コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2024年05月27日

異例で華麗な大団円

昨日は前日に続いて日帰りで札幌へ。
目的は札響の定期演奏会である。

土曜日試合後宿泊していく手段もあったのだが、今月はJR北海道の特別な割引切符を確保していたのでね、連続して行くことにして。

そして昨日の札幌での目的はこれオンリー。それだけでも十分価値があったわけではあるのだが。


そうこれ関係のSNS投稿が派手でしたからね、代表的なものでこれだとか。そして最終のところは映像でも提供されているので確認されたし。

いや実際第1日の25日の演奏会の評判から、26日は当日券が売り切れになったのだとか。評判を聞きつけて、と言えば亡きエリシュカ氏の最初の来札以来なのかね?

まあとにかく、事件だよねこれは。
ちょっと詳細にも触れたくなる。


プログラムの内容だけ見れば、本来は集客は難しいはずだ。
しかし井上道義氏の札響での最後の指揮ということもあるから、何かやらかすだろうとの期待は十分にあるわけで。

元々札響は武満徹作品の演奏は多いのだけれども、それとて今回の演目は久しぶりと初ということで、その前に生で聴いた人はいないはずで。

舞台演出の関係で、休憩時間が30分というのも異例であれば、3曲目の特殊配列をそのままでボレロをやるなんて、狂気でしかない。
定期演奏会ではあまりやらない、照明演出も最後はド派手でしたからね。

そして自然発生的なスタンディングオベーションであるとか、舞台上から団員がはけた後に指揮者とコンマス2名が戻ってくるだとか、まあまあサービス精神旺盛で。

かくして演奏時間トータル予定1時間も、終わってみれば全体で2時間かかってということではあったと。


いやあこんなことになるんだったら、前日も聴いておけば良かったとは思うのだが、仮にJRのきっぷの関係がなかったとしても、試合後の精神状態ではきつかったもしれない。

ともあれ祭りは終わったと。

今回ばかりは有料でもいいから全編配信したらどうでしょうかね?

posted by akira37 |05:18 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2024年05月21日

ついでの訪問記

昨日は昼前には室蘭に戻っていた。
まあ特段することの問題だとか、飛行機運賃の関係とかいろいろあって、ゆっくりすることなく。

そして例によって試合観戦以外は、特に何かを決めていないから、行ってみて何かあればのスタイルではある。


唯一決めていたのは、旧新橋停車場鉄道歴史展示室で開催中の「大機関車展」のみであった。
入場無料、展示物がそんなに多くないから、気楽なものではある。

それにしても1階部分に伊藤園の施設なんて、昔はなかったよなあ、とちょっとだけ物色して。そうか、ニュースリリースを見れば、今月からか。流石に博物館の方は見なかったな、ちょっとそこまで茶に興味があるものでもないし。


旧新橋停車場の隣にはパナソニックのビルがある。
これも昔はなかったよなあ、とその4階にある美術館で「テルマエ展」なるものやっていたので、立ち寄ってみたと。

まあ入館料も手ごろ、展示物量も手ごろ、といったところか。
風呂で古代ローマと日本がつながる、なんて漫画の世界そのものやないかい、って。ケロリンの桶っていろんな種類があるのね、というのが収穫か。


それよりも前には、たまさかドンピシャの日程にぶつかった、東京大学の「五月祭」を覗いてきた。

そういやこの界隈は、色々見てきたはずだけれども、東大構内となると今までなかったよなあと。

9時開始だから、埋め合わせには良いわけだが、早朝から続々人がやって来るのには閉口したと。

大学祭といえば、北大のそれは敷地的には広いのだろうが、物量的にはこちらが圧倒するのだろうな。
パンフレットも立派過ぎて、通常だと手作り感満載になるのが、ここのはいっぱしの印刷物なのでね。堂々とD印刷株式会社と大手の名前があって。
いやはやどんだけ金がかかっているのやら。

そして開場早々から列ができている部分があって、何事かと思いきや公式グッズ売り場へのもので、これまた何だかなあではあったと。


そんなことで時間を費やして、午後からは柏に向かったという一昨日ではありました。

posted by akira37 |05:21 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2024年05月14日

