コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2019年12月09日

進化はしている。

リーグ戦の日程はほぼ終わりました。
代表の試合がまだ残っていますが、国内関係は
湘南vs徳島のJ1参入決定戦と天皇杯の準決勝&決勝のみ。
コンサドーレはしばしのオフに入ります。
昨日宮の沢に行ったんですが…まぁサポの方数人いましたね(苦笑)。

さて僕個人的な遠征のまとめ。

・湘南戦(A)●0-2
・神戸戦(H)○2-1
・広島戦(H)○1-0
・浦和戦 (H)△1-1
・ルヴァン杯ファイナル●3-3(PK4-5)
・川崎戦(H)●1-2

トータル2勝3敗1分でした。(ライオンズ戦は3勝2敗)
来年は勝ち越したいな~(願)!

さて今季のコンサドーレ。細かくは機会があったら書くとして、

今季…13勝14敗7分、勝ち点55、54得点49失点で10位
昨季…15勝9敗10分、勝ち点46、48得点48失点で4位

リーグ戦のトータルで言えば順位は落とした反面、
得点数が増え、J1では初の得失点差をプラスとなりました。

そして天皇杯は初戦で負けたものの、
ルヴァン杯でクラブ史上初のファイナル進出。

トータルで観れば「昨季より進化した」と言っていいシーズンでしょう。
カップ戦は一発勝負なのでリーグ戦以上に
"やってみないとわからない"感があるとは言え、
リーグ戦で得失点差が昨季より上回ったのは力がついた証と
言っていいのではないのかな?と思います。

ただそれが最終的にリーグ戦の順位に繋がっていない、
とも言えます。ここは来季に向けての課題で、
その課題も明確になっています。
川崎戦後のミシャの挨拶で来季の守備力向上を指摘しました。
ここをどのように力入れて対策するのか?
あまり守りに入りすぎても良くないけど、
やはり就任2年間以上に力入れていかないといけませんね。

それと同時にオフの戦力整備が重要になります。
現時点で今季での契約満了選手は発表されていませんが、
現状選手保有数が少ないコンサドーレにおいて
いかに選手を残留させ、新戦力(特に守備的な選手)を補強するか?
ここがポイントになるのは言うまでもありません。
報道を見る限り今オフは「DFの移動」が多そうな予感がします。
その波に呑まれず、しっかり整備をお願いしたいです。

posted by 剛蔵 |21:06 | コメント(1) |

2019年12月07日

実力の差。

今季最終戦となったドームでの川崎戦。
結果は1-2で敗戦でした。
シーズン全体を振り返るのはこれからオフになることもあり
時間があるので、後日改めて振り返ります。

今日の試合に関しては単純に
「実力の差」「チームの完成度の差」が出た試合、
そう振り返っていいのかな、と感じています。
ルヴァン杯では競った試合になったし、
今日の試合も2失点後はだいぶ盛り返したけど
試合全体を通してのプレーの精度、波の少なさは
やはりJトップレベルである川崎がはるかに上でした。
”悪い波”の時に2失点した辺りはまだまだって感じでしょうか。
ゴール前での崩し方も然り、です。

まぁいろいろ振り返りたいのですが、負けた試合なんでこの辺で。
せっかく札幌に来たので負けた試合後ではありますが
「すすきのへ行こう」は堪能させていただきますm(_ _)m。

posted by 剛蔵 |18:15 | コメント(3) |

2019年12月06日

「新しい景色・NEXT」の始まり。

明日はドームでの川崎戦。
2019年シーズンのラストゲームとなります。
ホント、1年はアッという間に過ぎます。
今季はリーグ開幕戦(vs湘南@平塚)は現地でしたが、
それがそんな遠くないような感じがしてます。
ん~、何となくですが(苦笑)。

このメンバーで臨む最後の試合、
相手はルヴァン杯ファイナル以来の、川崎戦。
まぁメンバーも違うので"ルヴァン杯のリベンジ"
というのはいささか違うように感じてまして、
むしろ川崎相手には「リーグ戦で90分で勝ってない」
というのが問題なのかな、とは個人的に感じてます。
相手は結果次第でACL圏内の3位、または5位転落という
可能性もあるので、間違いなく全力で臨んできます。
リーグ3連覇は逃したけど、確実にJリーグトップクラスの実力はあります。
そういう相手でも特にホームではキッチリ勝ち点3を
獲得しないといけません。それが更なる「新しい景色」の始まりと見ます。

来季の目標を掲げるのはメンバーが確定しない今いささか早計ですが、
まずは今季の最終戦をキッチリ勝ち点3で締めるのが
来季の「新しい景色・NEXT」の始まりの第一歩じゃないでしょうか。
クラブの成長を感じた今季のラスト、キッチリ勝ち点3獲得しましょう!
僕も明日は現地ラスト、しっかり勝利を後押ししたいと思います!

posted by 剛蔵 |20:55 | コメント(1) |

2019年12月04日

師走もろもろ。

青森市内もすっかり冬模様でございます。
週末まで雪が降り続けるようで、7日無事に…行けるでしょう(^^♪。
明日の忘年会の疲労のほうが心配ですけど(笑)。
今季残り1戦ですが、今季は7日の試合日が活動最終日のようで…。
昨季は最終戦後翌日宮の沢で練習があったんで今年も…、
と思ってたんですが、ん~、何もないのも困ったな(苦笑)。

それもE-1があるからかな?と思ったりも。
確かに最終戦終了後武蔵はそちらに合流ですからね、
まぁ武蔵と田中(まさかの!?A代表!)はE-1でアピールして欲しいし、
U-22も菅と岩崎が選出され、こちらも試合があります。
特に岩崎にはしっかりアピールして来季こそコンサドーレで得点を!
(いや、最終戦で得点してくれてもいいんですが!)

