コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2021年02月21日

いきなり加速させる

2週間前の週末は、除雪に時間を費やした室蘭宅での週末であったのだが、今週末はほとんど解けてもう春めいた気分の様相ではあった。

週末室蘭宅で2泊するときの土曜日の朝は、いつものように起きても8時過ぎまではダラダラとしているのが癖になっていて、その後もパッとはしないのだが、昨日はちょっと違ったのではある。


片づけるべき、物量が多いものについて、なかなか手が付けられないで部分に、ここぞと始めていたのではあったのだな。

まあ結果良い運動にもなったのかなくらいのレベルで、個人的にも希望を見出せる的な感覚にもなったのだな。

勿論、こんなのは所詮自己満足の世界ではあるのだけれどもね。


少なくとも見える形でスッキリするのは悪くないなと。

そうね、精神衛生上も寄与するのだろうと。

てなことで、またちょこちょこと加速させていきましょう。

posted by akira37 |05:05 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年02月19日

気分高揚せず

昨日は完全にダメダメ状態ではあった。

ちょっとつまずくとズルズルいってしまって。
回復しないままに終了という最低の流れ。

何かしたわけではないのに、疲労だけは溜まるのだから困ったことではある。


世の中のゴダゴダを見るにつけ、嘆息するよりない。

昨日の一連の出来レースと反応を見れば、ひたすらにその愚かさに恥じ入るよりない。

やっている方もそうだが、伝える方の劣化も酷すぎれば、どうにも救いようがないもんだなあ、としか感想がないのだな。

いつまでも乖離したことをやっていれば、どこかで痛い目にあうぞ。
そうでもないと変わらないんだろうね。


今一番優先すべきことはハッキリしている。

それをわきに置いて、己の欲望におぼれていていいはずはないのだがね。


今日を乗り切ればまた週末がやってきて。

少しは休息できるのかね。

昨日のようにはならないように、何とか励みましょう。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年02月16日

乖離している中で

昨日のニュースの中には、「株価が3万円超え」というのがあったのだけれども、これを見て即=景気が良い、などと言う人はほとんどいないはずだ。

いや一部にはホクホクしている人もいるのかもしれないのだろうが、大半はコロナ禍にあって生活上苦慮している人は少なくないはずで、実際平均給与も下降線の状態で、株価だけ見て良いなどと言えることはない。

いい加減こんな乖離した話で盛るのは止めてほしいと、マスコミには言いたいが、他にも苦言がたくさんあるので、いずれ改めることにする。


それにしても不安は気象に関する部分で。

そうあの地震の後に大雨・強風の予報というのはね。

地震も東北地方のみならず、小規模とはいえ近畿地方でも続いているというのは気がかりだし。

そして当地は現在暴風雪警報が出ていて、外は今はまだ雨だけれどもこの後は気温は下がる一方、雪に変わる予報。
昨日はずっとプラスの気温で、いいだけ融けたところからの荒天だから足元も心配。そして日中の最大風速予報が16メートルなんて、ちょっと信じたくないレベル、まったく心配の種は尽きない。


一方で国会を見れば、相変わらず緊張感のないトップというのが垣間見られ、嘆息するよりない。

ここでも乖離は凄まじい。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年02月14日

寝ている間に

日中は練習試合の結果におののいていたのですがね。

夜は夜で大変なことになっていたわけで。


起床は3時前であった。

TLを見れば様子がおかしい。TVを付ければ気象庁の会見中。

全然気が付かなった、って室蘭の震度表示はないから、岩盤が堅めの室蘭宅では判るはずもない。


地震発生時刻では、たまさか3つの番組を録画中で。

それぞれ再生して見れば、当然に緊急地震速報が流れてほどなく番組は中断のまま終了という流れで。

ふむ、参る話である。


この時期の大きな地震は身構える。

いや単純に1か月以内に東日本大震災から丸10年になるからだけではなく。

あの時も2日前に大きな余震があったわけだし。

熊本の時もそうだったし。

少なくとも身構える必要はある。


驚いたことに現在NHK-BSプレミアムでは通常放送に戻っている。

録画予約していたのは先にBS4Kで放送された「あてなよる」の連続放送を見るためであった。
見れば最初の方はニュースだったのだが、途中から予定通りやっているのでね、まあ普通に見ていたというわけだ。

ふむこの辺の基準はよくわからない。


勿論NHK総合の方では中断後ずっとニュースなわけだがね。

さてこのタイミング。

加えてのコロナ禍。

何ともやりきれない展開ではあるのだが。

難問は尽きない。

posted by akira37 |04:44 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年02月11日

悶々と

最初はタイトルを「苦悩」にしようかと考えたのだけれども、それじゃ重すぎると変更。
最も悩みが尽きないことには違いないのだが。


そうね、結果前向きになれる内容であればやりがいが出そうなのだけれども、どうもオーダーが後ろ向きで。
しかも無駄に時間がかかることでは、どうにも乗り気が出てこないということ。

