コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2021年04月16日

25周年記念日に寄せて

当時を記録から振り返れば、1996年の旧JFLの第1節は4月19日であった。
そこに間に合わせるために、という印象が強い。

個人的には最初からサポではなくて、道内初戦になった5月19日室蘭入江であった試合も最初から見ていない。

当日はTV放送があって、前半は自宅で見ていた。当時は室蘭勤務で、入江までは徒歩10分もかからない場所に住んでいたから、後半から見ようと出かけて向かったのではある。

だから観戦デビューは何とも中途半端。


旧JFL時代の1996-97年では、これを含め入江での3試合しか見ていない。

ドーレくんの誕生日とされている5月4日は、1997年5月4日の入江での対NTT関東(現J2大宮)戦がデビューだからであるが、その場には立ち会っていることになる。

そしてJリーグ入りがかかった試合は、当時J準会員として参加していたナビスコ杯の関係で、日程が平日夜に変更。
その日に車での札幌出張を入れて帰りに観戦しようと目論んだものも果たせなかった記憶がある。

因みにその試合は、確かNHK第一で後半部分がローカルで生中継だったような。
J加入決定の瞬間は、車中だったか、帰宅後だったかの記憶は曖昧。


そんなこんながあって今日を迎えて。

いやあ何かいろいろあり過ぎて消化しきれるかどうか。

元々今日は午後から休みを取ってはいるので、そこそこに楽しみましょう。

勿論結果が付いてくることが大事ですが。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年04月15日

ダブルスタンダード

昨夜はhitaruでの札響の新定期演奏家に出向く。
平日夜の演奏会は、帰宅が夜10時近くになるのできつい。
興奮状態が長く続いて、寝つきが悪くなるからで、当然に今朝は自力で起きてはいない。

因みに明日は「25周年記念試合」であるが、札響にしてみれば今年「創立60周年」で、昨夜の演奏会がその新年度の最初の演奏会でもあったということではある。

なお疲労が大きくなるのは、場所故のこともある。
どうにもhitaruはこと導線についての改善が一向に見られないので、終演後がどうにもこうにもになるのである。


今日のテーマそんなことではなく、昨今よく出てくる皇族におけるあの問題についてではある。

いやそのことについて何か一言、ではない。
むしろその外野がとやかく言っている様に対してではあるのだな。

そんなあなた、自分の身内でもないのに何を偉そうに御託を並べているのだ。
他人の事より自分のことではないの?

会社関係でも、判りやすいところで言えば、離婚経験者を多数知っているけれども、いちいち論評なんてしないぞ。

そんなことに現を抜かす暇があるのなら、もっと別な方に関心を寄せたらどうなのかね?

まったくくだらなく、そして進歩しないもんだなあ、と見かける度に嘆息する。、

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年04月14日

パラレルワールド

昨日のニュースのキーワードといえば、「1000人超え」「処理水排出」ということになるのかね?

まあまずは聞いても、嘆息しなないのだが。


このコロナ禍はもう1年以上経過していて。

昨年の今時分は、と思い返せば数字はもっと小さかったけれども、軒並み「中止・延期」の嵐で、身近な試合観戦もないままに過ごしてたわけだ。

そこからどれだけ変わったと考えれば、基本「お願い」「やっている感」だけは相変わらず、違いといえばワクチンの有無のなのだろうが、この国にあっては甚だ心もとない状況でしかない。


一方であのことに関しては、まるで関係ないとばかりに粛々と行われている。

密がダメだというのになってみたり、無観客で周回している、最早リレーとは何ぞやというレベルのアレですよ。

もう意味不明状態とでもいうのか。

いや正直どこまで本気なのか疑わしい。

昨年延期が決まった時点で、もっと真剣に取り組むのかなあと見ていたら、何もやっていない。

そしてバタバタしてなし崩し的にって、何だかなあでしかない。


元より、毎日出てくる数字だってまともに受けていませんからね。

肝心なのは数の大小より率だろうし、それも一定の同じ基準での比較であるべきなのに、それすらされていないのだから。

まあそれでも多くなれば、結局「お願い」だけの無能感を出しているのみで。

メディアに出てもっともらしいことを言っている暇があるのなら、具体的な行動をしなさいよ、ではあるのにマスゴミはそこに加担はしても問題提起すらしないのだから絶望的。

まあすでに排水どうこうの部分は、こちらの方が先んじて実施中って情けないこと。


せめて周囲に明るい話題があればねえ、でもあるのだけれども相変わらず私的にもしんどい部分は続いていて。

まあ能天気な姿を見れば、脱力するしかないのだが。


そんなんだから、昨夜も帰宅時には雨よりも風に八つ当たりして傘もささずにいた時間が長かった、というもうなんだかね。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年04月13日

