コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2020年01月17日

なかなかに大変で、なぞも多く

まさかね、早くも特例発動かと思った昨夕ではあった。

そうルヴァン杯の日程が出てきたのではあるが、史上初の部分も見受けられ、今年も大変そうな印象。


まさかとは思ったのだが、予選リーグ6試合の構成がアウエイ連続3戦のあとホーム連続3戦ということになった。

勿論史上初だと思われるのだが、カップ戦では3連続はありなのかという部分。

確かに今年は第3戦の日が公でドーム使用、3月だから当然アウエイ確定ではあったのだが、その前2節が2月ゆえにドームが空いていても使用不能だからとの措置なのだろうがね。

これにてリーグ戦も含むと、我がサポートチームは開幕から5戦連続アウエイという形になる。
昨年FC東京がラグビーW杯の関係で8戦連続アウエイの特例があったけれども、あれはシーズン途中での話だったし、開幕からキャンプの間を縫った上でのこの転戦は結構しんどい感じがするのだが如何に。


もう一つは4月開催の厚別があることで。

本来厚別は5月からのみが原則で、今回は史上4度目。
過去の使用実績を見れば、史上最速の開催になるわけだが、正直大丈夫なのか?

たまさか今年は降雪量が少なくて済んでいるけれども、これだけは先のことだし判らない。
最悪何とかするのだろうが、いやはやな気分ではある。


実は5・6節の開催日は公のドーム使用がない。

だから本来であれば厚別にする必要もないのだろうが、ほかのイベントでもあるのかね?

これは謎。

最も今年のシーズンシートの状況を見れば、全体の日程のうち厚別開催が6試合、会場未定が1試合で出てくることからすれば、私の見立てとしては本来ドームが使えるところに厚別使用で、計算上は合うことにはなるのだがね。

ここはちょっと釈然としない。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年01月16日

理解不能、あるいは論外

今朝は妙な音が気になって2時半前に目が覚めてしまった。
何か面倒になって寝直すこともなくそのまま今に至る。


例の昨夜の試合については、菅がスタメンでないこともあって、もはや録画の価値もないということで、何もせずに就寝した次第で。

今朝起床後データ放送で結果を確認してみれば、また勝てなかったと。
加えて菅の途中出場すらなく、いったい彼は何のために招集されたのやらでしかない。


TL上から、試合内容としては不可解な判定もあった模様で、不運でもあったようだけれども、それにしてもと素人目にも思うところがある。

出す気がないなら呼ぶなと。

昨シーズン終了後十分な休養もないままに引っ張られるのではたまったものではないだろうしね。

何より意図が見えないことはしんどい。

通常の仕事でもそうなのだろうが、チャレンジでもなく浪費されたのではやりきれないことにしかならない。


まあこちらとしては、その分キャンプ参加が早まることがメリットとしか考えるしかないけれども、ほかの同じ立場の選手同様、こんなことをしていたのでは不信感しか高まらないし、協力も得にくくなってしまうのではないのかね?

まったく評価することすら馬鹿馬鹿しいとしかならないというのは、悲しいことである。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年01月13日

何やってんだか・・・

三連休の中日、ちっとも調子の上がらぬ自分はダラダラした時間を過ごしていたわけである。

とそんな中、特に午後はいろんなスポーツをTVでやっていたからザッピングしていたようなことで。
駅伝・サッカー・バスケットボール、そんなところで。
ああ大相撲もあったけれども、そちらはちっとも関心が無くて。


そんな感じだったから、寝つきの悪さは相変わらず、しかし起床は異常で2時前に目が覚めてしまうのだからやりきれない。

まあ諸々こなすにはちょうど良いこともあって、そのまま動き始めているのであるが、そうかと思い出してTVのデータ放送で夜にあったU-23の試合結果を確認する。

何と申しましょうか、第1戦と似たような展開。
先制されて、何とか追いつくも、終盤に失点しての敗戦。

こちらとしては試合結果よりも、召集されているうちの菅・田中の出場がないことにも苛立つわけで。

全く何やってんだか、以外の感想は出てこない朝なんですよ。

posted by akira37 |04:18 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年01月12日

キックオフ2020

実は行っていません。

別件があって、が理由。勿論J-COMでの録画を準備したうえで外出、別な場所で例のアプリでスマホ経由で確認しようも早々にダウンしてしまって不調。
外出先からざっと流して確認してからの帰蘭だったので、詳細の確認には至っていない。


まあこんなに変化の無い年はないわけで。
背番号についていえば、変更はなく。空き番はそのまま。
新加入の選手にしても、昨年の特別指定時点の番号をそのまま継承しているから、推理するまでもなくおしまい。

ユニフォームスポンサーもそのままの順位で同じ場所だったと。

違ったのはスーツサプライヤーの変更だが、この辺の理由については言及する場面ではない。

参加者のブログやSNSを見てみれば、おおむね好評でトークショーが面白かったようだから、これは後で確認してみましょう。


ということで始まってしまいましたと。

他のチームを見れば選手の出入りが多いけれども、そんなことを気にせずに今日から始まる動きを見ていきましょう。

posted by akira37 |05:19 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年01月10日

昨日あったあれこれ

おお、何と雑駁な表現。
ただこれが現状としていいのだろうな。


まずは社長出演のTVの件。
予想通り、HPには出なくて直前にSNS上で告知されたか。

まあ録画したものを見れば、特段のことはなく、皆期待している「サプライズ」もないとの回答。
そして意外だったのは、NHKではルヴァン杯のことを「Jリーグ杯」と表示していたものが、出した写真からして堂々とルヴァン杯としていたこと。
この辺はローカルだからあまり難しく考えない、でいいのかね?