故に気分は「悶々」。


それを多少なりとも癒してくれるのは、今はカーリングかね。

昨夜の試合もスリリングだったし、日中の女子の方もそうだったらしいし。

いやこの時期、真剣勝負に接するのは精神効用にはよろしいかと。

一方でこと野球のキャンプ情報なんていうのは、マイナス作用しかないなと感じるのだな。


昨日の練習試合は完全非公開だったようで、結果情報も出てこない。

恐らくうちよりは相手側事情と察するけれどもね。

沖縄キャンプの残り3日ともなれば、モチベーション的には上がるかな。
沖縄-熊本間に束の間とはいえ札幌に戻るのだろうから、昨夜話題になった浦和のようなことはないと見るがいかに。


まとまりがないね。

まあ今日は週中の休日というのを有効活用したいものだと。

posted by akira37 |05:05 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年02月05日

予想通り過ぎて驚かなさすぎる

どうもスッキリ眠れない。

布団に入ってもちっとも暖まらないままに時間が経過していく。
断続的に起きてしまって、果たしてどれだけ眠れたのか判らない。
まだ早いと思っても、寝なおしになっていない展開は、この後を鑑みればきつそう。


あの発言があってから、当然に謝罪会見するということと、その内容が見事にそうなっていないという展開だったという、元首相にして会長という人の事だった。

勿論揶揄するレベルの話ではなく、本当に見えていないのだと。

内輪の論理ですらなくなっていることに気づけないのは悲しい。

国内でやり過ごして終わりのことではないのに、期待は元々していないけれども、予想通りの無理筋で草も生えない。


詰まるところ、いくら自分の論理では正しいと主張したところで、そんなの世界的には認められる話ではない。

問題は国内でやり過ごせば済むことではなく、海外を踏まえてのことだという判断ができないのでは、話にもなりはしないのだと。

自分さえよければ、後はどうなろうと構わないという不遜さが幅を効かせていていいものではないのだがね。

どうにも暗澹たる気分にしかならない。


加えて今日も寒く、まだ真冬日になるのか。

心身ともに冷え切っていて、何とも心もとない。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年02月04日

厚顔無恥

夜中に大きな音で起きた。原因は外の除雪作業で。
勿論じゃ生だとは言わない。夜中の労働には頭が下がる。

幸い眠りが深かったせいか、妨害された感じではなかったのだが、時計を見てビックリ。まだ12時にもなっていない。
この時間だから、余裕で寝なおすことができる、という少しも儲かったような気分ではあった。


その時に見た夢が妙な感じで。
行った先は過去に災害があったであろう場所で、妙な祭りもあるという不思議な感覚を受ける場所で。
その慰霊の前に、災害のその後をまとめたドキュメントみたいなTVを先に見せられてからの、という結構長時間の中身。
最も起きてしまえば、その不可解さもあって細かい部分で記憶には留まらない。


以上は前振り、本題とは関係ないのだが。

このタイトルで何を言いたいかといえば、昨今のお偉方たちの発言について。

端的に言って、恥ずかしいレベルでしかない。

あの元首相の女性蔑視を含む内容だとか。
あるいは現首相が絡んでいたはずの辞職願を出した議員への感想への回答だとか。
基本他人事、どう見られようがかまわない。勿論その影響力までの想像もなく、みっともないったらありゃしない。


いや事は身近な半径の中で解決するようなことではないのですよ。

その立場からのほかに与える影響力いうものへの想像が欠如している。

まあね、今迄のことをまとめれば、驚くにも値しないのが悲しいけれども。


毎日出てくる数字にしてもどうなんでしょう。

以前から基準が曖昧ゆえに、その増減で一喜一憂するものではないとは考えているけれどもね。

発生から1年経っても、相変わらず対処に進歩が見られないのも、また悲しいのだが。

感情的だったり、恣意的だったりせずに、科学的にやってこれたなら、もう少し違った局面になっていた気もするけれども、結果は諸外国と比べても低次元レベルにとどまっている。

通常であれば、恥ずかしいゆえに何とかしようとするのだろうけれども、ちっとも変わらないのが、何ともね。

手前の事しか考えられずに、諸問題に真剣に向き合えないのなら、時間と金の無駄でしかないのだから、さっさと退場してほしいのだがね。

まあその認知もできないからこその現状なのだろうが、どうにもまた虚しい。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年01月31日

クタクタに

酷く疲れ果てて就寝したはずなのに、今朝は無意味に2時前から起きてしまっている。

当然反動を考えると、その先が憂鬱でもあるが、まあなるようにしかならない。


昨日の朝に、前日以上の降雪を見れば、流石に除雪しないわけにはいかない。

6時から小一時間慣れない作業をすれば、へとへとクタクタ。
普段からやり慣れていないし、元々積雪量が少ない地域故にいざこうなると大変。
除雪道具自体がやわなものしかないからね。

