コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2020年03月13日

自粛の自粛

センバツ高校野球中止の報が出て以来、各種の行動やイベントによって
新型コロナウイルス感染の危険性が高いのか低いのか考えてから
やるかやらないのかを決めるべきで
何でもかんでも自粛するのは如何なものか的な発言を耳にします。
実行すると 「この一大事に!」 と批判する人が沢山いますからね。
そういうのに流されず
先日は東京国際マラソンや名古屋ウイメンズが開催され
特に東京では沿道などに7万人も出ていたそうで
潜伏期間もあるからハッキリは言えないけど
今のところ感染者続出の話は出ていません。
Jリーグも2月中旬~下旬にかけて試合が行われましたが
それによる選手・観客への感染に関する情報を私は聞いていません。
世間ではケースによって自粛そのものを自粛してはどうかという
考えも出てきているようです。


Jリーグは4月3日から再開するとしても大変(社長)
それが更に延びるとしたら・・・・・・本当に心配ですね。


スキージャンプ男女ワールドカップは
残り数試合が中止または来シーズンに延期となりました。
高梨沙羅選手はこうなる前に
100回目の表彰台に上がっておいて良かったですね。


世界カーリング選手権2020(女子)の開催が中止に。
3月14~22日までカナダで開催。
ロコ・ソラーレが出場となっていました。


カナダで開催だった今月18日開幕のフィギュアスケート世界選手権が中止。
羽生結弦選手、宇野昌磨選手、紀平梨花選手、宮原知子選手らが
出場の予定でした。


地球規模で感染が広がるウイルスにより
現時点では世界的に自粛ムード。
でも中国が、終息まではいかなくても収束してきているようなので
ぼんやりとですが、先は見えてきたのかも知れません。

posted by hiroki |18:41 | スポーツの話 | コメント(2) |

2020年03月09日

プロ野球開幕は4月へ

今月20日予定だったプロ野球の開幕が延期され

4月中の開幕を目指すことに。

という事はJリーグも第2節以降が

4月になるのでしょうね。

4月に再開できると良いのですが。

posted by hiroki |18:21 | スポーツの話 | コメント(0) |

2020年02月10日

100度目の表彰台は

FISスキージャンプ・ワールドカップ女子の
第13戦ヒンツェンバッハ(オーストリア)大会(HS90)が終了し
高梨沙羅選手は4位で、通算100回目の表彰台を逃しました。

なんと今シーズンは4位が7回。ここ3戦連続4位です。
2位と3位が1回ずつで表彰台に上がった回数が99となり
通算100回目の表彰台にリーチがかかって以降も4位が5回。

特に今夜の試合は、1本目2位のマーレン・ルンビ(ノルウェー)が
2本目に失敗で順位を下げたのですが
伏兵のイタリア選手が高梨の1つ上に入ってしまい残念ながら今回も4位でした。

総合ポイントでも現時点で4位の高梨沙羅選手。
2週間後のリュブノ(スロベニア)大会で
果たして通算100回目の表彰台に上がれるのでしょうか。

ちなみに今夜の第13戦における他の日本選手の成績は
丸山希選手が11位、伊藤有希選手が14位、勢藤優花選手は25位でした。


なおドイツのヴィリンゲンで行われている男子は
昨夜の第20戦で小林陵侑選手が9位。
今夜行われる予定だった第21戦は天候不良により中止となっています。

posted by hiroki |00:11 | スポーツの話 | コメント(0) |

2020年02月03日

トップ10に日本勢が3人

FISスキージャンプ・ワールドカップ女子の
第11戦オーベルストドルフ(ドイツ)大会(HS137)が終了し
昨日に続いてオーストリアのキアラ・ヘルツル選手が勝ちました。

日本勢は、高梨沙羅選手が4位、伊藤有希選手が7位、丸山希選手が9位で
トップ10に3人が入る健闘を見せました。
先日の団体戦で活躍した勢藤優花選手は2本目に進めませんでした。

トップ10に入った3人は各々2本目で順位を上げました。
  高梨 沙羅  1本目5位 ⇒ 最終4位
  伊藤 有希  1本目16位 ⇒ 最終7位
  丸山 希  1本目14位 ⇒ 最終9位

ただ高梨選手の2本目は、せっかくの向かい風を捉え切れず121mの失敗ジャンプ。
上位陣の失速に助けられての4位でした。
100回目の表彰台は
来週のヒンツェンバッハ(AUT)大会以降に持ち越しとなりました。

伊藤選手と丸山選手は、2日続けてのトップ10入り、お見事です!

