スポンサーリンク

2021年01月08日

隣の芝は青く見えるが。うちだってなかなかのもの

 隣の芝は青く見える。他のチームの補強動向を見て、我がチームの補強はしょぼいと言っている人もいるようだが、他のチームは以前の鳥栖や仙台のように身の丈以上の補強費を使っているかもしれないし、レンタル地獄に陥るかもしれない。わがチームも多少は無理しているかもしれないが、ノノ社長はしっかり経営のことを考えてチームを導いていっていると思う。

 確かに今回の補強が当たるとは言い切れないが、知恵を振り絞ってスカウティングをした結果だろうし、まずはこの状況を乗り切らないといけない。

 ガブリエルや青木は結果を出した選手だし、なによりまだ若い。野球の野村再生工場ではないが、青木は再び輝くことが可能な選手だと思う。

 オルンガだって柏に入る前はまったくパッとしていなくて1年目も大したことがなかった。人間何があって変わるかはわからない。ガブリエルの可能性を楽しもう。

 もっともJ1リーグで現在活躍している選手をとればそれなりに活躍するかもしれない。 

 活躍する確率は高いことは確かだろう。しかし、そんなお金はない。今、どうしようもない借金をして未来に大きな禍根を残すよりも未来の確実な可能性をとった方がいい。また、そういう選手はミシャも育てがいがないかもしれない。

  とにかく基本となる28選手は決まった。この選手たちで1年を乗り切らなければいけない。
 この選手たちの能力を最大限に生かして、とにかく頼むよミシャ。




                          
                       勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 


   

posted by 孔明 |20:05 | 補強 | コメント(3) | トラックバック(0)