スポンサーリンク

2012年04月27日

大宮戦展望(守から攻への判断を早く、素早い攻撃を仕掛けたい。)

明日の大宮戦

 これまで6連敗で7戦勝ちなしチームワーストを更新している。アウェイだが、ここでなんとか勝ってどん底状態を抜け出したいところだ。 

 一方、大宮のこれまでのリーグ戦の成績は2勝2分け3敗の12位。もう少し順位をあげて上位争いに参加したいところだろう。

 前節はさいたまダービーでホームで浦和と対戦。
 スカウティングどおり相手の右CBと右サイドバックのギャップを度々狙い、チョヨンチョルがゴール。その後も同じく相手の右サイドの3バックのギャップに進入、クロスをラファエルがヘッドで押し込んで前半で2-0とした。
 後半は浦和の攻勢にしっかりブロックをつくって、危ない場面も何度かあったが、しのぎきって今シーズンホーム初勝利をあげた。

 大宮のシステムは4-2-3-1

 しっかりとしたつなぎから攻撃を仕掛けてくる。サイド攻撃が活発。特に左サイドから攻撃の圧力をかけてくる。

 サイドバックの下平とチョヨンチョルの攻撃は強烈。特にチョヨンチョルはシュートもうまく、ドリブルも出来る。勝つためには絶対に押さえなければいけない選手だ。

  攻撃の中心は東。大宮は東中心にサッカーをするといっても過言ではないくらい監督が信頼を寄せている。

 彼はしばらく怪我で休んでいたが前節復帰。トップ下でチョヨンチョルとのコンビもよく、スペースを作る動き等やオフザボールの動きに長けている。

 ワントップのラファイルは身長も高く、ボールを収めることが出来る選手。

 キープ力があり懐が広い。ボールを捕るにはかなり苦労しそうだ。
 ボランチのカルリーニョスは運動量もあり、活発にボールをつないでくる選手。ここからのボールは大宮にとってスイッチ。注意しなくてはいけない選手だ。

  また、右サイドバックには元コンサの坪内がいる。坪内は守備のバランサーで、しっかりとした守備をしている印象

   大宮先発予想

         ラファイル

チョヨンチョル  東      渡邉

      カルリーニョス 青木

下平 キム ヨングォン 菊地 坪内

              北野

  こちらとしてはいつものようにプレスをかけて相手の攻撃を防がなくてはいけないだろう。

  特に東とカルリーニョスのところは、しっかりプレスをかけて自由にさせないようにしたい。

 そして東と左サイドのチョヨンチョルとの連係を乱すことだ。

   前節純平が位置を変えて調子を戻したので、純平に期待したい。

  とにかく90分集中をきらさないことだ。
 
前半と後半が違うチームと言う状態はもう見たくない。

 相手に攻勢をかけられても、ただラインを下げることはせず、しっかりブロックをつくってボールをとるポイントをはっきり決めて守らなくてはいけないだろう。

 攻撃はサイドから攻撃を仕掛けたい。

 そして守から攻の判断は速く、素早い攻撃を仕掛けたい。

 セットプレーは相手はマンツーマンで守る。

 ニアにはラファエルを立たせる形なので、ラファエルを超えるかラファエルの前でボールをすらして後ろに回すか考慮してボールを蹴らなければいけないだろう。

  また、ここ2試合はキーパーへのバックパスがぎこちないので是非狙ってほしい。

 プレスをキーパーにもかければミスが出る可能性はある。

  まずは先取点をとることだ。先取点をとって試合を優位に動かそう。


  勝手に叱咤コンサ外伝

posted by 孔明 |20:02 | 次節の展望 | コメント(0) | トラックバック(0)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

トラックバックURL
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.consadole.net/asa3804/tb_ping/1353
コメントする