たまたまではあるのだろうが

昨夜スマホに着信があって。珍しいことに固定電話の番号表示が、亡父の実家のある場所からだったから、だいたい想像がつくわけで。誰か不幸があったのだなとかけ直してみれば、やはりそうであった。

亡くなったのは私から見れば伯父、父の兄になるわけだが年齢が95と聞けば、まあ大往生なのではあろう。

聞けば、亡くなったのは12日とのことで、葬儀は15-16日でやると。
個人的には明日試合に参戦するから、というよりも今は別件で忙しい状態なので葬儀への参列は遠慮する旨を伝えた次第。


と思い出せば、12日は日曜日だったわけだが、私の母も父も亡くなったのは曜日でいえば共に日曜日であったのでね、何か縁があるというのか、というのを思っていたら、32年前に亡くなった父の父である私の祖父も日曜日だったと。

まあ曜日は7つしかないから確率的に同じ曜日になることはレアな話ではないのだろうが、記憶にある部分ではたまたまであっても同じになったわけである。


父の実家は山形県酒田市である。といっても街中ではなく、奥地の田舎ではあるのだが。

さて最後に行ったのはいつだったかと探れば、ブログにも記したように15年前のことになる。今のところ私としても最後、亡父にしても最後の訪問であった。
冠婚葬祭とは関係ない、父の兄弟姉妹が皆70歳を超えて、元気なうちに集合したのに便乗して。その頃は父も仕事の面での障害はなく、ちょうどその年は「シルバーウイーク」が5連休になったものだから、私自身の引率にも障害がなかったのだな。


そんなことを思い出した今朝は2時前に起床して、考え出したらキリが無くなって寝直せずに今に至っている。

だから、この後反動が来るのは必至だろうな。

posted by akira37 |05:18 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2024年05月02日

またしても遅れてやってきた疲労

通常でもちょっとソファで横になると10-20分くらいはウトウトすることはあるのだが、昨日の場合午後にしっかりと2時間余り寝てしまったのではあった。
恐らくは27-30日まで続いた各種の試合観戦疲れが遅れてやってきたということでいいのだろう。
弱ったものである。


室蘭の桜は、先月26日に開花宣言があったのだが、28日には満開とのことで、翌朝慌てて何か所か巡ったのだな。

1714594342-sakimori.jpg
御存じ「崎守の一本桜」ではある。
もっとかかるかと思ったら、確かにちょうどいい具合で、過去何度も来ている中では最高の撮影結果ではあった。

他には母恋富士下のところも行ったのだが、例年遅めもここもそこそこではったと。

1714594436-daikokujima.jpg
その夕方、当日入港していた豪華客船の出航前に捉えた大黒島ではある。これに夕陽があれば良かったのだがね、でも何となく雰囲気はあろうか。


昨日はちょっと遠出を。
最終目的地はウポポイ。特別展のマールを見るため。今月12日まで。となれば休日は避けたい。個人的には年間パスポートを所持しているので、気軽なものである。

その前に桜チェックの残りを。本輪西から鷲別川沿いを経て、登別温泉まで行く途中の桜並木はまだ早いか、今度の連休頃が見ごろかもしれない。

その途中の駐車スペースでトイレ休憩したのだが、品川ナンバーのキャンピングカーのレンタカーが停まっていて。様子を窺えば、外国人が乗っている。
いやはやインバウンド観光もここまでとなると、結構な費用と思われるけれども、この時期に来ているのは渋いとも言えるのか。


タイムスケジュール的には完璧で、昼前には帰宅していたと。

昼食後に出かけた目的は、休館で無駄になったから、勢いで久々の地球岬に出向いてみれば、一応平日でも大型連休中の谷間であれば、そこそこ観光客はいて。そこでも何故か岡山ナンバーのレンタカーがあって、はるばるご苦労様なことだと。

戻りも通常ルートではなく、測量山唐松平からは観光道路で行けば、何故かポイントごとに枯葉マークの車が停まっているわけで。全く物好きをやっていて、最初のようなことにはなっていたのだな。


今日こそしっかりとしないとな、との想いで始めてはいる。

しかし花粉症気味傾向がしんどい。くしゃみと鼻水と目の痒さとの戦いが続く。


posted by akira37 |05:18 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2024年05月01日

