コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2024年03月03日

2024 第2節 鳥栖戦

まあね、何を書いたらいいんでしょうか。

うーん、うちがPKを貰ったところまでは良かったのですが、正直過去の体験から入らないだろうと瞬間思ってしまったところが自省かなまずは。
そしてそれが運命の分かれ目になってしまった感じはあるんだろう。


総評すれば自滅。
いや審判のだめさ加減は当然にあるのだろうが、言い訳にできないレベルだし。

狂った歯車を修正するには、今は厳しい。


希望は新戦力か。やはり原君のデビューを見られたことは、数少ないプラス点でしょうかね。

それだけ。


それにしても寒かった。
何度も鳥栖には来ているけれども、過去最低レベルの観戦環境で。

開始15分でトイレに駆け込むだなんて、過去にもなかったし。
気温は2桁に行かないうえに、風が強かったからね、体感的には0度を下回っていたのだろうから、北海道並みで服装でも厳しかったのだな。

これなら雨が降っても無風の方がまだ助かる。


なお大量失点には驚いていません。過去何度もやっているので。

2年前には開幕から6試合連続引き分けという珍記録直後に0-5で敗れたし。
2006年の現地観戦では0-4の敗戦。翌日戻りは選手スタッフご一行と同じ便になってしまったのだけれども、長距離だからとクラスJを奢ったら、隣にヤンツーが来て、当然前日のことがあるからサインを求めるのも憚れることだったのは、今でも鮮明な記憶だからね。


札幌はまた積雪してしまったから、帰札が遅れるわけで。
8日まで現地、9日はドームでやっての10日ホーム開幕戦という流れなのだろう。

まあ怪我人多い状態がしんどいけれども、待ってくれないのでねやるしかないと。

我々としては昨日のことをいつまでも引っ張るのではなく、前を向いて後押しするだけでしょうな。

posted by akira37 |05:14 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2024年02月07日

練習試合 名古屋戦@南風原町黄金森公園陸上競技場

まあ結果の数字を見れば、悲観的な感想もあるかもしれないけれども、ことはそんなに単純ではない。

当初は45分4本だったのを、最後が30分に変更で行われ、共に前半が主力組、後半がサブ組だったのだが、交代のタイミングが違ったのだな。
うちは1・2本目が主力組、3・4本目がサブ+練習生主体組だったのに対し、相手は1本目と2本目前半分が主力組、2本目後半分と3本目がサブ組、4本目が練習生主体組だったのだな。

だから4本目30分で3失点は選手の疲労度が全然違うのだから、うちは正直ヘロヘロで気の毒ではあったかと。
なお3・4本目の間に選手が1人変わったのだが、背番号20の彼はコンサOBのU里選手だった模様。

そんなわけで、今の姿をもって悲観することは無駄。
というか別メ組がどれだけ復帰できるかでまだまだ変わるので、即断は危険でいいのでしょう。


ということで、あとは雰囲気をいくつか載せてみる。

1707250377-iriguti.jpg

1707250398-iriguti2.jpg
入り口部分。エンブレムが新しくなったので新調したのだろうが、

1707250482-nobori.jpg

1707250500-nobori2.jpg
幟は旧来のまま。

1707250570-skitki.jpg
メディア陣対応するS木T樹さん(左)。

1707250637-dannmaku.jpg
名古屋サポが弾幕を出していた。帰り極見たら、共に頑張って星をつけましょう的な檄文だった模様。

1707250745-gra-cere.jpg
2本目と3本目の間にはセレモニーが。なんでも名古屋は南風原町でのキャンプが10年目で、7年前からはキャンプ中の練習試合のゴール数×10個のサッカーボールを町の学校に提供しているのだそうだ。
ということはコンサも結構貢献したことになるのか(苦笑)。

1707250961-suke.jpg
このサービスは有難い。

1707251005-score.jpg
スコアボードの掲出があったので、途中で来ても状況が把握できるのも有難い。

1707251082-ennjinn.jpg
名古屋のキャンプは昨日が最終日だったからか、最後はセンターサークルで円陣を組んでおりましたとさ。


ということで、いろいろ勉強もした観戦でした。

沖縄でのその他のあれこれはまた改めて。


posted by akira37 |05:21 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2023年12月04日

2023 第34節 浦和戦

まあ今回ばかりは試合内容云々ではないでしょう。
正直J1残留を確定した以外の挑戦理由に乏しい。小野引退を優先させた対応をここまですることの意外性の方が大きいだろうし。

当初は終盤にちょっと出して、というイメージが強かったけれども、先発させることはキャプテンマークも巻くしイレブンショットも残るわけだから、記録的にも良いのかもしれない。

