コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2018年09月20日

まだまだ落ち着きませんけれども

明日を乗り切れば、また3連休がやってくるのですが、それに向けてのモチベーションとなるとなかなかに難しい部分があって。

相変わらず疲労度合いがよろしくないというのか。
同じ分量をこなしたとしても、地震以前とは違ってちょっと重たい感じで。

まあそこには人の気持ちに対する遠慮なさというのものが含まれているのだがね。
何と言うか、慮る気持ちが感じられないのは寂しいことでもあって。


何とかの気力でしかないのか。
今日もどうにか励みましょう、と鼓舞するくらいで。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年09月19日

その意外性に

昨日の疲労困憊ったら、ありゃしないレベルの酷さではあった。
全く何のために旅に行っているのか。
確かに最終日はレンタサイクルで約2時間走り回るようなことをしていたのが大きかったのかもしれないが。


鹿島がACLで初のベスト4に至ったのか。
正直意外な感じ。
すでに経験しているものだと思ったのだが。

しかし何だな、まだ天皇杯もルヴァン杯も残っていて、この先超過密日程らしくて。
まあ何とかするのだろうがね。


でようやく本題。

そう昨日の公式リリース。
極端な表現を言えば、あの大敗を払しょくするようなビックニュースとでもいうのか。

何でも現在プレミアムリーグEASTで断トツの得点王状態だそうで。

ユース以外の高卒は久しぶり、それが道外出身者ともなると相当久方ぶりになるのか。

成績面を見れば、うちにはもったいないくらいの逸材なのだろうが、その後出てくるを話を見れば決して順調ではなかったようで。

実際他との競合があった風でもなく、練習参加した他チームからはお断りがあった模様だし。

けれどもスーパープレミアムで来るよりは、うちらしくていいのかな。
決断の背景には監督の存在も大きいようだし、ここにもミシャ効果があったというべきなのだろう。

過度な期待はあれだろうけれどもね、しかしこの時期故に少し踊ってもいいくらいかなの出来事ではある。

(それにしても素直にすぐに名前を読めないのが、今どきなんだなあ・・・)

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年09月18日

この度の旅の印象から

思いもかけず大旅行になってしまった今回ではある。
3泊4日の行程なんて、勤続30周年で行った沖縄以来。
サッカー観戦では1泊2日が主体だから、いかに長いか。
まあ予定外の要素が加わって、飛行機の便が何度も変更するとか、なかなかに普段ではないことにはなっていたのではある。


移動距離が長い中、あちこちで気になったのがブルーシートである。
こと和歌山から大阪への移動の際の阪和線車内からは数多く見かけた。
確かに台風21号の被害であることは判るのだけれども、こんなに残ってるのかという印象。

そしてはそれはそこだけではなく。
岡山から松江での車中でもそうだったし、山陰線を移動中でも少なからずあって。
いや本当に広範囲であったのだな。


時間があれば、地場のスーパーに立ち寄ることも多いのであるが、こちらでも台風による入荷の不順が告知されている。
そんなに極端ではないから、目立たないことではあるのだが。それでもそういう事実があることに、まだ違和感を持たずに見ていたのだな。

こうした形で台風被害を感じる旅というのもないことであろう。


そうして、また日常に戻っていくのか。

当然にまだまだ疲労は残っているけれども。

また何とか励みましょう。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年09月17日

私的偉業達成

昨日は大阪から松江に入って、松江市営陸上競技場での中国サッカーリーグ第17節「松江シティFC対廿日市FC」の試合を観戦した。

これが昨日のメインイベントで、これにより全47都道府県でのサッカー試合観戦の記録を達成したという、個人的な満足ではあったのだな。


先日観戦したサウルコス福井は、所属する北信越フットボール1部リーグの方で、昨日の最終節でようやく優勝を決めたようなことではあったのだが、こちらは上位2チームが頭抜けている状況故であって、実際最終成績は全14節で12勝2分け、引き分けは共に2位との対戦という状況ではあったのだな。

一方中国サッカーリーグでは松江シティFCが唯一頭抜けていて、全18節の残り5節を残して早々に優勝を決めてしまったような状態。
今回の試合前の状況は、14戦全勝、得点64失点4という状態で、勝って当たり前引き分けもダメで、いかに失点しないかがメインのような状況であった。
なお節と試合数が合わないのは、恐らく台風等で中止になった試合があるためなのだが、どうもこの代替試合はやらずに終わらせるみたいで。
まあやったところで大勢に影響がないからとも言えるのだろうが。


肝心の当節の試合についていえば、ポゼッション率は9:1くらいの極端さで。相手にしてみればミスからのカウンター狙いくらいしか手がない状況ではあった。
最もスコア的には2-0とそんなに圧勝とならないのが不思議なところで、結構惜しいのがあったのだから、ここは難しいことではある。