もう5月になってしまったのね

いやあ先月はあっという間だったという感覚はある。それは今年の中でもだし、例年の4月と比べても、ということではあるのだが、理由はよく判らない。
いずれにせよ、1年の3分の1が経過した、という言い方をすれば酷い加齢を感じてしまうのだが。


1日であるから、節目的なものはあるわけで。

一つは現在の天皇即位から丸5年ということではある。まあこれもあっという間のは話ではあるが、昭和・平成と来て3つ目の年号を見れば、西暦との換算に苦労が増えたとは言えようか。

もう一つは能登半島地震から丸4か月になる。こちらの方は元日の発生だから、数えるのはたやすいわけだが、相変わらず遅々とした姿を見てしまえば嘆息しか出てこない。
全くこれに関しては、国と県のトップが体たらくなものだから、希望を見出すのは難しい。
今日は報道的にも、あれから4か月ということで多少多めの報道量にはなるのだろうが、「大変だけれども頑張っています」的なものばかり見せつけるんだろう。何度も書くけれども、求めているのはそこではない。


先般の衆議院議員補欠選挙の結果を受けても、この大型連休中の外遊は予定通りらしいし。この円安が止まらない中で、実質費用も高くなっているのもどこ吹く風で行くのだろう。全くいい御身分ですね、としか言いようがない。

私自身は、この期間は先月27日と今月6日のドーム以外に目立った遠出はしない。まあ身分的にいつでもどこでも行けるから、というのもあるが、わざわざ混んでいる中に飛び込むことは、精神衛生上よくないのでね。


最もすべきことについては、どうにも集中力が欠如しがちなので、そろそろしゃんとしないとという課題に向き合わないとな、ズルズルいっては自身のためにもならないと感じている朝ではある。

posted by akira37 |05:15 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2024年04月24日

なかなか思うようにいかないのだろう

昨日は知床の観光船事故から丸2年の日ではあった。
もう2年というよりは、まだ2年という感覚ではある。
そして、どうにもやりきれない空気は支配的なままなのだな。

まああのクソ社長は慰霊式には当然出てこないのは自明で。
事故当初、監督する側が悪いとか「おまいう」発言にはおったまげたがね。
全く基本がなっていないトップを見るのはやりきれないもので。

そしてこうした節目でないと思い返さない、「カレンダー記事」にもまた厭らしい気分になってしまう。その時だけか。遺族にとっては毎日が地獄なわけだけれども、思いを寄せるのは難しい。


明日は夜のコンサートのためだけに札幌へ向かうのだが、それだけではあれだしなあ、なんかできないかと算段し始めてみる。

宮の沢に行くという手立てもあるのだが、午前中の練習では午後からの時間の過ごし方にまた頭を悩ませるし。
それ以前に天候がどうなのか。夜からの雨模様。そこそこ降水量がありそうなのと、いつまで続くのか。
気温もさほどでないのだとしたら、その対策もあるしなあ、と考えれば考えるほどに面倒になる。


他やること沢山の中で、体力が続かないというのか。
相変わらず眠くても朝が早いものだから、日中への反動が半端ない。

しんどいとちょっと横になればあっという間にウトウトすること数度では、エンジンのかかり具合が悪いままに無駄な時を過ごしてしまう。


今日は夜の降雨まではずっと曇り予報。気温も10度に届かないままか。
朝の散歩以外は、ずっと家の中で籠る予定で、その時間を上手く使わないと、だけれどもまた体力勝負かね。

posted by akira37 |05:16 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2024年04月19日

夜明けが早くなりました

そうもう今時分だと、4時過ぎくらいで外が判別できるような感じになってきている。

そんな中で、まあ気温に関しては乱高下のおかげか、急に桜の開花宣言があったりしてか。
最も室蘭においてはまだ先の話で、この頃は朝の濃霧から始まる日が続いていて、そんなに気温が上がらない。とはいってもこの時間で10度は超えているのか。
今朝は濃霧もなく朝の散歩に向かうことになろうと。


チームの方は、昨日午前の帰札で練習が午後からだったと。今日練習したら明日は試合ということで、一番間隔が短い時期なのか。最も一昨日はほぼ完全なターンオーバーだったから、心配するほどのことにはならないだろうと。

