スポンサーリンク

2024年06月12日

今日は勝利はもちろんだが、新たな発見ができた有意義な試合だった。

今日の先発の布陣

                             ゴニちゃん

                        出間                     祐希

      原                                                       宏武

                            西野     克幸


                   岡田    家泉     髙尾

                                児玉




 3対1で勝利。個人的にはドームに行く回数が減ったとは言えあ3年ぶりに見た勝利だろうか。リーグ戦ではないがそれでも勝利はうれしい。

 序盤からこちらの動きが非常に良かった。

 テンポ良く前にボールが繋がり、サイドから攻撃ができていて、セカンドボールをうまく拾っていた。

 また、その児玉のロングボールを軸に縦に速い攻撃ができていた。

 先制点は児玉のロングボールが宏武にわたり宏武の速いクロスにゴニちゃんが右足であてて、バーに当たってゴールした。1-0
 
 その前のシーンでも宏武のクロスから祐希のドンピシャヘッドが枠の上にいく惜しいシーンがあった。
 
 追加点も宏武から、素早く右サイドでフリーになってアーリークロス。いったんゴニちゃんが受けて、前の出間へパス。出間が何なくゴールに蹴り込んだ。2-0

  それからも猛攻をしかけ、惜しかったのは、克幸のコーナーのこぼれ球を家泉がシュートもGKにあたってしまった。

 その後、アクシデントが生じる。ゴニちゃんが足を痛め?川崎と交代。祐希のワントップで出間と川崎のシャドーになる。

 しかし、そこから流れが相手に行ってしまう。2点もとられたので相手が前掛りになってことや、その前までは中盤で祐希がうまく下がってボールをうまく収めてくれたのが
  中盤になかなか下がれなくなり、川崎もまだフィジカルができておらず、1対1で負け続ける。そのことで防戦一方になってしまう。
 
 西野がうまいポジショニングでパスカットしたり、克幸も素早く縦パスを送るも全体的な流れが変わらず。

 惜しかったのは克幸の縦パスに川崎が飛び込んだシーン。惜しくも合わなかった。

 また出間のシュートはGK正面と。なかなか追加点がとれないと、ロスタイム。相手に持ち込まれ相手の左サイドから斜めにクロスをいれられなぜかフリーの相手にダイビングヘッドをいれられ失点。2-1。悪い内容、結果で前半を終了した。
  後半は西野に代えて馬場ちゃん。これは何も西野が悪かったのではないと思う。西野はうまく慣れないボランチでパスカットしたり持ち上がっていた。会場では「西野を代えるな」という声も出ていた。
  しかし、中盤が薄いデメリットが生じてきた以上、馬場ちゃんを中盤に入れて動き回らせ、セカンドボールを拾わせる作戦は良かったと思う。また、次の京都戦に西野を先発させることも考えているのだろう。そういうことなら交代させるのも十分理解できる。

  その後半から徐々に流れを戻してきた。

  児玉のロングボールに追いついた祐希がGKの上を狙うループシュートが惜しくも入らず。馬場ちゃんがボールを奪って出間にパス、出間がDFをかわそうとして倒されるがPKならず。

  相手は中盤を厚くしてそこで絡めとってカウンター作戦に切り替えてきたので、こちらのなかなかチャンスが生じない。

  相手のミドルシュートは児玉が片手1本でセーブ。

 しかし、待望の追加点は右サイドの宏武の突破から相手ペナ内でパスをつなげ、相手にあたって左サイドに張っていた。原がフリーでゴール。3-1
 
 これで勝利は決まった。
 
 そして更に効果的な采配だったのが、原と川崎に代えて桐耶と長谷川投入したこと
 
 川崎は仕方ないだろう。なかなか1対1に勝てず。プレスバックも効果的に行えなく中盤がさらに薄くなる要因にもなっていた、しかし、この経験は将来活きるはず。

 まだ高校2年生なのでユースの中心選手として活躍してほしいし。またトップでもルヴァンカップや天皇杯でチャンスを貰えるだろう。この経験を次に生かしてほしい。

 本来はゴニちゃんの交代は長谷川だったろうが、長谷川は連戦で酷使されれいるので、仕方がない時間帯での交代になった。

  これで桐耶が左CBに岡田は左WBに。長谷川が左シャドー
この交代でまた良い方に流れが変わってきた。長谷川が前線で躍動、何度もチャンスを浮作った。

 児玉のロングボールからDFの裏を抜けた出間がGKと1対1になるがそのシュートはGK正面。これは決めてほしかった。
 
 中央で長谷川が突破してシュートもGKに防がれたり、左サイドから出間のパスに岡田がスペースに走り込みGKと1対1で倒されるもPKならなかったり、岡田も桐耶が左CBに入ったことで左WBに移りまだまだだとは思うがCBよりは生き生きとした動きを見せていた。

 桐耶から岡田への縦パス、岡田から長谷川へのパスもオフサイドという惜しいシーンもあった。そのまま3対1で勝利

 今日の勝利は児玉の投入でGKからのロングボールが増えて縦に速い攻撃が復活したことだろう。サイドでも、宏武がうまくそれを察して素早く前に出て、余裕で相手をかわしてクロスを速く入れられた。

  その結果の2点だ。また3点目も宏武の右サイドからの突破が起点。

 そういう点を考えれば宏武が今日のMVPだろう。

 しかし、なにより今日の成果が出せたのは児玉の正確なキック力、トラップのうまさ、相手がプレスにきても余裕でパスを出せる度胸、なにより足元の上手さが異常。鳥栖のGKの朴に非常に似ていると思う。ただ、後半さすがにロングフィードの精度が落ちてきたのはちょっと気になったが。