これからいろいろ来季に向けての動きが活発になるんですが、
ジェイが来季も残留という報道がでました。
公式リリースではないけど、本人が言い切っている記事であれば
信憑性が高いと思っていいんかな?と見てます。
前節の試合でもそうだけど、ツボった時の決定力はやはり高い。
これはジェイ独自の能力だし、年齢を感じさせないモノがあります。

ジェイは今季残り1点で2桁得点、アンロペも2桁まであと1点。
武蔵は残り2点で15得点。最終戦3人がノルマクリアで計4得点…!
これは最終戦勝ち点3の期待が高まりますね。

posted by 剛蔵 |21:00 | コメント(1) |

2019年12月01日

師走到来。

今日から12月。令和元年もあと1ヵ月で終わりになります。
2019年シーズンも終わりを迎えます。ホント、1年経つの早いです…。

今季最終戦はルヴァン杯を争った川崎戦。
まだACLの可能性を残すだけに川崎はシャカリキに勝ちに来るはずです。
昨日の横浜FM戦は相手が強かった。参考にならないです。
ホームでの今季最終戦は気合入れて川崎から勝ち点3獲得しないといけません!

昨日の試合で磐田と松本のJ2降格が決まりました。
磐田は補強等の昨季からの戦力の積み上げが乏しく、
退任を考えていた名波さんを続投させたのが裏目になったかもしれません。
松本はリーグ戦で33試合で20得点ですか…、
この得点力ではさすがに残留は厳しいでしょう。
J1残留POは大宮と甲府が脱落、個人的にはNack5行きたかったんで
大宮が来季もJ1じゃないのがちと残念ではあります。

コンサドーレは残りあと1試合。
リーグ戦は昨季の4位よりは順位を下げそうですが、
得失点差が現在「+6」で昨季は「±0」だっただけに
まぁ何かしらの成果は出したのかな、と見ますが
(カップ戦含めた総括は、後日改めて)
やはり上記の降格2チームから計4戦で勝ち点5(1勝1敗2分)
というのは勿体なかったな~、と見ます。

この2チームからは3勝1分の勝ち点10(現状から+5)、
2戦2敗の仙台&大分からともに1勝1分(現状から+6)
であれば現状勝ち点57で現状4位の川崎と同勝ち点だっただけに
ここが勿体ないな~、と感じてしまったりするわけですね。
まぁこの辺りはまだまだ安定した力がないだけに、
どれだけ戦力を上げて来季臨めるか?でしょう。

posted by 剛蔵 |20:22 | コメント(1) |

2019年11月30日

アウェイ最終戦勝利!

今日のアウェイでの鳥栖戦。2-0で勝利!
3連敗は免れ勝敗を再び五分に戻しましたね。
中川絵美里ちゃんも久々に観れてホッとしてます(笑)。
(コンサドーレが負けた試合は観ませんので…)。

試合には勝ちましたが「相手の質によって勝敗が左右される」
と言い切っていいかな~、と感じてしまいます。
試合開始してからはいい感じで試合を運べても
徐々にボールを支配され、決定力のあるチームなら…(以下省略)、
と感じてしまうような試合内容でした。
今日は特にセカンドボールをなかなか拾えませんでした。
試合に勝ったのはOKとして、優勝争いをしてるチームなら
結果は同じだったか?と思うとなかなか微妙だな、と。

でも総じてDF、ボランチ、サイドのスタメン選手は及第点の出来でしょう。
特にボランチは宮澤がいれば落ち着くな~と。
ジェイは存在感を見せてくれました。先制点はさすがだし、
攻撃の起点としては文句なしの出来でしょうね。
武蔵は起点としてはイマイチでも得点してくれればOKです。
リーグ戦で13、ルヴァン杯で7、今季20得点は素晴らしい!
反面、今日のチャナはイマイチだったし、アンロペは…ツキないな、と。

さて今季残りは1試合。ドームでの川崎戦のみです。
勝って令和元年締めましょう!僕も行きますよ!

posted by 剛蔵 |21:50 | コメント(3) |

2019年11月29日

貪欲に勝ちにいきましょう!

