コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2022年09月12日

2022 第29節 磐田戦

試合前、いくつかの懸念はあったのである。

3年前のホームでの対戦では、うちが勝てば相手に引導を渡せたはずなのに久しぶりにドームのリーグ戦で敗戦だったということ。

前日のJ1リーグ8試合は、すべてホームチームが勝利または引き分けだったこと。

観衆はすべての会場で1万人を超えていたこと。

結果は承知のとおりである。何より。
観衆も9会場の中でも最低にならなかった点でも良かったと。


まあ終わってみれば圧勝も不思議ではなく。

これで通算成績が五分になったとかであるのだが、相手の過去の栄光を知る老害サポとしては信じられない。

まあ変わり目の現場を知っているものとしては不思議ではないが、ここまで長引くものなのだなあ、という感じもあって。


大勝ではあったけれども、もっと点が取れただろうというのは共通認識で。

VAR取り消しあり、オフサイドあり、ポスト直撃あり等々。

8-0であっても不思議ではなかったくらい。

贅沢を言えるくらいでちょうどいいのか。


そしてもう一つの観点はGKなんだろうな。
やはり他と比べても見劣りがする。
これがスーパーな、だったらもう少し得点は少なかっただろうし。


まずは一息。

次節も中継あり、今度は全国放送か。

場所は未勝利のままなのでね、その点のジンクス崩しもあるけれども、あまり力を入れないくらいでちょうどいいのかな。

posted by akira37 |04:41 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2022年09月03日

2022 第28節 C大阪戦

昨日の投稿が結構弱気だったのには理由がある。

うちは金曜ナイトゲームにとことん弱い。
過去の戦績を見れば、J2時代も含め1勝もしていない。
更に19時半キックオフの試合だと、3試合のみだけれども全敗。

対C大阪戦という観点で見れば、札幌ドームでのJ1においては未勝利。

加えて仕事でSTV吉川アナ来場となれば、更に勝率が悪くなる(過去1勝だったけ)。


そんな前提ではあったのだが。

不安は更に増長するわけだ。
こと前半はちっともいいところが見られない。
むしろ相手の決定不足で救われている感じ、よく無失点で済んだくらいで。
そういい時でも得点できないうちみたいだ。

ん?これってもしかして?

しかし後半もあの時間で失点してしまうと、流石に魂が消え入れそうになったもので。

誰しも残り10分で逆転勝ちするなんて想像ができなかったはずだ。


詰まるところ、補強大成功ということになるんだろうが、その分従来のパターンに染まってないから、とも言えるわけで。

だから相手にしてみればうちのセオリーから外れての混乱が逆転勝ちの要因の一つになったのかもしれない。

まあ勝てば何とでも言えるわけで。
勿論それですべてが解決したわけでもなく。
けれども今後のためには大きいわけだから、まずは昨夜だけは喜びましょう、と私にしては羽目を外した夜にはなっていたのでした。


勝ち点は減らないし、経験値は蓄積されるのだから、不思議の勝ちでも今後への効果になれば幸い。

posted by akira37 |05:18 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2022年08月21日

2022 第26節 鳥栖戦

まあどう書いたらいいものやら。

印象に残るのがブーイングでは何ともだろうし。


前半リードも1点だけでは不安、というのが的中してしまうことの悲しさ。

そして前節に続いて、つまらないサッカーをする相手に負けてしまうことのやりきれなさ。

うちの課題は、体力配分と応用問題適応力ということになるのかな。


TL上もあれかな、もう罵詈雑言を超えてしまって、半分諦めの境地でもあったのだろう。

他力本願的な部分は、とりあえず夜の試合結果がうちのしてはそこそこであってかと。


さてどうする。

今日予定されていたエリートリーグは急遽中止になってしまったし、次節は10月に延期されているから2週間開くし。

劇的なことを望むのがきついのは、何ともな朝である。

posted by akira37 |05:35 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2022年08月14日

2022 第25節 神戸戦

正直試合後のほうがきつかった。

TL上に流れる罵詈雑言は、過去最高レベルの酷さで。
そりゃ所詮呟きだから自由だけれども、見せられたものには堪らない。

そして思う。あんたそんなに偉いのかね?


