コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2020年01月22日

疲れが止まらない感覚

昨夜も参っていた。

就寝までかかる時間が軽く1時間以上。
特に眠れないようなことをしていたような感覚もなくて。
そして脳はどうでもいいことを考え始めて止まらなくなって。
いやはやどうにもなところで。


この先の予定については、昨日も書いた通り今日これから約半日後に全容がひとまず判明するわけで。

それにしても、まあスタート地点には過ぎずでもあり、その先約2か月近くは補正を続けながらという感じなのか。

とりあえずまずはここから始まる日ではあるけれども。


さておき個人的にはいつ来るか判らない急激な疲労との戦いが今日もあるのだろうから、まずはその対処からと。

いやまあのんべんだらりん、常に考えていないと心配が止まらない身とすれば、能天気な姿は苛立ちしか感じないけれどもね。

そんなことに捉われず、今日も何とか生きましょう。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(1) | トラックバック(0)

2020年01月21日

ようやく

今朝の外は本格的な白さで。

結構降りましたな。すでに除雪の音もしている。

今シーズンはずっと雪が少ないまま来たけれども、昨日から冬本来の姿になったとでもいうのか、まあこれが自然なのね。
最も気温のほうは今日は真冬日予想も、あすからはまた最高気温がプラスだから、融ける部分も多いだろうし、車の走行上は困難が始まるのかなという印象ではあるが、どうだろう。


個人的な体調については、年末年始にもう1か月近くすっきりしてなかった部分が、収束に近づいている印象はある。

最も昨日朝は別な面で緊急事態があって、まあそれはそれで大変困ったことになってしまってもいたのだが。
こちらのほうは長引かずに今朝を迎えてはいるが。


ようやく、といえば昨日通常国会が始まったわけで。

いやあニュースは相変わらず音を出さずに画面に字幕を出して眺めているだけだけども、所信表明演説は酷すぎますな。
それを解説する、NHKの例のおばさんも頓珍漢だし、もう目眩をするしかないわけで。

一方でずっと雲隠れしていた議員ものこのこようやく出てきたけれども、こちらはこちらで酷い弁明だし、見苦しいものの極致ですな。

いやはや何とも暗澹たる気分にしかならない。


そして今シーズンのこれからの予定を決める重要な要素の発表が、これこそようやく明日、正確には約1日半後に迫ったきたと。

いやいくら小出しに情報が出てきても、肝心な部分がわからなければ意味がないのでね、これはこれで。

毎年のこととはいえ、さんざん待たされてからの開放日が、今年は明日なわけで。

そして今年は全体の予定の始まりも早いし、まあそうなればあっという間に行くのだろうがね、ようやくなことではある。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年01月20日

パッとしていません

何かねえ、変な夢見ていたような気がするんだけれども、その記憶も定かでないままに起きてしまって。

さてと、何かあるかとて、これといったネタもなく。


いや単純に、どんな場面でもそうなのだろうが、昨今は「見たくないものは見ないで語られる」ことが多くてね。

そうなりゃ先に進めない。

どうにもね、と溜息がでる。


近場で言えば、いい歳して客観視出来ない輩であるとか。
自分に都合のいい解釈しかせずに、マイナス面に心を寄せられないのであれば、それ以上の成長は難しいわけでね。

そんなの見る人が見れば判る事例、いつまでその調子では変わらないんだって、と、この場で毒を吐いてみる。


ようやくというべきか、今日から国会が始まるらしいのだけれども、何だかねえのことが多すぎて。

少なくとも自己実現のために、最近はもう幻聴状態にある人には退場していただきたいのだけれども、そもそも聞く耳を持たないのであればどうしようもないんだろうな。

都合のいい見聞は取り込んでも、都合が悪くなればひたすら逃げ回る姿であれば、ちっとも価値などないだろうに。

いつまでも詭弁を許してはいけない。


個人的には昨夜が自己嫌悪的状態になってしまったのでね、今朝は少々やりきれなく始まっているような次第。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年01月19日