日本は長年、高梨/伊藤の2人が牽引してきた感じでしたが
ここへきて丸山選手がメキメキと成長しており頼もしいですね。

posted by hiroki |01:04 | スポーツの話 | コメント(0) |

2020年02月02日

高梨沙羅も大失敗

FISスキージャンプ・ワールドカップ女子の
第10戦オーベルストドルフ(ドイツ)大会(HS137)が終了し
日本勢では丸山希選手(長野県立飯山高校⇒明治大学)の7位が最高順位でした。

優勝はオーストリアのキアラ・ヘルツル選手。1本目の首位を守りました。
2本目の141.5mは圧巻でした。

高梨沙羅選手は、昨日の小林陵侑選手につられた訳じゃないけど
1本目は104mという大失敗ジャンプで19位。
2本目に118.5mを飛びましたが順位は3つ上がったのみの16位。
上位の選手は軒並み130m前後を飛んでおり
高梨選手の不調ぶりが少し気になります。
北京五輪のシーズンには復活してくれることを祈りたいですね。

明日も引き続きオーベルストドルフで第11戦があるので
大倉山の男子と共に、日本勢の活躍に期待したいと思います。

posted by hiroki |00:58 | スポーツの話 | コメント(0) |

2020年02月01日

ワンツーフィニッシュ!と思いきや

FISスキージャンプ・ワールドカップ男子の第18戦 札幌大会が終了し
石狩市出身の佐藤幸椰選手(札幌日大高⇒雪印メグミルク)が優勝!
これで通算2度目の優勝かな?

1本目、137.5mで6位につけ
2本目は138.5mと飛距離を伸ばしての逆転勝利でした。

1本目に141.5mを飛んで1位だった小林陵侑選手は
2本目で110mと飛距離を出せず16位でした。

2本目で佐藤幸椰選手が首位のままラストジャンパー小林陵侑選手の順番になり
これで日本勢がワンツーフィニッシュか!と思いましたが
今日のところはオアズケとなりました。

明日はSTVで録画中継があります。
勢いに乗って佐藤幸椰選手が連勝する可能性もあるし
小林陵侑選手が巻き返してくるかも知れません。楽しみです。

posted by hiroki |18:22 | スポーツの話 | コメント(0) |

2020年01月26日

練習試合結果ほか

昨日の練習試合では前後半ともに3-0(計6-0)で勝利。
得点者は、ジェイ・ジェイ・武蔵・藤村・ロペス・金子。
決めるべきポジションの選手ばかりですね。
相手関係はともかく、45分ハーフの試合で6点も取って
しかも完封という内容。悪くないと思いました。

春の甲子園は21世紀枠で帯広農が選抜されましたね。
これは正直ビックリでした。
帯広の白樺学園が昨秋の新人戦北海道大会で優勝し選抜は当確なので
まさか同じ市内の学校が選抜されるとは思いませんでした。
選手はもちろん、関係者の皆さん、本当におめでとうございます。
なつぞら効果かな?なつが通った十勝農業高校のモデル校でしたからね。
出演した山田裕貴さんが祝福しているそうですよ。
帯広農は過去に1度だけ甲子園に出場した事があります。
昭和57年の夏、初戦で島根県の益田高校と対戦し2-5で敗れましたが
9回表の守備で4アウトチェンジという珍事が起きています。
原因は電光掲示板のアウトカウント表示ミスでした。

いま終わったばかりの大阪国際女子マラソンは
ダイハツの松田瑞生選手が2時間21分47秒で見事優勝!
東京五輪出場の条件である2時間22分22秒をクリア。
あとは3月の名古屋ウイメンズで今日の優勝タイムを破る選手が出ない限り
松田選手が五輪マラソン代表となります。
福士加代子選手は25kmでリタイヤ。名古屋ウイメンズに賭けるとの事です。

posted by hiroki |14:54 | スポーツの話 | コメント(0) |

2020年01月18日

銀メダル!

