コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2022年09月27日

この度の旅の補足

上京中の土日は、とにかくよく歩いていて。
その後遺症が昨日になって出てきて、満足に歩けないと。
全く加齢には、こういう時に出てくるんだな、と。


というところで、あまり考えたくもないので、この度の旅について、端折った部分の補足で茶を濁す。


その1:味スタからの帰り

本来であれば、試合終了後の時間帯にした形になったせいか、飛田給には特急が停車して、新宿まで乗り換えなしで行けたのだな。

私のような考えの人も多数だったけれども、特段混みあうこともなく乗車そのものは快適であったと。


その2:奥戸の陸上競技場

メイン以外は芝生席だったのだが、それがバックもゴール裏も狭いのは難点であったと。比較すれば、入江の半分ほどの奥行しかなくて。
おかげで試合観戦はずっとバクスタで立ちっぱなしだった次第で。

因みに余話としては、目の前に赤黒が見えたのでよくよく見れば、身に着けているものからコンササポの夫婦であったと。奥さんはずっとカメラを構えっぱなし、当然その対象は榊だったということにはなる。

入場料は取らずに、登録だけだから問題はないのだろうが、観戦的にはバクスタ裏が土手で、陸上競技場内は丸見え、こちらのほうが理想的なのはどうにもなあ。


使用したきっぷの関係で、地下鉄には何度も乗っていたわけだが、ホームには必ず2人の警備員がいて。

そうか、今日あるあのための予防措置なのか?
どのくらいの費用が掛かっているか、気になる部分ではある。

そして仕事をしている身とすれば、東京に居なくて正解だと。
あれだけの規制がかかれば、時間が読めない部分への犠牲はあるだろうから。
それを補償してくれるということもないのでね。


そういうのを見て、また嘆息してしまうのが、どうにも。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2022年09月26日

京成線メインの一日

今回の上京のメインは、昨日午後2時キックオフの関東サッカーリーグ1部後期9節「南葛SC対VONDS市原FC」への参戦であった。

承知の通り、南葛にはコンサOBが3人いるし、市原には榊がいるというのもあって。


この試合会場は葛飾区奥戸総合スポーツセンター陸上競技場で、最寄り駅が京成線の青砥駅。

何かないかと探してみれば、都内限定の一日きっぷ「下町日和きっぷ」を発見。

ならばと、これを使ってプランを練る。


となれば、やはりイニエスタも訪れたという四ツ木駅を最初に訪問。

いやあ想像以上に凄かった。勿論期間限定とかではなくて常設だからね。

で我松山光といえばここにいた。

1664135374-DSC_0498.jpg

1か所のみの入り口のエスカレータ部分最初にある。
こりゃ目立つね、と悦に入る。


次はやはりここでしょう。

1664135480-DSC_0506.jpg

ええ何度も東京に行っていても、定番の柴又には行ったことがなかったのでね。
なお引いたおみくじは久々の「凶」。項目ごと見てもまるでいいところなく。
全くなんてことか。

その前に隣の金町でも下車して。駅前にあるスーパーを覗けば「北海道フェア」をやっている。
どうも旅先で偶然遭遇するケースは久しぶりではあるが。
勿論みよしのぎょうざやリボンナポリンもありましたよ、買わないけど。


肝心の試合のほうではあるけれども、まずアクセス情報にある「徒歩15分」は信じないほうがいい。20分でも足りないくらいで、へばった。

試合のほうといえば、南葛のメンバーにはコンサOB3人の名はなく、多数の元Jリーガーの中では元仙台の関口が孤軍奮闘しているイメージ。このクラスでもベンチ入りは難しいのよ。

結果は前半にあった榊のゴールが決勝点で、市原の勝利。まあ久しぶりにプレイを見られたのは収穫だったか。

なおはHTにはゲームスポサーの紹介で謙伍がMCを務めていた。
原稿棒読みだったけれども。


他にもいろいろあったけれども、メインはこんなところ。

2日間で2種類のフリー切符も十分すぎる元はとっておりましたとさ。


posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2022年09月21日

盛りだくさんな一日

昨日はいろんなリリースがてんこ盛り状態だったようなので、雑なタイトルにしたのではある。


まずは何といっても来季新加入選手の発表であるが、これで何年連続になるんだ毎年大卒選手の加入があるというのは。

ともあれ名スカウトS木T樹氏の力は大したもんだということになるのであるが、今回の選手は過去同じ苗字で在籍していたO森K作がいるから、またなんかしゃべりそう。一応23日朝のあれはチェックしておくか。


次節の試合では、平畠氏のまたの来場があって、加えてスタジアム内限定配信があると。

かつては実況を聴けるというのがあったが、あれはあくまでもDAZNの同時内容だったから、解説者によっては聴く価値もなかったわけだが、今回はオリジナルなのでちょっと楽しみになるかもしれない。

そうそう平畠氏の来場といえば、前回はG大阪戦で勝利だったから、吉兆ということにしておこう。


そしてこの試合はまたNHK総合で全国中継されると。

2節続けて、というの珍しいわけだが、まあこれはたまさかうちの相手が優勝争いをしているチームだからというのが理由なんだろうがね。
それにしても16時キックオフの試合というのもレアケースなんだろう。

