コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2020年11月22日

2020 第28節 清水戦

一試合の中でいろんなことが起こりすぎるとちょっと消化しきれない気分なのである。

観戦記は、時にあっさり終わらせることも多いのだが、昨日の試合は語りが増えそう。


開始早々に失点したときは、また悪い癖が、とも感じたけれども、あれはあれで相手を褒めるべきであったと。

そして大怪我のシーンは、最初ボールをずっと追っていたから、何が起こったかを理解するのに時間がかかった。
初動が清水側が早かったこともあって、相手側の選手かと思っていたら遅れてうちも動いて。
その慌ただしさに尋常ならざることを感じて、誰なんだと見たらそうだったと。
それで即交代となったことが、この試合の行方に大きく左右されたのは言うまでもないのだろう。
相手側のモチベーションも多少なりとも下がっただろうし。

あのPK獲得に至る場面、副審に確認の上判定が覆ったわけだが、実は昨日の主審は2017年のアウエイ鹿島戦で当時所属していた昌子のハンドを見逃していた本人だったのだな。
その時の記憶が蘇ったかどうかは判らないけれども、まあ結果確認した行為はグッドだったと。

逆転シーンは正直入るなんで思っていなかった。当たり損ねること2度でダメかと思っていたら、決まった時は凄かったのだなと。

3点目もまさかの気分で見ていたのだが、映像を確認すれば見事なまた抜きで相手も予測が遅れたのが判る。
これとて諦めたら終わりなわけで。
結局前半のうちに2点差にしたことが、相手の気概をそいだことになったのだろうかね。

4点目も当たり損ねに見えたのが、技術で補ったのだという感じの上手いゴールで。

そして5点目はまさか直接入るとは、というくらいよく曲がったものだと。


いやあそれにしてもここにきて大量得点シーンが見られるとは。

試合全体を通して見れば、決して内容が良かったという感じではなかったのだけれどもね。
けどなぜか清水相手だと大量得点になるのかは謎だな。
この2年間の4試合だけで計19得点だなんて異常すぎる。


ところで昨日の試合はあいプラン様のサンクスマッチだったわけだが、両チームのベンチ裏はこんな感じであった。

ホーム側
1605990126-DSC_0434.JPG

アウエイ側
1605990144-DSC_0435.JPG

絶対狙っているよな。



posted by akira37 |05:12 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年11月15日

2020 第27節 鳥栖戦

まあ妥当な結果だったんでしょうな。

こちらはアウエイからの中2日、出場停止やケガで主力を欠くという中では、本来の力を発揮するには難しさがある。

それを差し引いても惜しいシーンは多かったから、もったいなかったということはあるのだろうが。


ということで、実のところあまり書くようなことはない。

KAPPA様の惜別試合で、最低限負けずに済んだのは良かったというところか。

それにしても試合開始前の映像は、やはり判ってはいてもこみ上げるものがありましたな。

毎年のサッポロクラシックサンクスマッチの映像、古くは2001年の道新サンクスマッチの映像と並んで、永く伝えることになっていくのでしょうなあ。

先の話にはなりますが、来年は25周年の節目になるので、その時がどんなユニスタイルになるかも注目ではありますが。


これでこの先コロナ禍に見舞われなければ、最終節までは週一の試合ペースになる。

余計なこと無く、順調に消化できることと、来期へ向けての萌芽を期待したところではあります。

posted by akira37 |05:10 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年10月25日

2020 第24節 横浜FC戦

一番はドドがゴールしたことでしょう。
ええ十分にご褒美にふさわしい形でのゴールになりましたしね。

まああんまり多くを語るようなことでもないのでしょう。
簡単に行けるとは考えていませんでしたが、杞憂の世界だったのでしょうね。
勿論楽ではなかったけれども。


多様性の極みにあるものが、単純化したものに負けてはならぬのです。

まあそんなところか。


外は風が強いままで。

雨が伴えば、また寒くなってくると。
雨音が冬を呼んでくる。


次のホームゲームはフェニックス様への感謝祭。
もうドーム開催は確定なのだから、さっさと発表すればいいものを。

その間3試合アウエイだし、3週間後だから慌てなくてもいいのだろうがね、ちょっと落ち着きませんな。


日々の生活には、相変わらず不快感が多いけれども、こんな勝利でまた一週間持たせられることを感謝しつつ行きましょう。

posted by akira37 |05:05 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年10月19日

2020 第23節 鹿島戦

10日の湘南戦はリアルタイムでの観戦ではなかったのだが、厚別には出向いてくじ引きに参加したら、10番のタオマフが当たって、10月10日に10番とは縁起がいい、と思っていたら勝利したと。

