スポンサーリンク

2024年04月21日

守備陣は頑張っていたが、運動量に乏しく中盤での攻防に負けていた。

 普段は対戦相手はあえて褒めないが、昨日の広島はやはり洗練されたチームだった。
 このチームは個人能力の高い選手は少ないが、ミシャもいつも言っている走る、戦うができるチーム。選手の距離感が良く、常に同じような距離で複数の選手が動く、また、ボールを出したら必ず走る。また受け手も常に動いてボールを引き出す。それでいて細かくパスを出すだけでなく長いボールも使ってとにかく前に向かう。

 そしてリスタートも速い。スローインも時間をかけてまでサイドバックにさせずにボールに近い選手がにいれば直ぐその選手が入れる。

 シュートチャンスを素早く作り必ずシュートで終わる。外国人が怪我でいなかったがそれでもこんな良いサッカーができるチームとは。

 今のJリーグでは理想的なチームではないだろうか。

 それでもうちの守備陣は頑張った。守備はたびたび決定機を作られたが、主に大八と菅野が大活躍。菅野は得意の1対1に強さを見せてくれたし、大八はマークしていた大橋がいろいろと動き大八をサイドに誘うがそのたびしっかりついて行って大橋には自由にさせなかった。
 また宮澤は相手の戦術を読み切り、大八が動いたスペースをうまくカバーしていた。

 馬場ちゃんと菅ちゃんがあまり機能していなかったので、大八の奮闘ぶりが目立った試合だった。この菅野と大八の奮闘がなかったら、前半に2,3点取られてもおかしくない試合だった。

 一方、攻撃は駒井のワントップがまったく機能せず。機能しないというかそもそも駒井にボールが行かない。前半などけが明けの選手が多いからか運動量に乏しく、中盤はさらに出足が悪く、1対1にも負けてセカンドボールをほとんど獲れず、圧倒的にボールを持たれた。

 引いて守る時間が長く前にボールを出してもキープできる選手がおらず、すぐ相手に奪われるシーンが多かった。また、駒井が下がって受けようとしても潰されるシーンが目立った。

  相手のスぺースを埋める動きが非常にうまく運動量で上回られ、前半などまるでプロと高校生との試合のようだった。

 その中で1点をとれたのは儲けものだった。しかし、その1点で勝てるほどJ1は甘くない。

 後半は祐希を入れてボールを持てる選手を増やし、自分たちの落ち着いた時間をつくる作戦にでた。

 そのことで少しはこちらの時間も増えたが、相手のコーナーからコーナーのこぼれ球からまた失点した。

 今年はコーナーからの失点は何点目だろうか。うまくクリアできなかったからだが、このようなシーンは何度もあった。
 
  最近の試合前での練習ではかなり長い時間でセットプレーの練習を行うようになってきた。

 主力の攻撃のセットプレーは沖田コーチが、守備に切り代えたときには赤池コーチが指導しているが、ぞれぞれのコーチの配置の指示とか説明が長く実際にプレーする回数が少ない。

 事前にクラブハウスで予習できるものは先に選手に刷り込んでいくことはできないものか。

 相手は前半飛ばし過ぎもあったか後半は動きが鈍くなってきた。中盤も空き、セカンドボールも拾えたが、いざボールを持っても相手の帰陣が速いせいもあるが、なかなか決定機を演出できず。

 またアイデアも乏しくシュートを打たずパスを選択したり、前線が動き回ってスペースを作る動きもなかなかできなかった。

 後半はせっかくの追加点のチャンスだったが得点ができなかった。

 やはりこのチームは追加点をとらないと勝てない。守備は大八や宮澤の個々の力でなんとか形が整ってきたが、攻撃の部分をなんとかしないと勝ち点は増えないだろう。



  勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
  孔明ツイッター

posted by 孔明 |19:24 | 今節の反省 | コメント(0) | トラックバック(0)

2024年04月20日

内容は完敗も前半は先制して追加点がとれずドロー、勝ちたかった試合

 1対1のドロー

 結果としては完全に物足りないしホームで引き分けは負けと同じということは何度も言いたい。
 しかし、内容的に見れば引き分けで良かったよいということか。

 前半から相手のプレスに押されて、まったくセカンドボールがとれない。やはり相手の出足が非常によく。1対1も負け続けた。
 高い位置でまったく奪えなかった。

 防戦一方だったが前半唯一のチャンスをものにした。

 左サイドから駒井から雄也、雄也の折り返しをチェックがシュート。相手DFに当たってゴール1-0。運も良かったが、とにかく先制した。

ただ、その後も防戦一方

 菅野の神セーブが2度ほど。大八がほとんどバックラインを1人で守る奮闘ぶりでなんとか失点を免れた。

 後半は頭から何人か代えるかとおもいきや近藤に代えて祐希のみ。なぜ近藤?と思ったが、怪我明けでルヴァンも出ているからだろう。

 祐希が入ったことでここからある程度こちらのペースになってきた。祐希のためから時間を作れるようになってきた。相手の疲れも見えてきた。全体的望んでいたに緩急がつけやすい展開になってきた。

 しかし、相手にのコーナーのこぼれ球からクリアできず失点。1-1。やはり失点した。クリアの判断が悪い。 

 だが相いかわらず相手のペース。危ないシーンもあったがこちらも前線に行くシーンも目だってきた。

 惜しかったのはサイドチェンジから左の菅ちゃんがフリーになったシーン
 左足のシュートは右に外れてしまった。

 交代は調子の悪かった馬場ちゃんと青木をなかなか代えず。ただ、これは水曜日にルヴァンカップがあったためでもあるだろう。

 早く原を入れてほしいと思ったが、最後まで原の投入はなし。ルヴァンカップで90分やったからという理由なら原をベンチに入れず他の選手をいれるという選択もあったとは思うが。

