コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2020年07月05日

いつもの週末への第一歩

昨日は亡き母の月命日であった。
平日の場合は室蘭在住の妹に対応を任せているのであるが、週末私が室蘭宅にいる場合は在宅するようにしている。
寺の坊さんが来るわけだが、通常午前中の時刻は未定。昨日も遅かった、というか午前中に来なかったものだから、準備にきていた妹は戻って、私も昼食を取って昼寝しようかというところの1時過ぎにやってきて。まあ事情はあるのせよ、どうもなんとも。


昨日の室蘭は朝から霧雨が続いていて寒々とした状態。
そんな状況で外出する気にはなりにくく、坊さんが来たあとは昼寝して、4時過ぎに買い物に出るのが昨日最初の外出という具合でもあったのではある。

室蘭駅前のサツドラ様に出向く。
ここでずっと探していたサッポロビール様の「サクラビール2020」をようやく見つけてチョイス。限定品とはいえ、発売地や店に限定があるわけでなく、ずっと見つけられないでいたのがようやくで、感慨もひとしおであった。

合わせてフォーナインのコーラバージョン(赤黒)とリポビタンDのコンサバージョンも購入。この2つ並べて陳列されているのだな。
更に丸大食品様の北海道カルパス4本束も購入。これ税抜きで300円を切るのでお手軽なつまみでもあって。

見事なまでのパートナー様愛に包まれた行動と言えようか。


まあDAZN環境下にない者にとっては、試合経過はTL頼りではあるのだが、昨夜はそんなにチェックの回数を多くはしていなかった。

で感想といえば、こんなところか。
ロースコアは予想通り、しかしまあなかなか本調子という感じでもなかったようで、後半はいきなりの3枚交代もあるかと思ったがそんなこともなく、むしろ相手が先にやったと。まあうちの方は終盤にそれをやったのだが、意外な感じでもなかったのかね。

結局そろりそろり行く感じか。
過密日程の状態では予測は難しいと。


何でも昨日の勝利はコンサにとって神奈川県内での試合ではJ1のリーグ戦では初勝利だったそうで。

そうか、そうなのね。

でかつて静岡県内で勝てないことも思い出したのだが、現在はむしろお得様状況であることを考えると、いつまでも負のジンクスは続かないということでいいんだろう。


さて次節は中3日で相手が鹿島である。

承知の通り、カシマスタジアムでは未勝利のままではあるが、ここ2年は続けて負けてはいないのよね。

で何とまだ第2節終了時はいえ、相手が最下位というのはどうなのだろう。
昨夜のNHK-BS1で見ていた感じでは結構模索が感じられるので、ジンクスを崩すチャンスかもしれない。

まあまたもどかしく見守るだけだけれども。

posted by akira37 |05:07 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年07月04日

再開の朝に

昨夜の月は良かった。
今日が満月らしいので、昨日は十四夜になるのか。はっきりとした天気ではなかったものの、ぼーっと浮かぶさまがらしくもあり。


今週は結構ハードだったが故に、もう毎日へとへとではあったが、昨夜ようやく久々の開放感があったのかね。

ようやく落ち着いて考えられるのかも。


昨夜は昨年のホーム神戸戦の配信があったわけだが、移動の関係で全編見る体制にはなく。

それでもあの進藤のゴールはしっかり確認したわけだが、そうかあんな感じだったか。
結果が判っていても再確認すれば、また気分は高揚するもので。


そしてコンアシはいつも以上に最高であったと。

あの短時間の間にあれだけのものをよく詰め込んだものだと感心する。
単純にこれからだけのことではなく、ここに至るまでをコンパクトに表現できるのは普段からの取材力がものを言っているのだろうし。

メンバー予想についてあれこれ言うのはよそう。


現在九州地方では記録的短時間大雨情報からの大雨特別警報が出されていて、それはそれで心配。
試合がこの状況下でできるのだろうかという心配にもつながることは、まあリーグ再開時の戻ってきた感覚でもあるのか。

ともあれ災害が起きず犠牲者が出ないことを祈るよりない。


さて今夜はどんな心境に至るのやら。

再開まであと半日あまり。

posted by akira37 |05:13 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年07月03日

J1再開前日に想う

やはりあっという間であったか。

公式HPの今日の「再開まであと〇日」の選手は予想通りの宮澤。
そういや当初のホーム開幕告知ポスターと同じ構図になったことに気づく。
で本来ならもっとワクワク感があってもいい感じなのだが、正直冷静というか覚めているというか・・。


