コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2024年06月06日

今季のコンサ

今季ここまでコンサドーレの試合を見て思うこと。

殆どの試合でパス数とボール保持率が
相手を上回っていながら19~20位という順位。

ボールを奪ったら一旦後ろへ戻して
横パスとバックパスを延々と続ける。
何をやりたいのか、その意図が分からない。
その間に相手は自陣へ戻り余裕で守備陣形を取る。
ボールを敵陣へ運んだところで出しどころがなく
またボール回しを始める。
焦れて中へボールを入れるが簡単に奪われる。
精度が悪くて奪われるケースも多い。
ボールを奪った相手はシンプルに攻め上がり
DFは裏を取られ大ピンチに陥る。

勝っている時ならまだしも
点を取らなければいけない状況における
自陣でのパス回しは時間の浪費としか思えない。
スタジアムやDAZNなどで見ている私もイライラする。

前へパスを出せよ!シュートを打てよ!と
思わず声を出してしまう事が今季は本当に多い。
でも、ここでパスを出しても確実性は低いかも
と思ったら後ろへ戻してしまう。
相手にカットされて観客に 「何やってるんだよ!」
と思われるくらいなら下げる方が良いと
考えているようにしか思えない消極的なプレー。

シュートも同じ。
より決まる確率を高めてから確実に打とうとして
結局は打つ前にボールを奪われる。
シュートを打たない事には何も起きない。
打てば何かに跳ね返ってこぼれ球が来ることもある。
鮮やかに決めても泥臭く決めても同じ1点。

ここまで辛辣な表現で書いたけど
ピッチにいる選手の全てがこうだという訳じゃない。
昨夜の試合で名前を挙げると
田中克幸、原康介、長谷川竜也、木戸柊摩
更に小林祐希は果敢に点を取りに行く姿勢が見える。

だがミシャ監督は彼らをJ1リーグで先発起用しない。
コンディション的な事情だとしても
先発させて後半途中交代という手もあるはずだ。


こんな事を思いもせずに済むくらいまで
調子を上げることは、この先あるのだろうか。
それでも期待感は常に持ち続けたい。
最後まで諦めたくはない。

posted by hiroki |19:05 | コンサドーレ |

スポンサーリンク

スポンサーリンク