昨日は故にそのタオマフ持参、加えて前日購入した昨年のレプユニ着用と違うアイテム姿で臨んだと。

試合前ピッチに選手が出てくる時に、最近はアイーダが流れるわけだが、ヴィジョンを見ていれば丁度宮澤先頭に出てくるところ。
このドンピシャのタイミングに、今日は良いことがあるのではないかと思っていたら、結果は勝利。これ以上のことはない。


惨敗だったアウエイ名古屋戦からすれば、この短い間での修正は難しいと考えるところなのだろうが、存外この方が割り切れていいのかもしれない。

アウエイ鳥栖戦の時も、前節がみっともなくて短期間で臨んでいたし。
驚くほどではなかったと。

この時も駒井のゴールがあっての勝利で、わずか3試合とはいえ、駒井ゴール試合は全て勝利というジンクスができたのか。


今回次節まで時間があって、またシーズンダブルがかかる試合となるのだけれども、あちらはFC東京を破って来ますからね、安心はできません。

しっかりと気を引き締めて行きましょう。

posted by akira37 |04:41 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年10月11日

2020 第21節 湘南戦

数日前のブログを見ている人には、リアルタイムで見ていないはずだと推測できる今節ではあるのだが、まあ試合後DAZNで確認してはいるので、観戦記もどきにしている。


毎年1・2回はホームゲームの日に他を優先することはあって、今年は昨日がそうであった。

例年であれば、シーズンパスを所持しているから大した問題はないのだが、今年はない。加えて地上波の放送もないとなれば、考えるところもあるのだが、そこはそれなりの措置を。

ええだから厚別には出向いていました。
ゴール裏の席を購入して。

だから大正製薬様のゼリーは貰いました。

例の抽選会は、例年だと宮の沢でのパーティー日に実施するべきところを今年はないのでここに持ってきたと。

ということで参加、一つには選手ナンバー入りのタオルマフラーが当選。
番号は10。10月10日の試合で10番は縁起がいいだろうと勝手に解釈して辞したのである。


個人的なメインはkitaraでのコンサート。
時間帯はもろかぶりなので、確認は休憩中と終演後になる。

休息中にTLを追うと1-1。
先制されての追いつきか。

終演後の確認。
まず結果2-1の勝利。
いや単純に震え涙脆い状態にもなりまして。

久方ぶりに帰宅後のミニ祝勝会ではありました。


まあ改めて映像を確認してみれば、やはりキーワードは現状打破なんだろうなと。

どこで工夫を加えられるか、それが今後のポイントなんでしょうな。


今日は練習見学に当選したので宮の沢に向かいます。

昨日の今日だから、雰囲気が明るいんだろうな。

まずはほっとしています。

posted by akira37 |05:12 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年10月04日

2020 第20節 仙台戦

疲れました(苦笑)。

第三者的観点からすれば、たくさん点が入って面白かったで済ますこともできるのでしょうが、当事者的には簡単ではない。

前半の再三のチャンスで1点のみにとどまった部分が、結局後半開始早々の連続3失点を呼んでしまった部分あり。
しかしそこからよく追いついた、とも言える部分もあり。

評価としては見方によって分かれてしまうのも致し方ないでしょうな。


10月に入って、まだたくさんの試合が残っている。
昨年同時期では、残りは6試合。
今年は1試合多く消化している状態でも、残り13試合と倍以上残っているのでね、この使い方は重要。

今シーズンはルヴァン杯も終了、天皇杯も事実上関係なく、降格もないとなれば、来シーズンに備えるやり方もありかと。
今シーズンは例年より遅く終わる一方で、来シーズンは今年以上に早まる可能性があるとなれば、通常のオフとキャンプ期間では足りない可能性があるから、そこは考え方次第でしょうかね。


まあ昨日の良い点を探し出せば、ロペスの得点でしょう。
FWが得点できない試合が続いていたというのは、結構しんどい事象ですからね。

あと終盤足が攣る選手続出を見て、週半ばの試合がなかったのに、というのはむしろ違うのかもしれない。
ずっと週2試合だったところからのペース配分からすれば、むしろ走り過ぎれてしまうところからの無謀に至ったとも見れるのでね。難しいことです。

posted by akira37 |05:02 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年09月24日