完全にはいかないものの、差し支えない程度にはやっていて。


床屋に出向いた後、「きらん」へ向かう。

昔の室蘭の写真等の展示というのであるが、結構見入ってしまって30分以上滞在。

戦前の市街地にある商店等の書き込みを見れば、現存する店は判るから、歴史があるところを確認するだけでも楽しいわけで。

そして今はない賑やかさを見るにつけ、今の寂しさに虚しくもなる。


そこから出てみれば、また地吹雪酷い状態で。

ああと、買い物して昼前に帰宅すれば、もう午後は出かける気にはならない。

まあその後は本格的な降雪はなかったのだが。


現在の外はまた強風で。

今日の気温はまた真冬日になるんだっけ。
どうにも落ち着かない。


ということで今朝は早めの離蘭。

この後の展開は、また眠気との闘いは自明。


posted by akira37 |04:11 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年01月30日

呆然

何も週末に天候が荒れなくてもいいのに・・・。

昨日は大変だったの話。そして今朝も。


まずは出勤時から。

地下鉄駅から地上に出ると、雪がちらつき始める。

出社して最初の30分くらいのうちに、一日の半分以上の課題をこなす勢いで仕事し、終了後背面にある窓から外を見れば、結構な降り方。

そしてそれが収まらない。

10時過ぎ車で移動を試みれば、ほぼホワイトアウトの上に意味不明の渋滞。
まあこれは大半が2車線道路の場合、荷物卸のトラックが原因を作っているのだが、昨日の場合は過去最高レベルのノロノロで。

所要時間は通常の3倍くらいになっていたのかね?
急ぐ用事がなかったのが幸いではあったけれども、順調でもなく無駄な動きもあった故に昼前戻った時にはもうへとへと。


昨日は午後から休みで帰蘭することにしていたので、高速道路の通行止め区間が時間を追うごとに伸びていくのに肝を冷やす。

こうなれば都市間バスの利用はリスクが大きい。実際運行中止までいったし。

JRに回避すれば、あまりにもスムーズ。徐行しているように見えても定刻運航だったのは意外。

そうして戻れば、そこそこに降雪があった模様は判るものの、その時の天候は晴ではあった。


室蘭宅に戻ると、自宅前駐車場に高所作業車両があって、何事かと聞いてみれば自宅までの電話線が強風で外れていると近所の人が連絡、週末以外は住居人がいないことを知っている隣家の人の話で主不在で作業終了したとのことで。

ふむ。こういう場合の費用はどうなるのかね?

家の前の降雪はさほどではなかったものの、気温高めだからそれなりの除雪はして。
ついでに気になっていた枝の切り離し作業もやっていたから、結構な運動量だったのかね。

その後ちょっと買い出しに出て、夕方の風呂と食事を済ませて、就寝時には外は白かったからちょっと気にはなったけれども何とか就寝。


そして今朝は強風で目が覚めたようなものだったのだが、外を見れば結構な降雪があった模様。

ああまた出かける前に除雪は必要ね、と思うと憂鬱。

いや多いところから比べれば、大したことがないのであるが、室蘭の場合は降雪があっても通常は風で飛んでしまうから積もらないのが一般的。

故にそんなんでなくても、不慣れなので身構えてしまいますよ、ということではある。

posted by akira37 |05:02 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年01月29日

言葉の考察は続く

今週を振り返れば、何か振り回されていた感じで。
問題が起きては解決に奔走し、終わったかと思えば別のことも出てきて心休まらない。
現在もまだあって、今日なんとかるのかどうか不安を抱えたまま始まっているのではある。


そんな中になって、昨日はふとしたことからまた考え始まって、流れとしては昨日の続きのようことになっていたと。

避けたい表現の続き、単語編とでもいうべきか。
やってみよう。


極力使わないように意識している言葉の一つに「普通」がある。

何をもってそういうのかを考えるとき、そういやと高校は「普通科」だった思い出して。

振り返ればこれも不思議な感じで。いや他には専門的な表現の科もあるわけだが、そこに属さないからそうなるんだろうが、けど何かと比較してそうなっているのでもないし。

履修科目の内容からすれば「一般」「平常」「標準」「通常」あたりがくるのかね?
けどどれもピンとは来にくいからそうなるのかね?


平均値という観点からすれば、五段階のうちの三であれば「普通」なのだろうが、ことはそう単純ではないはずで。

全体の中で「四」が多ければ、それが普通なのだろうし、「二」であればそれが普通だろうし。

例えば貯金の平均額というのがあったとして、それが100万円としたときに、たまさかそれ以上の人500万円以上が多くて結果そうなっていて、実際の数としては50万円の人が一番多いような感じというのか。


そんなことを書いてどうなのかね、ともなるのだが。

うーむやはりなんか病んでいるのか。

そう子供が「皆がもっているから」という理屈って、特段統計を取ったわけではなく、感覚的というのにも似て。

いやだからどうだと言えば、それ以上の考察は進まないくらいにしんどい気分ではあるが。


ただ個人的には、よく使っているから思慮なく使いましょうみたいのは避けたいのよ。

そんな面倒くさい親父の朝。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)