今年のDAZN以外の中継状況を見れば、序盤はNHK-BS1での放送が目立ち、中盤はローカルすらなく、終盤はNHK総合が目立つということで。

全国中継6試合なんていうのは、過去最高記録かもしれないし、ローカルも含めると2桁を超えるNHKでの放送があり、9月以降の全試合でローカルのみ含め地上波中継があるという珍しい事象にもなったのだな。


サポーターズデーの詳細も出てきたのだが、今回は先に決まっている予定があるので、個人的には不参加です。

過去の内容との違いを言えば、パートナー様の参加があることかな。

当日行けない人向けにchannel12向け限定でもいいので、配信があるとうれしいのだけれどもどうなりましょうか。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2022年09月20日

偶然の変更からこれからを考える

昨日は乗り放題の切符で行動していたのだが、当初の予定が崩された結果でまた発見も多くなったということではある。


昨日のリリースがあった現場に居たのである。

最初からそう決めていたわけではないのだが、行程変更の結果居合わせれることにもなって。

この情報はこちらのパンフレットにも事前告知されていたのでね。
まあ全般見切っていたのではなく、少し前から様子を窺っていたのだが、BGMが古い時代なのがこそばゆくもあり。


久しぶり開催のこの「食べマルシェ」には、自身としては初めてであった。
最初から行くと決めていたのではなく、たまたま行動日にやっているからの偶然で組み込んだことではある。

天候は不安定だったのではあるが、端から端まで歩いてみてこりゃ凄いなと。
旭川オンリーではなく、道北地方全般を出していること、その種類も多岐にわたるものだからね。地元密着度が半端ない。

これはまつりの在り方としても勉強になることではあったと。


列車に乗っている時間が長いなかで、またあれこれ見ている中で、これからの旅の方向性も考えることが多くもあって。

たまさか行程上、最後が廃線予定の留萌本線に乗ったこともあって。いやまあ大半がその筋の面々なのでね、仲間にはなりたくないし。

そうやってクタクタでも思考はとまらないのであった。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2022年09月19日

試練

今日の予報では一日中雨で。
遠出を予定しているものとしては、イレギュラーへの対応もしておく必要があって。
まあ、その時は何とかその場で考えるのだろうが。


昨日の試合時間帯は、私はkitaraにいて。
コンサートは午後1時半から。

会場には1時前には入っていて、まずはロビーでTLを追っている。
その中で出てきたのが、このリリースであった。
もうね言葉を失うよりない。ここまで試練を与えなければならないのか。

よく映画の公開で使われる常套句を使えば、「全コンササポが泣いた」。
決して誇張でもなんでもなく。素直な心情。

そしてこのタイミング。チーム状況もまた試練の時にあって。
辛すぎるじゃあないか。


試合の状況は、休憩中と終演後のチェックとなる。

日曜日昼の早い時間の演奏会、昨日は市電が無料で大通との往復はこちらを利用、帰りは混みあうだろうからと急いで帰宅する必要もなく。

終演後暫くはkitaraエントランスの椅子で試合の行方をチェックする。
一旦先制されたと思われたのがVARで取り消しになったというのは、こちらにとっては朗報であったと。

そして何とか持ちこたえて、最後のふざロス7分も凌いでドロー。
多くの人の感想通り、最低限の仕事結果にホッとする。


まあここまでマリノスとのリーグ戦アウエイでは全敗でしたからね、引き分けでも初勝ち点ゲットは、これもまたジンクス崩しであったと。

ええ引き分けでも夜はそれなりに個人宴会をして、今朝はきついながらも気分は高揚の状態か。

posted by akira37 |05:07 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2022年09月16日

予想通りでした

そう、来月8日の福岡戦の会場がドームに変更になったのである。
同時にチケット発売情報も出て、正直想定された展開に苦笑するというか安堵するというか。

勿論自慢するようなことではなくて、多くの人が予想していたし、反応は「やっぱり」だし、もう毎年のようにある「風物詩」でもあるし。
しかし来年からはドームの優先使用権がこちらになるので、恐らく厚別でのリーグ戦はなくなるだろうから、このような会場変更リリースも今回が最後になるのかね?