結果に特に驚く要素はなかった。

イニエスタがいれば、苦労が別にあっても、もう少しやりようがあったのかもしれない。

しかし正直あんなつまんないやり口では、どうにもうちには分が悪い。
終盤とて、どうして臨機応変にできないかのということはあるだろうが、それができれば苦労はしない。そうそう簡単に長年染みついている習慣なんてそう簡単に変えられないのは、言っているあなた自身の生活習慣を振り返ってからにしてほしい、くらいにイラつきはある。


いたずらに卑下しすぎるのもどうかなのですね。

一番知っているのは現場なのだから、いたずらに講釈ばかり垂れるのだけはたまらなかった、というのが感想かな。

posted by akira37 |03:34 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2022年07月31日

2022 第23節 名古屋戦

ネガティヴに言い出せばキリがないと考える。

ええ後半アディショナルタイムに追いつけたことをポジティブに考えたほうが健康的になるだろう、でいいんではないのか?


実のところ、周囲の光景はネガティヴ野郎が多くて。
試合中に聞かされるほうはたまらない。

チームの云々を言う前に、てめえらの成長しない姿勢を改善するのが先ではないのか?


バクスタアウエイ寄りには、京都の高校サッカー部が修学旅行で観戦に来ていた模様で。

この暑さの中、彼らの目にはどのように映ったであろうか。

posted by akira37 |05:09 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2022年07月11日

2022 第21節 鹿島戦

まあ最低限のノルマは達成したというところか。

勿論相手の不調具合、ことFW不足からすれば、十分勝機はあったのだろうけれども、こちらとしても似た事情なのでね、イーブンは妥当でしょう。

まずは無失点というところは、何よりも良かったことで。

加えて、試合中でのけが人もなく、退場者もなく、PKもなく、というこれまでの異常具合が回避できただけでも大きいと。

この先は週中の試合が3か月以上先までない予定だから、まずは正常に戻ることだけですな。


当日MCのグッチーは無敗を誇っていたわけだが、そもそもがリーグ戦でのホームはここまで1敗しかしていなかったのだから、特に驚くことではない。

ただそんなゲン担ぎでも本人MCの無敗記録が継続できたことは、朗報なので今後もよろしくではありますな。

posted by akira37 |04:41 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2022年07月03日

2022 第19節 京都戦

今年もアウエイ観戦で勝利に恵まれない。
約2か月ぶりの伊丹利用で乗り込んで、まあ最後が最後だったから、等々力の時とはまた別の徒労感があったのだけれども、なかなかにメンタルはきつい。
そりゃ試合後の車内混雑度合いは似たようなものだったから、宿までの道程は下車後特にきつきつだったと。


1656792639-DSC_0235.jpg

ハイハイ歓迎スタイルは過去一かな。地元の熱心さが伝わる。

スタジアムとしては、過去最高レベルの環境。
最寄駅からの近さでは、鳥栖を凌ぐレベルだし。
造りはパナスタを一回り小さくした印象、ただしヴィジョンに関してはちんけではなく。

ということで、物議をかもしたDOGSO退場ではあったのだが、レアなメンバー表示状態を載せておく。

1656792967-DSC_0238.jpg

今回の座席はバクスタにしたのだが、メイン側のヴィジョンでは見てわかるように時計の表示がないのが惜しい(反対側にはある)。


試合内容に戻れば、最後失点する前までは、事故でもない限り負けないだろうくらいには見ていたのだけれどもね、よりによってあんな形での失点はつらい。

実際退場者を出したのはどちらなのかくらい、圧倒していましたからね、本当に惜しいことしきりなわけです。

そりゃDAZNで安全な場所で見ている分には、文句たらたらがTLに並んだわけだけれども、現地で見ていた分にはそこまで言えるのかよ気分なわけだ。


とはいえ、負けは負けで、またすぐ中3日でアウエイが続くというのは、メンタル的にきついけれども、乗り越えるしかないか。


posted by akira37 |05:06 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2022年06月27日