 その後は唯一のコーナーからも得点がとれず。試合終了

 内容的には勝ち点1は良かったが、ホームでは勝たなければいけない試合だった。

 前半は広島の良さばかり目だった。このチームは距離感が良いとよく言われるが、その通り。

 選手がどこに出すかという選択肢を複数与える動きをしていて、パスも非常に正確 とにかくまずはシュートという意識が素晴らしいチームだった。

 こちらは特に前半は足元ばかりのパス。受け手も動かない。そこで考えて時間を使って出すから相手は守りやすい。すぐ囲まれれて出しどころがなくなり菅野へバックパス。菅野が蹴って回収される。この繰り返し。セカンドボールもまったく拾えず。

 大八が相手の攻撃に左右に振られ忙殺させられた。そこにうまく宮澤がカバーしていたことや菅野の守備で1失点だけで収まった。

 後半は前に運べるチャンスも増えたのでここで点を獲りたかった。

 しかし、シュートをなかなか打たない。崩してからのパスにここだわり、たった4本のシュートで終わった。シュート打つのが大前提だがもっと前線の選手は動いてスペースを空けさせなければいえいけない。そういう努力を常にしないとシュートコースも空いてこない。
 負けなかったからよかったが、内容的には最悪の内容。中2日が言い訳だがホームのサポーターにはわくわくなどしなかった試合だったろう。

 駒井のワントップは評価できないほど。ボールがまったくいかないからそもそも無理だった。


   勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
  孔明ツイッター

posted by 孔明 |16:40 | 今節の反省 | コメント(9) | トラックバック(0)

2024年04月19日

広島戦展望(1対1に勝って、中盤で動き回ってスペースに入り込め‼

明日のホーム広島戦。
                                   
 前節の土曜日の新潟戦は先制しながらけが人が続出して、なおかつ大森の退場で1人少なくなり、失点し1対1のドロー。ようやくけが人もそろって来たが、このチームは毎試合のようにけが人が出るチーム。ただでさえ層が薄い。
 ゆえに新戦力が出てこなければいけない。

 水曜日はルヴァンカップがあって完全ターンオーバーした。その層が薄いチームのサブや若手が頑張って勝利したのが非常に大きい。

 この良い流れを明日のリーグ戦に持って行きたい。

 一方の広島は現在2位。首位争いをしているチーム。一言でいえば攻守ともに完成されたチームだ。さらにいえば広島は今週はルヴァンカップがなかった。1週間コンサ対策を十分にしてきただろう。正直言って勝てる確率は非常に低いだろう。

 しかし、ホームで情けない試合などしてはならないし、現在の位置から這い上がらなければいけない。そのためには非常に重要な試合だ。

  マスコミや公式のXでは対スキッペ監督は1勝3分けと負けていないと明るい話題をあえて書いているが、これだけ広島戦は厳しという裏返しの表現だろう。
 状況は非常に厳しいが5月の対戦相手を考えれば湘南戦と続くホーム連戦は勝ち点6を獲らなければいけない。

 これはやはりホームの力を応援につけるしかないだろう。出来れば多くのサポーターにドームに駆けつけて貰って選手たちの後押しをしてほしい。
 
 サッカーは何が起こるかわからない。とにかくホームで広島に勝ってほしい。
 広島に勝てばチームに勢いがでる。勝って勢いに乗りたい。

コンサのメンバー予想

                駒井         

                      チェック          雄也  
                                                       
青木                           近藤

                                        
                宮澤               荒野

       菅       大八       馬場ちゃん 

                           菅野

  控え 小次郎、桐耶、克幸、原、長谷川、祐希、ゴニちゃん

  とにかく勝ちたい。勝たなければいけない。

 相手は1対1に強く、粘り強い攻守をしてくる。また、1人1人がサッカーをよく知っていてとにかく選手の多くは判断が速い。
 
 基本はパスサッカーだが、これにまったくこだわらず、ロングボールも蹴ってくるので油断がならない。監督の方針だろうがゴールするためにはどの選択が一番良いかを常に考えて、その際の一番よい選択をとってくる。

 中盤でパスを素早く交換して前に出てくる。これを止めなければいけない。
 守備はメリハリをした守備をしなければいけない。

  長短のパスを駆使、相手をうまく剥がして後ろから人数をかけてスぺースにどんどん入ってくる。距離感をうまく保って動き回ってパスを繋いでくる。

 ゆえに守備はまずは1対1に勝たなければいけない。また簡単にパスを回させないようにしなければいけない。
 
 また広島のシュート数は現在N0.1。とにかくどんな場合にでもシュート最優先
 どんな態勢でもシュートを打ってくると踏んで、相手との距離を空けず、特にバイタルは絶対に空けてはいけない。

 そして中途半端なプレーは当然NG。中盤でのパスミスはできるだけしてはいけない。ここで名前をあげて非常に申し訳ないが荒野あたりの1試合に何度か見せる適当パスが出てしまえば危険性が大きくなる。

 とにかく考えるスピードを速くして、受け手もうまく動いて、パスを通してスぺースにどんどん入って行ってほしい。

 受け手相手のパスを遮断して逆にカウンターを仕掛けてほしい。
  広島は得点数で1位、失点数も最少だ。ここまで複数失点はない。しかし、とにかく複数得点をとらないといけない。

 そのためにはセカンドボールを拾うこと、サイドからの攻撃を活発化することだろう。そしてどんどんシュートを打つこと。

 特に右サイドの近藤はどんどん仕掛けてサイドからポケットに入り込み手数を少なくしてシュートまで持って行かなければいけない。

  ショートパスにこだわる必要はない。菅野からのロングボールもたびたび試みて一気にゴール前に迫ってきたい。縦に速くサイドチェンジも使って相手を揺さぶってスぺースに入り込んでほしい。

  駒井がトップならロングボール連発はあまり良くないので、うまく縦パスを入れてほしい。また、祐希がトップなら祐希に素早くパスを出して祐希が起点になって時間をつくりそこにシャドーやボランチがどんどん入って行ってほしい。

 またこの試合はオフザボールの動きが特に重要だ。判断を速くして運動量を上げないと相手のプレスに引っかかる。とにかく動き回ることが必要だ。動き回ってスペースを作ってそこに入り込みたい。

