもらって前を向けたシーンを例としていた。
なるほどわかりやすい例だった。

 ドリブルをして持ち上がれば相手は侵入させまいとして防ごうと動くから、自分の持ち場を離れてしまい、もともとあった持ち場にはスペースが生じる。そこを利用して味方が入り込み、その味方にパスをして、そこを起点にしてシュートまでもっていく。

  サイドに振って攻撃するのもいいだろう。打開するためには必要なプレーだと思う。

 鹿島戦はコンサの選手達が口々に「スペースがなかった」と言っているが、その対策をとらないと、鹿島と同じ戦術をとってくるチームに対抗できない。

  次に対戦する名古屋や大分はそんな作戦はとってこないと思うが、他のチームはわからない。
  はたしてこれまでこのような練習をやっていたのかはわからないが、鹿島戦ではまったく対応できなかったことから考えると練習でもあまりやっていなかったのだろう。

  その他打開策としては相手が引く前にロングボールで素早い攻めをするとか、ミドルも有効だろう。

 そしてスペースができたら、ワンタッチでパスをつなぎ相手を崩す。川崎Fなどはスペースがない中での攻撃はうまい。参考にできるのではないかと思う。

 もっとも技術がないと難しい。個人の能力がそこまでいかないととても川崎Fのような崩しはできないだろう。

 だからそのための練習をしなければいけない。

 これはこれから戦うための重要な練習になるはず。

 当然ミシャも考えてるとは思うが、やらないと相手が対策をとってくる中、勝つのは「難しくなる。
 この崩しの練習を是非たくさんやってほしい。


      勝手に叱咤コンサ外伝
                                
        孔明ツイッター  

posted by 孔明 |21:09 | 戦術 | コメント(2) | トラックバック(0)

2019年03月18日

鹿島に同じことを何度もやられているミシャの対応力がなさすぎ

 昨日現地で前半序盤、鹿島がドン引きで受けに回った時には流れでやっているのかなと思ったが、徐々に戦術であることがわかりそこまでやるのかと呆れたと同時にさすがだなと妙に納得してしまった。

 一方こちらはそんなことを予想していたのか予想していないのか、まったく打開策を講じれないまま失点。また失点。
 前半でかなり不利な状態になった。

 2点差なら昨年逆転したこともあるしと思っていたが、後半は、さすがにねじを巻いてきた。福森が上がってロングボールから武蔵を走らせたり、ドリブルでこじ開けるような動きをしたり。ただ後半すぐに得点できなかったことが大きかった。それで焦りを生み失点してしまった。1点をコーナーからとったが、時すでに遅かった。

 敗因はやはり鹿島の戦術に対応できなかったことだろう。聞くところによるとミシャは浦和時代にも当時の鹿島にこれと同じことをやられて負けているらしい。

 同じことを何度もやられてミシャは怒り心頭だろうが、なぜそれに対応できなかったか。聞いてみたいものだ。

 そんな過去があるならそんな可能性は十分に事前にわかっていたはず。それはやはりひとえに対応できなかったミシャの責任だろう。 

 今日のスポーツ新聞では鹿島のカウンター対策を1週間かけてやっていたそうだが、まったくその成果は出ていなかった。練習が足りなかったか練習内容が悪かったか。

 前半序盤は武蔵が孤立して武蔵にわたるパスはほとんど読まれ渡っても何人かに囲まれボールをロストしていたし、チャナもボールをもっても前に出せず横パスばかりだった。

  選手達も言っていたがスぺースはなくあっても狭かった。

  そういう状態になるのは前もってわかっていたはず。それに対応する練習は果たしてやっていたのだろうか。

 前半のうちに1点でもとっていれば結果はまったく違ったものになったに違いない。

 鹿島の勝利のためには、徹底すると言う執念を見た試合だった。

 鹿島のサッカーはまったく面白くもなんともないサッカーだが、勝てばいいというある種達観したサッカーだった。

 本来こんな小細工を圧倒的な攻撃力を打破しなければいけないがまだ、その力はついていない。
 

 ただ、こんなことをやるチームが次から次へと出てくるはず。それに昨日のようなサッカーをしていてはダメだ。引かれたらそれを崩すようなサッカーを身につけなければいけない。

