スポンサーリンク

2005年11月19日

何点とっても勝てなかっただろう京都戦

 まあ、がんばったといえる京都戦だが、今の戦い方では上位のチームには何点とっても勝てないだろう。3点目をとってからあの時間帯で点を取りに行く戦いでは個々の力のないチームには非常に厳しい。
 もうあの時間帯ではがちがちに守って、カウンターサッカーでいいのではないか。状況に応じて戦うべきである。おもしろいサッカーだが、これが監督の戦い方ならば正直、疑問を持たざるを得ない。
 砂川の使い方も疑問符が付く。何度も言うが砂川はサイドの選手ではない。
トップ下で、西谷とコンビを組ませるべきである。
 それから、砂川の交代時間が遅すぎる。岡田を活かすなら1点リードの場面で代えなければ。岡田はホームの試合の後半投入には非常に有効な選手である。もったいないことをした。
 とにかく、本当に首の皮1枚つながっている状態だが、次の試合にはホームの勝利でみんなに笑顔を見せてくれ。


posted by asa3804 |21:40 | 今節の反省 | コメント(0) | トラックバック(0)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

トラックバックURL
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.consadole.net/asa3804/tb_ping/11
コメントする