コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2021年05月05日

移動だけの日に

昨日は昼に帰札するのがメインの日であった。


投宿先では無料朝食がついてきたのだが、通常であればビュッフェスタイルがコロナ禍の関係でルームサービス方式に変更になっていて、15分単位で時間指定する形になっていた。

ふむこれはこれで面白いのだが、通常料金では1980円なので値段の割にはちょっと躊躇するレベルではあろうか。


早期予約の関係で安めの便は昼前発しかなかったのだが、現在は手数料無料で搭乗便変更可能で一便早目に変更して空港に向かうのではあった。

余裕あり過ぎで着いたから、店舗を少々物色する。
まあ開けていない店も多い。人も少ない。

以前は期間限定で出していた「ISHIYA GINZA]も現在は通常出店になっているのか。第1ターミナル利用時には覚えていきたいところではある。


チェックインし搭乗を待っていると、近くに複数名の人々の話声が耳に入る。
どうやら今日午前にあるあのハーフマラソンの関係者らしい。

まあこれに関しては今日の試合前にあるから、現地で見ようと思えば見れるのだが、何せ大会本部が見に来るなというから、勿論行かないけれども。


急ぐ必要性もないから、ゆっくりと。
快速エアポートもガラガラで快適ではあった。

1時半頃札幌宅に戻れば、基本昨日の予定はおしまい。

上京中は無理した生活になっているから、夕方にかけてもグダグダになったまま夜になり、まだグダグダでおしまい。

posted by akira37 |05:06 | その他 | コメント(1) | トラックバック(0)

2021年05月04日

予定変更は大成功

昨日投稿したように、昨日当初予定していた時間指定の美術館・博物館・コンサートが全て中止・延期となった中で、まずは先日の芸術の森美術館の流れで、川崎の藤子・F・不二雄ミュージアムの時間指定をかけたのではあった。
予約枠としては3時以降のみということで、昨日の予定の最終にしてその前をどうするかというのが次の思案になったのである。


川崎市には、未訪で岡本太郎美術館があったなと。調べればやっている、しかも場所は藤子のミュージアムに近いのではないということで、生田緑地に行くと決めて、調べればその中には「かわさき 宙と緑の科学館」と「日本民家園」がある。となれば最大6時間近い滞在でもなんとかなるではないか。
ということで長時間滞在を決めて宿を出たのであった。

因みに一昨日の宿は横浜のとあるところにしたのだが、最寄駅からもそれなりに距離があるホテルは、その途中に商店街があり、それがまた興味深いところで、これまた想定外に良かったということもあったので、話としてはその続きとしても繋がる部分である。


生田緑地では、まず科学館のプラネタリウムの確保に一番乗りで並ぶ。本館そのものは無料であったが、まあそれなりで。プラネタリウムの方は過去いくつか見てきた中では当たりであったほうかなと。

アップダウンが多い生田緑地で、ヘロヘロになりながら移動する途中で昼食、岡本太郎美術館も当たりであった。いやはや撮影し放題とは。

これまた堪能して日本民家園は息を切らしながらの展開であった。通常とは逆コースの西門から正門へのコースであったのだが、いきなりの登り階段だけで息を切らす。その後もアップダウンが続いてきつい。

で何とかこなして5時間以上ぶりに出てみれば、駐車場に入るべく車の列が酷く。何だかなあと。


ラスト藤子の方は二度目ということで、前回訪問時との違いを堪能しながらでも一時間近くは滞在。

最後はもう歩きたくないとバスと私鉄を乗り継いで投宿した次第ではある。

posted by akira37 |05:03 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年05月02日

悩みつつ進む

準備がやはり十分でないと慌ててしまう、という朝ではある。
まったく詰めが甘い。


昨日は年3回定期の室蘭と札幌を車で往復する日に設定していた。
諸々の事情が早く出る必要があると踏んだので、昨日の投稿が異様に早くなった次第である。

夏場であれば、どうしてもスピードが出がちになるが、そこは無理はしない。
実際早朝からパトカーを見かける機会が少なくなく、別に悪いことをしているわけではないのだが、当然に身構えるしなあ。


