スポンサーリンク

2020年07月29日

神戸にもゼロトップ戦術を行うか?

 日曜日はイニエスタ擁する神戸と対戦、観客数制限試合とは言え、かなりチケットが売れているようだ。もちろんイニエスタ目あての人もいるだろう。はたしてちゃんとくるかどうかも気になるが、万が一これなくても神戸はポゼッションサッカーをきっちりやってくる。  

 しっかりGKからつないで緩急をつけた攻撃をしてくる。

 そんな相手に対していかに戦うか。横浜FMで見せたゼロトップ前線動き回りの戦術を使ってくるだろうか。

 この戦術は相手がつなぐサッカーをしてくる場合、とラインが高い場合には非常に有効だと思う。神戸もつなぐサッカー。またラインも高めだ。神戸はそしてCBに上背が高い選手が揃う。そうなるとジェイやドドを並べても圧倒的に有利とは言えない。

 ここは横浜FM戦と同じく地上戦を挑んだほうがいいと思う。

 前線からプレスを厳しくして神戸のパスミスを狙う。神戸の失点はショートカウンターが多い。神戸のパスミスを狙って高い位置からショートカウンターが一番良い戦術だと思う。

 この戦術の肝はやはり動き回れる選手が多いと言うこと。荒野やチャナそして駒井が次週自在に動き回る。中野が出場出来るかどうかはわからないが、できないとしたら金子か。しかし、金子を交代の切り札とするならふじれんを先発に入れる手もある。

 どんな状態かわからないがふじれんの調子がいいのならチャンスを与えてもいいような気がする。                                                                

 もちろん神戸も横浜FM相手に行った戦術を研究しているはず。ロングボールを多用することも考えているかもしれない。

  どんな戦術で神戸と戦うか。横浜FM戦の戦術があるので神戸も疑心暗鬼になっているのではないか。

 横浜FMのゼロトップ戦術で試合をやる前から神戸に対しては有利な状況だと思う。

 神戸も状態は悪くないがとにかく勝つしかない。

 果たして対神戸に対してどんな戦術を立てるのか。



                      
                  勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 




}
}

posted by 孔明 |19:27 | 戦術 | コメント(2) | トラックバック(0)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

トラックバックURL
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.consadole.net/asa3804/tb_ping/4001
この記事に対するコメント一覧
Re:神戸にもゼロトップ戦術を行うか?

マリノス戦のアレを、ミシャは奇襲戦法と考えているのか、どうか。奇襲戦法と考えているのなら本道に帰った方が良いと思います。信長も桶狭間以降は二度と奇襲戦法はやらなかったそうです。
が、新戦術に昇華したいと考えているのなら話は別です。例え神戸戦で上手く行かなかったとしても、失敗のデータとして収集するべき。その時は当然2、3試合の失敗では収集にならないでしょう。
可変式からして、色々もがいて偶然発見(出来たというよりは発見が相応しいようです)した産物のようです。
参考:https://news.yahoo.co.jp/articles/bdb70eb23f0c5625c99ab393e96f10e4553a9301
の6ページ

posted by 蹴球素人| 2020-07-30 15:42

Re:神戸にもゼロトップ戦術を行うか?

蹴球素人さん。
奇襲戦法とは考えていないんじゃないかと思います。「新しいトレンド」と言っているくらいなのので、サッカー界を先導しているというつもりじゃないかと勝手に想像しています。
 神戸戦も同じようにやってほしいと思っています。
どうするかはミシャ次第ですが。

posted by 孔明| 2020-07-30 20:01

コメントする