一方の1日の川崎戦については、こんなことを考えてもみる。

こちらもドームで他の予定がないから、会場変更しようとすればできたはずで。
それを早くからしない決断をしたのは、今年ならではの事情もあるのではないのかと。

つまるところこちらもドームにするとけじめがつかないというか。
「リーグ戦での最後の厚別」という演出を狙ったのではないのかという気もしないではない。

それは現在HPのトップに表示されている画像にも言えるのかもしれない。


何せ厚別での川崎戦といえば、旧JFL時代の1997年の対戦を最後に未勝利のままですからね、こちらもすっきりさせておきたい。

勿論思惑だけで勝てるようなことではないのでしょうがね、舞台としては最高なんでしょうし。

まあ実際に何を企画しているかは不明だけれどもね、なんかやりそうではあるだろうし。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(1) | トラックバック(0)

2022年09月14日

ホームゲームの謎への勝手な推論

通常ではありえないホーム4連戦が終わって、残り6試合についてはホーム3アウエイ3と正常値に戻ったとも言える。

そのホーム残り3試合のうち、10月の2試合が厚別という点で、皆?マークを抱いているはずなので、勝手な推論をしてみる。


*なぜ川崎戦は16時キックオフなのか

そもそもドームに別の予定がない状態で、なぜに厚別?というのもあるのだが、もう大々的に煽りが入っているので、その部分にはあまり突っ込まない。

個人的な推論は、当日はきたえーるでレバンガのホーム開幕戦があり、その試合と極力重ならないように配慮した、ということである。

これがもしドームで13時か14時キックオフだとすると、きたえーるへの集客と重なるわけで、地下鉄が混みあうのは必至なので避けた、という感じなのであろう。


*福岡戦はドーム開催に変更されるのか

すでに公のBクラスが確定したので、10月にドームでプロ野球はない。
ドームのスケジュール表も当然空白のままである。

川崎戦のチケット発売については、早々に告知がされているのに、その一週間後の福岡戦についてはまだ。
コンカレを見れば、実は福岡戦のチケット発売日についての記載がなく、一方で最終戦清水戦については記載があるのがまた妙なところでもあるのだが。

これはギリギリまで待って、なので発売日も決められないということなのか?

なので近日中に会場変更のアナウンスがあると予想しているけれども、どうなりましょうか。その際は発売日も同時に、なのであろう。


ところで、地下鉄車内のスケジュールポスターが一向に新しくならないのは、どうにかしてほしい。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2022年09月11日

まつり巡り

別に狙ったわけではないのだが、結局そうまとめられるという昨日ではあったのである。


元々はサツドラ様の「サツドラ・フェス」がつどーむでやるというところが最初なのではあった。

そこに宮の沢では白い恋人パーク内で宮の沢ピクニックフェスをやっているということなので覗きに行こうと。つどーむまではドニチカ切符を使うんだし。

と宮の沢駅経由なので、ちえりあを通過するわけだが、ここでも「ちえりあフェスティバル」をやっていて。

とかとか。


順番としては、宮の沢が先だったわけだが、行けば練習は終了後、何人かは残っていて、という具合。

選手鼓舞目的の弾幕も撤収中といったタイミングではあったと。

そこからのつどーむ。
一通見た後は中島公園駅まで。目的は札響の定期。

そのまえ下車後の「こぐま座」では野外でなんかやっていたから、こちらもまつりなのかと。

で最後はまつりと関係なさそうではあるのだが、実は今公演は「オータムフェスト」の協賛行事ということで、会場にあったオータムフェストのパンフを見直してみれば、確かに載っているから、この演奏会もまつりの一つになっていたのだと。

ということで「まつり」でまとめられた一日ではあったのである。


昨日は「中秋の名月」であった。

コンサートの終演は午後7時を回っていたから、ちょうど月は上がり始めた頃。
kitaraから出てきた多くの観客がスマホを月に向けるという光景が、今らしいのだが。

私自身も月は愛でたけれども、こういうのは印象として記憶に残したいほうなので撮影はしない。


帰宅後はNHK-BS1で試合を途中から眺めていた。

まあ鹿島が追いついて、我がサポートチーム的には最低限の結果だったか。
他の試合もまあまあの結果ではあったのだが、やはり最後は自身でしっかりとやらないと。

今日は動き出しも早いから、この後だらけることなく向かいましょう。

posted by akira37 |05:14 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2022年09月10日

今節は逆の立場

前節はうちだけが先に試合をやって、劇的な逆転勝利だったから、ちょうど一週間前の今時分は気分爽快だったわけである。

一方今節はうちだけが明日の試合で。今夜のほかの試合をじりじりしながら眺めて、明日を迎える形になる。

いやまあ、だからといって何か事前にやることが変わることもないのだが。


それにしても9月に入っているのに、まだ夏の名残が続いていて。

どうしたもんかねえ、寒いよりはいいとて、まだ半袖でいいのは着替え面で助かるけれども。


個人的には今日もハードな予定で。

その上で明日を。
緊張をもって、緊張しすぎることなく。

posted by akira37 |05:09 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2022年09月02日

今一つ盛り上げられない

緊張感が足りないのかもしれないが。
先週末は試合がなかったし。

そのない間にずるずる順位が下がっているとはいえ、気分の盛り上がりに欠けているような感じで。


データ的にも金曜夜の試合は、というのもあるのだけれども、まずはそんなこと気にしないようにしていこう。

肩肘張らずな気分のほうがいいだろうと。

勿論現場はそれ以上の危機感があるはずだから、その領域に踏み込まないけれどもね。
少なくとも偉そうな態度はとらずに向かうだけよ。


楽にはなりたいけれどもね、けれどもね、淡々とするのが精神衛生上いいのかなと。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)