もっと札幌宅滞在時間を多めにとってもよかったのだろうが、そうならないところが性格ではあるのだな。

車で来ているからと、早くから予定していたのが芸術の森美術館でやっている「ドラえもん展」である。
元より駐車場券は回数券でまだ残っているし、という条件もあっての車での参上。
駐車場自体は9時からスタート、美術館開館は9時45分だから肌寒いこともあり、時間調整をしつつ最後は9時半までCRCとハイジのFMを聴いてから向かうこととする。
結構人出が早い、と見ていたのは先に見える工芸館前に並ぶグッズ目的の人々であった。その数10人以上。

肝心の美術館の方は、並んでるだろうとの予想は見事に外れ、実はフライングで開館していた次第で。
見る分には特段混みあうこともなく、快適に見ていたのではある。
戻る際グッズを物色して見れば、あまりにもの点数の多さに苦笑してしまうのだな。
とか思いつつ何点か購入して昨日のメインは終了。


スマホが振動して何事かと車に戻って見てみれば、地震発生。
ラジオを付けてみれば、NHKは当然に通常番組を飛ばして放送中ではあった。

まあ連休中に落ち着かないことではある。
なお札幌でも震度を観測したようなのだが、個人的には感じぬままではあった。


芸術の森からの帰蘭であれば、通常は中山峠越を選択するところだが、久しぶりに支笏湖畔から美笛峠経由、大滝から壮瞥洞爺湖畔から虻田に抜け、有珠善光寺の桜もチェックして国道37号に戻るルートにしたのではあった。

特段拘ったのではないにせよ、各所で桜を愛でるには充分な環境下ではあったかと。
GWを過ぎてしまえば、今年は難しいのではないか。

最後崎守の一本桜をチェックしてみれば、こちらはちょっと早いかなと。
で室蘭宅徒歩圏内の祝津公園内の桜は、ドンピシャであったということではあった。


さてこの先のGW中の予定であるが、大幅に変更を余儀なくされているので、その辺りは後日触れるとして、まずは当初の予定で行くところまで行くのではあります。

posted by akira37 |05:16 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年05月01日

22年前を思い出しながら

というのも、今年のカレンダーは1999年と配列が同じだからである。

配列は同じでも祝日は違う部分が多い。まだいわゆる「ハッピーマンデー」は始まっていないし、4月29日が「みどりの日」であったりもしていたし。

当時は室蘭勤務で、コンサに関してそこそこ現地で試合を見るようにはなっていたけれども、シーズンパスも所持していない。
GW中の試合はたまさか5月は2日・5日と今年と同じ日に試合をしているのだが、どちらも厚別であったが、どちらも現地に行っていない。


じゃあ何していたかといえば、有休消化なしでも5連休ということで、当時あった室蘭-直江津航路で初めて白鳥大橋をくぐっての上京を目論んだのだな。
このフェリーの2等運賃が5250円、直江津から池袋までの夜行バスも5250円で都合10500円で東京に行けるということもやってみたわけだ。

勿論船中泊と車中泊を2日続けるので、今ならやりたいとも思わないが、当時はまだ30代だったから、平気で実行したのだな。


30日の夜に出発、翌日夕方直江津着。夜行バスで2日早朝池袋着。早く着きすぎて、無駄に山手線を何周かした記憶はあるのだが、細かい行動は忘れた。

その日の夜は板橋の叔父宅に泊まる。厚別での試合が甲府相手に6-0の圧勝。宏太がハットトリックしていて、チェックは夜で驚いたのだな。

3日は横川の「碓氷峠鉄道文化むら」がメイン。長野新幹線開通で鉄道で行けなくなった横川-軽井沢間をバスでうねうねしながら登ったのは結構記憶になる部分。夜は長野のメルパルクに宿泊。