  流れの中からはなかなか得点できないかもしれない。ゆえにセットプレーは非常に重要だ。特にコーナーから得点したい。広島はコーナーはマンツーマンで守ってくる。ゆえにニア、ファーをうまく使い分けただ立っているだけではなく組織的に動き回ってスペースを作ってゴールしよう。 

 広島のシステムは3-2-2-2-1

 長短のパスを駆使して素早く前に持っていき、人数をかけてシュートをとにかく打ってくる。攻守の切り替えが非常に速く、ボールを奪われても素早く奪いに来る。

                       広島予想メンバー

                          77大橋

           11満田                    51加藤   

24東                                                       13新井
                             
            8川村                       14松本


     19佐々木      15中野           3塩谷
                           
                            1大迫
   
控え GK22川浪、DF志知、MF7野津田、35中島、40小原、32越道、FW20ピエロス

  広島はいわば大人のチームだ。完成されたチームで攻守に隙がない。個人でいれば全ての内容でオールラウンダーでレベルが高い選手が揃っているチームだと言える。

 とにかくどうすれば得点ができるか、そのためにはどうすべきかを常に考えてプレーしている選手が多いと言う印象だ。

   とにかく攻守の切り替えが速い。特に攻撃から守備に戻る速さが速い。
また、シュート第一主義、そして枠内シュート率もJ1N0,1だ。

 広島は失点数が少ないが、ゴール前での守備が堅いだけでなく、前からボールを奪う、とられても取り返すという一連の動作が洗練されている。これが大きなポイントだと思う。

  カウンターも得意。中盤でボールを奪ったら一時の湘南張りに後ろからどんどん人が湧いてくる。また右CBの塩谷も攻撃に参加してくる。カウンター対策も十分にしなければいけない。
 
そして今年はトップに大橋が入ったことで得点力が増した。大橋はボールが収まり、ゴール前の嗅覚に優れている。なにせスペースがあれば大橋だけでなくとにかくシュートを打ってくる。こういうチームはある意味理想のチームだろう。

 ただ、大橋のシャドーの満田と加藤も怖い。特に加藤はこノーゴールなのでゴールに飢えている。l

 セットプレーも得意。特にコーナーには気を付けたい。広島はセットプレーは動いてくる。全体的には高さはないが、ヘッドの強い佐々木と大橋へ徹底的に狙ってくる。ここは集中して守っていきたい。

 広島の良いところばかり書いてきたが、このところ広島もかなりけが人が多くなってきている。

 守備の中止の荒木、茶島が怪我。そして外国人の4人も次々と怪我と選手層が非常に薄くなっている。ここ数試合の控えの層をみると広島の窮状が理解できる。
 内情は決して楽ではないだろう。一旦歯車が狂えばかなり崩れてくるはずだ。
 この試合はけが人がどの位、戻ってくるかも注目だ。完全合流かどうかはわからないがFWのピエロスが練習に復帰していうようだし、もしかしたらマルコスジュオールもベンチには入ってくるかもしれない。

 どちらにしても現在の広島が強いことは異論がないだろう。

 これをいかに崩して複数得点をとって最少失点で止めるか。
 これはやはりホームの声援を浴びて基本に立ち返って個々がモチベーションを高め、対戦する相手を圧倒し、勝利することだろう。

 とにかく90分終了時に相手より得点で上回ること。それしかない。


攻撃の注目ポイント
長短のパスを使い、サイドもうまく使ってそこから手数をかけずにシュートまでもっていこう。

守備の注目ポイント
相手にシュートをさせないように素早く寄せてバイタルをフリーにしてはいけない。

特に期待したい選手 
近藤

特に気を付けなければいけない選手
加藤

スコアの予想
  2-1



                                                                                                            
               コンサメインの展望は勝手に叱咤コンサ外伝  

      孔明ツイッター''''

posted by 孔明 |19:53 | 次節の展望 | コメント(3) | トラックバック(0)

2024年04月18日

ルヴァンカップでの勝利を生かし、また、ムードを上げて広島に勝とう。

 ミシャがこれだけターンオーバーをするとは思わなかった。川崎や坂本を入れて来るとも思わなかった。

 それだけ、次の広島戦を重視しているのだろう。

 そのなかで相手はJ3でも勝てたのはよかった。

 沼津は中2日だったが、完全ターンオーバーではなかった。J1相手に勝つ確率をどうしてもあげたいためかはわからないが、何人か主力を出してきた。

 そして今、沼津はJ3で首位を争っている。現時点ではJ2中位位の力を持っているチームだと思う。

 その沼津にアウェイでサブメンバーで勝ったことはチーム全体の自信にも繋がったと思う。

 ただ、前半は1点はとったがやはり危なっかしさも目立った。

 展望でも書いたが、沼津は前からかなりくるチーム。ただ、桐耶が調子が悪く、また家泉も右CBで居心地が悪るそうだった。西野の右ボランチでの先発は守備力が高いボランチがいなかったのでしかないとも思うが、なぜかポジショニングが非常に悪かった。それもあって相手の左サイドの斎藤を中心としたカウンターに脅かされたと思う。

 それでも左サイドの原を中心に攻め立てていた。また、これは克幸の力が大きいと思うのだが、連携がうまくなっていて、中盤でのボール奪取やセカンドボールもうまく拾っていた。また、昨年に戻ったかのようなサイドチェンジやロングボールをかなり多く使っていた。

 これがよかったと思う。後半、お約束のプレーから失点したが祐希とチェックの個人技から得点をとった。欲を言えば彼らの活躍なしでもサブや、若手が活躍してでの追加点をとって勝ちたかった。

 それでも特筆すべきは1点目。ショートパスを重ね相手を崩してきれいに点をとるのももちろんよいが、だがこういう思い切ったシュートからのこぼれ玉を詰めてのゴールは今後のチームのことを考えれば数倍チームのためには数倍よかったと思う。