ということもあって試合結果は大した要素にはならない。
あれだけ固められたら手も足も出ないのは、うちの仕様だろうし、その時にどうするかが(今に始まったことではないけど)我サポートチームの課題だろうし、その克服が上位を窺える話にもなるのだろう。


それよりもセレモニーだよな。
メインは引退の部分だろうが、その前だったよなあ。あんなにdisるなんて正直予想外で。
まあ通訳部分はだいぶ盛っていたようではあるけれども、上手く相手を利用しましたな、でいつもはもっと長い監督の話が通常営業レベルだったのは、むしろ普段長い話に慣れている我々からすれば意外でしたなあ。

勿論浦和サポがあれだけ残ったのは、あの弾幕を出すためであったのが明白だけれども、相変わらず一部暴走サポがいたらしいのはやはり残念でね。
一応アウエイに来ている立場をわきまえないとさ。


さて今日からは恐怖の日々である。
もうすでに一部出てきているけれども、去就に関しては結構シビアに推移するかもしれない。
それは単純に自身の力ではどうしようもない部分、外国籍選手の税金問題とか円安とかが大きく影響しそうなのでね。

勿論公式に出るまでは踊りませんがね。
知ったかぶりもいやだし。


さて今日も狂人的な行動が待っている。
全く休む間もなく無茶している。

posted by akira37 |05:21 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2023年11月12日

2023 第32節 広島戦

そうかスコアレスドローは開幕戦以来だったのか。
ということは無得点で勝ち点を得た、ということにもなるのね。
我がサポートチームとしては珍しいことではある。


ならばつまらなかったかといえばそうでもない。

昨日の場合試合後にkitaraに行く予定があって、通常では終了後にすぐ出て間に合うものの、定期演奏会の場合は開演30分前にプレコンがあるから、それを聴くとなれば間に合わない。

昨日の場合後半はあっという間に時間が経ってしまい、どちらにも点が入らないままに終盤を迎えてしまったものだから、結果終了を見届けて向かった次第。

当然にプレコンには間に合わなかったと。


試合前にTLを眺めていると悩ましいリリースがあって。いやあ何度目よもあるし、その内容の多さに言葉を失っていたわけだな。

まあ試合内容についていえば、相手の守備の固さがあって無得点だったものの、攻撃の甘さに助けられたと。
うちの方もやばいシーンは多々あったけれども、何とか持ちこたえられたのはかような背景もあったからか。


こうなれば最終順位云々よりも、無事に済んでほしいばかりではある。

勿論試合前に出された弾幕のことはあるけれどもね。


今日から4日間オフか。

まずはゆっくり休んでほしいと。

そしてそろそろ去就の話が出てくるでしょうかねえ。

posted by akira37 |05:10 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2023年10月29日

2023 第31節 横浜FC戦

まあ取り敢えずホッとしたことではあります。

今回は車での参戦、前後もいろいろあってバタバタしていたわけだが、まずは自身のジンクスが成立したことは何よりで。

そして試合内容を言えば、まあ褒められたものではない部分が多いわけだけれども、今回はとにかくどんな形でも勝てばいいわけで、無事済んだんだと。

はあしんどかった。


ということで多言はしないことでおしまい。

posted by akira37 |05:26 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2023年10月22日

2023 第30節 横浜FM戦

全く気まぐれで参戦を決めると碌なことにはならない典型になってしまったと。
試合結果のほかにも、色々とミスをやらかしては悔いること多数、まったくダメダメであった。


正直試合開始前から不安はあったのである。

ベンチ入りメンバーに宮澤や荒野の名前がなく。これだけで不安要素拡大。
そして試合開始直後、どうも小柏と浅野の状態が「しっくりいっていない」。結局これが最後まで尾を引くことになってしまって。

1失点目はロペスと宮市の関係を褒めるよりないわけで、あんなのが通ってしまったらどうしようもない。
2失点目にしても、あんな打ちそこないみたいのが入ってしまうのだから、運がないとしか言いようがないし。

そこまでは何とかなりそうな気はしてたけれども。

そして3失点目で、まあどうしようもないと離席すれば、そこからまた2点入ったのは何の貶めか。


そこから今日の目的のために大遠征はへとへと要素だらけで。

全く何やっているんだか。

そして今日もちょっと異色な展開を予定していて。歩く距離長いのが確定しているから、今からあちこちが心配。

posted by akira37 |05:12 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2023年09月24日

2023 第28節 名古屋戦

特段何が何でも来ないとならなかったという理由ではなく、今月道外に行くとすればこれだった、という消極的理由での観戦ではあったと。

振り返れば、11年ぶりの豊スタではあったのだな。
前回はコンサ的には初めての試合会場、試合結果は圧倒されて散々だったと。
今回で5回目、過去はすべて春先3月か4月だったのが、今回初めて秋の開催と。