昨日の帰宅時に地下鉄駅構内にスケジュールポスターが戻ってきた。
最もその下にあるパンフレット差込口には何もない状態。
流石に今回は作成しなかったのか、間に合っていないだけなのかは定かではないが、スケジュールの方もあと2度に分けての発表が残っているので、やりにくいことだけは確かなのであろうと察さる。


そして公式HP上には矢継ぎ早に情報が出てきて。
もうこの時期だし、重要なことでもあるのだが。

正直気分はもどかしい。

まずシーズンシート払い戻しに対しては、煩雑さ故の苦悩が見えるが、実際はこの先の不透明さも加味はしているのだろう。

観客収容に関しても、無観客→5000人まで→最大収容数の半分まで、という段階を踏む予定にしても、順調にいくかどうかも怪しいわけだし。
最も収容状態に合わせてのチケット販売方法は価格も含めて忸怩たる内容なのも理解するしかない。

今月中の試合は正直争奪戦が激しそうではあるが、なかなかに悩ましい。
幸いなのはどちらも地上波中継があるから、チケット購入不可でもなんとかなるわけだが、でも異様な感じの試合会場も体感してみたいがどうなるやら。


あとそうですね、試合のパンフレットについては事前にHPに載せてくれないだろうか。

現在でも試合後に購入するすべはあるけれども、今年は特殊事情なのでね、実際に見に行きたくても行けない数は半端ないでしょうから、試合前日か当日朝には見られるような状態にあれば、TVやDAZNでの観戦でも楽しめると思うのだけれども。

posted by akira37 |04:43 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年07月02日

大騒ぎしすぎじゃあないのかね

いや何のことって、レジ袋有料化の件。

そのことでまあまあ大騒ぎ、という印象しかない。
すでにスーパーでは有料化になって久しく、買い物に出向く際には必ずマイバック持参というのが当たり前になっているので、何を今更感でしかなくて。

確かにこと昼食時などは手ぶらコンビニに寄ることは珍しくないけれども、大量購入などしないのだから大騒ぎするレベルではないだろうし。

こういうことよりも大事なことは他にありませんかね?という感想しかない。


あの問題、東京では患者数が増えているのだという。

元々、繰り返しになるけれどもあの数字にどれだけの意味合いがあるのかは不明なので、単純に大小で言うものでもないのだろうが、ただ限られている中でも増えているという事実は看過はできないか。

何だかね、あの「東京アラート」に象徴されるように、実態よりも言葉遊び優先というのが傍目にもイラつきの原因なわけで。
科学的な根拠もなく、ただ雰囲気で赤くすることに何の意味があるのかでしかなくてね。
そんなのに振り回されるのは虚しいだけなのよ。


昨日は期の変わり目だけでなく、いろんなことが襲ってきて詰詰になり、疲労度合いが激しい感じの夜ではあったのだが、今朝もしんどい中のスタートとはいえへこたれずに行きましょう。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年07月01日

昨日来た2通のはがきから

一つは札幌市からのものであった。
例の10万円「特別定額給付金」の振り込み通知。
ふむ、こうやってくるのだなと改めて実感。

実は振り込み自体は先月17日付けでされていたのであるが。
2週間近く経ってから通知が来るからくりが謎ではある。
通常であれば逆なのだろうが。しかも期間がこんなに空くものなの?

それはともあれ、これにて一連のことは終了であるが、札幌市としてはよくやっている方であろうと。
政令指定都市の中ではかなり上位にランクされるレベルの早さであることは強調すべきであろう。
因みに下位に沈む、未だ10%にも満たない都市が名古屋や大阪であるというのは象徴的である。そう市長がアレな人なんでね。ほかのしょうもないことばかり話題になっているし、こういう時に本質が現れるのだろう。


もう一つは「さっぽろ地下街」からのもの。
こういう企画があって。申し込みをしたら3つある中の一番割にいいやつが当たったと。

前回の同様企画では外れだったので、嬉しさはひとしお。
1千円で4千円お得というのは大きい。
自治体がやる、いわゆるプレミアム商品券よりも割がいいんでね。
2か月以内に使い切る必要があるけれども、書籍購入がメインだからあっという間に消化するのでしょうな。


というわけで、今年下半期のスタートとしては悪くないということにしておこう。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年06月30日

妙な感じではある

今日は6月の最終日、ということは厳密にいえば中間点ではないにしても1年の折り返しということでもあるから、今年のここまでを振り返ってみる。

うーん、何もない。

最近チケットの関係でkitaraへは出向く機会があるけれども、コンサートとなるともう4か月以上行っていないことになる。

一方で札幌ドームの方となれば、昨年の最終戦以後は足を向けていないから、こちらの方は半年以上ご無沙汰ということになるのか。

あのことがあって以来、生活の中で当たり前のようにあったものがない生活が続くというのは初めての事態だし、それが長期化していることにいささか疲れている部分はあるのね。