 広島戦は昨日の試合からほとんどターンオーバーだろう。いつものメンバーになると思う。ここに昨日、活躍した原や克幸、宏武あたりがどう絡んでいくかが楽しみ。

 恐らくは昨日の祐希とチェックの活躍から祐希の1トップで行くと思う。

 ただ、このチームはJ3からも必ず失点する。ゆえに当ブログでも既に書いたがやはり安定して勝つにはどうしても複数得点が必要。広島戦も同じ。リーグ戦では複数得点をとって行かなければ勝ち点3はとれない

 このルヴァンカップに勝ったことは若手やサブメンバーにとって真剣試合がまたできる点で非常に有益だった。
 若手やサブのモチベーションが上がりチーム全体のチーム力があがる。

  次の土曜日のリーグ戦の広島戦は中2日。おまけに広島は昨日はルヴァンカップがなく日程的に有利、勝てる可能性はかなり低いが、とにかく勝つしかない。
 もっとも我がチームは日程的に余裕があっても簡単に日程的にきついチームに負ける場合が多い。ゆえに日程的に余裕があっても必ずしも有利とは言えない。
  ターンオーバーもしたし、返って中2日の方が良いかもしれない。

 とにかくホームで上位の広島に勝ってほしい。

  そのためには先発はいつものメンバーだろうが、サブメンバーを状況には然よるが早目に投入してメリハリある攻守をしてほしい。

 このルヴァンカップでの勝利は広島戦に必ずつながるはず、とにかくこの試合を生かして広島戦に勝利しよう。
 
 また、今日の三上GMラジオでは今週末担当者を金子のいるザグレブに派遣するそう。夏にレンタル契約がきれる金子の意志を確認するためだ。ただ、個人的にはまだコンサに帰ってきてほしくはない。金子には海外で活躍して日本代表に早くなってほしいから。


  勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
  孔明ツイッター

posted by 孔明 |15:19 | 今節の反省 | コメント(5) | トラックバック(0)

2024年04月17日

J3相手でもターンオーバーで勝利したのは、リーグ戦に繋がる試合だった。

3対1で勝利
 思い切ったターンオーバー、これがうまく行けば勢いに乗るという試合だった。
 前半から押し込みチャンスを作って行った。
 得点は左サイドからぼ原のたびたびのドリブルや突破で相手を混乱させたところで生じたもの。

 原が左サイドのスペースに抜け出し、木戸へパス。木戸がフリーのゴニちゃんへパス。ゴンちゃんのシュートは相手GKに弾かれたがそのこぼれ球を宏武が飛び出してふかさずシュートでゴール。1対0

 これが非常に大きかった。その後も左サイドを中心に攻めていく。
家泉や桐耶のサイドチェンジやロングボールがうまくはまり相手を押し込んでいく。
 しかし、たびたびカウンターを受けるようになる。

 そして非常におかしかったのが右ボランチに入った西野のポジション
相手の左サイドハーフの斎藤を意識しすぎるのか右に寄りすぎさらに前に出すぎ、中盤はいつも以上に空っぽ。ほとんど克幸のワンボランチ状態。このスペースを逆に斎藤中心に相手に狙われカウンターを浴びていた。
 相手がJ1チームなら前半で2失点はしていたはず。ここはしっかり反省しなければいけない。
 
 これはミシャの指示なのだろうか?案の上、西野がいない状態でいても宏武とかぶり、いなくても良いような状態になっていた。

 西野の勝手な判断なら試合中でも修正させなければいけなかった。

 そして不安定だったのは桐耶のショートパスと家泉のでき。

 ポジショニングがやはり合っていないのかそれが2人なのでその2人のパスミスからたびたびピンチを与えていた。 

 惜しかったのは宏武のクロスにゴニちゃんのオーバーヘッド。相手GKに防がれるがこういうことを思い切りやれるのが素晴らしい。

 ただ、前半追加点が獲れなかったは不安だった。

 前半やはり目だったのは原と克幸、特に原のドリブルは確実に相手にダメージを与えていた。

  後半はなんと一気に4枚代え、ミシャとしては凄い判断だろう。

 交代させた選手は別としてこの頭から代えたスピード感。機能していなかったったポジションを活性化させた交代は非常によかったと思う。

 交代は桐耶、出間、ゴニちゃん、西野に代えて、祐希、長谷川、チェック、髙尾
 このうちチェックと祐希が躍動した。

  また、木戸をボランチにして適正ポジションにおいたこと(木戸の適正ポジションがボランチという意味ではなくボランチのポジションを修正して中盤が機能し始めたということ)
 しかし、中盤でボールを奪われそこからパスを繋がれ飛び出されおなじみのパターンの失点。1-1

 だがそこから1分後。原の持ち上がりからのチェックへパス。チェックがうまく相手をかわしてマイナスのパス、祐希がスペースに入って行ってダイレクトシュートでゴール。勝ち越した。2-1

 またチェックが敵陣ンに入って行ってバックパス
 祐希が相手のGKをあざ笑うかのようなループシュートで得点。3-1

 これで勝負は決まった。

 その後相手も勝利をかけて攻め込んでくる。左サイドから切れ込まれクロスをいれられヘッドを許すも阿波加が片手でナイスセーブ。その後も阿波加の好守備があった。

 後半ここから活躍したのは宏武。守備で斎藤を抑え込み。カウンターの起点になった。 相手に押し込まれる形が続いたがしっかり守って3-1で勝利した。

 勝利の要因は前半は縦の速い攻めとサイドチェンジに代表された幅を使った攻撃だろう。

 これが先制点を生んだし、なにも綺麗な崩しではなく泥臭いゴールをとったという意味が非常に大きかった。

 ただ多くの選手個々の適材不適所からくる危うさが顕著に出ていたのが気になった。


 後半は祐希とチェックの個人技の素晴らしさだろう。ここにきて特に祐希の調子が上がってきたのは朗報。またチェックのテクニックがこのなかでは段違い。この2人で追加点をとったと言っても過言ではないと思う。
 祐希もいつものように右に流れるだけでなくなるべく真ん中にいて頑張っていた。

