スポンサーリンク

2018年01月21日

アメリカジョッキークラブカップ

本日の中山メインレース 『第59回アメリカジョッキークラブカップ』 は
明け4歳の人気馬2頭が1・2着を占めた。
勝ったダンビュライトは、3歳の3冠レースにおいて、そこそこの順位で入線し
前走オープン特別では1番人気に応えていたが
今日メデタク初の重賞レース制覇となった。関係者の皆様おめでとうございます。

アメリカジョッキークラブカップと言えば思い出すのが
昭和49年のハイセイコー惨敗劇。
当時は東京競馬場2400mで開催されていたのだが
前年暮れの有馬記念で2着に逃げ残り、万馬券を演出した快速牝馬ニットウチドリが
最終コーナーを回って先頭に立つと、すかさず怪物ハイセイコーが並びかける。
しかし直線の長い東京競馬場。即座に差し馬勢たちが2頭に襲いかかり
ハイセイコー、ニットウチドリはズルズル後退。
勝ったのはハイセイコーのライバルと呼ばれたタケホープ。
ハイセイコーは10頭中9着という初の惨敗を喫した。

んん?
昭和49年1月と言えば、私はまだ中学1年生。
そう。私は小学6年生の時にハイセイコーで競馬と出会ったのである。
つまり勝ち馬投票券を買えない年頃に競馬と巡り合ったので
競馬イコール馬券ではなく、競馬は私にとってサラブレッドの競走。
今でもその精神に変化はなく、競馬中継を観たり競馬場へ足を運んだりしても
あまり馬券は買っていない。たまに大レースの際に買うぐらいかな。
あとは面白い名前の馬を単複で100円ずつとか、そんな感じ。
今日も 『ビックリシタナモー』 なんて馬が出走していたっけ。
馬券売り場にいたら間違いなく買っていただろう。4着だったけど。

posted by hiroki |19:08 | サラブレッド | コメント(0) |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントする