スポンサーリンク

2006年08月10日

まず1勝!

甲子園2回戦
 南陽工 000 110 100 
 駒大苫 112 000 10×

エース田中将大が中盤過ぎまで大乱調。一時は1点差に詰め寄られましたが
その田中が終盤は別人のような落ち着いた投球に変貌し、なんとか逃げ切りました。
しかし、あれほど荒れた投球だったのに、数字を見ると実に14奪三振とは……。
与四死球はヒットを打たれたのと一緒ですから、6四球はマズかったですね。

ただ、投手は初戦でなかなか実力を発揮できないものです。
それを考えれば、内容は度外視で、最初の試合に勝つ事が出来て本当に良かった!
でも田中を見ていると、2試合目以降は本領発揮のピッチングが出来るかと言えば
それは難しいような気も……。なんとなくですがね。
次の3回戦なら、今日のような投球でも負けはしないと思います。
しかし準々決勝から先は、勝ち上がる事で急成長するチームも出現するので
簡単には校歌が聞けないでしょう。
駒苫も次の試合から、打撃面を主体に、徐々に調子を上げてもらいたいものです。

話はガラッと変わって……

続きを読む...

posted by hiroki |17:26 | 高校野球 | コメント(4) |