疲れといえば。
昨今の天候もまた不順で。
降雨の在り方がまたすっきりしない。
そこに中途半端に気温が高い状況が加われば、惜しみなく体力は奪われ、昨日などは退社後へたり込むような感覚になってもいたのではある。

幸い仕事については、何もないようなことではないから良しとしなければならないのだろうが、その体力面を含め前向きにならぬ要素があるのは少々しんどい。
けれども今日もまたしっかり励みましょう。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年06月29日

復活への準備

昨日の午前中は街中に出る。

まずは現在でも無効になったスケジュールポスターが未だ掲出中の紀伊國屋書店オーロラタウン店に出向いて本の物色。今回は購入が少ない。

そのあと地上に出て、hitaruへ。
前日会員先行で発売になった11月のバレエ公演のチケットを引き取りに。
公演は2日間で、その日はコンサのホームゲームも土日のどちらかで予定されているのだが、ここは賭けで押さえておくという形で。
因みに発売開始は昨日の午前10時で、そのときは確実に外出中だったからスマホでやったわけだが、改めて便利な時代ではあると。

そして幸い雨もなかったから、ポロクル利用でkitaraに出向く。
こちらは8月にあるkitara主催コンサート3件を抑えるためである。
本来であれば急ぐこともないのだが、何せ客席数を減らして発売することがアナウンスされているので、念のために早めにと行ってみれば見事にガラガラでありましたとさ、でもあったのだが。
それにしても画面で座席を選ぶ際、見事なまでの市松模様に大変だなあ、と同情することでもあったのだな。


帰宅後、午後にはニコニコ動画で東京交響楽団の演奏会の配信があるということで視聴した。

昨日もあったのだが、それは無観客のものであり、今回は観客ありのものを生中継ということで。
客席の方を見ると、やはり一席ごとに空けている模様。

演奏者の方も、管楽器は無理にしても他はマスク着用というのは、長く見ていると息苦しそうでしんどいんだろうなと。

休憩ありのフルサイズでのコンサートとなれば、恐らくこれが復活バージョンとしては国内初だと思われる。
無事に何事もなく、他でも続けば幸いであるが。


札響の方の復活はまだ先、結局最初が8月1日の名曲コンサートになりそうで。
この公演は当初4月に予定していたものが延期代替となったもの。
日付がこうなのは、当初予定されていたPMF公演がすべてキャンセルになって自動的にホールが空いていたからではある。

この名曲シリーズ、2回目も当初予定の6月公演が延期になっていて、その日付は8月1日に発表とか。
まあこの演奏会も座席数を減らしてやることが決定済みで、前売り段階ですでに発売停止しており、一般向けの公表をしなくても済むレベルだからなのだろう。

まだ1か月以上先ですがね、無事にできることを願うばかりではあります。


そしてサッカーの方も始まりだして。
当方としてはアウエイ連戦が先に来た関係でホーム初戦から無観客でないのは幸いだけれどもチケットの発売に関してはシーズンシート無効、J統一ルールとして発売日が一週間前と決められている(まあ不測の事態で直前での試合中止や無観客に戻る可能性があることを想定しているのだろうけれども)から、忘れないようにしないと。

どのくらいの座席数の発売になるかも不明ですからね。あっという間に来るのでしょうし、こちらも備えは十分に。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年06月28日

還って来た日に

今朝もまた雨模様で寒々としていて。
やはりこんな天候下では気分は盛り上がりませんな。


昨日の午前中は虎杖浜の竹丸渋谷水産様に出向いていた。今年初めに福袋を発注した関係でDMが届いたのだが、その中にフェアが昨日・今日とあることが理由であった。まあ私の場合、わざわざ出かけるという形にはならないので、ハードルは低いわけだが。

降雨で寒々としているから人出はどうかと思っていたら結構なことで、ちょっとした驚きもあり。
勿論散財は問題なくやってきたような次第ではある。

事務所入り口にはコンサ押しがよく判るのだが、パートナー様になった理由がCRCにありそうなのがありありである。
元々中にあるサイン色紙を見れば、いろんな形で放送により取り上げられてきた経緯があるからその縁もあるのかもしれない。
で数ある色紙の中でCRCのが一番上に飾られているので、勿論誇らしいことではある。