一方で変なジンクスが出てきているのは困る。いや悪くない話だから良いということではないのでね。

明日を乗り切ればまた2日間の休みになるのだろう、この次もホームで相手は24日のルヴァンからの連続アウエイの形になるのでね。でも秋田から中2日で札幌だから、一旦戻るようなことにはならないかも。他のところだから、勝手言ってますが。

こちらもあまり言わない話の方がいいのだろうが。


個人的に最近はあれこれ頭に詰め込んでいる感じなので、心身ともに休まらない部分が多いわけで。

今日は基本籠りで、はないのか。

まあ冷静に考えてからか。

posted by akira37 |05:16 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2024年04月15日

12年ぶりの参戦は前回と逆パターンー後編

昨日に続いて滞在記後編は、試合後のことを中心に。

後泊は朱鷺メッセでのWEST.公演の影響から新潟市内を外して三条市まで来てJR北三条駅が最寄のホテルのしたわけだが、勿論初めての場所で案内の地図を見ただけでは様相がわからず、まずもって駅周辺が想像以上に寂しかったところから感想が始まる。

「三条」と名の付く駅は、そのものに加えて「東三条」「北三条」「燕三条」と4つあるわけだが、どうやら行政の中心は北三条駅周辺のようで。しかし弥彦線で唯一の高架ホームを持つ駅でも1面1線で無人駅なのは寂しいと。

たまさか昨日と来週のNHK「鶴瓶の家族に乾杯」は三条市を訪問ということで、録画を見直したのではあるが、市の紹介で出てくる隈研吾作になる「まちやま」の最寄りは北三条駅ということで、見覚えがあったのだな。


北三条駅周辺にはコンビニも人気もなくてどうしたものかと。夕食を探しに投宿先と逆方向に歩けばイオンの場所は遠くでも見えたのだが、距離はありそう。けど進んでいけば地場スーパーらしきものが見つかってどうにか購入して投宿したのだが、戻りは別の道を選択したら、その途中で先述の「まちやま」を確認したのだな。

予定より早く着いてNHKの6時台のローカルニュースに間に合ったので、見ていたものの試合のことには触れず。
3月のアウエイ鳥栖戦のときには同時間帯でしっかりとやっていたので期待はしたのだが。
ところでこの時のアナウンサーに既視感が、というか先月まで札幌局にいた山下アナが担当。彼女は昨年新卒で配属になったのに、1年も経たずに異動とはご苦労なことではある。
余談だが、最近の異動は4月の新年度、6月の新卒配属に伴う時期のみにとどまらず、10月にもあるので判らない。一昨年新卒で札幌局に配属なった彼は昨年10月に宮崎局に異動になって、こちらも1年ちょっとだから、よく判りませんな。

そういや三条市はカレーラーメンが売りらしいから、室蘭市としてもなんかできませんかね?
元々ものづくりの街としては共通項があるわけだし、などとTVとホテルで収集したパンフで確認したことではあります。


日曜日は戻るだけ。どこか行く当てもないから、搭乗2時間以上前から空港には着いていた。

高校の修学旅行らしき集団を見たのだが、人数は少なくとも2校分が大阪伊丹に向けて飛んだ模様。このくらいの距離でも今は飛行機を使うのね。
もう一つは謎が多い外国人女性のみの集団。全部で20人ほどいたのだが、こちらも行先は大阪伊丹。何故に新潟からの移動かは全く不明。


帰りもトキエアではあったのだが、行きで乗降口が機体後方だったのが判ったので、WEBチェックイン時に前方から変更したのではある。

まあ特に面白い話もないけれども、天気は良かったから行きでは見られなかった白鳥大橋を確認したので撮影したのではあるな。
(うー上手く写真を貼れない)

戻ってきて駐車していた車に乗ったら、気温表示が23度あって驚いたと。

そして帰りは室蘭のサツドラ様では買えない、みよしの様の袋入り冷凍餃子を東雁来の店で見つけて購入したのがお土産ではあったのだな。

posted by akira37 |05:30 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2024年04月15日

