コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2020年04月01日

こういう時だからこその

まあ毎日のようにあのことに触れて書くのは、決して健康的なことではない。
先の見えない、実のところよくわかってもいない状態のことで悩むのであればなおさらで。
がゆえに、昨日のリリースは救いの要素も多いかと。


来季新規加入選手については、最初朝のスポ紙に出たわけだが、リリースによれば26日には仮契約していたのだというのだから、完全ノーマークではあった雰囲気。

私自身はユースヲタではないからよく理解できていないけれども、また超有望選手ということで。
まあ最近の新卒選手獲得については、もう選ばれる立ち位置にあることを実感させられるわけですな。

現状試合再開までまだ1か月以上ある状況では、こうした話題が出てくることは悪くない。


もう一つは新規パートナー様の話。

これも名前を見れば、ローカルではなく全国レベルですからね、こちらもそういう立ち位置なんだろうと。
まあほかのチームでも同様のリリースが出ている模様だけれども、一企業が複数のチームのサポートをすることは珍しい話ではないから、この部分はあまり気にすることではない。


さて今日は新年度初日である。

例年もっと晴れやかな気分にもなれそうなところが、そうはならないのだろうな。
あの問題抜きにしても、いろんな値上げの話は出ているのでね。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年03月31日

辛いことが多すぎて、納まらない

年度末の日である。
例年だとそれなりの空気感があったり、意識する部分が出てくるのだろうが今年はそうではない。
なんとなく締まらない感じはあるな。


昨日は朝から大騒ぎになってしまった。

さすがにあれだけの著名人ともなると、説明不要で伝播する速さはあるのでね。

元々お笑いには不得手な自分であるけれども、知っているギャグは判っているのでね、それはそれでしんどいことにしかならない。

もちろん今回のケースは、例のウイルスに絡むことだけに慎重に当たりたいのだけれども、この場でもやはり言葉を大事にできない人は悪い意味で目立ってしまうのだな。


夕方にはJリーガー初の感染者というのが出てきて。

これは結構ショックは大きい。

Jリーグ側としても、慎重に事を進めているさなかですからね。
勿論彼を非難してどうにかなることでもないし、必要以上に謝ることでもないでしょうし。


あとまあ室蘭でも初の感染者が出たとのことで。

これもきついな。
医療従事者らしいので、うつされた側だろうから気の毒なことではある。


そして夜には都知事の緊急会見というのがあって。
NHKなんか番組を中断してまで生中継したのであるが、単純にがっかりだよ。

また「自粛要請」で「補償なし」かね。
夜の仕事にかかわることなのに、夜に集めさせられる矛盾まであってか。

まあね最近は「三蜜」というキーワードがあるらしいが、この会見やら会議らの様子を見ていると、自ら違反している様子というのはそれこそ悪い冗談かよという気になってしまう。


なんだかなあ。

本当に元気が出ないことが多すぎるよ。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(1) | トラックバック(0)

2020年03月30日

変わり目ではあるが

ここのところの週末は似たパターンの繰り返しで。

こと日曜日となれば相似形。
朝札幌に戻った後は、午前中に街中に出て病的に本を購入+αで昼前には戻って。
あとはFMと録画再生がメインで疲れ果てると。

やはりサッカーもコンサートもない生活は妙ではある。


昨日はそんな中でチケットの購入をしてみた。

当初はコンサのホームゲームと重なっていたので回避したのだが、試合のほうがなくなったからの理由ではある。

しかし4月だからね、この先不透明ではあるが。


実際コンサート関係でいえば、すでに5月まで影響が出ていて。

東京では4月の「春・音楽祭」、5月の「ラフォルジュルネ」が中止に追い込まれている。
これらはこちら側の事情以上に来日そのものが難しくなっている海外からのアーティストが渡航不可能になっている事情もあって。