フェアは今日もあるから、行かれる方もいるかもしれないので、無駄に詳しいご案内でも(札幌近郊から行く事前前提)。

公共交通機関利用で時間を気にしない向きはJRの「一日散歩きっぷ」利用が便利。駅でいけば最寄りは虎杖浜でも登別でもほぼ同じ約20分ということではある。

楽なのは高速バス利用で登別下車となるが、札幌BT730発(大谷地BTだと803発)の道南バスの白鳥号は、現在「ゴールデンカムイ」のラッピング車両で運行中なので、これもありかね。

車で行く場合はいつも以上に注意が必要でしょう。結構パトカーがウロウロしていて落ち着きませんので。


午後は配信があった一昨年のホーム神戸戦の映像を、一方でニコニコ動画の東京交響楽団生演奏を聴きながら見ていた。

こちらは結果をしているから、前半は大半が無視ではあったのだがね。

そしてJ3を皮切りにJの公式戦も始まりだして。
興味はメンバーにコンサOBコンサユースOBコンサ選手兄弟の名前を見つけることにあるくらいかね。

そしてJ1は再開まで一週間を切ったのか。やはり早いな、と。

posted by akira37 |05:18 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年06月27日

還ってくる日

今日からJリーグの試合が復活する。まずJ2は再開、J3は開幕となって、来週はJ1も再開という流れ。

本来であれば、今日はJ1はもう折り返し後の第19節の日であり、次々節が終われば東京五輪のための中断期間になる予定であった。
現実は承知の通り五輪は無くなり、中断前の久々の駒場での試合も無くなり、ということで。

今回のコロナ禍の影響からの変更で、本来中断中に過密日程が入ることになったのかと。


今日の本来の予定では厚別での試合だったから、この雨天を見ればなくて良かったなということになるのか。

加えて寒々とした感じがねえ、どうにも。
来週はもう7月だというのに。


昨夜はJFATVで23年前のいわゆる「ジョホールバルの歓喜」の試合をやっていて。
私自身は移動の関係で延長後半くらいしかまともに見なかったのだが、やはり見入ってしまうのだな。

当時見ていたはずではあるが、見直してみると結構印象が違ったことでもあるのだがね。
それにしてもゴン中山は相変わらず喧しかったなあ・・・。

ちなみにこの試合があったときの我サポートチームはまだ旧JFL時代の話。
最もリーグ戦は終了していてJ昇格を決めた後のことではある。

そうかもう少しで四半世紀に届くところまで来ているのだな。


昨夜はそのままの流れで22:48放送開始のコンアシを生で見ていた。

流石に日本代表のための施設は立派だなあというのと、トレーニングマッチの映像なしに苦笑していたような。

ともあれ元気そうなのは一番か。


どんなふうになるのでしょうか。

まずは無観客から。
想像がつかない。

posted by akira37 |05:23 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年06月26日

心配の種は尽きないけれども

昨日朝5時前に関東地方であった最大震度5弱の地震については、札幌でも先に緊急地震速報のあの音を久しぶりに聞いて身構えたものであった。

幸いこちらではないと判って安心したのも刹那、現地にいる選手・スタッフは大丈夫なのかとすぐに思いつくあたりがサポの性でもあるのか。

同時間帯、長崎方面では短時間記録亭大雨情報が出ていて、こちらも心配。
地震や台風だと経験値がそれなりにあるものの、大雨だけはちょっと想像力が働かないだけに不安が多く見てしまうのである。


昨日の天気予報では一日中曇りのはずだったのだが、日中結構雨模様になっていたわけで。

今日も現在は曇りもこの先は明日まで雨マーク。これはこれでまた憂鬱の種である。


世間に目を向ければ、道内ではあの件で「昼カラ」が目の敵状態で。
まったく元気な高齢者には困ったことよ、何だろうが感染者の中に微熱があった人もいるとの報に接すれば、もうそんなの論外だろうと。
いい迷惑でしかない。

政治の世界では、もうワイロ話が公然となっているし、公職選挙法に違反したことを会見まで開いて認めた議員が不起訴だとか。
もう目の前がくらくらする案件ばかり。
モラルも減ったくそもあったもんじゃない、ってたまらん気分のみ。


そして今日は個人的にも時期的にしんどいことに向かわねばならないのが、最近では最大の憂鬱である。

いや自身のことだけであれば、さして気にもならないのであるが、困った問題児を抱えていると気苦労が先に立ってしまうのでね。
この辺りこの国のトップにも似てきついわけですよ。


てまた愚痴から始まる週末ではあります。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)