1695501366-DSC_1057.jpg
一応証拠。
観戦場所はメイン3階アウエイ寄りで、相変わらず階段上りがしんどく観戦場所も急だからか一番上の列でも前に手すりがあり、札幌ドームみたいにカップフォルダーはないと。

後ろを振り返れば、
1695501508-DSC_1056.jpg
JAL様の広告看板があり、座席の3桁の番号は確保した時には気にしていなかったのだが、6月までいた札幌宅の部屋番号と全く同じであったと。
観戦そのものは、隣の座席が売れておらず快適ではあったと。


試合結果は最低限ではあったと。

まあうちの試合をずっと見ていれば、わくわくすることに慣れているから、相手のユンカー頼みのやり口が単純につまらなく、あとはGKのランゲラックが相変わらず厭らしく、彼でなかったら間違いなく勝っていたなと。

それ以上に問題は主審だったわけで。もう見えていない、ブレブレの判断基準では小林がイエローを貰うレベルの暴言は理解できるわけで。

まったくなあ。


次節は3人出場停止で。ただでなくとも怪我人多くて、どうやりくりするのかではありますがね、まあ何とかするんでしょう。


posted by akira37 |05:26 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2023年09月17日

2023 第27節 湘南戦

あまり多くを語りたくはない試合ではあったと。

勿論言い訳するなではあるのだろうが、監督・選手の受け止め方はその通りだろう。
差は熱量だと言えばそれまでだが、それをもって特に老害サポ中心に罵倒するのは違うと考えるが。


ということで試合そのものについては割愛して、その前のことでも。

ドニチカ利用ということもあって、午前中はドサブに練習を見に行っていたのではある。

今となっては、書いても問題がないのだが、とにかく参加メンバーが少なくて驚いたと。
なので選手よりもコーチ・スタッフの方が多い状況。勿論砂川コーチは選手とほぼ同じメニューをこなすいつもの光景があって。

救いは明るい声が飛ぶことで。いや真剣大事でもあるけれども暗いよりはいいい。

一番目立ったのはやはり出場停止の駒井で、最後の方のシュート練習はほぼ個人レッスンでしたなあ。いやああれは一見の価値がある。

そしてまあ、昨日の敗因を求めるとすれば、駒井不在は大きかったなと。いや宮澤はそこそこ救いがあったけれども、締りが足りないとすればそこなんだろうな。

とか書けば、またあれこれ言う老害サポはいるのだろうがね。


さて昨夜のバタバタからの寝不足を経て、今日もまた無茶な行動予定を、というところで。

あとは天候がどうなるかな、だが雨は極力避けていきたいがね、どうなりましょうか。

posted by akira37 |05:28 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2023年09月07日

2023 ルヴァン杯 準々決勝 第1戦 横浜FM戦

小柏様様でしたな。

2失点とも安すぎて。他にも普段見ないような部分が多くて、どうしたものかと思ってはいたのですがね、終わってみれば最低限の結果が得られたと。

勿論監督の言うように、2試合トータルでの結果が必要だから、より多く点を取る姿勢は大事なんだろうけれども、一人多いとはいえね、とはなる。

流石に今日はオフにしないでやるようだが、問題は第2戦。うちもそうだが、相手も主力が休んでいるのでね、その部分をどうするものだろうか。

次は引き分けでも勝ち上がれるわけだが、勿論そんな狙いは100%ないことだけは確実なんだろう。


個人的にはこの後この先の流れを踏まえての行動とはなる。

ようやく過ごしやすくなってきたのでね、そのまま、とはならんだろうが。

posted by akira37 |05:34 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2023年09月03日

2023 第26節 G大阪戦

まずはホッとしました。
それが偽ざる気持ちで。
そりゃ明けぬ夜はないとは言ってみても、こんな長い間勝てていなかったとなればね、やはりきついものがあったし。


会場入りする前、恐らくタイからであろう一団とすれ違ったのですよ。
単純にこれが吉兆だと感じたんですな。
そしたら、あーたチェックが2発で決まったようなもので。
応援の力は凄いものだよと、ここも感じる部分で。


ガンバのスタメンはちんぷんかんぷんだった。見慣れた名前は東口と食野くらいで、カタカナ名が5人もいるなんて、ちょっと久しく見ない感じ。あ、ファン アラーノは鹿島にいたし、うちの荒野との縁で覚えてはいたが。


ざっぱに言えば、交代含めみんな良かったんじゃないの、という感想でいいんでないかい?

なので、大した上手い表現もできない。


1693687027-DSC_1013.jpg

こんなの撮るなんていうのは、勝利後の気分での勢いでしかないね。


posted by akira37 |05:24 | 観戦記 | コメント(1) | トラックバック(0)