スポンサーリンク

2019年11月19日

土曜日の磐田戦は正直不利な戦いになると覚悟している。

 土曜日は中断明けの磐田戦。正直、この試合は不利な戦いになると思っている。



1つ目は練習のこと。
 明日、明後日と札幌は雪が降り、宮の沢で練習ができるかどうかわからないこと。

2つ目は代表組の疲労の影響があること。

3つ目は磐田のモチベーションの高さから。

1つめはこれは自然のことだからどうしようもない。宮の沢に10cm以上の積雪があれば、ピッチで練習するのは難しい。少し除雪してその範囲内で練習するか室内でやるか。いずれにしても練習は制限され、中身が乏しい練習になってしまう。

 思い切って雪の少ない苫小牧のグラウンドを借りて行うということも考えた方がいかもしれない。以前はこのような状態になったときには苫小牧のグラウンドを借りて練習をやっていた。使用する器具等の移動や練習後のケアが難しいが、制限されたピッチでやるよりも良いのではないだろうか。

 2つめはこれも仕方がない。菅はすでに戻ってきているだろうが、武蔵と進藤は今日が試合なので、明日戻ってくると思う。そうすると木曜日と金曜日しか練習ができず、対磐田戦用の練習があまりできないことになる。また、出場するかどうかに関わらず疲労もあるだろう。
 
 ソンユンとチャナは海外での試合なので移動の疲労や試合に出場した疲労で磐田戦の出場はかなり厳しい。
 戻ってくるのはいつかはわからないが、タイはベトナムとアウェイでw杯予選がある、今日の夜試合をするので、チャナは出場するはず。

 また韓国の今日夜、UAEでブラジルとの親善試合があってソンユンが出場するかわからないが、中東なので移動がたいへんだろう。

 戻ってきてもチャナとソンユンが木曜日から練習にでられるかわからない、いずれにしても疲労を抱え、対磐田の練習もままならないだろう。

 この2人は思い切って先発からはずすということも考えられる。

 今後このようなことは毎回起こると思うから、何らかの対策ができればしなければいけないだろう。

 3つめはかなりやっかい。磐田はこの試合に負けるとJ2降格が決定する。ゆえにかなり高いモチベーションで戦ってくる。このモチベーションと対峙しなければいけない。しかし、一旦ピッチに立つと相手の迫力に負けてはいけない心理が働く、こちらもモチベーションは高くなるはず。序盤から勢いよくいかないとやられてしまうので気をつけた方が良い。



 1から3について不利な面ばかり書いたが、このようなことは今後も十分考えられる。そのためにしっかり対策を立てておかなければいけないだろう。

 
 ACLに出場しているチームとか代表メンバーが多くいるチームではこれまでも結果を出してきたチームもある。例えば鹿島などはそのような不利な条件でもリーグ戦にはあまり負けていないはずだ。もちろん層の厚さはあるだろうが、こんな条件でもしっかりやらなければいけない。

 この磐田戦も不利な条件はあるが必ず勝たなければいけない試合であることは確かだし、勝つと信じている。

 これは選手自身のため、サポーターのためといろいろとあるだろうが、一旦試合になったら選手達も目の色を変えて試合に勝つため一生懸命あってくれるはず。

 とにかく目の前の試合を1つ1つ勝っていこう。





    勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |17:49 | 話題 | コメント(2) | トラックバック(0)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

トラックバックURL
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.consadole.net/asa3804/tb_ping/3746
この記事に対するコメント一覧
Re:土曜日の磐田戦は正直不利な戦いになると覚悟している。

クラブが結果出しているからこその状況、でもありますよね。
そんな中で結果を出していく。これがタイトルに絡むクラブでしょう。
なかなか難しい状況で迎える磐田戦ですが、ホームですし
キッチリと勝ち点3獲得しないといけません。

posted by 剛蔵| 2019-11-19 23:19

Re:土曜日の磐田戦は正直不利な戦いになると覚悟している。

剛蔵さん。
 何年か前までは代表を多く輩出するチームになるとは思ってもみませんでした。それと同時にこんな問題が起こるとは夢にも思っていませんでした。しかし、しっかりこの課題をこなしていくチームにならないといけないですね。
 磐田戦はかなり難しい試合になるでしょうが、気持ちを強く持って必ず勝ち点3をとってほしいと思います。

posted by 孔明| 2019-11-20 21:16

コメントする