コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2021年10月26日

ミッチーの苦言

「ミッチー」って誰よ、というところからではあるが、クラシック音楽にかかわりがあれば、ああとなることではある。


先日の土日にあった「札幌交響楽団第641回定期演奏会」は当初予定の指揮者がコロナ禍の関係で演奏曲目も含めて変更になったわけであるが、それがお久しぶりの井上道義氏であった。

彼の別称がファンの間では「ミッチー」なので、というのがタイトルにしたことではあるが、では「苦言」とは何か。

事件は前半が終わり、休憩に入る直前に起こったのである。

指揮者自身が話をすること自体は珍しいことではないが、通常は演奏開始前か終了後、アンコールがあればその前が相場であって、休憩に入る直前というのは極めて珍しく、こちらとしても虚を突かれた感じになっていたのである。

その内容からして、まあ苦言だよなあ、ということで結構ピリピリした感じになったのではある。


彼の提言は、札響は武満徹の演奏団体としては、他に比べて積極的と言えども、最近の楽団員は知らない人も増えているということ。そして伊福部昭作品については、北海道出身者としてもっと取り上げるべきだということであった。

前者については、首席指揮者であるバーメルト氏が意識している部分があって、直近に発表された来年度のプログラムの中でも、定期演奏会では2度演奏があるから、方向性としては間違っていない部分であろうかと。

伊福部昭についても次の来年1月定期で演奏があるから、珍しいことではないのだが、指揮者本人にしてみれば、まだまだ足りないという認識なんだろうなと。


まあ札響関係者からすれば、直接関与されていない人から言われるのは、面倒な話でもあるのだろうがね、しかし耳が痛い話というのは期待しないとされないことの裏返しでもあるのでね、謙虚に受け止めればいいんでないのだろうかねえ。

時に刺激的な話というのは、厄介にもなりかねないけれども、私自身はそれを楽しんでいたことでもあったのよ。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年10月22日

相変わらず治らない

昨日のトピックの一つといえば、ことクラシック音楽をよく聴くものにとっては大快挙のことである。
そうショパン国際コンクールについての話。

そのことは充分誇っていいことではあるのだが。
ニュースを見かける度に厭な気分になってしまう。


今回のケースでは日本人が2位と4位入賞ということなのだが、じゃあ1位はどうなのかという部分については、まず出てこない。

せめて名前くらい出せないのかという単純なこと。
「日本スゴイ」はいいけれども、それしか能がないのかと思ってしまうのだな。


この傾向はノーベル賞の発表でもあって。

今年の場合だと、日本「出身」で現在「米国籍」の人の受賞者があったのだが、これにしても本人ばかりクローズアップされてしまう。
今回の場合は3人の共同受賞なのに、他の2人のことは点で言及されない。

全くこの偏り方は何なのだろう。


そうね、スポーツでもそうだろう。個人対戦型で、決勝で優勝なり準優勝なりしたときに、対戦相手の情報が極端に少ない。多いのが「〇〇国の選手」という表現で、このあたりにも失礼という発想もないことに愕然とさせられるのだな。


正直なところ、このマスコミにおける癖は治らないのだろう。

最近とみに取り上げる選挙に対する姿勢でもそうだよな。

まあどうにもならんと、諦めるよりないか。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年10月21日

不必要なこと

選挙に関してもう少し。

タイトルにある内容で2つ付け加えたい。


一つは、投票終了直後から始まる特番について。

あのね、終わった後に分析されても無意味なのよ。
本来はそこですべきことは、投票前でないと判断の基準にならないの。

後だしじゃんけんでもっともらしいことを言われても無駄なのだから、いい加減ショーアップするようなスタイルは止めるべき。

けど、やるんだろうな、その愚を。


もう一つは、獲得議席予測というもの。

これはこれでミスリードしかねない。

昨日も某局での調査という数字が出てきたけれども。
まあその予測に?な部分があるにせよ、これを見て行動を変える人は必ず出てくるのだから、止めるべきことの一つである。


昨日事務所で仕事中に、某候補者の選挙カーが近くに来たのではあるが、自身の選挙区とは違うのでね、何とも虚しさを感じるのよね。

大音声の名前連呼は大嫌いなのでね、また忸怩たる気分に陥る。

今日の予報も一日中雨で気温も2桁にならずというのを見ると、輪をかけて鬱になりそう。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年10月20日

投票に行こう!