この試合無料ではあるものの、観衆数の発表はあって706名とか。
前日のJFLが383名だったの比べると、無料とはいえ結構入っている感じではありましたか。


これで取りあえず全47都道府県での観戦達成にはなったのだけれども、厳密に言えば、地元チームで見られていないのが一昨日の和歌山を含め4県あるから、本来ならばそれで達成するのが理想。

ただこちらの方は、地域リーグ所属だったり(シーズンが短く、試合数も少ない)、遠方があるから、そうそう簡単ではないので、ゆるゆるで考えましょう。


posted by akira37 |05:07 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年09月16日

言葉にはしにくい

衝撃の事実を知ったのは、クラシックではありえないくらいの盛り上がりを見せた公演が終わった直後のことであった。

昨日は紀三井寺でJFLの試合観戦後、大阪に入り19時15分からのコンサートに参戦していたのである。
従って試合の様子は、終演後まで判らない。

コンサートは通常と違うスタイルだから、休息無しで進行して、本編後に大盛り上がりとなって。
それでも20時30分ころには終演となっていたのではある。

で見ますわな、状況を。
当然衝撃を受けますよね。その確認時点で5-0という数字が。
一体何が起きているのか。


ありがちな想像をしていたのである。

一つ歯車が狂うと、ズルズルいってしまうことの典型で。

正直あまりにも気負い過ぎた感じが試合前から感じ取れていたので、そのことが逆にプレッシャーになってしまったのではないのかと。

確かに地震後に全く練習ができていなかったのではないのだから、その部分で言い訳はできないのだろうがね。
しかし思っていた以上にしんどかったのではないかとの想像はできる。


改めて思うに、想像以上にきつかったのではないのかと。

いくら札幌市内での被災が他に比べれば軽微だとはいっても、そこはやはり違うのだろうと。

実際同じようなことをやっていても、この一週間の疲れ具合は明らかに違う実感はあったし。

まして体を酷使していることを生業とする職業においては、もっと繊細なダメージがあったのだろうと。


そんなこと、大敗後に言ってみたところで何の慰みにもならぬことくらい判っているさ。

募金のことはそれとして、試合は別物で完膚までに叩きのめす相手に対しては、何の恨みもありません。

自滅だ、と上から目線で非難する気もありませんよ。そんなの自己満足ですらありませんからね。


今後について、今はあまり多言は無用でしょう。

余計ことを考えずに、引きづらないければいいなくらいではあります。

posted by akira37 |05:17 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年09月15日

天邪鬼に動く

昨日新千歳から旅立ちました。

空港ターミナルは3階以上が閉鎖という異様さで、物販は再開しているものの実演物は無理。
チェックインしても同様で、この辺はまだまだの印象ではあります。


いうことからすれば、今日の最終目的地は等々力かと言えばそうではなく。

個人的には1年越しのリベンジを果たすべく、何と3回の搭乗便変更を経て関西にいるわけです。

詳細は明日書くとして、まずは勿論今夜の試合ではありまして。

ええこちらからは現地へ念を送るだけですが、いつもとは違った光景と結果が見届けられるものと信じております。

posted by akira37 |06:11 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年09月14日

無理をせずに進む

個人的には今日から4連休という形であって、すでに昨日からいつもと違う形で推移している。

昨日の仕事の具合としては、いつも以上にハードに動いていたのだが、たまさか方向が北広島方面に向かうこともあって、国道36号線を通れば、札幌市内で一番酷いと思われる現場付近を通ることになる。

わざわざ近るほど時間もないことではあるのだが、ちょっと横目で見るだけでも事の重大さを感じるのだな。

身近な部分ではそうそう感じることがないけれども、生で見てしまうとやはり怖いものだと。


ここのところはいつもよりはややハードとはいえ、そこまで疲労するとは思えないのだが、やはり揺れに対して敏感になっているせいか、心から休まない感じで。

ただでなくとも睡眠不足であるのにね、色々とこなすだけで精いっぱいなのはしんどい。

一方でなかなかに理解されないというか、感じてもくれないことに対しては、どうにもしようがないがね。


こんな状態であるのに、政治家は何やってんだかでもあるが。

特段道内だけではなく、他でも被災者は多くあるというのに、平気で国外逃亡するのは理解苦しむ。

それが今必然でもなく、結果として出てくることが無残であれば、いったい何しに行ったかでしかないのだがね。

でいくら強がったところで、外交は話し合いの上に成立するのだから、希望観測的な感想くらい意味不明なこともないのだが。


話がそれた。

こんな具合だから、無茶してはヤバいのだろうが、何とか今日からの4日間は事故や某の完結編として無理せずに進もう。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年09月13日