4日朝は定番善光寺に向かって、後は直江津までJRのんびり。途中高田で下車して前島密記念館に行ったことは間違いない。
夜のフェリーで室蘭へ戻る。到着直前、船内のTVでは厚別での試合をやっていたのも記憶にある。


以上、今ではできない旅の思い出。

posted by akira37 |03:40 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年04月30日

「ポ」で繋がる旅

GWに入ったといっても、個人的には暦通りの出社であるから、昨日は唯一繋がらない休日ではある。

さてどうしようかと思案した際、白老の「ウポポイ」は昨年7月に初めて行った際、年間パスポートを作ったもののそれきっりだったので、元を取るためという根性ではなく、未見の部分も多いのでこの機会に、と考えたのではあった。
しかも前回は車での訪問、今回はJRの「一日散歩きっぷ」利用で。これであればまずは往復で元は取れる。


朝一の便で新札幌から東室蘭行きを狙って行ったら、早く着いたのでまずは苫小牧行きに乗車。極めてガラガラなのは快適である。
下車して乗り換えるまで、この時間帯は結構いろんな列車が各方面に出るので、3月改正で車両の運用がどうなったのかも確認しながらと。退屈はしない。
で当初の列車に戻れば、使用車両は従来通り。

これを遣えば、白老着が早すぎるので、そこはフリー切符の特典利用で更に行き折り返して丁度いい場所ということで、竹浦下車。
折り返すまでに30分近くあるものの、時刻表から追い抜かれるための時間があるのが読み取れるので、外にいる時間は短くて済む。
でここで改正後初のH100型乗車になった次第。

「ウポポイ」滞在予定時間は3時間余りを予定。
核は博物館であるけれども、ここは民族共生象徴「空間」であるから、他の部分も色々あると。タイムテーブルを確認していろいろ動き回れば、3時間はあっという間ではある。
これで全てを網羅できたのではなく、まだ未体験部分はあるから、パスポート期間中にもう一度行く算段をすることは決定。


さてこの後どうするかと考えたときに、苫小牧乗り換えで本数の少ない岩見沢行きに繋がるので、追分まで向かうことに。
この車両はキハ40からキハ150に置き換わったのだが、途中でトラブルが。
というのもの、途中早来で下車した若者3人がKITACAで乗車してしまっていたのだな。そのための手続きで結構時間を要して。まあその後の行程がタイトではないから気長に眺めていたけれども、苫小牧からの乗車の場合は気を付けていないと起こりうる話ではある。

目的は道の駅である。全然気にしていなかったのであるが、当日は併設された「ポッポらんど」の初日ということで、急坂を上って見下ろすとまずその部分が目に入るわけではある。
なるほど結構な賑わいであるが、まあ札幌近郊としては身近で手軽な場所になるから、これは想定の範囲内であろうか。
で色々あるイベントで人気といえば、外のミニSL。いい大人もはしゃいでいた次第。

といくことで、狙っていたのではないけれども「ポ」で繋がる旅の完成。


さて戻りはどうしようと。
一日散歩きっぷゆえ、普通列車であれば苫小牧に戻って帰るルートも時間帯的にあるのだが、流石に歩き疲れてしまったので、南千歳までは追加860円使用特急でショートカット。当初の予定から1時間以上も早く帰宅できたことではあったのだな。

てなわけで、今朝は歩きすぎで足がまだしんどい。


posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年04月27日

当然の反旗

現在の「緊急事態宣言」に関する話題の中でこういうのがある。

NPBコミッショナーが「納得いかない」との怒り。

当然だわなあ、プロ野球そのものへの関心が無い自分であっても、こんな対応をされてはたまらないと思うのは共通だろうに。
「無観客試合」は言えば簡単にできると思ってんだろうな。
けれども無収入で経費をかけることの意味を理解できない政治家には、簡単な理屈すら通らないのだろう。

大型レジャー施設に対して同様の要請があるのも、おかしなことで。
客のいないところでアトラクションやキャラクターが動いている図は想像しただけでもシュールではないか。


寄席は「生活維持に必要」と盾をついて要請に応じていない。
流石に上手い!でもあるのだろうが、「言葉遊び」に対抗するのであれば、こちらも「言葉遊び」を利用して対抗しているわけだ。

これに反論できるか?!