心の隅に引っかかりを持ちながら

そうね、まだ疲労感が残る。

個人的に試合前日少々重たいものを持つことが多くて、久しぶりに腰に疲れを抱えたまま、日曜日にはドーム階段の上り下りでまたしんどくなって、昨日も取りけれず、今朝を迎えているというところで。

加えて仕事上では理不尽な要求に辟易するよりなく、勿論私的なことだから詳細は書かないけれども、どうにも本筋を外れたところで責められてもなあ、としか言いようのない現実にもっていきようがなくなるのだな。


最近のスポーツで明るい話題というのが水泳とゴルフであったけれども、その偉業自体は素直に喜んでも、利用しようとする勢力には留意しないと方向性を見失うと考える。

たまさかの慶事がすべての免罪符にはならないし、ごっちゃにすることは危険であることは心に止めておかないと。


我サポートチームで言えば、週末の25周年記念試合に向けて色々施策が出てくる中で、昨日は「100」という部分での議論を見かけては嘆息したものである。

一方的に支持するものでもないし、問題がないとも言えないのだろうが、過度な表現だけは慎みたいな、とは考える。

過ぎたると、また「老害サポ」と言われかねないのでね、そこは気を付けないと。


今日の予報を見れば、夕方から夜にかけて雨マークがあるのか。

帰宅時にかかるようなのが、今からちょっと憂鬱。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年04月12日

2021 第9節 鹿島戦

久しぶりに疲労感が大きくて、帰宅後も、今朝もまだ残っている状態で。
いやはやそんなに集中していたのかね。


昔であれば、序盤の2失点で大量失点を覚悟するか、ああまたダメかと想像してしまうところが、今は違う。

勿論すぐ取り換えしたからもあるのだが、昨年の自信からか、このままで終わらない感覚は持てる。

そしてあのPKの場面は、一部に異論もあるようだけれども、あれこそホームだからなんだろうね。ただ時間がかかりすぎるのは問題だろうが。


どちらもGKがスーパーだったから、お互いに違う人であればもっと点が入っただろうという感想もありも、まあ故に試合そのものは締まって良かったのでしょう。

勿論勝てなかった事実は謙虚に、しかし2点差を追いついた事実は自信に、でまとめられるのでしょうね。

posted by akira37 |04:41 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年04月11日

海外からの不思議な感覚

昨夕はチェコの番組をリアルタイムで聴いていたのである。

札幌交響楽団のツイッターで番組紹介があったからでもあるのだが。


約1年半前に亡くなられた札響名誉指揮者であるラドミル・エリシュカ氏をテーマにした番組であるが、焦点は晩年に充てられているから、番組内では盛んに「札幌」が出てくる。

勿論チェコ語の放送なので、中身はちんぷんかんぷんなのだが。

そして流れる曲は、実際kitaraでも聴き、CDも持っているもので。

それを海外の放送で、自宅のPC経由で聴取可能というのがまた不思議な感じでもあるのだな。


そうかつい先日が生誕90年の誕生日があったからこその特番だったのかね?

まあこうして時空を超えて接するというのも貴重な体験。

そして演奏を聴けば、在りし日の姿を偲んで、涙腺が緩むことでもあったのである。

posted by akira37 |04:16 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年04月10日

昨日が大安だったので

それに合わせて来シーズンの新加入選手の発表があったのかな、と考えてみたのではある。
まあ偶然なのかもしれないが。


昨日はリリースが多い日であった。

明日の試合の事のみならず、その次がチーム創設25周年記念日ということもあって、色々追加されて。

何かごっちゃにもなりそうでもあり。

ミスターが来るというのもあるが、彼の場合は特別でもない。明日も来るし。


加えて直接関係しなくても関連しそうな番組が15日17日にあるし、とか。

試合日を挟んでよくできた話でもあるが。


そうそうようやくガブリエルも入国できたんだっけ。
豆にやって挙げてくれることは、それだけでもありがたい。
実際に試合で見れるのGWの頃かねえ。


いやいやまずは明日の試合なんだな。

何だかんだでホームでの試合はようやく3試合目。

今月はこの後アクシデントがなければこの先ホームで4試合。
何とか波に乗りたいね。

明日は開幕戦以来の中継がNHKであるしね。

いやもう何でもあやかりたいだけ。

posted by akira37 |05:05 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年04月09日

