スポンサーリンク

2020年11月30日

「高嶺ターン」は見ていてワクワクして喝采するシーン

 土曜日の広島戦でサポーターから絶賛されたのは高嶺のプレーぶり。
 いつものように粘り強く相手の懐に入ってボールを奪ってそこから展開するというシーンはたまらなかった。他の選手たちの多くが相手のパスではがされていただけの高嶺のプレーは特に印象に残った。

 もともと能力の高い選手でボール奪取のプレーが目立っていたが、荒野が欠場の中、よく中盤を動き回っている。

 厳しくボールフォルダーにチェイスするシーンは見ていてワクワクする。


 もう1つ高嶺の特徴は高嶺独特のターン。あるサポさんは「高嶺ターン」と呼んでいたがボールを奪って1回転してしっかり持ち替え、そこからドリブルで持ち上がって攻撃の起点とする。彼の得意のパターンだ。

 これが出ると攻撃のスイッチが入る。
 分かりやすくて、見ている方も力が入り、喝采するシーンだ。

 この「高嶺ターン」からチャンスが多く作られる。

 ただ、こんな高嶺でも苦手なところがある。それはロングパス。ロングフィードはあまり精度が良くない。また、ミドルシュートは大概の場合には枠を外してしまう。

 彼が惜しいところはここで、ロングフィードが正確になれば、フル代表も夢ではないと思う。

 もともとボランチは競争が厳しいが、今は1番手か2番手だろう。それだけチームに貢献している選手だ。

 残り3試合、得意の「高嶺ターン」を駆使しつつ中盤でボールを奪って、得点の起点になってほしい。
 


                   
                     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 


posted by 孔明 |20:30 | 選手のこと | コメント(6) | トラックバック(0)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

トラックバックURL
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.consadole.net/asa3804/tb_ping/4126
この記事に対するコメント一覧
Re: 「高嶺ターン」は見ていてワクワクして喝采するシーン

仕事とプライベートの応援は区別しなくては!スポーツくらい演出や脚色なしで見せてほしい。
民放では作為が分かってるバラエティと脚本のないスポーツしか見ないようにしていたのに。
そもそも論だけど、所詮人間は自分のキャパを超えた現実を受け入れられないのだろう。
高峰は札幌に来てから最高の高峰になったかもしれない。高峰が何か変わったというよりはチームが高峰ターンを良く使っていた。心技体って大事なんだなあ。

posted by 343| 2020-11-30 20:46

Re: 「高嶺ターン」は見ていてワクワクして喝采するシーン

素晴らしい選手だと思います。確実に今期始動時は誰しもがルーキーの中で1番下かな?と思ってたと思います。このまま成長して欲しいですね。ご存知気の強い所もあり今期の観客が少ない環境だとテレビ越しでも結構試合中の彼の言葉が聞こえるんですが、割と言葉が鋭いので相手の選手と揉め事にならなきゃいいなーと不安ではあるんですがねw

posted by むぎー。| 2020-11-30 22:00

Re: 「高嶺ターン」は見ていてワクワクして喝采するシーン

「自分がやるとロマンス、他人だと不倫」
というのは某隣国で良くある言い方らしいですが国内でも似たような論を展開される人がいます。

高嶺ターンはある意味でセンターで(複数の)相手に引っ掛かりながら前を向いているシーンでもあるので、普通に裏目に出て相手カウンターの起点になってしまう可能性もあります。
なので、1つ1つを見ると、あれがプレー選択として本当にベストなのかは疑問があるケースもあります。

世の中には高嶺がすると高嶺ターン、駒井がやると判断が遅いという結果論による恣意的な評価を積極的にされる方もいます。
高嶺には、周囲の素人の雑音に振り回されずに高みを目指して成長してほしいですね。

posted by ring| 2020-11-30 22:09

Re: 「高嶺ターン」は見ていてワクワクして喝采するシーン

上の方。成りすましはお辞め下さい。それは私のみならず、、人を信じ板を開放しておられる孔明氏に対する侮辱でもあります。お願いします。

高峰は特に守備面で望んでいるプレイをしつつあると思います。攻撃面では、彼に限らず菅なども、おお、と思わせることをしますが、2つ続かない。それは無理かもしれないのだが、自分で、期待させる状況を作っているのだから、やらなくてはならない。ついでに言うと福森も(セットプレイ以外)。

posted by 343| 2020-12-01 07:49

Re: 「高嶺ターン」は見ていてワクワクして喝采するシーン

この良いプレイを2つ、3つ続けて行うというのが、結局得点に結びつくわけで、確かに一人では難かしいのですが、チームとしてならできる。結果、残念なプレイとなってもいいのでやってほしいと思います。
度々、いろいろすみませんでした。

posted by 343本名鈴木徹也| 2020-12-01 08:38

Re: 「高嶺ターン」は見ていてワクワクして喝采するシーン

◎343さん。
 ありがとうございます。
 高嶺は守備では本当に効いていますね。高嶺は福森が怪我の時とかCBでやることもありましたが、そつなくこなしていた印象です。来年は駿汰と高嶺のボランチが見たいとも思っています。このままさらに伸びてほしいですね。

◎むぎーさん。
 私もシーズンが始まる前は駿汰や金子に比べて黄塵を排するかなとも思いましたが全然違いました。今ではなくてはならない選手だと思います。試合中の彼の言葉は印象にありませんが、確かに気をつけなければいけないところはあるかもしれませんね。

◎ringさん、
 このオフィシャルブログにはにせringもいますので、343さんもそう指摘したと思います。このブログにはなりすましや粘着してくるコメントも多数ありますので気を付けてください。
 確かに「高嶺ターン」は一歩間違えれば危険なプレーですが、自分で打開するプレーを持っているだけ良いと思っています。
 高嶺には今後もガツガツと行ってほしいと思っています。

posted by 孔明| 2020-12-01 20:37

コメントする