昨日衆議院議員選挙が公示されたことを受けてのテーマではあるが、まずお断りしておくのは特段自身が特定政党の回し者ではないということではある。


私の最初の投票体験は、1983年4月の統一地方選であった。
親元を離れての大学3年時のことである。

知らない土地で地方議会にかかわるのはハードルが高い。けれども棄権はしなかった。初めて政治に関与できることの嬉しさの方が上回っていたのだな。

国政選挙となると、その年の夏の参議院議員選挙でこちらはより真剣に。

以後一度も欠かしたこと無く現在に至っている。


よく「選びたい人がいない」ことを理由に行かない話をきくのであるが、なんとも勿体ない話である。

いや選挙たるもの「ベスト」の選択ではない。まず自身の考え方と100%一致する候補はまずいない。
であればより近い「ベター」の選択をすればいいのであって、ベストでないことで忌避よりはずっとましなことである。

現在は2票投じられるのだから、別々の政党でもいいわけで、とにかく行かない理由を先にするのは問題であろう。


今回の選挙では、若手芸能人を中心に投票を促す映像が出回っている。

投票率というのが必ず出てくるのだが、年代別にも出されて、若い世代に行くほど低い傾向がある。
これはまずい話で、政治家というのは自分に投票してくれた層を大事にするから、低い部分については行き届かない。
これからを担う世代が割を食うのは問題なのだから、この世代が頑張らないと。

だから今回の動きは歓迎すべきことだし、これで関心が高まることを期待したい。


現在は「期日前投票」の制度がある。できて以来、個人的にはもっぱら利用している。それは通常の投票所まで結構歩くからというのもあるのだが、好きな時に空いた時間に行けるというのが大きいか。

ともあれどんな事情があれ、こういう機会を逃すのはくどいが勿体ない。


何もしない輩に限って偉そうなことを言うのも問題なのよ。

関与できる権利があるのに放棄するのは無責任だし、出た結果に文句も言えないはずで。

ここまでダラダラ長々書くのも、強い危機感があるからなのよ。


こういうコロナ禍のこともあるし、より強い気持ちで主張した次第。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年10月19日

落ち着かないことは続く

いやあ、まあね個人的には結構しんどい状態なわけですよ。

と書けるくらいだから、深刻でもないのだけれども、しかしこういうのは精神的には堪える部分があって。

奥歯に物が挟まるような表現は、今はまだ表面化するには不能な状態ではあるからにしてなので、意味不明と捉えられようが致し方ない状況。


それに加えて、今日からの憂鬱は、選挙が始まることによることで。

少なくとも名前の連呼という愚は、そろそろ何とかならないものかと都度感じる部分で。
それは少なくともマイナス材料にしか、自分にとってはならない。


そうね、思いっきり力を出すのは障害が多いのかな。

何ともモヤモヤは続くばかりで。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年10月16日

大幅予定変更中

本来であれば、この時間に部屋にいる予定ではなかったのである。
詳細を語るには、まだ事情が許さないので伏せるけれども、ともあれそれゆえにゆっくりしてしまっている。


まあこの先は不安が待ち構えているのだけれどもね、その結果次第で行動が大変化するという、まあ何とも言えないことにはなっている。

いつかは来ることだとはいえども、いざ近づくと落ち着かない。


天候も落ち着かず、この先は寒くなるとなれば、体調面も気がかり。

健康にも留意しつつ進む。

posted by akira37 |05:07 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年10月15日

おめでたいことで

衆議院が解散した。

昨日の午後1時過ぎは、たまさか会社の車の中にいたものだから、ラジオでその様子を聴いていたのではあった。

こういうご時世でも、「万歳」の発声があるのね。自粛しないんだ。
そしていつも感じる。これで失職するというのに喜んでいる様というのは、まことに「おめでたいこと」でしかない。


予定調和で進んでいるからだろう、その前からすでに街中には選挙用ポスター掲示板の設置が見られて。

ことはバタバタと進んで、月末には投票日だなんていうのは、単純に拙速すぎることではある。


そうそうマスコミには予め言っておきたいけれども、投票「終了後」に分析するのは止めてほしい。そんな後だしじゃんけんみたいなものは、本来の仕事ではないだろう。

ちゃんとした判断ができるように、事前に情報提供してほしいものだけれども、期待は薄いよな。

まあこちらとしては流されずに自分の目で確かめていくよりないか。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年10月14日

釈然としないままに

ここのところ朝が異常に早い日々で。
いや夜中に何度も目が覚めた挙句に耐え切れず、というような展開。
当然に昼夕方就寝前と反動があって、ろくなことにはなっていない。


なんでも今日午後には衆議院は解散する予定なんだとか。
その時間帯に放送が予定されいるようだし。

けどそんなもんなの?