 また、家泉は真ん中に入って普段の力を徐々に発揮してくれたと思う。また最後はユースの坂本を入れなどうまく試合をクローズさせた。

  サブや若手が大活躍して勝ったという試合ではないが、それぞれ意味ある試合になったのではなかったか。ゴニちゃんも怪我明けにしては動けていたし、出間も怪我明けで心配したがオーバーヘッドを打つなど思い切りも見せてくれていた。
 原が最後はガス欠したが90分やれたのはよかった。岡田は守備がメインだったがうまくこなしていた。
 とにかくJ3相手でもおの勝利は非常にに大きい。リーグ戦に繋ながる勝利だったと思う。


 
  勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
  孔明ツイッター

posted by 孔明 |22:16 | 今節の反省 | コメント(9) | トラックバック(0)

2024年04月16日

ルヴァンカップ沼津戦展望(縦に速く、サイドチェンジをうまく使って勝利しよう。)

明日のルヴァンカップアウェイ沼津戦

  ルヴァンカップは今年からJ3まで参加。トーナメントの1発勝負になった。おまけに
カテゴリーや順位の低いチームのホームで行われる。コンサが勝ち上ったとしてもホームできる試合がだいぶ先になる。
 しかし、この試合を行う意味は大きい。真面な補強も出来ない我がチーム。それでもJ1に残り続けなければいけない。そのためには選手層を厚くしなければいけない。
 それゆえに真剣勝負ができる試合をしてサブの経験値を上げることが必要、サブの能力値を上げるための重要な試合だ。ゆえにこの機会を大事にしなければいけない。
 対戦相手の沼津は現在J3の2位。、監督はあのゴンちゃんだ。
 今年はパスワークを基本としてかなり強いチームに仕上げてきた。
 この試合に勝つのはJ3と言っても並大抵なことではない。沼津は1回戦でJ2の仙台に逆転勝ち。さらにJ1にジャイキリしようと並々ならぬモチベーションで戦ってくる、こちらもそれに対して受け身ではなく徹底的に戦うつもりでやらないと勝利はついてこないだろう。


  こちらの予想メンバーは以下のとおり

                        大森        

                  出間(U-21)            長谷川
                         

岡田                          原(U-21)                                          
          木戸(U-21)  克幸


            桐耶     家泉      髙尾   


                          阿波加

控え 小次郎、西野(U-21)、菅、近藤、荒野、宏武、ゴニちゃん 

 相手はパスワークを基本とするチーム。J1で言えば新潟のようなチームだ。その新潟とは土曜日に対戦してドローも前半の序盤は相手のパスワークに翻弄されてなかなか潰せずに決定機を何度も与えてしまった。

  相手もうまく繋いでこちらのマークを外し、できたスペースを利用して攻撃してくるはず。特に、前半の序盤は先制したいのでかなり運動量を上げてくるはず。ここで失点しないようにしなければいけない。

 また沼津は前から厳しくマンツーマン気味にはめている。ここでひっかけられると一転してピンチになるので特に相手のプレスには気を付けてほしい。
  どうしてもうまく行かない場合にはロングボールを使いたい。

  相手は低い位置からのショートパスが得意なのでここをいかにひっかけてショートカウンターに持ち込むか、これがポイントだろう。
  サイドでいかに相手を押し下げてサイドから攻撃していくか。

  このメンバーだとサイドからどんどん仕掛けて行けるのでポケットから仕掛けて相手がゴール前をかためるので、バイタルにスペースが空く。そこに入って行ってシュートを打ち込んで得点をとってほしい。

 また、相手はさほど縦のスピードある攻撃に慣れていないはずだ。桐耶からのサイドチェンジや克幸からの縦パスをどんどん入れてそこからシュートまで持っていきたい。
 相手の守備の時にはだいぶゴール前に人数をかけて守ってくる。
  ゆえに両サイドをうまく使ってどんどん相手を揺さぶり、スライドを何度もさせてスペースを生み出しそこに入って行ってシュートを叩き込んでほしい。
  セットプレーもチャンス
 FKは多少ゴールから離れても克幸は思い切ってゴールに蹴り込んでほしい。
 また、コーナーは沼津はゾーンで守る。
 ショートコーナーやデザインされたプレーでとにかく相手を動かしシュートまでもって行きたい。また、スペースに入って行ってシュートまでいきたい。

 沼津のシステムは4-1-2-2-1
  GKからしっかり組み立て相手を寄せてかわして、スぺースを作ってそこから攻撃してくる。守備はマンツーマン気味に前からはめてコースを限定したり、ボールを奪って素早く攻めてくる。

             沼津予想メンバー
 
              20川又

21森                                                      23津久井

        7持井                 10佐藤                    

                               4沼田

26宮脇       28井上                   36中村            41遠山
                 

                              55武者
                                                     
        
控え    GK31大友、DF13附木、3安在、MF14徳永、19染矢、19斎藤、FW27和田

 攻撃時には3バック、Wボランチでボールをうまくつなげてサイドを使って攻撃してくる。特に左サイドの運動量のある持井が動き回り、ボールを出し入れして、チェンスを浮くる。両サイドの森と津久井が突破力があるので彼らの個人技とパスワークでフリーになってクロスをいれてくる。ここはまずはクロスを入れさせないようにすることと、攻守の切り替えを速くしてゴールへ速く戻らなければいけない。

 全体的には攻撃のスピードは遅いが、ショートパスを駆使し、良い時にはワンタッチのパスでうまくスペースに入って行ってシュートまで持って行く。危険な場合にはイエロー覚悟で止めなければいけない。

 中山監督はハードワークと素早い切り替えを基本に戦っていくと明言していて、選手たちも、とにかく動き回ることと切り替えの速いサッカーを目指して戦ってくるはずだ。
 セットプレーの攻撃の場面も色々と考えてやってくる。コーナーからは動き回ってマークを外しにくるし、後ろから走り込んで合わせてくる。
 この攻撃には要注意だ。
 現在沼津はJ3の首位争いを行っており、J3でもトップクラスの攻撃力を持っている。
  とにかく相手をリスペクトしつつ、J3のチームなどど思わないで精一杯戦ってほしいい。
 確かに前節対戦した新潟とはパスのスピードも遅いしパスの精度もさほど高くない。しかし、ホームでさらにJ1チームに勝つと言うモチベーションは非常に高いはず。勝利するのは簡単ではないし、過去、下部リーグのいろんなチームにも負けてきた。