2022 第18節 G大阪戦

試合が終わった直後の感想は「ホッとした」ではある。

ここまでリーグ戦3連敗、平均失点5というあり得ない状況からの試合だからね、出かける服装一つにしても気を使い過ぎて、結局無難だったし。


解説が聴けるサービスというのがあったから、試してみればどうやらDAZNの音声そのままで。

解説がO森K作でなくとよかったと感じた人多数のはず。

最も付き合いは前半のみ、まあ適格ではあったけれども、シュート数で圧倒しても決まらないというのは縁起ではないのでね、後半は避けたような感じで。

不安のもう一つは、こういうイベント的な試合の結果が過去良くない、今回は無料招待という仕掛けで2万人以上入った、ということでもプレッシャーはどうだったのか、という部分で。

両GKが復活戦、勝つ活躍した部分は試合が閉まって良かったのだけれどもね、結果報われたゴールでクリーンシートが何よりでした。


勿論帰宅後は一人大宴会だったのだが、疲れ方半端なく、ちょっと横になっただけなのに結構寝入ってしまったようなことで、未だに乱れたままではある。

それでも現金なものだから、今週の活力にはなるんだろうな。

posted by akira37 |04:41 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2022年06月19日

2022 第17節 川崎戦

そりゃあねえ、あんな試合からの道程はしんどかったですよ。
雨は止まないし、細い道に人は溢れるし。


ええ、2度リードしたところまでは良かったのですよ。

けど天敵登場から暗雲が(天気は試合前から雨だったけれども)。そしたらあんなスーパーゴールを決められて、またか!と。

そして最後の10分ほどはもう地獄にいる気分でしかなくて。

なしてそうなる、といつもの過ちとで、それまでの85分は何だったのか、とすらなって。

いや惜しい場面があっても、安易なミス連発では慰めようもなく。

まだまだ時間がかかるのでしょうかねえ?


やり場のなさにうなだれる。

posted by akira37 |05:04 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2022年06月09日

天皇杯 2回戦 桐蔭横浜大学戦

いろんな意味で大きな試合になってしまった感じはある。

まあ前半0-2で折り返したときは、いつもの天皇杯初戦で驚きも何もなくて。
そりゃスタメンを見れば、そのくらいの覚悟は当然にあったのだがね。


ハーフタイムに最初7人でやっていたのが、いきなり3人になって、もしや怒りの4人替えをするのか、と思っていたら本当にやって。

追いついた時には、ひたすら残業にならぬことを祈っていて。
いや実際日没後は寒さ募るわけで。

アディショナルタイム突入寸前にGX18のミスから失点して、ああ残業はないのかと帰る準備をしていたら、第4審が持つボードの数字が当初3だったのが4に変わったのだな。

これが運命の分かれ道だった、と。

あとは放り込み大作戦で、結果終了間際に追いついて、結局残業になって。


まあね、ここまで来たら勝たないと。しかしPK戦になったら嫌だなあと考え始めていたところで勝ち越しミドル炸裂。ついに逆転。

その後は正直追いつかれそうな空気はなくて終了。

残業したかいがあったものの、寒さ耐えられず早々に退散。温まることに専念したのではありました。


何せ相手はJ3チームに大勝して代表になったわけで。
実際J内定者が複数いるのだから、下手な実業団チームよりはやりにくい。

それで手を焼いたわけだけれども、終わってみれば「2-0は危険なスコア」を体感させられてよかったのではないのかね、と勝ったから言えるわけだが。


うちにとって大きいというのは、ここまで公式戦3連敗、大量失点中というところからの脱出。

3失点は余計と言えるけれども、後半アディショナルタイムに追いついて、試合結果も逆転というのは意味がある。

MC担当の栗谷氏にしても、ずっと担当試合の結果が芳しくない状態だったから、天皇杯は中立対応も、本人的にもホッとしたのではないかと想像する。

この先明後日にはルヴァン杯の試合があるけれども、難しく考えないでいけばいいではないでしょうかねえ。
勿論厳しいけれども、可能性が0でない以上は捨てるとか言わないほうがいい。


個人的にもしんどい日々だけれども、こんな結果に遭遇できれば少しは救いになるというものです。


posted by akira37 |04:41 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(0)