FIS女子ジャンプワールドカップ2020蔵王大会の団体戦が今終わり
伊藤有希/丸山希/高梨沙羅/勢藤優花で臨んだ日本は見事銀メダルを獲得!

1本目は、トップバッターの伊藤有希が大失敗に終わったものの
丸山と勢藤が健闘し、また昨日個人戦2位の高梨も飛距離を出し2位につけました。

ただ、今シーズン絶好調のオーストリアが今日も圧倒的に強く
金メダルは望めない状況でした。

2本目に入り、伊藤有希がまたしても失敗。丸山、高梨も90mに届かず
4人目を前に、2位はキープしているものの
3位のノルウェーが一気に差を詰めてきました。

そしてノルウェーのアンカーは平昌五輪金メダルのマーレン・ルンビ。
なんと98mの大ジャンプ。しかもテレマークをきっちりと決めての高得点。

しかし日本のアンカー勢藤優花も92mと大健闘!

なんと僅か0.4ポイント差でノルウェーを抑えた日本が銀メダルを獲得!

優勝のオーストリアには実に140.4ポイントもの大差をつけられましたが
ノルウェーを抑え、しかも地元日本での銀メダルは立派だと思います。

久しぶりにコンサドーレ以外でのスポーツで感動しました (^o^)

posted by hiroki |18:29 | スポーツの話 | コメント(0) |

2020年01月12日

高校サッカー選手権/春高バレー

今回の高校サッカー選手権大会で
決勝進出を果たした青森山田高校の黒田監督が
北海道出身(登別大谷高校)という話は結構有名ですね。
そしてコーチの千葉貴仁さんも紋別市出身の道産子で
2006年シーズンにコンサドーレでディフェンダーとしてプレーしています。
ちなみにセレッソからの期限付き移籍でした。

2016年と昨年の大会で優勝している青森山田ですがV2を果たせるでしょうか。
壇埼選手としても気になるところですね。
対戦相手の静岡学園は
サッカー王国の静岡県勢として1995年以来の優勝を目指しています。
明日はどんな結果が待っているのでしょうか。


通称:春高バレーは男女共に本日決勝戦が行われます。
女子は 古川学園(宮城)- 東九州龍谷(大分)
2008年からの5連覇を含め7度も優勝している東九州龍谷(旧:扇城高校)と
過去に2連覇のほか1996年・1999年にも制覇している古豪古川学園という対戦です。
男子は 東山(京都)- 駿台学園(東京)が激突します。
東山高校は初優勝、駿台学園は3年ぶり度目の優勝を狙います。

北海道勢としては過去に
男子は東海大四が3回、女子では妹背牛商と旭川実が1回ずつ優勝していますが
1994年に東海大四が制覇したのを最後に優勝からは遠ざかっています。

posted by hiroki |12:56 | スポーツの話 | コメント(0) |

2019年12月22日

北海道栄高校の第1走者

福森選手が来シーズンもコンサで戦うと表明したようですね。
選手によっては正式オファーといかないまでも
他クラブからの接触みたいなものもあるのでしょうね。
セットプレーのキッカーとして絶対にいてほしい存在なので本当に良かったです。

京都で行われた恒例の高校駅伝は
仙台育英が男女アベック優勝という快挙を成し遂げましたが
それよりも感動したのは北海道栄(男子)の第1走者。
スタートからタスキを渡すまでテレビ画面に映り続けた道産子選手を初めて見ました。
最後までトップ争いに加わり4位でタスキリレー!
最終順位は30位で、北海道からもう1校出場の札幌山の手が先にゴールしましたが
第1走者:小野君の力走は本当に素晴らしかったです。
ちなみに札幌山の手の第3走者キンヤンジュイ・パトリック君は
1年生ながら区間2位の快走で24人抜きを演じています。

