コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2020年09月21日

入江から函館へ

昨日のメインは午前10時からの北海道サッカーリーグ第5節「日本製鉄室蘭サッカー部VS北海道十勝スカイアース」@入江運動公園陸上競技場の観戦であった。

天候晴れ、気温20度くらい、風もそんなに強くない絶好の試合日よりであったかと。
スカイアースサポもそれなりに多く来蘭しており、2週間前のノルブリッツ戦よりは雰囲気がらしくて良い。

スカイアースといえばコンサユースOBを多数抱えているわけだが、前半はこと松尾の積極性が目立っていた。もっともシュートは正確さに欠けて、前半は0-0で折り返す。
後半手元の時計で8分・13分にスカイアースが続けて得点した頃は、ゴールラッシュ・圧勝を想定したのだがそうならず。
日本製鉄室蘭が1点を返して、更に終了間際に相手パスミスから同点に追いついて、スカイアースまさかの勝ち点3なしかと思っていたら、アディショナルタイムに松尾の得点で突き放してどうにか勝利という展開であった。(スカイアースのレポートはこちら)

後半だけで5得点、同点に追いついた時の室蘭サイドの盛り上がりも相当であり、道リーグでは珍しいくらいの伯仲した試合を見られたのは幸いであったかと。
また通常1枚出るかどうかのイエローカードも、少なくとも確認できただけで4枚あったから、これも激しさの点でらしからぬ感じではありましたかね。


というところから、午後は函館に移動して投宿する。

実のところ函館は2001年以降毎年何らかの形で来ているし、今更新たな観光でもない。
昨年は同じ9月上旬に仕事で来て、その時は午後から新幹線で東京入りするということをやっていた。

まあ改めて見るところはないにしても、駅前周辺の変わりようのチェックはしていて。
以前和光デパートだったところに建て替えられた「キラリス函館」にある「はこだてみらい館」が未訪だったので行ってみたのだが、何とも形容しがたいところであった。
まあ親が子連れで自由にさせるには良い場所であったり、大人が単独で使うには有料の作業スペースとして有効な感じはする。

そういえば以前五稜郭にあったダイエー跡地のビルにも似た感じのスペースがあったなと。
昨今の公共事業は時として理解を超えることにもなるのかね?


さてこの後はまた大移動ではある。
珍妙な理由によるところは改めることにするが。

posted by akira37 |05:08 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年09月18日

信じていいのか

勿論一昨夜の勝利があっての、明日の試合という部分では限りなくそう願うわけだが、今日の主題はそちらではない。

天気のことである。

現状しっかりとした降雨状態であって。予報を見る限り午前中は続くのか。
個人的には昨日から特殊な通勤をしているので、ちょっと憂鬱なのではある。


問題は予報が信じにくい状況にあって。

ここのところ、こと曇表示を信じてはいけないわけだ。
その部分で降雨があったり、晴れ間があったりして落ち着かない。

故に常に傘は手放せない。


現状明日の予報は晴マークのみであり、明日の厚別開催という部分についていえば気温もそこそこいい感じではあるけれども、簡単に信じられるかというと、やはりそうはならないのだろうなと、今から構えてみている。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年09月08日

たまには奇妙な夢のことでも

時折つじつまの合わない夢をみることがあって。
しかし大半は起きたそばから忘れて行くものであるが、今朝は珍しく思い出せるようなことになったものだから書いてみる。


夕方にとある地下鉄駅で降りて、長い通路の先にとある居酒屋が直結しており、中は結構賑わっていた。
そして地上に出てみると、その店は地下から地上にもつながっている模様で、店の勝手口から駅まで侵入できるような構造にもなっている。

ポツンとあるその店の裏には、広大なスペースがあって、しかし周囲が木々に囲まれているから、普段は気が付かないような場所なんだなあ。

まだ薄暗いくらいで、何人かは涼むように佇んでいると。
静かで都会にもこんな場所があるんだという静かな驚きと、こんな場所は内緒にしておきたいよなという思いを抱いたところで起きたような次第。


まあこんな夢を見てしまうのは、明らかに疲れているからであろうから。

昨日一週間の始まりの朝、起床後からすぐすでに疲労の色が濃くて。
まったくどうしたもんだか。

当然に昼も夜もバテバテで。どうにもこうにも。

今朝は昨日よりが多少ましかな程度。相変わらずパッとはしない。


明日までは真夏日であるというのもなあ。

なんともなあ。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年09月01日

終わりの光景に

現在は台風9号の接近で沖縄が厳しい状況になっている、というのがニュースのトップか。
かつて訪れたことがある地が、こういう状況下にあるというのは、心情的にも苦しい部分である。