12年ぶりの参戦は前回と逆パターンー前編

無駄に長いタイトルではある。

2012年12月の時は、試合翌日の午前中にレンタルサイクルで走り回っていたのだな、年甲斐もなく。そして雪もなく、といった中で無作為ではあったと。

今回はどうする、試合前の午前中のやりくりを考えた結果は、観光循環バスの利用、1日乗車券もあって値上げの関係で2回乗車で元が取れるところを3回乗車、時間的には2時間程度の利用ではあった。

まあ前回訪問時の落穂拾い的でもあり、観光バスだからコースは通常とは違う、乗っているだけで風景鑑賞が可能というメリットもあるのだな。


第1便が新潟駅前発9時半、これが超劇混みで。幸い座れたがまあまあどうなるかと。

白山公園前で落ち着き、水族館前でガラガラになり、私の最初の下車は「北方文化博物館新潟分館前」という長い名前が最寄の「旧齋藤家別邸」訪問ではあった。
まあ地元の名士であろうところの、庭が立派な豪邸を覗けば、代々の受け継ぐ名前は「齋藤喜十郎」ということで。亡くなった父の兄の名は「齋藤喜一郎」というから、妙に親近感があったことではある。

あとは今時分故各地の桜満開を愛でながら戻って、「新潟日報メディアシップ」で下車。2013年の完成だから、前回訪問時にはない。
最上階である20階は無料開放の展望スペースだから、一応見学と。あとは6階にある「新潟市會津八一記念館」と「にいがた文化の記憶館」に立ち寄るが、入館料の割には展示スペースが狭いのがネックかな。

というのが試合前の行動ではあった。


試合後のことは改めるとして、現在の状況と駅構内の感想を。

まずネットのつながりの悪さはどうしたものか。試合会場も劣悪で、ちょっとそんなのないくらいに参った。
一方で無料Wi-Fiに遭遇する率が高くても、使うには弱くてかえって邪魔になることも多数で、これまた困ったことで。

新潟駅は新しくなってすべてホームが高架になってからは初めて、3月31日からはニュースにもなったバスターミナルが駅の真下に入る形になった点は良かったのだろうが、エスカレーターの位置が万代口側にないのはどうなんだろう。

一番の問題はトイレの少なさでしょうな。あの規模で1か所は厳しい。だから女性用は常に列ができている。

構内の商業施設はまだ未完成の部分があって、今月下旬オープン予定だから、その中で解消させるのかもしれないが、ちょっと辛いね。

あと多くの人がSNS上にも上げていたけど、構内にある観光案内所入口上部に試合当日の告知とウエルカムメッセージを流していたのは好感度高いかな。この辺が札幌だと雰囲気醸成の上では物足りないことにはなる。

posted by akira37 |05:21 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2024年04月12日

2つの訃報から

昨日出てきた訃報の中では、2つのスポーツ関係者のことが目立っていたのではある。

競馬の騎手については、自身は門外漢なので詳しく書きようもないのだけれども、やはり35歳は若すぎるし、競馬において落馬が命にもかかわることを改めて認識させられて、大変な世界であることも感じ直したのではあるのだな。


元横綱については、確かに54歳は若いけれどもそんなに驚く年齢ではないと感じてはいた。

元々力士はその体型に至る部分や維持については、無理があることは自明だからね。
ふと思い出してみても、古くは貴ノ花は55歳で没しているし、北の湖は62歳、千代の富士は61歳、昨年の寺尾は60歳と、60代前半で亡くなられているわけで、総じて現在の平均寿命から見れば若すぎる年齢だと。

だからどうだという話ではないけれども、同年代、それ以下の年代の人が先立つというのは辛い話ではある。


新聞にはお悔やみ欄があって、毎朝一通り目を通すわけだが、80代以上であればまあごく普通の話も、40代・50代ともなれば自分より若いのにとはなるのだが、時に喪主の名前が親だったりすると、複雑な気分になるのだな。

そうそれからすると、親は70代・80代で子に先立たれていることにもなるし、配偶者や子の名前が出ないということは、独身だったと推測されるわけで、どうにもやりきれなくもなるのだな。

まあ私自身の場合はすでに両親が亡くなっているので、喪主名に親の名前が出ることはあり得ないのは、救いなのかね?


などとしょうもないことを思う昨日ではありました。

posted by akira37 |05:30 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)