 また、それを崩すべくこちらがカウンターをするシーンもおぼつかない限り。
カウンターがまったくできないというもの困ったことだ。

 もっとカウンターもできるチームにならないといけないだろう。

 いろいろと考えさせられた試合だった。




     勝手に叱咤コンサ外伝
                                
        孔明ツイッター  

posted by 孔明 |21:18 | 今節の反省 | コメント(5) | トラックバック(0)

2019年03月17日

相手のべた引きカウンターの作戦に何も対応できていなかった。

 1-3で負け
 前半序盤は攻め続けていたが、菅の決定的なシュートを決めきれず。

 鹿島はなりふり構わないべた引きからカウンターを仕掛けてきた。それにまんまと引っ掛かる。

 こちらのFKが引っ掛かりカウンターを浴びて後ろから行ったルーカスがボールに行ったがクリアできず相手に当たって1対1を作られ失点。

 2失点目はカウンターから右サイドから中に入られ最後はまた抜きで決められた。。

 そのあとは完全に引いて守る相手にパス横パスバックパスたまにサイドにパスが出るかそこからがまったく攻められない。

 たまに縦パスを入れるとカットされボールを持たれ時間を作られる。
攻撃はまったく形にならず。

 ミドルやドリブルで仕掛ける動きもほとんどなく何の工夫もなかった。

 さすがに後半はミシャも考えたのかロングボールから武蔵を走らせることや福森が上がって真ん中からサイドへパスを出し、サイドからクロスをいれるシーンが出てきてゴールの匂いがしたがシュートまでいけず。

 そしてパスカットされて相手カウンターに何を考えたか間に合わないのに福森が飛び出し、ボールを獲れず。上がったスペースをつかれ失点。0-3.これで勝負は決まった。

 その後ボランチに宮澤を入れてセカンドボールを拾う作戦に出て攻勢をかけるもシュートはなかなか打てず。CKやFKを得るもシュートを打てなかったりシュートが枠を外したり。

 しかし、左サイドのコーナーから武蔵のヘッドの折り返しにロペスがヘッド。それが
相手に当たってコースが変わりゴールした。ようやく1点をとった。

 その後も攻め込むも決定的なシーンは得られず1-3で敗れた。

 なにより鹿島の勝利への執着心が勝った試合だろう。鹿島はこちらのストロングポイントを 完全に消す作戦を仕掛けてきた。

 引いてボランチとDFの間のスペースをなくして、チャナや武蔵がスペースに抜ける動きを完全に封じてきた。

 スペースがないと武蔵やチャナは生きない。
前半は武蔵が降りてポストプレーをするはめになり、そこを狙われてボールロストを繰り返した。
 悪いのはこのような鹿島の作戦をまったく考えていなかったようにしか見えない対応だったこと。

 ただ、横パスバックパスをして前にスペースのない両サイドにボールをあずけ、そこから展開できずにボールを失くことを繰り返した。

 中央を完全に封鎖され、まったくなすすべなく攻撃がまったくできなかった。

 ボールを奪ってからが遅くカウンターの精度もないので、相手に守られひっかけられ続けた。
 後半はさすがにミシャが対応策を預けたかロングボールを使ったり、ドリブルで仕掛けてスペースを作りサイドへ預けそこから展開する動きがみられたが、最後の精度やシュートの精度が悪く得点ができなかった。

 まずは敗因は相手の戦術にまったく対応できていなかったことだろう。相手がべた引きでカウンター狙いということが可能性としては当然考えておかなければいけなかったはず。それをまったく考えていなかったような体たらくだった。

 そして後半早い段階で点がとれなかったこと。

 点さえとれていればまだチャンスはあった。しかし、決定的な3点目を奪われてしまった。
 そしてさらに悪いのはこちらのカウンターの精度が悪いこと。ボールを奪っても素早いパスの精度が悪くカウンターの精度が悪い。それでパスがつながらないからシュートまでいけない。
 今日はとにかく相手の戦術に完全にやられた。今後対戦してはこのような戦術をとってくるはず。そこをどう打ち破るか課題がモロにでた試合だった。


     勝手に叱咤コンサ外伝
                                
        孔明ツイッター  

posted by 孔明 |18:15 | 今節の反省 | コメント(12) | トラックバック(0)