スポンサーリンク

2009年01月25日

石崎監督の流儀

  石崎監督は選手とのコミュニケーション革命を開始したらしい。

 今日の日刊スポーツでは選手のメンタルケアのため指揮官自ら語りかけ相談に乗る「石さんのトークDEグアム」をスタートさせたとのこと。

 石崎監督は自ら選手に話しかけるスタイルらしいが前三浦監督はあえて選手とは距離を置き、監督から選手に声をかける事はなかったとのこと。

 確かに昨年は練習中に監督と選手との会話はあまりなかった気がする。選手と笑いながら会話していたような記憶もない。

 どちらが良いかという問題ではないとは思う。あえて選手と距離をおき、監督と選手という立場を明確にする。なれ合いになることを恐れたのかどうかはわからないが、三浦前監督の考えもありだと思う。


 石崎監督のやりかたも一つの考え方。ただ選手達はより監督に親近感を持つことは確かだろう。悩みや相談をしていると自然に親近感は増す。監督のためにという思いはより大きくなるだろう。

 石崎監督の流儀なのだろう。

 選手が親しみを込めて「石さん」と呼び、慕う気持ちもわかる気がする。

posted by 孔明 |08:24 | 監督 | コメント(0) | トラックバック(1)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

トラックバックURL
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.consadole.net/asa3804/tb_ping/590
この記事に対するトラックバック一覧
モンクレール 【モンクレール】

石崎監督の流儀 - 勝手に叱咤コンサ | コンサドーレ札幌オフィシャルブログ

続きを読む
コメントする