  現時点では菅野よりも児玉をリーグ戦に先発で起用した方がよいと思う。なによりロングフィードができて縦に速い攻撃の起点になりうるから。
 
 また、中盤は克幸と馬場ちゃんで固定すべきだろう。
  この試合を見てますますそう確信した。

  とにかくこの勢いを次の京都戦で発揮してほしい。
  今日の勝利は新たな発見と改めて再確認できた試合でとても有意義だった試合だと思う。


1718204052-IMG_3094.JPG
1718204103-IMG_3162.JPG
  勝手に叱咤コンサ外伝                                      孔明ツイッター      


posted by 孔明 |23:45 | 今節の反省 | コメント(5) | トラックバック(0)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

トラックバックURL
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.consadole.net/asa3804/tb_ping/5551
この記事に対するコメント一覧
Re: 今日は勝利はもちろんだが、新たな発見ができた有意義な試合だった。

孔明さんがここまでベタ褒めとは珍しい。それだけ11人目のFPとして機能していた、ということですね。
菅野は言うに及ばず、浦和の西川のようにGKの能力は身長だけで決まるわけじゃない。
(西川に関してはパントがさらに進化した感さえある)
タイプ的には高木に近く、シーズンアウトになった事で早めに獲得に動いたと考えてますが
今日の出来ならこれは強化部GJ!と言っていいでしょう。
もっとも、更なる補強は必須ですが…。

posted by フラッ太| 2024-06-13 00:16

Re: 今日は勝利はもちろんだが、新たな発見ができた有意義な試合だった。

田中克の軽率な横パスから失点したことはお目こぼしですか。
もしかするとあれで流れが変わってこの連戦かつ怪我人だらけのなかで延長戦という可能性もありました。
お気に入りだとミスしても無かったことになるんですね…

posted by 八丁味噌| 2024-06-13 06:49

Re: 今日は勝利はもちろんだが、新たな発見ができた有意義な試合だった。

八丁味噌さんとやら。俺も現地で見ていたが、田中克はほとんど無双していたぞ。それを1度のパスミスでそれをあげつらって。楽しのか?ただ、管理人さんをおとしめたいだけだろ。よほど性格がひん曲がっているんだな。こういう人間にはなりたくないものだ。

posted by シャイン| 2024-06-13 10:55

Re: 今日は勝利はもちろんだが、新たな発見ができた有意義な試合だった。

ドーム観戦、いつもの所で。
マッチ・コミッショナー(及びスタッフ?)混乱してませんでしたか? 1点目は田中宏武とビジョンに出ていたはず。待て待て、宏武のクロスにどうやったら宏武が得点できるんだ?自分の勘違いか?その後のプレーで宏武は30番、30番は宏武と何度も確認。かなり後で得点はゴンヒになってました。出間と原の表示も相当かかっていました。
前半は児玉のキック精度が良かったです。売りはキックと云うだけあるなと思いました。ただ、後半開始から3点目を取るまで児玉のキックが変調。児玉が蹴ろうとしたスペースがゴルフのグリーンに見え、そこにいる栃木の選手がフラッグに見えました。児玉のショットが旗に絡んで良い感じ、な訳ないです(そこから冷や冷やモン)。ゴンヒがいたら又違ったでしょうか。3点目取ったら、児玉の精度が復活。不思議でした。
しかし、以前から思っていましたし、昨日も再確認しましたが、前線に送るロングフィードは相手のボックスばかり。味方にボールは通る、相手GKは取れない。正直ホールインワンです。だったら、送るならアウトサイドレーンでしょう。ここはGKは手を使えません。ヴェルディー戦での失点はボックスの角付近から始まってます。
2得点目、出間の前にゴンヒが絡んでましたか。宏武の2アシストと勘違いしてました。でも、宏武の突破は利いてましたね。

posted by 蹴球素人| 2024-06-13 11:39

Re: 今日は勝利はもちろんだが、新たな発見ができた有意義な試合だった。

◎フラッ太さん。
児玉はかなり良かったです。足もとの技術がしっかりしていて、ロングフィードも正確。なにより縦に速い攻撃の起点になっていて彼の起点から得点がとれました。後半、ロングフィードの精度が落ちましたが、基本的には今のコンサのGKの中で一番ロングキックがうまい選手だと思います。
◎八丁味噌さん。
 あなたのような捉え方をする人もいるんですね。「克幸のミスから失点した」と本文で書けばあなたは満足でしたか。私はあれほど薄い中盤で頑張っていた克幸をそんなことだけでことさら書きたてるのはよくないかな。という判断で書きませんでした。まあ、ミスはミスとここまで他の選手には書いてきているので日寄ったと言われうかもしれません。今後は注意しますが、あなたのような重箱の隅をつつくようやり方には正直うんざりです
◎シャインさん。
ありがとうございます。私にはアンチがいるようで、ちょっとしたことを「それみたことか」と指摘してくう人がたくさんいます。おの人も同じでしょう。なにが楽しいのかさっぱりわかりません。
◎ 蹴球素人さん。
 私も1点目にビジョンの表示には驚きました。あとで修正されましたが、完全な人的ミスですね。
 児玉のロングフィードは相手のボックスが多かったですが、1点目は宏武へのパスでした。彼はそれもできると思います。うまく使い訳すればかなりの戦力になると思います。

posted by 孔明 | 2024-06-13 16:49

コメントする