ゆえに7月の札幌のPMFとて開催が危ぶまれてきていて、チケットの発売開始が延期になっている模様。

いやはや簡単ではない。


今週中に新年度に入るわけだが、どうにもそんな気分はなく。

放送界では今日が実質新年度初日扱いだから、まあいろいろとチェックはしていくけれども。

すでに来年度はコンサ関連番組が2つ終了することが確定していて。
これはこれで寂しいも、試合再開が1か月以上も先というのはやはり落ち着かないと。


例の問題については、この国にとって最大重要問題ではないらしくて、まずは延期になる東京五輪の日程確定が一番の重要事項って、やはりおかしいって。

まあそのことを言い出すと無力感しかないのでね、どうにもやりきれない。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年03月29日

春なのに

お別れですか♪

じゃなくて。


本当にもったいない。

ここのところ週末の天候が穏やかで。
けれども出かけてもぱっとしないし。

昨日も書いたように今週末も当初の予定と違うことになっていて。
実は今週末の金土日は毎日kitaraのはずだったのが、すべてキャンセルで。


昨夜はまた首相会見があって。
またいつものように原稿読み中心で。
もうそこに期待するものはないのだが。

私の接触は音声はなしだから、あとのTLで内容を確認すれば、フリーランスへの補償についての質問があって。
その回答が惨憺たるものだったと。

いや相変わらず数字が出ないことで愕然としてもいるのだが、こちらに対してはそれ以前にやる気がないことが判って。


ほかの国のトップが短期間に支援額を具体的に出しているのに、予想されたとはいえやはり具体的な数字が出てこない。

そして文化支援ともなるともう絶望的でしかないのがはっきりして。
全く何やってんだが。

とにかく時間がかかりすぎる。


外が明るくなってきた。
今朝も晴れているのが恨めしい気分なのが堪らない。

posted by akira37 |05:15 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年03月28日

もう一つの苦悩

現在室蘭である。
当初の予定ではこの時間は札幌にいたはずで。
予定されていたコンサートが中止になったために、その必要がなくなったからである。

異常事態に突入してかれこれ1か月近くになるのか。
当初の予定では、J1リーグは6節が終了、カップ戦も3節が終了であり、今週末は国際Aマッチディで2022W杯予選やU-23の親善試合があったりしていたはずで。
何かもう感覚がおかしいままマヒしている模様。


私の余暇は、外ではコンサとコンサートが両輪であるのだが、今月は恐らく史上初、どちらもないままで終わる。

週末にしてもたいてい室蘭宅が1泊に週末が出るのだが、今月はすべて2泊ということで、こんなのも初めて。

試合参戦出来ぬつらさもあるが、一方でコンサートにも行けない(今月は運よく5つも予定していたのに!)というのは相当のダメージでもあるのを実感している昨今。


今日のタイトルは、コンサートに絡んでの話である。

どうしても話題は東京五輪延期に伴うスポーツ中心にはなるのだが、それ以上に深刻なのが私もかかわる公演中止の話である。

演奏する側からすれば、仕事がなくなる話。
チケットは払い戻しにもなるから、金銭的にもしんどくなる。
現状は無料配信とかやっているけれども、それとて持ち出しでしかない。
ニュースによれば新日本フィルが存続の危機とか出てきて、相当にやばい状態。

けれどもこちらに向けても、この国は何もしていないに等しい。
昨日文化庁長官のメッセージなるものが出たが、何の腹の足しにもならない。ただ頑張ってね、と言われてどうなのよと。
そうそうこれなんか3年半まえに「子ども食堂」をめぐって出た首相のコメントを思い出させてくれた。あれも単なる激励で、具体的なものは何もなかった。


出てくる話が、異次元すぎて。内容も陳腐で恥ずかしいくらい、というのも何度も書いてきているけれども、一向に改善の気配もなく。

何かまた今夜首相会見が設定されたようだけれども、中身がないだろうと今から予見される気分で、予めつらいと言っておきましょうか。

posted by akira37 |05:05 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年03月27日

改めてJリーグを評価する

国の施策として出てくるのが商品券・旅行代金の補助・お肉券に挙句にお魚券ときてて、もう声を失っている。

なんでまあ出てくるのがこう陳腐なものなのか。
そして相変わらず議論ばかりだし、支給にあたりやたらと制限を設けようとするのはなぜなのか。
そうして無駄に時間を浪費していくのでは、すでに貧困にあえぐ人たちには余計苦しむだけではないか。