 とにかく受けて戦うような仕方ではなく、常に前からどんどん行くスタイルで相手を押し切る気持ちで頑張って勝利してほしい。
 できれは90分で勝ちたいが、120分でも勝てれば良い。この試合は結果が全て、なおかつ一番良いのは若手が活躍してでの勝利。そうなるような試合を期待したい。

攻撃の注目ポイント
相手の低い位置からのビルドアップをさせずにボールを奪ってショーカウンター。また縦に速い攻撃で守備に戻る前にシュートを打とう

守備の注目ポイント
相手のサイドをフリーにさせず、素早く戻ってゴール前でのスペースを消そう

特に期待したい選手 
出間

特に気を付けなければいけない選手
持井

スコアの予想
  2-0


                                                                                                          
               コンサメインの展望は勝手に叱咤コンサ外伝  

      孔明ツイッター''''

posted by 孔明 |13:36 | 次節の展望 | コメント(2) | トラックバック(0)

2024年04月15日

次からは大事な大事なホームの連戦。何が何でも6ポイント獲りにいかないといけない。

 新潟戦は本当に勝ちたかった。その意味は2つ。

 1長年勝てなかった相手にそれもアウェイで勝つことによる我がチームのモチベーションの向上のため。
 2新潟は今後は残留争いのライバルになるはず、そのライバルに勝つということで勝ち点3以上のダメージを相手に与えただろうということ。勝ち点1をまずまずという向きもあるだろうが、こういう勝たなければいけない試合を勝てないと今後の残留争いにも厳しく影響してくる。
 我がチームの場合にはここ最近はここで勝たないといけないという時に勝てた試しはほとんどない。これを変えて行かなければいけないと思う。

 ただ、もう終わったことは仕方ない。

 次のホームの連戦にかけるしかないが、まずは難敵の広島戦だ。大森が出場停止、武蔵も筋肉系の怪我だから出られないだろう。はっきりって勝つ確率は低い。

 期待するのはルヴァンカップで若手やサブが活躍して、広島戦につなげること。そうすれば選手たちのモチベーションが上がり、またホームと言うことで、なにか起こるかも知れない。

 もちろんミシャに今更言っても仕方ないかもしれないが、いつものメンバーではなく、調子の良い選手やモチベーションが高い選手を多く起用することが勝つ確率を上げることだと思う。これが勝利への道だと思う。

 こういうことをやらなければ勝利への道はなかなか開けないと思う。

 今の広島は非常に強い。

 メンバーを思い切って代えたり、自分たちのことだけを考えた攻守ではなく、相手の嫌なことをやらないといいけないと思う。

 その次の湘南戦は勝ち点3はマストだ。

 ここで万が一負けてしまえば、その次からの3連戦は日程が混んで難敵が続くので最悪この3連戦が終わるまで最悪、勝ち点ゼロということも考えられる。

 ゆえにこの湘南戦は非常に大事な試合になる。ここで勝てないとこのまま海底に沈んで行くようになかなか上がれない可能性は高い。
 とにかくこのホームの連戦は重要だ。



    勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
  孔明ツイッター
 

posted by 孔明 |16:32 | 戦略 | コメント(0) | トラックバック(0)

2024年04月14日

今後は複数得点が必須。そのためには選手層を厚くするしかない。

 ミシャが言っていたが、やはり前半の武蔵、後半の馬場ちゃんの怪我による交代の回数等の制限で選手起用がうまく行かなかったことが痛かったらしい。
 
  おまけに大森が退場した後にすぐさま3人の交代を予定していたが、駒井が足を攣ったということで、交代選手を変えなければいけなくなり、失点を許してしまった。

 前半、序盤は相手ペースだったが、武蔵のアクシデントで代わりに入った大森が機能して、前線でうまくためを作ったり、落としたりしてリスムを上手く作ってくれた。そのこともあって、シャドーに起用された雄也が躍動して先制点をとった。

 他のサポーターからも以前から言われているが、やはり雄也はシャドーの選手だ。これまで近藤の怪我等で雄也を右WBで使わざるを得ないとミシャが判断したせいもあったか、雄也の活動範囲が狭くならざるを得なかった。

 しかし、昨日はシャドーに起用したことで右サイドだけでなく、左にまで行くことで前線の攻撃が活性化されていた。

 ただ、先制点をとっての決定機でGKとの1対1を外したことも痛かった。こういう場面で決められないので結局勝ち点3をとれなかったも言えるだろう。
  他にも決定機になりえる場面もあった。相手のパスをカットしてのカウンターのチャンスだがいずれも連携がうまくいかすシュートまで行けなかった。

 大森は退場したがそれまで攻守に非常に機能していた。ただ、シュート数が1本と言うのはやはり改善しないといけないと思う。

 そして厳しいことをあえて書くがそのカウンターのチャンスも大森の動きがあまり上手くなかったし、サイドからの攻撃に対するボールを引き出す動きもまだまだだと思った。

 ただ、これはやはり試合を経験していかないと改善しないと思う。次節は累積で出場できないが、その後のリーグ戦はやはり大森をワントップに据えて大森を中心ににして攻撃を考えてほしい。彼には才能がある。それも偏った能力ではなく、あらゆる面でブレイクする可能性が高い。

 また、昨日の試合に戻ると、雄也は守る時間帯が速かったと反省していた。確かに1点だけではなかなか勝てないだろう。やはり複数得点をとらないとなかなか勝ち点3はゲットできない。確かに怪我人が出たり、退場者が出たが追加点がとれないから勝てなかったと言えるだろう。

