スポンサーリンク

2021年01月10日

主力がほとんど抜かれず、全体的にレベルアップしたのは凄いこと。

 昨日は、チームの補強は結構頑張ってよい補強ができたと書いたが、やはり忘れてならないのが、主力選手がほとんど抜かれなかったこと。進藤や白井が移籍したが、他には主力選手で移籍選手がおらず、これは前々回のエントリーにフラッ太さんからコメントを頂いたが最終戦のスタメンでは誰も移籍はしなかった。これは凄いことだと思う。他の中位や下位のチームでは結構主力が抜かれたチームがあった。
 ミシャの魅力もあると思うが、チーム全体の力だろう。

 前にも書いたがこの補強で、層はかなり厚くなったと思う。

 3人が1日で立て続けに入ってきたので、この3人がどうしても今は目立ってしまっているが、そのほかにも補強はかなり良かった。

 例えば小柏。昨年は特別指定だったが、大学の全国大会でまたゴールをした。去年は先発したこともあった。ミシャにかなり気にいられていると思う。

 やはり特長はそのスピード。コンサの場合には武蔵が移籍して前線にスピードがある選手がいなかったので、小柏の加入はやはり戦術に幅ができるはず。

 例えば小柏が先発でなくても控えに入っていれば、こちらがリードしている時に投入すれば、カウンターから小柏のプレーで得点するチャンスが増えるはずだ。

 そして一番期待しているのが岡村。J2群馬でメキメキと頭角を現して、押しも押されもしない守備の中心となった。

 サポーターの中には駿汰のポジションは岡村には奪われないだろうという考えの人も多い。確かに駿汰のレべルはもちろん高いが、ことCBで守ることだけで比べるともしかしたら岡村の方が能力は高いかもしれない。

 岡村がどこで使われるかわからない。もしかしたらスイーパーかもしれないが、個人的に一番いいと思うのが、右CBに岡村が入って、駿汰はボランチに移動すること。

 2人ともレギュラーをとるとすればかなりチームは強くなると思う。
 このようにレベルの高い選手が加入してくれた。

 とにかくシーズンが始まるのが楽しみだ。



  
   
                          
                       勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 


posted by 孔明 |19:34 | 補強 | コメント(4) | トラックバック(0)