スポンサーリンク

2020年10月16日

なぜ得点がとれなくなってきたか。

 今年のチームは昨年に輪をかけて守備がボロボロ。毎試合必ず2失点以上する。しかし、ミシャは失点してもそれを上回る得点をすればいいという考えだが、それもほとんど実現せず。

 絵にかいた餅状態になっている。失点するわ得点はしないわではまったく面白くない。

 もっとも武蔵やソンユンが抜けたことは大きかったし、連戦でただでさえ層が薄いチームなのにメンバーを固定するために主力の体力にしわ寄せが行ったり。
 対相手の練習ができなかったことも大きいだろう。しかし、いないならいない戦力でやるしかないし、普段の練習でちゃんとやいればある程度応用は効くのではないかと思っている。

 そして堅い守備の相手にはとたんに攻撃力が影を潜める。

 今日は攻撃について特に最近なぜこうなったか素人なりに考えてみた。

 まずはチームの現状を考えてみる。
 名古屋戦が一番わかりやすかったのだが、

 1 まずはカウンターができない。
    これまで武蔵の個に頼っていたカウンター。いなくなったらまったくできなくなってし  まった。湘南戦で金子がゴールをとったカウンターも相手のボールに荒野の前に出した足  があたって運よく金子に分かったもの。意図してうまいカウンターができたわけではない  だろう                                                            

 2 低い位置でボールを持っても攻撃のスピードが遅く、すぐに相手に引かれてブロックを  つくられてしまうこと。
    相手から低い位置でボールを奪っても周りがあまり動かないし、前線の動き出しが少な  く、しかたなく横パス、バックパスになってしまう。

3 遅攻はなかなか相手を崩せない。
  どこのチームでもブロックを作った相手を崩すのは難しい。しかし遅攻が多いチームで  はある程度崩せないと得点はとれない。
 
4  セットプレーから点がとれない。
    福森のキックの精度があまりよくないのと、ジェイがなかなか試合に出られないことや 進藤がマークされていることヘッドの不得意な選手が前線にいることが多いことからか

 これらはもちろん武蔵と今はチャナという個人技ができる選手がいなくなったり怪我をしたことが大きいが、個人に頼らないサッカーをやらないとこういうことはいつでも起こりうると思う。
  
 カウンターができないのは、根本的にはカウンターの練習をあまりやっていないと勝手に推測する。違っていたら申し訳ないが。

   攻撃が遅いのは縦に早い攻撃ができないからだと思う。いままで速い攻撃をしていたのは 福森からのロングボールだったり、サイドチェンジのボールだったりに頼っていたことが大 きかった。それが武蔵がいないことや研究されて引かれてDFの裏にスペースがなかった  り、サイドをケアされてなかなかパスが出せなかったり。
  また、前線にスピードがあまりないロペス、駒井、金子ではなかなか難しい。
 そうなるとショートパスをつないで攻撃を行なうことしかできなくなる。

 しかしスイッチを 入れる縦パスが出せないから攻撃にメリハリがでない。パスに時間をかけるから相手はしっ かり戻ってブロックをつくる。

 セットプレーからまったく得点の匂いがしないのも今年の特徴だ。福森の微妙なキックの精 度が狂っているということと、進藤やジェイがかなりマークされること、前線にヘッドの強 い選手がいないことだど。

 これをどうすれば良いかも素人なりに考えてみた。しかし、ここではもうこんなに字数を  使っていて読者は読むのにきっと飽きていると思うので続きは外伝の方に書いた。

               ↓

   
           
                     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 



posted by 孔明 |20:41 | 戦術 | コメント(6) | トラックバック(0)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

トラックバックURL
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.consadole.net/asa3804/tb_ping/4081
この記事に対するコメント一覧
Re:なぜ得点がとれなくなってきたか。

ロペスが日本語でミシャとサッカーの話をする。双方ともある程度できる。杉浦コーチと通訳さんへのリスペクトも大事だが、2重の通訳はさすがに訳が分からなくなる。ましてしばらく外されてたら尚更。セットプレイに関しては、選手自身のアイディアだと上手くいく事もあるのですが。

posted by 343| 2020-10-16 22:51

Re:なぜ得点がとれなくなってきたか。

1秒を半分に、その半分をまた半分と刻んでいくと、サッカーとは最後は個の能力。都倉が言っていたような…。
逆に、なぜシュートブロックされるのだろうと考えてしまいます。絶対に、必ずと言って良いほどブロックされますし、数字にしたら90何%行くんじゃないでしょうか。出した足の1㎝上とか1㎝下を抜けたとかは、まず無い。
答えは那須大亮チャンネル、高木豊氏出演にありました。長男が点が取れないと悩んでいたら、プロが蹴らせてなるものかと命懸けで飛び込んで来る。ひと捻り無かったら決まらんだろうと答えたそうです。もっと上手い選手は、そこで2捻り3捻りあるでしょうと。
とは言え、手間暇かければ良いという訳でもなし。相手がプレスバックに戻って来ます。
精度あるテクニック+正しい判断という個のスキル。精度があっても難しい処に蹴ってはダメですよね。
とまあ、身も蓋も無い結論になりましたが。
19年ルヴァンのガンバ戦、武蔵のシュートは、相手足の下でしたね。