開けと言っても開かず、開いたかと思ったらこれだもんな。

政治思想云々の前に、そんなに休んでばかりいて恥ずかしくないのかと考えないのかね?

多くの人々がコロナ禍で苦しんでいるのに、国会議員は仕事もせずに収入は保証されているなんておかしいだろう。
日当制にした方が、我々の苦しみを少しは理解できるんでないのかとも考えるのだが。


コロナ禍といえば、昨今出てくる数字の少なさに、ちょっと別な意味で戦いている。

少なくとも手放しで喜べるようなことにはなっていない。

元々この数字自体の意味がどのくらいいあるかについては、以前から疑惑の念を持って見ているから、単純な減少をそのまま受け入れることなどないということで。

だからこちらの意識としては気を緩めずに行くだけなのだが。


個人的には周辺が落ち着かない状況があって。

仕事の部分で活性化する分には悪くないのだけれども、プライベートとしてはちょっと安閑としていられないのがきつい。

ただ予測して来ることではないので、なんともしようがないのだと。


今週末からはぐっと気温が下がって、いよいよ冬到来を覚悟しないといけないのかと考えると憂鬱の種が増えるので、あまり気にしないようにしよう。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年10月05日

予定変更が続く

別段、今月から緊急事態宣言が解除されたからというわけではないのである。

今月は週末を中心に色々と予定されていることが多いのだが、その修正が日々発生しているから、ということではある。


まあねだからどうとかではなくて、ただ日々何か発生することをパズルのようにはめ込む作業が楽しいのかな、とかとか。

いや普段の仕事の方が、なかなかにストレスだからと単純に言っておしまいということでもないものだからね。

逃避ということでもないのだろうが、そこに捉われてしまえば救いようもなくなるし。


ニュースを見やれば、その解除とやらで外出が増えているとかが多く。

まあ今まで非科学的根拠で締め付けられたきた飲食業者に対しては、ようやく本来の姿に近づけるのかもしれないのだろうが、個人的には急激な変化はしない。

元々外食が好きでもなく、外での飲酒にしても独りじゃ行かないし。
酒は飲めるにしても、無くて困ることもなく。

まだまだ危ういと感じたら近づかないだけではある。

旅にしてもあくまでも自分のペースで。
幸いというか、今月は祝日が前倒しで消化されてしまっているから連休になる週もなく、その点ではやりやすいのかな。

有休消化もそれなりに予定しているけれども、遠くに行くためには考えていないし。


こんなことを並べてどうかなのではあるが。

そういや昨日は10月なのに夏日になってしまって。
この時期に暑くなると、ちょっと調子はよろしくない。

流石にこの先もうそれはないだろうが、今度は最高気温が20度に届かない日々になるのか。相変わらず試されているな。

目下の心配は9日の天気がずれて雨にならないことではある。

ええ久しぶりの宮の沢での観戦が面倒なことになりませんように。


posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年09月28日

あまりの酷さにクラクラして

昨夕宮の沢であったエリートリーグの試合についてではない。
まああれはあれで厳しい現実を知るには良かったのかもしれないが。


主題はニュース番組でも幅を効かせているあの皇室に絡むことではある。

勿論この手の話が好きな人も多いのかもしれないが、あの加熱度合いは少々鼻白む以上のレベルになっているのではないかと。

私自身はそもそもが関心が薄すぎるが、知った所で「ああよかったですね」でおしまいで、それ以上の言及はない。

そもそもああいう話は身内のことなのだから、第三者・赤の他人が論評すること自体が甚だおかしいわけで、理由を付けて偉そうにでもするものならば、感想はただ一言「馬鹿か」でしかない。

いやあんなまでして追いかけて、ここぞとばかりに突っかかる余力があるのであれば、それは本来別なところに向ける話であろう。
そう前首相のことで発生したアレコレについて、未だ逃げ回っている関係者に対してどうして同じことができないのか。

全く力の入れ具合の間違いに、辟易してその劣化度合いにぐったりする。


まあこんなところで書いてみたところでどうにかなる話でもないけれどもね。

一方でこうして毒でも吐かないとやっていられない個人的背景もあるのだが。

ただひたすらに堪らない。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)