スポンサーリンク

2021年09月20日

今の技術では相手ペナの中でパスで崩そうとしても難しい。別なアプローチが必要

 当ブログでたびたび書いている「コンサドーレ病」

 圧倒的にボールを持って攻めるもラストパスの精度が悪く、また連係が悪く、つながらない。例えつながってもシュートは枠にかないかGKの真正面

 得点がとれないでいると一瞬の相手の攻撃にあっさり失点して負ける。

 こういうパターンが多すぎるというかこればっかり。サポーターとしては当然憤りを感じ得ない。

 しかし、どうしてこの「コンサドーレ病」起こるのか?

 今更だがこの「コンサドーレ病」の原因を掘り下げて行こうと思う。

 ミシャはここまでよくチームを作り上げてくれた。

 それまでのカウンター主体、守って守ってあまりないチャンスにカウンターから得点して守って守ってようやく勝つというスタイルから、ボールを大事にしてボールを握って攻め立てるようになった。 

 ミシャのおかげだと思う。

 データを調査したわけではないが、現時点ではボールを持って相手陣地にいる時間ではJ1 N0.1ではないかと思う。はっきりいって戦力が落ちてきている川崎Fよりも上だろう。

 ではなぜ勝てないか。

 ミシャはストライカーがいないからと嘆いている。

 これは確かだろう。シュートが枠に行かない。シュートが枠に行ってもGKの真正面

 ただ、それだけではないと思う。

 ノノ社長が口を酸っぱくなるまで言っているチームは相手ペナの侵入回数ではリーグ屈指。しかしそこからが問題と

 これは一つはそこまでは崩せているがそこからの崩しができていないということだろう。

 相手ペナまでは侵入できるがそこからのアイデア不足やボールフォルダーとボールを持っていない選手との連係の悪さ。そしてさらにはペナに入っている選手のオフザボールの動きが悪いということが要因だと思う。

 ここが例えば川崎Fとの決定的な違い。

 究極論は相手ペナのなかでも完全に崩してフリーでだれでもゴールに流し込めるような場面を作ること。

 今のチームの形では最後はシューターの個人的能力に頼る場面が多すぎると思う。ゆえにストライカーのいない我がチームではシュートを打ってもなかなか入らない。

 解決方法はそんな場面でもシュートを確実に決められるストライカーを入れることだが武蔵が去り、ロペスが去りと今後も資金力がないチームではストライカーを育てても確実にいなくなることは起きる。

 これを解消する唯一の手段はペナのなかで確実に崩す力をつけるしかないと思う。

 ただ、今のチームの実力ではまだまだ何年もかかるのは明らか。

 そこまでだましだまし結果に結びつけていく方法が必要だと思う。

 それには当ブログで何度も書いているが単純なサッカーを織り込んでいくことだと思っている。

 足下足下のパスで崩すことばかりに拘らず、時にはドリブルで仕掛けて行くとか、ペナの中にはいったらまずシュートするとか。

 時にはその前にミドルシュートも相手に与える影響はかなりあるだろう。 

 守りの意識が高い相手にいつものように、パス、パスそして精度のないクロスばかりでは完全に読まれる。

  そして相手は怖くない。

 なんでもかんでも崩そうとしても今は技術がないから10回に1回くらいしか成功しないだろう。だったら単純な攻撃を仕掛けるのも一つの手だ。

 ドリブルすれば倒されてPKになるかもしれないし、シュートを打てばもしかしたら誰かにあたって入るかもしれない。またGKがこぼしてシュートを打てるかも知れない。そういう単純な攻撃も必要ではないか。

 はっきりいって現状のチームの技術ではこのままパスで崩す方法にこだわっても勝ち点はなかなか増えないと思う。
 


               
                                  勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 
     

posted by 孔明 |20:58 | 戦術 | コメント(8) | トラックバック(0)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

トラックバックURL
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.consadole.net/asa3804/tb_ping/4442
この記事に対するコメント一覧
Re:今の技術では相手ペナの中でパスで崩そうとしても難しい。別なアプローチが必要

例えば最近リーグで勝利したFC東京戦なんかは福森選手のロングフィードで1発で仕留めましたね。それまでショートで食いつかせてからの一気に裏抜けで仕留めた所なんかはナイスでした。現在福森選手は離脱中ですが、居ないなりにCKは少し工夫したりしてるのは伝わります。後はご存知決定力ですかね。ドリブル突っ込みなどはアリですが、こちらは人数かけて攻めますしカウンターの被弾も高いので思い切るならGKの態勢を崩す枠内シュートに持っていければ‥とは思ってます。例え入らなくても少し守りの備えもできますし‥まぁ、そもそもその枠内に何故かなかなか飛んでいかないんですけどねw

posted by むぎー。| 2021-09-20 22:03

Re:今の技術では相手ペナの中でパスで崩そうとしても難しい。別なアプローチが必要

シュートは何本撃たせてもいい。スペースもでき、点が取りやすくなる。終わったとき、勝ってればいい。…もし負けたらすみません。

posted by 343| 2021-09-20 22:33

Re:今の技術では相手ペナの中でパスで崩そうとしても難しい。別なアプローチが必要

ゴール前の崩しは、分かり易く言えば〝ワンタッチプレー〝が必要なのかなと思います。
得点にはなりませんでしたが、神戸戦後半の駒井への縦パス→ドドシュート→こぼれ球青木ボレー、こういう形を増やしていければ、ある程度人数揃えて守ってる相手も崩せるのかなと。
ただ、足元の高い技術と意思疎通が必要なので、簡単ではないでしょうが。
ドドか青木、あれは決めて欲しかったです…