posted by 蹴球素人| 2020-10-17 11:59

Re:なぜ得点がとれなくなってきたか。

まずカウンターですが恐らく明らかに減っています。
これには幾つかの理由が考えられます。
ボクシングを思い起こしていただくと、カウンターとは相手が打って来るからこそ成立します。
サッカー的にはハイラインも必要でしょうか。
今期はそもそも一部を除くと相手がこういうことをしてきません。
その理由には①このハードスケジュールもあるでしょう。②菅野が無理してつながない-そもそも足元に苦手意識がないので相手的には前から行っても取れる確率が低い。③深井ではなく田中高嶺がビルドアップやボランチに入るので相手的には前から行っても取れる確率が低い。④うちにつながれたりビルドアップされてトップとシャドウにボールが入ってもそのまま中央は破られないので相手的には前からプレスをかける動機が薄い。
留意したいのは、④以外はうちのカウンター性能の問題ではないことです。
④についてもう少し細かく見てみます。そもそもミシャサッカーの怖さの1つは、まずセンターの3人にボールが入りその3人に怖さがあるので相手が中央に絞りワイドへの圧力が弱くなるところにあります。
そこでワイドにボールが出て相手が修正を強いられるところで再びボールがセンターに動く。
ところがいまのうちではほぼセンター3人で攻めきることはできないのでビルドアップからのボールはほぼ確実にワイドに展開されますがそこで守備側が突破されない限りはクロスが入ってくるだけです。相手はほぼこれしか警戒する必要がありませんし、しかも実際にセンターにいるのは空中戦での得点力が低いスカッドです。
結局のところスカウティングをするとうちにビルドアップされても怖くないため相手が構えることができ、それらの結果としてカウンター発動機会はおよそ減っているわけです。
もちろん加えて仮にカウンターシーンになったときのカウンター性能もありますが、今期についてはもうそれ以前と。
相手が前から来ていないことは直感的にも分かります。そもそもボールポゼッションが上がっています。また昨季はちょいちょいあった10分くらい相手がボール回しまくってうちが追いかけて疲弊しまくるようなシーンは減っているでしょう。
うちがボールを持つと何故か相手選手がたくさんいるシーンは増えているでしょう。

posted by 稚内のラーメン屋| 2020-10-17 18:32

Re:なぜ得点がとれなくなってきたか。

戦術論というより実践的に戦い方を考える上で大切なのは誰がどう得点を取るかです。
似ているのはウチの最強の武器は何かです。
これが決まればミシャ式だと1つはその長所を使って。さらには長所を消そうとする相手をはめることで次のポイントから得点ができます。
正直、今期は相手が困る/相手が怖がる武器がありません。
桶狭間でもいざ鎌倉でも五稜郭の戦いでも、とりあえず客観的には手元に相手を落とす武器は無くそれは相手にバレています。
こうなると変化球を投げようと奇襲をかけようと相手は慌てません。よって相手陣地にも歪みはできないわけです。

posted by 稚内のラーメン屋| 2020-10-17 18:44

Re:なぜ得点がとれなくなってきたか。

さてだからうちがむちゃくちゃ悲観する必要があるわけではありません。
例えば前3人に武蔵のようなシュートを打ちまくる(決定力はそこそこ)の選手が居れば相手はいまのような楽はできません。
楽をしているチームは一見すると効率的に見えるかもしれませんが、要は志の低いチームとも言えます。

その意味で興味深いのは次の鹿島戦です。
鹿島はそこまで志の低いサッカーはしてこないでしょうが、ウチの武器は限定的です。
私はここで状況が変わるとすれば(玉際の厳しさは当然として)オフザボールの走りの質と量だと思います。菅と金子に加えてもう1人、スプリント回数25回以上の選手。走行距離が12km以上の選手が3人出て勝つ意欲を表現できるなら、鹿島相手だと勝てるのではないでしょうか。

posted by 稚内のラーメン屋| 2020-10-17 19:09

Re:なぜ得点がとれなくなってきたか。

◎343さん。
 セットプレーから得点がとれませんね。ミシャはもともとセットプレーを軽視する監督ですがコンサにきてだいぶその重要性を認識したと思います。セットプレーは四方田さん任せているでしょうが、もう少し攻撃の練習にかける意欲をもってほしいと思います。
◎ 蹴球素人さん。
 判断力の良さとスピードでしょうか。シュートを蹴るのは瞬間の判断に大きく左右されると思います。ミシャは決定力は生まれながらに持っていると言っていますが、当然それもあると思いますが練習すればするほど判断力のスピードが上がってくると思います。
 駒井がクリロナのシュートの画像を見てゴールを決めたようにもっと練習で精度を上げてほしいと思います。

◎稚内のラーメン屋さん。
 相手が出てこないと言うことはあるでしょうね。そこで大分のように疑似カウンターができないということもあります。また、必ずサイドに展開するから自然と攻撃が遅くなりますね。
 ただ、カウンターができないと言っても攻撃のスイッチは入れられると思うので縦パスを使ってスイッチを入れてほしいと考えています。そのためには前線の動きが必要ですが。
 鹿島がどう出てくるのか非常に気になります。おそらくはあまり前からこないような気がします。
 そこは鹿島のずるさ巧みさで、ある程度引いてカウンターを仕掛けてくるのではないかと思います。こちらは前から行ってボールを奪ってショートカウンターが一番良いと思いますが、それが中途半端なら鹿島の網にかかってしまうかと。いずれにしても難しい試合になりますね。

posted by 孔明| 2020-10-17 19:55

コメントする