昨日kitaraで

実のところkitaraへは毎年ドームや厚別参戦以上に入っているわけで。
今月も3回予定の昨日は2回目ということではあった。

昨日は大ホールと小ホールで各々13時開演ということであって。
当然同時に聴くことは不可能で、私の参戦は後者ではあるのだが、前者の様子も垣間見て面白そうゆえに、今日のタイトルでもあるのだな。


大ホールのコンサートは「札幌市消防音楽隊119ニューイヤーコンサート2020」ということで。
毎年この時期恒例にして、本番の前日に実際に客を入れての避難訓練付きコンサートをやることでも有名ではある。

こちらの開場が小ホールより早いこともあって、ちょっと様子を窺ってみたのであるが、まず発見したのが中の案内カウンターの上に置かれていた花の贈呈者の名前にコンサドーレの文字が見えたので、はて?とよくよく見てみるとドールズの金子プロデューサーからのものだったのだな。
ふむ、なるほど。

コンサート自体は当然招待制であるのだが、入る客の手にははがきが。
どうも様子を見ていると、往復はがきの返信部分に人数分の座席が印刷されている模様。

いやあすごい手間。通常であれば、完全自由席にするか指定席にするにしても中で引き換え方式であろうが。

さすがというか、らしいかというかの感想ではある。


小ホールの公演は「kitaraランチタイムコンサート はつ春の調べ~邦楽四重奏団」ということで。

実際の所、邦楽を聴く機会はそう多くない。
過去に雅楽は時期的に何度か聴いてはいるけれども、古くない曲となれば滅多にないということで。

なんとチケット完売になったのだと。
ええ当然に奏者のほうが驚きますわな。
ただ個人事情を言えば、私の横2席は空席だったが。

さて音楽のことに触れれば、前半はオーソドックスに。
いや刷り込まれているのだろうけれども、宮城道雄の「春の海」を聴けば、もう気分は正月三が日だよなと。

ところが後半は挑戦的で。
奏法からしてまあいろいろあるんだろうと。
少々唖然とする向きもあるのだろうが、面白さとしては個人的にはあり。

この公演、観客を見渡せば結構外国人が多い印象であった。
やはり物珍しさはあるのだろうな。
ここは一つ、そのためにパンフレットのほうも工夫がほしい。
最近はQRコードを活用した手法があるから、予め印刷しておくのではなくて、外国人観客向けのサービスに活用できないものかと聴きながら感じていたことではありました。


さてコンサートのほうは、今年最初の参戦が体調不良で史上初演奏途中で離席するというしんどいことになってしまったのではあるが、今回は無事完走して。

あとはもう少しかな、という感じ。

posted by akira37 |05:10 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年01月18日

理不尽、そしてその先に

昨日のニュースの中に、例の「桜」関係で歴代の人事課長への処分というのがあって。

一見責任を取ったようでも、大本を辿れば原因はそこではないのは明確なわけで。

いや単純に上に立つものがちゃんとした責任をとれないのであれば、下の者はやりきれないということにしかならない。

実際自身の生活上にあっても、仕事の中でこのような事態が許されたのであれば、とてもじゃないがやってられない、となるのが普通でしょうがね。
あの世界は、やはり異常としか言いようがないのである。


さて昨日はあの日であった。

そうあれから25年ということで、例年以上に報道量はあったのではあるが、それとてまあ極端なことではなく。

難しいのは、災害に備えることは大事でも、実際はその知識が使われることがないことが理想で。

北海道とてわずか1年少し前の胆振東部地震について、今でも備えをちゃんとしているかといえば怪しい。

そう少なくとも地震に関しては、いつどこで起きてもおかしくないフェイズにずっと入っていて。
すでに今年に入ってまだ半月でも、あちこちでそれなりの震度のものが発生している。
だから特別でない意識は必要であろうし。