都知事が都内から出るなとか、都内への流入を避けろ、と言うのも笑止千万で。
通勤通学でそうしている人はどうしたらいいの。
いやたまさか都県境に住んでいる人は、普段の生活圏内で移動が頻繁におこるのに、それすら無視するの?
よく大学や駅が都県境に位置していて、その場合はどうなるのというのもあるし。
まったく意味不明なことではある。


元より「4人以下ならよくて、5人以上ならダメ」とか営業時短で終了時刻を8時だとか9時だとか言うけど、その科学的論拠は、と言えばないし。

何となく、以外にどう説明可能か?


昨年の今時分は、盛んに「不要不急」が言われていたけど、結局これも曖昧ゆえに自己責任でやるよりなかったしな。

まったく翻弄されるのだけは勘弁の日々。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年04月26日

穏やかな休日に

現金なもので、勝利後の週末は心穏やかに過ごせるというだけのことでもあるのだが。

そう精神衛生上は、勝ち点3は大事。


それにしても昨日の天候には弱った。

最高気温が10度にもならない。前日が20度近くまで行ったことからすれば、10度以上も下がるというのは、それだけでも堪える。

加えて空も安定しない。
雨で始まる曇り晴れを目まぐるしく変わる。
昨日の外出は短時間ではあったのだが、そのタイミングでも雨にあってしまってはいたのである。


そのほかの時間は、部屋に籠っていたわけであるが、久しぶりに掃除の時間は多く。

掃除機もかけたし。
洗面所や風呂内の汚れもそこそこに落としたり。

そんな些細な行為でも気分は晴れる部分はあるし。


まあそれ以上のことはないのであったのだが。

今週中は木曜日からGWが始まるのではあるが、気分は晴れない。
色々予定はしてみたのだけれども、あの緊急でない事態宣言でキャンセルの連続。
何でしょうな、やり場のない気分は多いまま。

それでも粛々と行きましょう。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年04月23日

科学的であるかどうか

流石にあの発言はどうかと騒然となったわけである。

西の方の知事の、例によって思いつきでしかないこと。
そうJの試合を含む、イベントに対しての無観客化に触れて。
当然にサポは騒然となるわけだな。


1年以上前、JリーグがNPBと共闘してコロナ禍に対しての対策をまとめて、勿論その資料は国と違って隠蔽も改竄もしないものだから、全て目にすることができたわけだが、それに触れたとき、正直ここまで微に入りやることに驚いたのだな。

どうしたら試合ができるのか、Jの運営会社・選手・スタッフを守るためにはどうしたらよいのかについて、真剣に検討した結果が、現在に至っている。

勿論試合に行く我々にしても求められていることを守っているからこそ、現在大きな問題になっていないのでしょうに。

それを理解もできずに、思いつきで発言する無能な西の方の知事は、もっと追及されるべきですがね、マスコミは甘いまま。


一方で国のトップも知事も、あの発言の諸々を見れば、どれだけ真剣にやっているかが疑わしい。

いつまでも基本「お願い」でしかなく、言っていることも科学的分析に基づかないし、そんなのだから進歩もない。

1年前ならともかく、もうこれだけ時間が経過すれば、対応も変わってしかるべきなのに、何か変化はありましたか?