さきほど終わったばかりの第64回 有馬記念(GⅠ)は
2番人気リスグラシュー(牝5歳)が直線の上り坂で末脚が爆発し
2着のサートゥルナーリアに5馬身差をつけて引退を飾りました。
断然1番人気のアーモンドアイ(牝4歳)は直線に入り抜け出すかと思いきや
ズルズル後退し9着の惨敗。
最後は自分でレースをやめて流したような感じでした。
骨折などのアクシデントが無ければ良いのですが・・・・・・。

posted by hiroki |15:50 | スポーツの話 | コメント(2) |

2019年12月15日

U-18他

高円宮杯U-18サッカーリーグプレミアリーグプレーオフにおいて
13日の1回戦を勝ち抜いたコンサU-18でしたが
本日行われた決定戦で横浜F・マリノスユースに0-1で敗れたという事です。
非常に残念でしたね。


先週のカペラステークス(GⅢ)で
日本人女性騎手初のJRA重賞を制覇した藤田菜七子騎手が
本日、中京競馬場の第6レースで4番人気シーシーサザンに騎乗して見事1着。
これにより女性騎手初のJRA+地方交流通算100勝を達成しました。
名声を上げるほど強い馬への騎乗依頼が増えるこの世界。
GⅠを勝つ日も、そう遠くないのかも知れません。

本日、阪神競馬場で行われた第71回朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)で
1番人気のサリオスが好位から直線力強く抜け出して快勝し
通算成績を3戦3勝としました。
JRA全GⅠ制覇まであと2つの武 豊騎手が乗ったタイセイビジョンは2着。
全GⅠ制覇にリーチとはいきませんでした。

posted by hiroki |16:03 | スポーツの話 | コメント(2) |

2019年10月17日

マラソンと競歩

東京五輪のマラソンと競歩を札幌で行うという案がIOCから出た。
おそらくその案は採用されるのでは?と私は思っている。

小池都知事ほか中央の方々は猛反対している。
多くの予算を投入して道路を整備してきたとかミストを設置したとか。

ただ世界中から参加する選手の健康を最優先に考えるのも大切だ。
ちなみに増田明美さんは札幌開催に賛成している。

五輪開催の時期は札幌でも30℃超えの日があるだろうとも言われる。
しかし同じ30℃超えでも東京と札幌では感じる暑さが全然違う。

されど 『東京五輪』 の競技が札幌で開催されるのはどうかという考えもある。
東京ディズニーリゾートが千葉県に在るのとは違う。

この問題、この後どうなっていくのか注目していきたい。

posted by hiroki |17:30 | スポーツの話 | コメント(0) |

2019年01月26日

大坂なおみ選手

たった今ニュース速報で知りました。

全豪オープン優勝おめでとう〜〜〜!

posted by hiroki |20:16 | スポーツの話 | コメント(0) |

2019年01月08日

どこまで続く

一体どこまで続く !?  小林陵侑の快進撃!

残念なのはオリンピックが終わったばかりであること。

このまま好調を次のオリンピックまで維持してほしいけど。

それにしてもジャンプ週間4戦全勝は凄すぎる!

posted by hiroki |18:39 | スポーツの話 | コメント(2) |

2019年01月03日

札幌出身のランナーが!

箱根駅伝8区、札幌出身の小松陽平選手 (東海大札幌OB) が
競り合っていた東洋大学の選手を遂に突き放し、トップ独走態勢に !!

現在、東海大学が先頭です。
小松選手の活躍で、このまま東海大学が総合優勝するのか
東洋大学が盛り返すのか、はたまた3位の青山学院大が大逆転を果たすのか !?

テレビから目が離せない2019年の箱根駅伝です。

posted by hiroki |10:47 | スポーツの話 | コメント(2) |