それにしても今年の台風進路は曲がってこないんだな。
北海道的には助かることではあるけれども。


昨日は8月最終日であった。

例年だと本州では夏休み最終日ということで、何らかの話が出てくるけれども今年はそんな光景は一切なくて。

寂しい話として、そごう徳島店閉店のことがあった。
かつてアウエイ参戦の際に立ち寄ったことがあったので、認識はもちろんあるし寂しいことではある。

これが県庁所在地としては山形の大沼に続いて百貨店が消滅する2例目だとかいう話で、そういえば山形の方も行ったことあったよなあと思いだし、サッカーに長くかかわっているとこの手の話に敏感になってくるんだなと。


そごうは同日、西神店も閉店になってこれで関西からは撤退したのだと。

あれ三宮駅前の神戸店があったはずだが、と調べてみれば昨年阪神阪急の店に転換していたのか。
変わってから行っていないということなんだな、ここも何度も訪れていたし複雑な気分。


昨日が最終日、といえば「としまえん」があった。
私自身は行ったことはないのだけれども、かつては自虐的な広告も記憶にあって、馴染みは深い印象ではある。

最終日の新聞広告に「あしたのジョー」のあの場面だけの画を持ってきた辺りのセンスは流石としか言いようがない。

こういうものは記憶に留まっていくんだろうな、という気はしている。


終わりの光景として、昨日のことではないが、首相辞任発表後の動きというのが盛んに出てきているのではあるが、正直ため息しか出ない。

相変わらずの内輪だけの論理で進むのか。

見苦しいばかりで、百貨店や遊園地の閉鎖の美しさに比べれば醜悪でしかない。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年08月29日

そして、溜息

恐らく自分史上最低の夜ではなかったのではないのだろうか。

ほぼ熱帯夜の状態を過ごして今朝はボロボロである。

確かに就寝時は上手くいったかに思えたのだが、30分もしないうちに覚めてしまった後はもうだめ。
結局ロクな就寝時間を得ずにして動き出している。


昨日は午後から休みで、帰蘭のバスの人となったのであるが、どうも客が多い。
登別で大量下車あったタイミングでTLを見ると、JRは札幌-苫小牧間で不通になっていた模様で、その客が流れてきたのだな。

とその次に目に入ったのが、夕方記者会見を前にしてのあのことの速報であった。


室蘭宅に戻ったあと、床屋に出かけている最中にその会見が始まって。
普段は聞くこともないのだが、店主がTVを付けたものだから仕方なく耳に入ってきたわけだ。

いやはやまずもって活舌が悪いなあ、という感想が最初にあったわけである。

まあまたしても病気を理由にしての辞任というのは、正直どうなのかと。

勿論病に対しては揶揄する対象ではないから、治療に専念してしてもたらいたいところだけれども、どうも論調を見ていると違う方向に行きそうな感じで。

そう病気だからといって全てが免責されることにはならないのだよ。
実際諸問題は何の解決もされていないのだから、辞めてチャラになるものではない。

そこを有耶無耶にしてしまってはいけないのだろうと考えるのだけれども、甘さは相変わらずな印象。


まあこちらとしては、それよりもサポートチームの状況が気がかりでもあって。

もう今夜に試合は来るのであるが、昨日はまたいきなりの新加入リリースが。

国見高校といえば、今でこそあれだけれども名門には違いなく。
また争奪戦の上で、となればなんともこそばゆいことでもあるけれども大切にしていきましょう。


まあいつも以上に早い朝のスタートで、もう成るように成れという感じで今日は動き出すのですな。

posted by akira37 |03:34 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年08月25日

パっきりしないままに

ただひたすらに冴えませんなア、という総評の日々。

疲労だけは毎度朝からあって。

日中に何度となく来る倦怠感と戦い。

最後はボロボロになって終わっていく。

その繰り返しで。


先の見えない状況が続く中で、何もしないでやり過ごそうとする者たちへの嫌悪感だけは減らない。

そんなのはずるい以外の何物でもなくて。

何となくやり過ごしているものが大きな顔をするものを良しとしない者にとっては、生きづらくもあり。

そう単なる数字に対して過大に扱うのもどうなのかと。
本質を突き詰めずに、流されるだけであっては、何の価値も見いだせやしないのだと。

そんなことで、また悶々とするよりもなくて。


問題が発生したときに、真摯に向き合わない者に対して価値などないわけで。

今日も世の中を見てはため息をつく。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年08月23日

疲労が過ぎる

昨日はもっとやれるはずだった。

昼前に出かけて、戻った後に室蘭宅の2階に手を付けようと意気揚々としていたのだった。

ところが、ちょっとのつもりの昼寝が爆睡になってしまって。
時間にして3時間余り。

自分でもそりゃねえだろう、くらいの落ち込みで。
もう夕方にもなれば、改めてやる気も失せて、ということになってしまったのである。


そんなことだったから、昨夜の就寝はすんなりいかないと覚悟はしていたのだが、それほどでもなく。

しかし朝は当然の反動で2時過ぎから起きだして平気に動き出しているのではある。

まったく悪循環の繰り返しだよなあと。


思うこと多すぎて。

今迄の生活を真剣に振り返っていかないとまずい領域になったということで。

うーんまた悩み増やして、今日も始まっている。

posted by akira37 |05:04 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年08月18日