 守備の面ではある程度改善しつつあると思う。ただ、中盤の守備の強度をもっと上げないといけないと思うし、宮澤もここまでうまいポジショニングをして相手の攻撃を潰してくれているが、やはりスピードでふりきられる場面も出てくるはず。

 相方の荒野はいまいちここまで機能していない。馬場ちゃんをボランチにおいて中盤を強化する方がよいと思う。

 G大阪戦と新潟戦の2試合で1失点だが、多分に運も良かった。シュートがバーに当たったシーンが何度もあった。強敵相手には今後は立て続けに失点する可能性が高いと思う。この点は改善しないといけないと思う。

 けが人が戻ってきたとは言え、このチームは毎試合のようにけが人が出る。ゆえに常に選手層が薄くなることを考えた選手起用もしなければいけないと思う。
 ある程度我慢して選手を使って、いざという時に使うためにサブの選手のスキルを上げなければいけないだろうし、結果も出さなければいけない。

 これはある意味相反する。しかしあえてやって行かなければいけないのではないかと思う。しかし、かなり難しい。
 ただ、このチームは強力な補強ができないのでそうしなければ残留はできない宿命にあるのではないかとも感ずる。

 水曜日にはルヴァンカップがある。この試合は選手層を上げるチャンスでもある。

 とにかくミシャには選手が最大限に能力を発揮できるような采配をしてほしい。それだけだ。だた、それが一番難しいのは十分に承知の上だが。




   勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
  孔明ツイッター
 

posted by 孔明 |19:21 | 今節の反省 | コメント(4) | トラックバック(0)

2024年04月13日

新潟にまたも勝てず。大森のプレーが良い意味でも悪い意味でも勝敗を左右した。

1対1のドロー
 前半の序盤は相手の運動量にやられプレスがうまくはまらず。バーに当てられたシュートもあって押され気味だったが、武蔵がロングボールからのランニングで足を痛め、ピッチをさった。ここが1つのターニングポイント。代わりに入った大森が前線で起点になって怪我の功名でシャドーに入った雄也の動きが更に非常によくなり、左サイドからのクロスに
うまく反応して大森への縦パスは通らなかったがそのこぼれ球を雄也がミドルシュート。バーに当てたが跳ね返ってゴール。先制した。

 押された展開で願ってもない場面

 その後も大森がうまくボールを落としたりして攻撃を畳みかける。
  惜しかったのが左サイドからの青木のクロスにフリーの雄也がドンピシャで右足のシュート。見事に相手GKの正面で止められた。その後も宮澤がうまく守備をしたり、中盤でボールを拾いこちらペース。前半で追加点をとりたかった。
  後半はそのままのメンバーでスタート
  ところがまたアクシデント。馬場ちゃんが足を痛める。髙尾に替わるがここで2回の交代なのであと1回しか交代できないようになる。欲を言えばここで桐耶なり、長谷川を同時に投入することもできたかもしれない。
 その後はコーナーからチャンスをつくるも大八のヘッドが合わなかったる。また、大八がカットして持ちあがったり、荒野がカウンターのチャンスもシュートすら打てず。
 ここで決められないのが痛かった。なにせカウンターの下手な我がチーム。何度も書くがもっと練習しなければいけないだろう。
  その後相手の猛攻に思わず後ろから大森が相手を倒して2枚目のイエローで退場。
すぐさまミシャは3人交代を予定していたが、駒井が脚をつって交代が遅れたらしい。これも痛かった。

  そして下がって守るのでスペースができた所をミドルシュートで失点。大八の頭にあたってしまった。仕方ない。
 その後3牧代えをするも右サイドに雄也を移動させて、祐希とポジションを被らせるなどよくわからない戦術もあって守るのは仕方ないがカウンターすらできず。
   コーナーからのチャンスもものにできず。1対1で引き分けた。
  正直勝たなければいけない試合だった。勝てた試合だった。
けが人がまた出たということと大森の致命的なイエローで勝てなかった。
  仕方ないがこういう試合をものにしてこそ強いチームになる。
  まだまだということだろう。

大森も攻守に頑張っていたが、運もなかった。
 

  勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
  孔明ツイッター
 

posted by 孔明 |16:44 | 今節の反省 | コメント(4) | トラックバック(0)

2024年04月12日

新潟戦展望(緩急をつけ、一気に行って、6ポイントゲームをものにしよう。

明日のアウェイ新潟戦
                                   
 前節の土曜日のG大阪戦はその前の名古屋戦の精神的なダメージを払拭してくれるようなベテランらレギュラーたちの活躍、特に宮澤が攻守に活躍してくれて、1対0で7試合めで初勝利した。

  けが人も続々復帰して流れはよくなってきていることは間違いないが、ホームでの連戦で相手にとってはかなり不利な条件でおまけに相手にも主力のけが人が出て、満足な状況でなかったことも確か。

 勝ったことですべてに内容が良くなったことではないことは十分に認識してほしい。

 その中での新潟戦。新潟も毎年のように主力が抜かれ今年もあまり満足した補強ができず、そんなに調子はよくない。また、うちのチームが言えた義理ではないが津得点力不足にも悩んでいる。
 
 また、新潟にはここまで9戦して勝ちなし。(ナビスコを入れて)非常に苦手なチームだ。

 ここでこの負の連鎖を断ち切らなければならない。そのためにはあえてアウェイで新潟に勝つことだ。新潟とはおそらくこのままで行けば残留争いを共にするチームだろう。

  その新潟が最下位のチームでホームで負ければかなりのダメージになる。当ブログでは前々日の当ブログではこの戦いは6ポイントゲームになると書いたが、この試合は非常に重要だ。

 それもできれば複数得点、さらに言えば前線の選手が点をとれればかなりチームの勢いがあがるだろう。


       コンサのメンバー予想

                武蔵         

                      駒井           祐希  
                                                       近藤                                                    雄也
  