ここまで来れば、立派な人災でしょう。
時間はあったのだから。
そして問題発生すれば責任転嫁しか頭がないのでは、そんなトップはいらない。


東京五輪のことにしても、1年以上前に延期を決めたときから今迄たくさんの時間があったわけだ。

それを遂行するために、どれだけのちゃんとした対策を講じてきたのか。

ただ何となくやり過ごして、その部分については現実と別世界で処理されているかのような。

本来関連性があるはずなのに、何なのでしょうなあ。

本気度が疑わしい。
所詮は私利私欲しか頭になく、国民の生命についてはまるで他人事でしかないのでしょうな。

優先順位、ということではもう絶望的でしかない。


まあこちらとしては、やれることを粛々とするしかないのですがね。

まったくたまりませんよ。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(1) | トラックバック(0)

2021年04月20日

時間の流れ方

相変わらず早い、でいいのだろう。
勿論加齢に伴う部分は大きいのだろうが。
それ以上にコロナ禍に伴う部分の影響は大きいままであるし。
そう相変わらずメリハリはない。


気が付けば、今日で今月も3分の2が過ぎてしまうのだし。
来週になればGWということで、月末を有休消化にすれば7連休にもなるわけだが、そんな考え方すらする気はない。

そう特段それを前にしてウキウキするというのが例年だろうが、当然に昨今は情勢がはっきりしない。
仮に予定してみても、直前に変更を余儀なくされる部分は大きいから、固めすぎてもダメだろうしね。


関東や関西の周辺のバタつき具合を見れば、なんだかなあと。

いや昨年の今時分は、今より数字が少なくてももっと緊迫していたのだが。

どうにもよく判らない。

自粛といえば、まず最初に飲食店の営業時間のことが出てくるが、正直馬鹿の一つ覚えにしか見えないのだな。本質は別なところにあるのに、肝心な部分に手を付けないで済ませているのが実態でしょう。

だいたい責任を取る気もない癖に、画になるところにはしゃしゃり出てきて「お願い」しか言えず、いよいよ困ったら恫喝するしか能のない首長はいらないのだって。

マスコミも目立つから出すのではなく、具体的にやっている所をもっと報じるべきなのだろうに、そうした地味な取り組みには光が当たらない。
我々としては、そんな表面的な部分に騙されること無く、自身の頭で判断できるように注視しなければならんでしょう。


それにしても、あの部分だけは相変わらず別世界。そう3か月後に来るというあれですよ。

いまがどんなに厳しいとも、あの界隈だけは粛々と進む。
それこそ別次元で進むのが何とも。

まあ判断が遅れれば遅れるほどどうなるかは、言いたくないけれどもね。

最後はため息。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年04月19日

続・一日中雨の日には

昨日も一日中雨だった。
正確には夜には上がっていたようだけれども、日中の活動時間ではそうだったので、まあいいでしょう。


特段の項目がない限りは、日曜日は午前中街中に本を買いに、後は部屋に籠る、というのがスタイルであるが、昨日の場合チェック項目が別に2つあって、雨にもかかわらず地上に出る時間があって。そうなれば、また発見もあったりすることであって。

恒例の紀伊國屋書店オーロラタウン店に物色に向かう途中、小鳥の広場前にある札幌商工会議所コミュニケーションスペースでは北海大和様が出店中だった。
パートナー様の出店とあれば、協力しないで済ませられない。
高額の購入には至らずとも、おまけ付きというのは何とも得したような感じでもあって。

そして帰り際には閉店セールの最終日に出くわして。最も肝心の食品系は安くなっていなかったのは謎だったが。


午後はNHK-FMを聴いている時間が長く、途中ウトウトしたりして夕方までだらだらと。

その間もJリーグの試合は行われていて。まあ今はよそ様のことを気にしたくはないと。
最もこうチームによって試合消化数が違えば、順位の比較もあまり意味があるとも言えないのだがね。


今日の天候は、現在曇りから午前中一時雨があって、夕方には晴れ間が戻るということでいいのかな。

ずっと鬱々とした天候からようやく脱することができるとなれば、まああの夜の忌々しいことも記憶の隅に追いやれるのかな。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)