しつこいくらい繰り返すけれども、必要なのは「やっている感」ではなく実務。
「自粛要請」という名の言うほうが責任も痛みも伴わない、結局何もしないに等しいことではないはずで。

ああもうクラクラが止まらない。


昨日Jリーグの公式として、今回の試合再開延期についての文章が出てきた。

再開してもアウエイ参戦部分で規制がかかることについて不満が多い反応ではあるけれども、少なくともJリーグ側の立場としての考え方はよく理解できる。

9年前の中断期間を超えることになっている部分について、正直精神面でも通常とは違うことになっているものにとっては、こうしたコメントがあることは悪くない。


何が大事かといえば、
*一方的なトップダウンではない
*決定までのプロセスが見える
*隠さない
*具体的である
ということで、それが信頼感や安心感につながるのだろうと。

チェアマンは公式に堅めの発言になるが、一方で副会長のほうは普段からフットワークも軽いし、映像でかみ砕いでの表現もしてくれる。
わが社長のほうも、数字を出して表明する。

まあね、国や自治体トップの体たらくを見ていると、雲泥の差を思い知るのだな。


皆大変なところで、我々が今できるとすれば今まで以上にパートナー様の商品購入・サービス利用くらいしかないのだけれどもね。

いや大きい金額で支えているところが倒れてしまっては、元もこうもないのだから。


まだまだしんどいけれどもね、誇りをもって進みましょう。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年03月26日

もう何が何だかの世界

昨夜8時から都知事が緊急会見をするとか出てきて。
まあ予想されたことではあったのだが、少なくとも首相の2度にわたる意味不明な会見よりはまともだったとの評があるけれども、具体的な部分では中身がなかったと。

そうまた「自粛要請」だ。
それに対する補償も考えていなかったようだし。
急な話だからこそ必要なのだろうがね、いざ金が絡むとなると弱い。

よりによって昨夜はNHK総合で東京五輪を盛り上げるための73分間の番組が予定されていて。
それが急に五輪が延期になったものだから、番組も30分短縮。そのあとに空いた時間を運よく都知事の会見の生中継に利用できたという感じではあった。


ほかの国が具体的な支援を金額を出して早急に決定している中で、この国の動きは鈍い。

まず出てきたのが「商品券」だ。
これ作るのだけでも時間がかかるんですよ。

思い出すのは過去に各自治体がやった「プレミアム商品券」。
昨年10月の消費税アップ時にも取り組んだところは結構あったはずなのだが、ほとんどニュースにもならなかった。
かつては発売日に列をなしたみたいだけれども、今回はずっと売れ残っていたみたいだし。
確かに一方で電子マネーやクレカ利用での還元があったりしていたから、目が行きにくい部分はあるにせよ、それ以上に事前購入するだけの体力がないというのが実情でしょう。

そんなところで出てきたって「誰得」問題にしかならない。

加えて出てきたのが旅行者向けの施策だという。かたやで不要不急の行動を避けるように言っておきながら。昨夜は外務省が外国への渡航自粛も出したし。
この背景には業界の会長があの人だからというわかりやすい理由がある模様で。

そして「和牛商品券」はもう輪をかけて失笑ものでしかない。
そもそも肉を食べない人にはなんもメリットないし。
いやそもそもなんでそんなに限定的なの、という部分でもう利権が見え見えだし。

まったくどいつもこいつも出てくるものがみみっちいし、即効性もない。
そうそう担当大臣とやらがこれらの施策をするのが5月下旬とか言っていたらしいけれども、そんなあーた2か月先の話じゃその前に倒れてしまう人がたくさん出てしまうだろうに。

どうにも現実感に乏しすぎる。


諸外国で金銭支援が早急に打ち出されるし、国のトップがちゃんとしたメッセージを出しているのだな。
しかしこの国においては悲しいし情けないけれどもそれはない。

知る限りでもイギリスやドイツがそうで。その政治姿勢に共鳴できるかどうかは別としても、緊急時に国民を安心させる話ができているを見るだけで、わが国の現状を憂うよりない。