2020 第18節 柏戦

もどかしい。ひたすらもどかしい。

こちらとしては、やれることに限度があるし、後押ししきれないことで更に増幅されてしまう。


まあ相手からすれば、今のうちは組みしやすいのだろう。
ゴール前をがっちり固めて、ミスを狙ってカウンターすればいい程度の。

ハッキリ言って相手側のつまらない、まるでJ2チックな様子をここ何試合か見ている感じ。

そして最後は冒頭の言葉に戻る。


確かに今節はオルンガ対策としては大成功であったであろう。
本人的には不調部分もあったのかもしれないが、それでも失点されなかっただけでも十分だろうし。

けれども1点が遠いというのはねえ、本当に報われてほしいとしか言えんのよ。

いや修正するにはあまりに時間がない。
特殊状況下にあっては、一旦沼に入ると抜けにくいんだろうね。


次節をやり過ごせば、しばらく週中の試合がないから、気分転換もできるのだろう。それまでは辛抱なんだろうかね。

そして今年は3度目のウインドーが10月に開くから、そこで何かあるのかでしょうか。


限られた中で、まだまだ悶々は続く。

posted by akira37 |04:41 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年09月20日

2020 第17節 G大阪戦

まあ非常に判りやすい構造ではあったかと。

確かに中2日と中5日の差はあるのだろうけれども、コンディション面でいえば相手が特段良かったようには見えなかった。

むしろポイントは交代にあったと。

これは素人目にも明らかでしたね。うちは交代で展望が開けなかったのに対して、相手は交代で結果を出したと。
正直宇佐美・アデミウソンよりも千真・パトリックの方が怖かったし。
そうそう、千真がうちキラーだというのは、昨年アウエイで大虐殺された試合でも後半アディショナルタイムに5点目を入れられたのを後で思い出しまして。

まあそんなに簡単に上昇気流に乗れるものではないのだということではありました。


残念なのはこの煮え切れない状態で連休を過ごさないとならないことですかな。

ということで昨日も書きましたように、今日の午前中は入江に出向いて観戦してきます。
第三者的に見るのが一番気楽ですしね。

posted by akira37 |05:41 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年09月14日

2020 第16節 浦和戦

いやあ、もう、何ですかね、これ以上どんな言葉を探したらいいものやら、ではあります。

まったく結果を除いては面白いのですがね。


ずっと無得点で続いてきたことからすれば、点が入ったことは前進なのですがね。

それでも勝たせてくれないのかと。

ここ数試合の相手が基本守りがっちりのカウンター頼みのという部分が余計に苛立つせてくれることでもあるのだが。


本来であればここで一息つけるはずだった日程も、中2日でアウエイ、また中2日でホームということで、また苦労が続くのだろうかと。

やり切れませんな、ということばかりではあるけれども、それでも進まねばならない。

きつくてもさ。

いやもう今年は勝敗以前に怪我なく過ごせるのが第一なんだろう。

はああ。

posted by akira37 |04:41 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年09月06日

2020 第14節 広島戦

何とももどかしい気分でいっぱいではある。
そりゃずっと勝てていないから、試合後の反応として罵詈雑言が増えるのは理解しても、そんなのは刹那的でしかないし生産性もないし虚しいから忌避してほしいものだがね。
致し方無いにしても、なかなかこの部分に関しては成長が見られない印象ではある。


ざっとした雑感を並べてみる。

*JFKはとにかく喧しかった(苦笑)。
*雨が降らなかったのは良かったけれども、こんなに晴れるなんて聞いていなかったぞ。
*久しぶりに厚別の風の影響を感じた試合だったけれども、概して風上だから有利にならないことの典型になってしまった。
*それは前半あれだけシュートして決めきれないことがすべてでもあったと言えようか。
*一度に4人も交代してしまえば、何がどうなっているんだって見ている側も整理するのが大変で、実際最後まで混乱したままであった。
*気にしてはいけないのだろうが、やはり武蔵が抜けた後の状態はしんどい。


今シーズンのレギュレーションは改めて異様で良かったというか。

ずっと低迷した順位であれば、本来はもっときついことになっている。
幸い降格がないから、ピリピリせずには済んでいるが。

しかしねえ、ずっと客数に制限があり、アウエイサポ参加不可能にしても応援スタイルに制約があれば、到底ホームアドバンテージは起こりにくい。
実際海外も含めて、ホームの勝率が低いし。

まして過密日程になれば、修正するのも容易ではないし。
故に歯車が上手く回るチームと、そうでないチームの差が大きくなるのが今シーズンではないかと見ているんだが、どうでしょうかね。

加えてこの先はAHAHとなるから、毎度ながら怪我だけはせずに進んでほしいところではあります。


まあ結果暴飲に至らないのが、個人的には利点なのかね?

posted by akira37 |05:08 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(0)