スポンサーリンク

2021年06月30日

南米由来の

インド由来のデルタ株が頭角を現してきたけど
2週間後のニュースワイドショーは
南米由来 ラムダ株 の話題に
切り替わっているのかも知れません。

ペルーを中心に南米で猛威を振るうラムダ株。
これまでの変異種よりも感染力が強く
ワクチン効果が20%以下に低減する可能性も
示唆されています。

これが日本に入って来たら相当ヤバいですね。

しかし近々実際に入って来る事が予想されます。
なぜならオリンピックがあるからです。

既にラムダ株はイギリスに上陸したそうです。
東京五輪にはイギリスや南米からも
大勢の選手団やメディア関係者が日本へやって来て
長期間滞在します。

日本をハブにして
ラムダ株が世界中に拡がるシナリオも
充分に考えられます。


でも私の考えでは
新型コロナウイルスのラスボスが姿を現すのは
まだまだ先ではないかと思っています。

posted by hiroki |15:43 | 事件 |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事に対するコメント一覧
Re:南米由来の

ラスボスがタイプジャパンなんて嫌ですね。昔からいろいろ取り入れは独自に変容させる国ですから。

posted by owls| 2021-07-01 09:59

Re:南米由来の

>owlsさん
タイプジャパンだけは本当に嫌ですよね。
加工貿易が得意ですが変異種の加工 ⇒ 輸出は避けたいものです。

ラスボスは・・・結局は発祥させた所から出現するのかも知れません。

posted by hiroki| 2021-07-02 12:57