贅沢は言えませんが

もうね、特に週明けだからかもしれないが、夕方になるとどうにもこうにもへたってしまってはいるのである。

日中の暑さが、北海道らしくない湿度の高い状態であると、もうどうにも処しがたい気分で。やる気も何も起きやしないのだと。

しかし最高気温が40度超えだとか、本州以南の軒並みの最高気温が酷暑、最低気温が熱帯夜、というのが多数なのを見れば、まだましじゃないかと言われてしまうのでしょうな。

そんな中で夏休みが終わってしまったというのを見てしまうと、これはこれで気の毒なものだとも感じる次第で。


GDPの記録的なマイナス、何てニュースもあるけどちっとも驚くになりませんな。

だいたい使える金の場面が少ない。

毎年多くの金額を遠征に費やしてきた身にすれば、この事態は当然に起こるわけで。
その分節約されているという言い方もあるのでしょうがね。
下手すりゃJの試合でアウエイ参戦は今年は叶わぬまま終わるという予想は、決して誇張ではない状況でしょう。

いやまあ仮に許可されたとしても、現状は飛行機に乗ることすらためらいがありますからね、どうにも随分と心境の変化は大きいのかと。


それでも限られた中でも今月・来月と動ける範囲で動きましょうの世界ではあります。

今迄苦境に陥っている部分の、個人的にはコンサと札響に関しては可能な限り優先して金を振り向けましょうという覚悟で、少なくとも年内はいくんでしょう。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年08月17日

最近の地下鉄車内広告は

寂しいですなあ、というのは総論。
もう半年くらいはこんな感じなのかなね?


目立つのは公共系のもの。
半分以上はそうではないだろうか。
元々あるマナー系については、昨今のコロナ禍の部分も込みで。

そんな中異彩を放っているのが、来年開業50年を迎える地下鉄本体のプロモーション。
本当はもっと派手にいきたいのだろうが。
何回かに分けてテーマを設けるような意向ではあるが、その第一弾がトイレというのがどうなのかね?


一般の部分ではどうか。

目立つのは美容系、あとは金融ローン系か。
所謂普通のものはごくわずか。

ドア部分でいえば、東西線では現在各車両6か所中半分が埋まっていない。
残り半分はすべてJA系。
こちらは多種、北海道米利用については頻繁に変わるので健闘しているというべきなのかもしれない。


我サポートクラブも頑張っている方でしょう。

当初通常版がずっと中断中もあり、全面変更に至る直前のみ消えたけれども、現在は普通にある。

それに比べ公が一向に出てこないのが以外で。
かつてはドア部分にスケジュールもろともあって、いやでも目に入ったものだが、今年はずっと出てこないのはなぜか。

まあ目障りでない分助かるが。


そんなことを書いてみたのは、ずっとどっかで書いてみたからでもあったのだが、今日からはお盆休み明け、学校の方も短い夏休み明けになるのかな?
また乗客が増えると蜜の面で不安になりそうだからでもある。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年08月11日

どうにもこうにも

冴えませんなあ。

昨日朝一のバスで帰札。例によってうとうとタイムがあるのだが、起きたのが輪厚付近でちょっと慌てるくらいのぐっすり具合であった。

札幌宅に戻ってしばらくすると外は雨模様。
すっかり気分が急降下して何もしたくない。
外出も気分が乗らないのでせずに。

それでも午後からはちょっと出た。
とはいえ街中に本を買いに出たくらい。
所要にすれば一時間ちょっとでの帰還。
それで昨日の外出は終了。

帰宅後何となく昼寝してみたら、なんとすんなり2時間近くも。
どんだけ疲れているんだ。


今週は14日が会社自体の休みであるほかは通常出社で。
特段有休を取るつもりもなく、いやとってみたところで遠出する気も何もなく。
恐らく通勤自体は人が減るだろうから、快適にいくのだろうと推測するが。

しかしねえ、天気の方はパッとしない。

台風の発生が先月は0だったのに、今月はすでに3つ発生。
それが北海道については直接でないにせよ影響大で。

ただでなくとも湿度が高いのに。
加えて札幌にしては結構風速も強いことで。
落ち着けるような空気にはならないのだと。

予報を見ても、基本雨マークは欠かせないくせに、今日から3日間は真夏日予想なのか。
しっかり晴れればまだ気が紛れそうなものも、なんだかね。

いや本州の酷暑に比べればまだましなのかもしれないが。


勿論動きが鈍くなるのは、あのコロナ禍のこともある。

いやはやもう今迄のことも通用しないというか。

いやそもそもよくわかっていない部分が多すぎることでもあるのだが。

何ともねえ・・・。


結局やる気充実ないままに、今日もまたいつも通りに出て行くのですよ。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)