思っていた以上に

疲れ方が半端ないです。

本来であれば、週末の3連休に向けて多少は気分は盛り上がるところなのだろうが、てんでそんな感じではない。


道内の観光地では、宿泊客のキャンセルが増えているそうだ。

そういえば、と先般の大雨で被害が大きかった中国地方でも、直接被害がないところでの風評被害があって、観光地が打撃を受けている(というか、こちらの被災地もまだまだ正常に戻っていないのだな、実は)。

どうにも北海道の広さがこういう時に認識されないのだな。

確かに一時的にでも全道的に停電になった部分を見れば、全域が被災地という見方はあるのだが、その部分を除けば被害は局地的なわけで、今月がこれから3連休が2回あるのに、観光面では気の毒なことではある。


と、書いていてあれなのだが、今年はあちらこちらで災害が続くから、新しいものが発生するたびにその前のものが忘れられてしまう。

今回の地震で、道内は停電が長引いたことがクローズアップされたのだが、その前の台風21号では、関西方面で未だ停電の地域があるということは、もう記憶にもないくらいだし。

関西空港の問題で、ダブルでやりくりを迫られた私のようなもの以外には、ぴんと来ないのかもしれないのだろうが、ニュースとしては、本当に一時的なものでなくなってしまう辺りが、マスゴミだよなとも思うことか。


どうにも疲労が溜まりすぎて、あらぬ感じの方向に行ってしまっているけれども、今日も何とか励みましょう、で終わろう。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年09月12日

複雑な気持ちになる

毎日地震関連の投稿というのもあれで。
とはいえ、余震は続いていて、時折感じてはいるのだけれども、そうでもないのも混ざっているようだし、どうも体が揺れに対しておかしくなっているのかもしれない。


さて久しぶりにサッカーのことでも、となったのは、昨日昼過ぎに出てきた公式HPでの発表によるもので。

正直一つの選手の移籍話で、こんなに意思統一が図られるのかのような反応ではあったのだな。

私自身も恐らく9割以上が感じている感想を持っている。

やはりね、15年前に言われた「ギャンブルサッカー」への怨念はそうそう簡単に消えないのよ。

結局その後監督が代わっても、立場上致し方ないにしても、うちからの選手強奪が相次ぐと心象は更に悪くなる。

一方で元監督が現チームに居ることへの心象も又よろしくないにまで至るのだな。

個人的には応援したい、しかし行き先がよりによってそこかよ、という複雑な気分ではあるのだが、まあ直接対戦することはないのだから、あまり深入りしないくらいでいいんだろうね。


そういえば夜は代表戦があったのか。
例によって片手間に、勿論音声無しで時折見ていたくらいだが。

結構面白かったとの評価だったらしい。
とはいえ、関係者が一人もいないのでは真剣度は全然違う。

だいたいに我がサポートチームから選ばれず、下位のチームから結構選出されている段階で面白くないわけで。


それにしても中継は酷かったようで。

データ放送画面が酷いとの呟きがあったからそうしてみれば、ちょっとあれすぎるような画面だし。
確かに「半端ない」を最初に扱った局には違いないがね。

相手国の国旗を間違えて出していたようだし、お得意の「資料読み」にも誤りが多かったらしいし(事のついでに、この局が本格的に正月の箱根駅伝をやるようになったことが、スポーツにおけるアナウンス技術の負の遺産、諸悪の根源と考えるのだが)、解説者のレベルはいつもの低レベルのクオリティだったらしい(直接聞かないのでね)し。


また馬鹿騒ぎで尾を引くのかもしれないだろうけれども、こちらの関心は週末のリーグ戦にしかない。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年09月11日

思っていたほどではなかった

最終的に多くのところで停電から脱出できたのが金曜日夜であったから、日常生活面では土日を挟んで昨日が実質的な再スタートの日だった、ということでいいのだろう。

仕事柄もっと色々と多くのことが起こる予想で会社に向かったのではあるが、実のところそれほどでもなかったのではある。

通常の週明けよりは多少多いくらい、もっとあるのかと身構えるほどでなく済んだのは助かったことではある。


最も日常生活面での復活となると、まだ先の印象ではあって。

コンビニもスーパーも欠品が多い状態は続いていて。

こんなことは騒ぎ立てるほどでなく、やはり当面はあるもので凌ぐということでいいのだろう。

まあ極論するまでもなく、あと数日同じ状態であったとしても何とかなる。

勿論限られた範囲ではあるが、逆の見方をすればあるものの中でどうやりくりするかは、腕の見せ所ではあるのだろう。

相変わらずの店頭インタビューで「困りますよねえ」と嘆くだけでは能がないし。

むしろこれを契機に色々と考えるのも手だろう。
まあまたいつか元の生活に戻れば、あの時の苦労を忘れるのかもしれないけれども、経験値は何事にも大事なのでね、文句を言うばかりでは前に進まないって。


今回のことを教訓に、というほど大袈裟にしないまでも、いつもと違う状態になった時の意識の持ち方については、今後に向けてうまく使いこなしたいところでしょう。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)