ついでにまたマスゴミへの苦言だけれども、いい加減広報的なもので終わらせるのはやめろって。
いつまでもそんなことしていると、見放されるだけだぞ。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年03月25日

大きく動き出す日になるのか

まあ昨夜東京五輪が延期ということになったらしいというので、各方面がこれから大騒ぎになるであろうということではある。

直近で言えば、今日Jリーグの会議があって恐らく再開再延期ということになるのであろうが、それがどのくらいの期間になるのかがまずは第一関心事にはなるのか。

もうね先月後半から予定がズタズタですからね、どうなっても驚かないにせよ精神体調面共に良好とはなっていないのではある。


もともとは例のウイルスの件が原因でこうなっているわけであるのが、相変わらず絶望的な気分は変わらない。

とりあえず五輪を先送りにしたことで、また勘違いして「やっている感」を出すのだろうがそうではないことは肝に銘じておかないと。

外から言われて切羽詰まって言わされているのだから、間違っても自分が主導したかのようなことが見られるとすれば、騙されてはいけないのである。


それ以前に現状の終息がいつになるかの問題はあるにせよ、本来試合ができない期間が使えるようになったことは朗報なわけで、当然それを織り込んで日程調整してくるんだろうなと。

勿論再開を1か月先送りにしても、そこで終れるかどうかの保証はないのだが。

早く楽にはなりたいけれども、なかなかそうはならないのだろうな。


ところで今夜NHK総合で東京五輪関係の番組が予定されているのだけれども、これどうするんだろう・・・。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年03月24日

もう何が何だか

いや何って、聖火リレーを車でやるという話。

まずもって延期されるかもしれないという状況下で、なぜに急ぐ必要があるのか。これで先延ばしになったら、延々とやり続けるつもりなのか。

そして昨今の情勢で、人が集まると危険だからとの理由でそうするらしいのだけれどもも、そこまでしてやることにはもう失笑以外にない。

そもそもかたやで新型コロナウイルスのことがあって、命がかかっていることが本来優先されないといけないのに、それを差し置いてやれることではないはずだがね。


五輪にせよウイルスにせよ、国内だけでどうにかできる問題ではない。

その狭い視野でどう叫んでみても説得力は持たないはずだけれどもね。

物事の優先順位が明らかに間違っているわけでしょう。


それにしてもこの「自粛要請」の中で出てくる話が悲しい。

他国に比べて、なんと遅々として貧弱なことか。
そして具体的でない部分に対しては、希望的観測を言って前に進まない。

くどいけれども必要なのは「やっている風」ではなく、「具体的な行動」なのよ。
いくらお題文句を並べても、飯のタネにはならないのだから。

けど何度言ってみても変わる気配がなくて絶望的な気分にしかならないね。

こればかりはなんとなくやり過ごしていれば解決する問題ではないはずなのだが。


そしてまたモヤモヤは続く。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年03月23日

早くはっきりさせてくれ

ようやくというか、今夏の東京五輪開催の是非について、延長をするかどうかの判断をする時期が一か月以内にあるとの報が出てきた。

正直遅い。

とにかくやらないならやらないで早い決定が望ましい。

恐らく再開が再延長されそうなJリーグにしても、五輪期間中及び前後の部分が使えるのであれば、日程調整上楽になる要素なのだから、さっさと決めてほしいだろうし、日程調整にしてもその辺を見込んでやっていくのだろうし。


それにしても「要請」ということばは便利だなと。

お願いはするけれども強制ではないから、何かあっても責任は取りませんということですからね。

催事をする側にしてみれば、やったらやったで非難されるし、やらなかったら負債は増えるしで、どっちに転んでも苦悩が付きまとう。
その辺の事情は、上の人間は判らないんだろうなと。

だから相割らず頓珍漢な少額での話しか出てこない。


ギリギリまでまって、決断できない姿が今から見えるようではあるけれども。

周囲からいろいろと言われているけれども、ポカーンとしている姿しか浮かばないのが悲しい。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)