                宮澤               荒野

       菅       大八       馬場ちゃん   

                           菅野

  控え 阿波加、髙尾、桐耶、長谷川、克幸、青木、大森

  このメンバーだとできだけ前から行って相手のパスコースを限定してボールを奪ってショートカウンター。これが基本の戦術だと思う。

 相手はGKからからしっかりビルドアップをして繋いでくるチーム。

 今年は極端なマンツーマンをしていないが、前半はできるだけ前に出てボールを中盤でカットしていきたい。

 そしで宮澤が気の利くポジションをとって中盤のセカンドボールを拾って2次攻撃、3次攻撃をしかけて必ず先制点をとってほしい。

  全般的にはそんなに絶えず縦に速い試合にはならないだろう。

 ゆえに祐希を軸に攻守に緩急をうけてうまく相手のプレスをかわしてシュートまで素早く持っていってほしい。

  この布陣だとどうしても武蔵がポストマンになる可能性が高いので、祐希と駒井がフォローして武蔵を本来の仕事である、前のスペースに入って行くプレーをできるだけさせてほしい。

 そしてこの試合のポイントは両サイド。雄也と近藤の出来だろう。相手の両サイドハーフはスピード、突破力があるのでここをいかに止めてさらには優位の展開できるかどうか。

 雄也と近藤はサイドから抉って相手のポケットに入って行って直ぐシュートか決定的なパスを出してゴールを演出してほしい。

  また新潟は基本的には低い位置でうまくショートパスをつなげてこちらのプレスを剥がしてきて一気にサイドへ振ったり縦パスを入れてくる。

  ただ、得意なのはCBからのロングボール。舞行龍ジェームズからのトップへのロングボールやサイドチェンジ。これを常に狙っている。ここでうまく飛び出されたら一気にGKとの1対1を演出される。ゆえにできるだけ彼らにプレスをかけてロングボールを蹴れせないか。蹴られてもオフサイドトラップをかけるとか、ボランチが落ちてCBを2人だけにしないとか対応したい。

  セットプレーも重要だ。特にコーナーから得点したい。

 相手のコーナーの守備はゾーンとマンツーマンとの併用。高さのある2.3人にマークをつけてくる。明日の場合は大八や武蔵、宮澤あたりだろう。そもそも新潟の先発選手は180cm台が2人位。高さで押し切る攻撃もありだろう。また、大八や武蔵、宮澤の3人がうまく動き回って決定機を作ってゴールしてほしい。後半投入される大森のヘッドにも期待をかけたい。

 新潟のシステムは4-2-2-1-1
 GKからのブルドアップからの攻撃が基本。時にはロングボールかサイドチェンジを行い、決定機を作ってくる。守備はそんなに前からは来ず、中盤で厳しくボールを奪いに来る。

                       新潟予想メンバー

                          27長倉

                        7谷口       

11太田                                                    22松田
                             
            19星                        6秋山


  31ゴメス   3トーマスデン        5舞行龍ジェームズ  25藤原                           
                            1小島
   
控え GK21阿部、DF35千葉、18早川、MF20島田、16小見、33高木、FW9鈴木

 もしかしたら鈴木がいきなり先発かもしれない。また、トップ下に長倉ではなく高木を先発に入れてくるかもしれない。

 ただ、前節のC大阪戦でトップ下の高木がかなり複数でマークされ前線との連携がうまく行っていなかったので、代えてくる可能性は高いと思う。もし高木が先発するならうまくCBとボランチのところではさんで仕事をさせないようにしたい。
 得意なのは谷口がDFラインの後ろを徹底的に狙ってくる攻撃。大八がうまく抜かれないように、そして回りがしっかりカバーしてほしい。
 また、太田と松田の両サイドへのロングボールからの突破をさせるために、WBの裏を狙ってくるのでここには要注意だ。

 基本的にボールを握りたいチームだ。かなりここに固守しているゆえにパスミスやプレスをかけられ失点を昨年からし続けているが、もちろん受け手がうまくポジションをとるようにしてきていて、相手のプレスをかわせれば広大なスペースを利用するような攻撃をしたいはず。
 これを作らせないようにしなければいけない。

 また、引いて守ってくるチームにはここでもショートパスを駆使して無理やりでも中に入ってきてシュートまでもってこようとする。ここはコンサと似たようなチームとも言えるかもしれない。
  ただ、気を付けなければいけないのがペナでのファウル。相手を倒したり、ハンドをしたり。そういうことで失点してしまえば本当にもったいない
 ここは十分に気を付けてほしい。
 新潟のここまでも6得点のうちセットプレーからの得点は3点だ。ゆえにここに力を入れてくるはず。デザインしたプレーも見せてくるので、集中して守りたい。
  新潟の攻撃で気を付けたいのはロングボールからのカウンター。またDFの裏を獲られないようにしなければいけない。
 そしてセットプレーに気を付けたい。
 また、怪我から復帰してきた鈴木は昨年はコンサからゴールを奪っている、要注意だ。
 こちらの攻撃はうまく緩急をつけた攻撃。また相手のGKからのビルドアップを逆利用して得点したい。おそらくは新潟を方がボールを持つだろう。ゆえにこれが逆にチャンス。ボールを持たせ、うまく奪って素早くシュートをしよう。

  また、新潟の引いて守る攻撃はバイタルを意識して守ってくる。ゆえに相手ペナではスペースがいつもよりはあるはず。遅攻ではうまくボールを出し入れいれしてスペースをより作ってそこから入り込みシュートをしたい。

 新潟に勝つことは個人的にも一つの目標だ。勝てるチャンスは十分ある。ここで勝てれな勢いもある程度増すのでとにかくこの試合は勝負にこだわってほしい。

攻撃の注目ポイント
相手のビルドアップを遮断してボールを奪ってシュートまで持っていきたい。

守備の注目ポイント
相手のCBからのロングフィードをできるだけさせず、またさせた場合にはオフサイドトラップやボランチを使っての人数をかけた守備を

特に期待したい選手 
武蔵

特に気を付けなければいけない選手
松田

スコアの予想
  3-1


                                                                                                        
               コンサメインの展望は勝手に叱咤コンサ外伝  

      孔明ツイッター''''

posted by 孔明 |20:14 | 次節の展望 | コメント(2) | トラックバック(0)