災害が起きて、不慮の死に接するとき、その立場の人に対しては本当に理不尽としかいえない気持ちになるところではあって。

しかしねえ、冒頭のような事例と比較するのはやはり違うけれども、ちょっと強引過ぎたか。

posted by akira37 |05:22 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年01月17日

なかなかに大変で、なぞも多く

まさかね、早くも特例発動かと思った昨夕ではあった。

そうルヴァン杯の日程が出てきたのではあるが、史上初の部分も見受けられ、今年も大変そうな印象。


まさかとは思ったのだが、予選リーグ6試合の構成がアウエイ連続3戦のあとホーム連続3戦ということになった。

勿論史上初だと思われるのだが、カップ戦では3連続はありなのかという部分。

確かに今年は第3戦の日が公でドーム使用、3月だから当然アウエイ確定ではあったのだが、その前2節が2月ゆえにドームが空いていても使用不能だからとの措置なのだろうがね。

これにてリーグ戦も含むと、我がサポートチームは開幕から5戦連続アウエイという形になる。
昨年FC東京がラグビーW杯の関係で8戦連続アウエイの特例があったけれども、あれはシーズン途中での話だったし、開幕からキャンプの間を縫った上でのこの転戦は結構しんどい感じがするのだが如何に。


もう一つは4月開催の厚別があることで。

本来厚別は5月からのみが原則で、今回は史上4度目。
過去の使用実績を見れば、史上最速の開催になるわけだが、正直大丈夫なのか?

たまさか今年は降雪量が少なくて済んでいるけれども、これだけは先のことだし判らない。
最悪何とかするのだろうが、いやはやな気分ではある。


実は5・6節の開催日は公のドーム使用がない。

だから本来であれば厚別にする必要もないのだろうが、ほかのイベントでもあるのかね?

これは謎。

最も今年のシーズンシートの状況を見れば、全体の日程のうち厚別開催が6試合、会場未定が1試合で出てくることからすれば、私の見立てとしては本来ドームが使えるところに厚別使用で、計算上は合うことにはなるのだがね。

ここはちょっと釈然としない。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年01月16日

理解不能、あるいは論外

今朝は妙な音が気になって2時半前に目が覚めてしまった。
何か面倒になって寝直すこともなくそのまま今に至る。


例の昨夜の試合については、菅がスタメンでないこともあって、もはや録画の価値もないということで、何もせずに就寝した次第で。

今朝起床後データ放送で結果を確認してみれば、また勝てなかったと。
加えて菅の途中出場すらなく、いったい彼は何のために招集されたのやらでしかない。


TL上から、試合内容としては不可解な判定もあった模様で、不運でもあったようだけれども、それにしてもと素人目にも思うところがある。

出す気がないなら呼ぶなと。

昨シーズン終了後十分な休養もないままに引っ張られるのではたまったものではないだろうしね。

何より意図が見えないことはしんどい。

通常の仕事でもそうなのだろうが、チャレンジでもなく浪費されたのではやりきれないことにしかならない。


まあこちらとしては、その分キャンプ参加が早まることがメリットとしか考えるしかないけれども、ほかの同じ立場の選手同様、こんなことをしていたのでは不信感しか高まらないし、協力も得にくくなってしまうのではないのかね?

まったく評価することすら馬鹿馬鹿しいとしかならないというのは、悲しいことである。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年01月15日

もうこんなに経ってしまった

その昔、1月15日といえば「成人の日」だったのであるが、「1月の第2月曜日」になってもう随分になるのか。

以前にも書いたようなことであるが、いわゆる「ハッピーマンデー」法案でいくつかの祝日が日付ではなく「第〇月曜日」になった際、他の祝日が何年かに1度は本来の日付と同じになるのに、「成人の日」だけは永遠に同じにはならないわけだ。