少しの差が、大きな差になる

カーリングで日本時間午前0時スタートの場合は、睡眠時間帯にもろかぶりのため、無理して見ることはないのだが、今朝はこともあろうに2時過ぎに目が覚めて寝直せなかったものだから、終盤をしっかり見ていたのである。

結果は承知の通り危なげない勝利ではありました。
まあ序盤にビックエンドがあったからこそでもありましょうが。


でここに来て3連勝と波に乗ってきている感じ。

サッカーのコンサドーレもそれにあやかりたいという気分が大きい昨今ではありますな。


序盤の苦戦は今にしてみれば何故?の思いもないわけではないが、対戦相手のレベルのこともあるにせよ、海外で氷を読むことのも難しさもあったのではないかと推測するが如何に。

後半は戦術もさることながら、慣れてきたことでのやりやすさもあると見ているが。

勿論素人の戯言でもあるがね。


さて明後日には次の試合が来る。

昨年は初のシーズンダブルを達成した相手とはいえ、今年はそう簡単には行かないのだろうね。

なかなか苦労は絶えないけれども、何とか乗り越えていきましょう。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年04月08日

モヤモヤは止まらず、やりきれない

現在はDAZN環境下にあるから、リアルタイムでも視聴可能なのだが、どうにも回線具合が悪いのかクルクルは多く、正常化したようでもディレイが過ぎるので、滅多に見ない。

つうか、見ると勝率がよろしくないこともあるのだが。

ということで昨夜も頼りはTL。

結果はなかなかにつらい。


まあ色々あり過ぎて、不利な事例も数知れずの中での展開では、受け入れるにももやる、というのが実態なのでしょうな。

たらればが多いことくらい、しんどいことはない。

バスケットの方も今一つの結果だったようだし。

ただ今朝のカーリングは久しぶりの快勝だったのが救いか。


一方私事に目を向ければ、こちらもモヤモヤが止まらない。

詰まる所、ちゃんとやらない者に大きな顔をされるのが厭らしいことでしかなく。
いい歳をして自身の能力を推し量れないようでは終わっている、ということでしかないのだがね。


そして世の中の方は、もうね書き連ねるのも憚れるくらいにボロボロなのである。

無能者が自覚なく偉そうにしているくらい不幸なことはないよなと。

そんなのをトップに頂いているところには、希望なんて見いだせやしない。

かくして、やりきれない。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年04月07日

G大阪戦 代替日程発表からの考察

昨日J公式でリリースされたことからの考察である。

まあ6試合分を押し込むとなると、東京五輪開催中しかないとのも目論見通りではあったのか。


ということは、この期間中に該当する6チームから五輪代表選手が出た場合は、抜きでやるということになるわだな。もうその辺のハンデは言ってられないということでしょう。

勿論中2・3日で連戦になるG大阪自体が一番大変なわけだが。

うちに関して言えば、当初土曜のドームから金曜夜の厚別に変更になったわけで、当然に不満は出る。
ドームは五輪で使えないのは当然、加えて厚別も五輪出場チームの練習場として使用されると聞いているから、こちらも本来使えないのであるが、道サッカー協会の今年度の事業計画によれば、ドームでの試合は7月28日で終了だから、厚別もその日以後の占有もないという解釈になるので、まあ妥当な線なのだろうね。
ただキックオフが18時という理由はよくわからないが。


まあ夏休み中でもあるし、道外サポからすれば避暑兼ねての帰省もありかも。

実は道サッカー協会HP上では未発表なのだが、北海道サッカーリーグの日程は別な場所で出ている。
これによれば、試合日の翌々日である8月1日には「札幌蹴球団VSノルブリッツ」の試合が厚別でやるから、ことユースヤクザヲタ的には、一度の遠征で二度楽しめることにもなるので、今から考慮されたし。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)