posted by ジンジャー| 2021-09-20 22:42

Re:今の技術では相手ペナの中でパスで崩そうとしても難しい。別なアプローチが必要

度々すみません。クロスはあげさせない方向で、と付け加えます。

posted by 343| 2021-09-20 23:15

Re:今の技術では相手ペナの中でパスで崩そうとしても難しい。別なアプローチが必要

今の技術では難しいのは、ごもっともだと思います。5月ごろに川崎の練習動画見つけて、止める蹴るの上手さに驚きました。その技術を生かした鳥かごが、いつも見るコンサの鳥かごと別物でした。
それでも、パスで崩すこと目指しているせいか、駿汰をはじめとしてどんどん技術が向上している選手もいるので、継続して欲しいです。今シーズンは降格も上位もなさそうなので、マンツーマンディフェンスが、春先よりもよくなったような、変化を見たいです。攻守両方のセットプレイとゴール前での一工夫が見えるようになることと、選手の成長を期待しながら応援します。

posted by まさひろ| 2021-09-21 00:11

Re:今の技術では相手ペナの中でパスで崩そうとしても難しい。別なアプローチが必要

サポーターはいろいろ気になるでしょうが。

指導する側視点だと札幌さんのように個人だけではなくグループでチャンス構築という場合には、チャンス構築と、そのチャンスに決めきるという2つの課題がありますよね。
ミシャさんがチャンス構築という片側は相当なレベルに高め、もう片側は編成も含めて解決しきれていないと。

1つ1つのシーンを見ると、多少、乱暴でも思いきったシュートが良さそうなケースはあるでしょう。ただ全体を整理するなら選手がそのときの状態を適切に理解をし、正しい選択をすることこそが攻撃の成功率を高めるのは普通の考え方です。
そのベースと、そのときの個別的最適解の差を瞬間的に判断するのはセンスや自信もありますがやはり経験でしょうか。
若いトッププロでの経験が少ない選手を多用する札幌さんの泣き所と思います。

ある動画で野々村さんが当初、2020年の営業収益(売上)を40億円と想定していたと話されていました。実際の決算は31億円ですので9億円の乖離があったことになります。
チーム人件費が営業収益の半額とすると恐らく選手補強費で4-5億円の不足があったと思います。
恐らく今年もコロナが無ければそんな状況でしょう。

つまりクラブとしてはあと年俸4億円分の選手がいたはずで、もしそうなら良質のストライカーがいたのではとも考えられます。

監督や選手を批判されるのは理解いたしますが、本当の問題や本当の解決策はそこではないかもしれませんね。

posted by 返上したけど元○級ライセンス| 2021-09-21 01:12

Re:今の技術では相手ペナの中でパスで崩そうとしても難しい。別なアプローチが必要

どなたかがボール回しのお話をされていますが。
札幌さんのボール回しには、ミシャさんらしいある目的が込められていると思います。
あのボール回しで意図されていることは、川崎さんがボール回しで意図されていることとは違うと思います。
恐らく札幌さんのスカッドで川崎さんのボール回しを練習されてもいまのようなサッカーはできないと思います。
言い換えると札幌さんはいまのあのサッカーをするためにあのようなボール回しをされていると思います。ですのであのボール回しをしっかりできない選手はなかなか起用されていないのではと推察いたします。

posted by 返上したけど元○級ライセンス| 2021-09-21 01:21

Re:今の技術では相手ペナの中でパスで崩そうとしても難しい。別なアプローチが必要

◎むぎー。さん。
 パスパス一辺倒ではなく工夫が必要だと思います。ラストパスの精度が著しく低いのでもっと別なアプローチが必要だと思います。
 そこら辺はうまくミックスすれば得点力が上がると思っています。パスで崩すことだけ考えずにもっと考えてほしいと思います。
◎ジンジャーさん。
 そうですね。ワンタッチプレーもどんどん入れて行ってほしいと思います。前節もおっしゃととおり1度ありました。こういうプレーも入れていかないと得点できないですよね。もっともっと工夫してほしいと思います。

◎343さん。
 守備の枚数が揃っていればいいんですが、失点はほとんど相手のカウンターから数が揃わずとか乱れたシーンですね。そこら辺をどうケアするのかも課題だと思います。

◎まさひろさん。
 これを解決するには技術しかないとは思うんですが、あと何年かかるかだと思っています。それまでの暫定的は手段としてもっと工夫と単純な仕掛けもしてほしいと思います。今のままでは得点するのに四苦八苦な状態ですね。
◎返上したけど元○級ライセンスさん。
 ただただシュートをしろとうわけでもありません。その時のベストの判断をしてほしいと思いますが、このチームの場合にはシュートの意識が非常に低いということが欠点だと思います。また崩してからでないとシュートを打たないという意識が強いのではないかと思います。
 しかし、その最後の崩しは精度が低く、成功してもシューターの姿勢が悪かったり、GKと真正面だったり、
 これではシュートは入らないと思います。
 ミシャの崩しはペナの入り口まではできますが、そこから個人の判断に任せています。まあどこのサッカーでもそれはある程度同じだと思いまずが、もっとつき詰めてシューターにより有利な状況を作って簡単に入るような状況をつくればストライカーがいないとミシャが嘆くこともあまりなくなるのではないかと思います。
 川崎Fの崩しはもちろんコンサとは違いますが、シューターがより有利な態勢で多くの場合は打っているから決まると思います。その最後のシューターが相手GKよりも格段に有利な状況を作ることこそコンサが目指すところと思っています。

posted by 孔明| 2021-09-21 20:03

コメントする