スポンサーリンク

2006年08月27日

激走!千葉真子…北海道マラソン


〔千葉真子/40km地点通過〕

今日こそは家でノンビリするつもりが……。
結局はバイトへ行く息子と一緒にJRに乗り込んで北海道マラソンへ!
天気は昨日同様、抜けるようなブルースカイ。気温もかなり上がりそう。

途中で息子と別れ、まずはSTVへ向かい「愛は地球を救う」の募金を(^ ^)
STV広場には食べ物屋さんがたくさん出ていたけど食べたいものが見当たらないので
近くのカレー屋で昼食しました(またカレーかよ!→でもルーカレーです)。
それからSTVホールに入り音楽ライブを少し見て……でも直ぐに2時間の休憩突入。

まだ少し早いけど北海道マラソンにモード移行。
大通公園に移動して40km地点の10m先に座り
照りつける太陽の下で待つこと1時間15分、ようやく男子のトップ争い3名が通過。
アフリカは暑そうだし今日のような天気は強いかと思ったら全然ダメでしたね~。
男子でこの大会3勝のワイナイナは13位、女子ではあのヌデレバが9位に沈みました。
北海道とは言え、アフリカよりも湿気が強いってことなのでしょうかね~。

それから15分後、今度は女子のトップが通過。
吉田香織さんが2位に5~6分もの大差をつけていました。
更に15分が経ち、ようやくお待ちかね!本日のヒロイン千葉真子さんが通過。
本日このレースをもって第一線から退くそうですが、故障を抱えての厳しい走り。
でも彼女が通過する時は、沿道の応援ボルテージが随分上がっていました。
「ありがとう」と書かれた右腕を一生懸命前後に振りながら懸命に走る姿は
見ている人々の胸をうったことでしょう。

コンサドーレや駒大苫小牧もそうだけど
スポーツ観戦をすると何だか心が洗われるような気がします(^ ^)
明日からも健全に過ごせそうだ~!!  2日続くかどうか……。

トップの選手達が通過してからも約90分その場に留まって応援しました。
待ち時間を加えると2時間45分間も炎天下の中にいて、さすがに疲労。
周りに日陰がたくさんあったけど、デジカメの撮影ポイントを優先させたため
ずっと紫外線にあたっていたものですから(^ ^;)

選手はまだまだ通過しますが、後ろ髪を引かれる思いをしながら足は札幌駅方面へ。
途中、ふと空を見上げたら刷毛で書いたような白い雲が青い空に映えていました。


〔抜けるような青空に映える巻雲〕

さて24時間テレビの続きでも見ようかな(^ ^)


posted by hiroki |17:28 | スポーツの話 | コメント(5) |