とかいうのが今日の主題ではない。


おうもう半月経ってしまったという、ため息である。

まあ年末以来の体調不良が続いて、いつも以上にエンジンのかかりが悪い印象でもあるのだがね、未だに冴えないことが続いているわけだ。

拙い、まことに。


それにしても、と一方で世間を見れば、ことあの界隈は仕事してねえなあと。

まずは国会。
開会が来週20日なんて、これだけ見ればいい身分としか言えない。

そしてマスコミ。

相変わらず無責任な回避ばかりで。

また副総理の不適切発言があって、ああまたか、というのもあるにせよ、反応は手ぬるい。
あんなの撤回しているようで全然撤回していないのだから、もっときつい物言いでもいいのだろうに、相変わらず無難なのだな。

こんなのを許しているからつけあがることくらい、いい加減判れよでもあるんだがね、変わらないんだな。

いやこれに限らず、問題が起きても真正面から向き合わない事例には事欠かない。
玉虫色の発言なんて見たくもないのだがね、どうにも。


おっと、何か脈略無さすぎ。

えっと、今夜U-23の試合があるんでしたっけ。
昨日の結果でタイは予選リーグ突破したんだとか。
何だかね。
今日はメンバーどうするんだろうか。
いやうちとしては、出るかどうかだけが問題で。
そして、怪我なくさっさとキャンプに合流してほしいだけだけれども。
ええ試合結果よりもそちらが大事。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年01月14日

そんなこともあるのね

珍しい体験とでもいうのか。

今朝は一度自力で起きた時刻が早すぎて寝なおして。
その後夢を見たのであるが、あっという間に時間が過ぎて目覚ましで起きたのだと。

いやあ結構長い時間見た夢が珍しいことになったので、書いてみようかと。


北関東のとある地域を地図を見ながら歩いていたのだな。
目的自体はハッキリしないのであるが、まあ実在の地名も出てくるものの、実際は架空の場所でもあるのだろうが。

結構長い時間さまよって、夕方になって。
宿を決めていないし、どうしようかと。

でとある陸橋を渡って降りたら見覚えのある風景が。
その橋のたもとには、以前の夢で宿泊した覚えがあるホテルがあったのだな。

昨今は宿確保が大変だからどうかなあ、とダメもとで飛び込んでみればOKだった。
まあそのホテルは老夫婦が道楽でやっているいるような、全部で10室に満たない程度のこじんまりしたところではあるのだがね。

聞いてみれば、嫌な客は泊めないのだとか。
そうマナーの悪い客はお断りするんだそうだな。

まあ助かって、シャワーを浴びたところで目覚ましが鳴ってしまったのだが、そういえばとここの朝食は手作り感にあふれていたな、なんてことも思い出したり。

いやはやたかが夢なのだが、随分長いストーリーが描けるのは、少々疲れが過ぎるからなのでもあろうか。


別段ここに何かの教訓もオチもないのではあるのだがね。

ただまたに通常運転に戻るにあたっては、まあ悪くはないかな、という感じの朝。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年01月13日

何やってんだか・・・

三連休の中日、ちっとも調子の上がらぬ自分はダラダラした時間を過ごしていたわけである。

とそんな中、特に午後はいろんなスポーツをTVでやっていたからザッピングしていたようなことで。
駅伝・サッカー・バスケットボール、そんなところで。
ああ大相撲もあったけれども、そちらはちっとも関心が無くて。


そんな感じだったから、寝つきの悪さは相変わらず、しかし起床は異常で2時前に目が覚めてしまうのだからやりきれない。

まあ諸々こなすにはちょうど良いこともあって、そのまま動き始めているのであるが、そうかと思い出してTVのデータ放送で夜にあったU-23の試合結果を確認する。

何と申しましょうか、第1戦と似たような展開。
先制されて、何とか追いつくも、終盤に失点しての敗戦。

こちらとしては試合結果よりも、召集されているうちの菅・田中の出場がないことにも苛立つわけで。

全く何やってんだか、以外の感想は出てこない朝なんですよ。

posted by akira37 |04:18 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)