明日はアウェイでの鳥栖戦です。
2019年シーズン最後のアウェイ試合となります。
札幌もかなり雪が積もったようで、青森市内も雪模様、
もうそんな時期ですね。今季も残り2試合残すのみですが、
なんとか連勝で2019年シーズンを締めてもらいたいです。

相手の鳥栖もまだJ1残留を確定させていないだけに、
明日は今季のホームでのラスト試合という事もあり
かなり気持ち入れて試合に臨んでくるでしょう。

前節の磐田戦もそうだけど、今季勝てない試合で多いのが
優位に試合を進めてる時になかなか得点出来ず逆に先に失点、
そんなケースが多いのかな~と感じます。
まぁそういう展開になるとなかなか勝てません。
優位な時間帯にしっかり得点してさらに優位に試合運びしないといけません。

明日の試合はどういうスタメンになるのかわかりませんが、
アンロペに関しては早めに多くボールに触れさせたい。
ボールに絡めないとどうも空回りし個の力でプレーしがちで
それを変えるのは難しいだろうから、周囲が活かしてあげないといけません。
特に前線で絡む選手たちがうまく活かせば、
一気に爆発(得点量産)の予感がするので、期待したいです。
ジェイともども何とか2桁得点、お願いしたいです!

今季アウェイラスト試合、何とか勝ち点を!

posted by 剛蔵 |21:55 | コメント(1) |

2019年11月27日

オフが近づくけど…。

J2は昇格プレーオフを残すのみで
昇格を決めた2チームと7位以下のチームはシーズン終了。
横浜FCがJ1か~、まぁ個人的には関東圏への遠征は行き易いんで
横浜FCとのアウェイ試合も来季の有力な遠征候補になりますね。

もうシーズン終了が近いわけです。
増川、菊地、パウロン。過去にコンサドーレに在籍し
今季J2チームに在籍した選手が所属チームの契約満了になりました。
こういうニュースを見ると「コンサドーレはどうなるんだろ!?」
と勝手に思ったりしたりするわけです。

現状感じるところで「誰も契約満了にならないんじゃね?」、と。
保有選手も少ないし、薄らとその気配を感じる選手がいないわけじゃないけど
よくよく考えるとそれは勿体ないし、何せ替りになる選手いるの?
と感じたりもしています。それより今オフは
「既存選手の流出を防ぐ」のが最大のテーマでしょうか。
その上で層が薄い所を補強出来れば上出来なんでしょうけど。

posted by 剛蔵 |20:25 | コメント(0) |

2019年11月24日

先制されると脆すぎる。

昨日の試合を含め「コンサドーレは先制されると勝てない」
という印象を強く感じていたので、ちょっと調べてみました。

今季のみのデータになりますが、
今季ここまでリーグ戦・ルヴァン杯・天皇杯の合計で
46試合公式戦をこなしています。
そのうちスコアレスドローの3試合を除いた43試合で
先制した試合&先制された試合の戦績を調べました。
※誤差があったら大変申し訳ございませんm(__)m。

・先制した試合→15勝7分1敗
 (ルヴァン杯のPK負けは引き分けに換算しました)

・先制された試合→3勝2分15敗

以上の結果となりました。
先制した試合で逆転負けしたのは、アウェイでの大分戦のみ、
逆に先制されて勝ったのは、リーグ戦の神戸戦(ホーム&アウェイ)と
ルヴァン杯準々決勝第1戦の広島戦(@厚別)、の3試合でした。

いくらなんでも先制された試合で3/4負けてしまっているのは
多過ぎるんじゃない?と個人的には感じてます。
来季は先制された試合はこのデータを維持しつつ、
先制された試合の負ける割合を減らすのが、上位進出のカギでしょうか。

posted by 剛蔵 |18:30 | コメント(1) |

2019年11月23日

現実を直視しないと。

今日のドームでの磐田戦。結果は1-2で敗戦でした。

まぁ試合展開に関しては触れません。
正直判定に疑問に感じるシーンはあったけど、
それ以上に決定機が何度かあっただけに
それを決めきらないとチームは勝てない、という事です。
あえて固有名詞出すけど、武蔵に前半2回・後半1回、
3回は決定的なチャンスがありましたが、
いずれもシュートが枠にすらいかないのは話になりません。
武蔵が得点王に近づくには、最低でもシュートは枠に…です!

まぁ武蔵1人に敗戦の責任を押し付けてはダメなわけで、
今日は目標があるチームに気持ちの差を見せつけられた、
と言い切っていい試合かもしれません。
磐田は正直いいサッカーをしてたとは思えないけど、
特に両SHを筆頭にハードワークしてたな~と感じました。

対する先制されるまではワイドな展開で攻めてたけど、
失点してからその展開のスピードが落ちたし、
一番ダメだったのは「攻守の切替の遅さ」。
特に先制点を失った場面はその象徴でしょう。
とにかく相手よりハードワークしなかったり、
気持ちで負けてるようでは、コンサドーレは勝てません。

これで9月以降リーグ戦は1勝1分5敗。
リーグ戦通算も12勝7分13敗と負け数が先行しました。
ルヴァン杯準優勝の陰に隠れているけど、
この現実をしっかり直視しないと、来季が不安だな~、
と正直感じます。「大袈裟じゃね?」と言われるかもしれないけど
今季のメンバーが来季もいるとは限りません。
ミシャは来季も続投だろうとすると、
残り2試合は気を引き締めて臨んで勝ってもらいたいです!

posted by 剛蔵 |17:57 | コメント(4) |