今日明日もラジオ出演があるけれども、特段のネタは無いと踏んでいいのだろうな。


久しぶりに公式HPのニュースの更新があったのは、明日の件について。

まあね、本当、マナーの部分についてはちゃんとしていかないといけませんよ。
私も随分違反的な部分は見てきたことだし。
何時までも自分は特別だという意識は捨てた方が良い。


そして夜にあった試合については、録画したものを朝流して確認。

何ですかね。
正直日本代表の成績云々より、こちらは行っている2人の選手ことだけでいいんでしょうな。

うちに来る方の田中の評判が良かったのは幸い。
負けたのは菅を出さなかったからだ、でまとめてもいいのかな。


さて今日はこの後約半日後に発表されることがメインか。

まあ開幕カードについてはお漏らしの通りだろうが、うちとしては恐らく第3節までのカードが出るはずなので、これをもって今シーズンもいよいよ始まるんですな。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年01月09日

明日になれば判ることではあるが

昨日リーグ開幕カードについての恒例のお漏らしがあって。
それが複数のメディアによるところからすれば、まあ信憑性は高いのだろうが。

でまあ明日の夕方になればはっきりするとはいえ、毎年観戦計画を立てる以上早いに越したことはない、こと我々についてはアウエイだと飛行機確保の問題も出てくるのでね。本当にこの時期は悩みどころ。


で、どうやら今年もアウエイ開幕の模様で。

札幌ドームの空き状態はすでに判っていて今年のリーグ戦開幕日には使えるのであるが、やはり2月中ではピッチの除雪問題があるので、いくら今年の降雪量が少ないとはいえ回避するのが妥当、というところなのであろう。

第2節の日は公が使用するので、パターンとしては昨年同様AAHで始まるのでしょうな。


今年は五輪の関係もあって、ルヴァン杯の方が先に始まるから、そちらへの関心度も高く。

しかもこちらは第1節は日曜日だから観戦可能率は高くなるので気になる。

実のところその日もドームは空いているけれども、前日がイベントありで、そこから場面転換は無理してやらないだろうから、こちらもアウエイ開幕でいいのだろう。

とすれば、こちらの方は第3節の日に公が使うので、その日はアウエイ確定。
流石に3試合連続アウエイは無いだろうから、第2節がホームとすればこの日は2月26日なので、史上初2月中に試合を行うのではないのかとの見立てなのだが、どうなりましょう。

こちらの発表は更に一週間先なのでね、まだまだジリジリが続く形になるだろう。


さて我がチームの動向としては、いわゆる仕事始めの日の6日に怒涛のリリースがあった後は、また2日間沈黙状態で。

しかし今日は社長出演の番組があるのだな。
これが告知されていないのは流石に拙いと思うのだが。
ええ昼前なので当然録画準備対応です。

まあ直前に案内が出てくる可能性はあるでしょうがね、相変わらずこの辺は課題のままか。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年01月07日

予定通りでした

昨年の一斉発表日が1月4日で、いわゆる仕事始めの日でしたから、今年は昨日になるだろうという事は想定内、で実際そうだったと。

事前に報道があった中村のレンタル延長と、可能性としてあったルーカスの完全移籍の発表があって、最後全員確定一斉発表となった次第。

ともあれようやく落ち着きましたか、という事でしょうかね。


それにしてもチーム始動時で、レンタル加入選手が0という状態は初めてなんではないのかね?

他がどうかは判らないけれども、少なくとも昔のうちでは考えられなかったことだけは確かでしょう。

まあ新規加入が大卒3名だけといえば、口の悪い人は補強度合いで最低評価をするのでしょうが、その3名にしてもすでに評価がされている=計算できる状態というのも初めてでしょうし、余計なお世話ってことではありましょう。


さてこうなると週末のキックオフイベントはどうなるかでしょうが、個人的ポイントを列挙してみる。

*背番号の部分、一桁台で現在空席の6番について、他の選手からの変更はあるのか。それとも空席のままか。
*背番号と言えば、新卒選手は昨年のうちにすべて背番号を取得しているのがそのままなのか、それとも変更するのか、もあるか。
*新卒者2名のみ(田中は代表で不参加だから)でトークショーは成立するのか。まあこの辺りは、既存選手も絡ませる可能性はありそうだが。
*ユニフォームスポンサーの配置・序列に変化はあるのか。
*当日何らかのサプライズ(例:いきなり移籍加入選手発表とか)はあるのか。

こんなところか。


ともあれ、妄想は次の段階へ、という感じですかね。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年01月06日

今日から始まるのか?

結局休みなんてものは、意識しなくてもあっという間に過ぎ去るものであることを実感する今朝なのではある。

昨日は日中結構惰眠をむさぼってしまったこともあって、いざ夜寝るとなると寝つきが悪く、布団に入って1時間以上は寝られなかった模様。

そして今朝はと言えば、妙な夢を見てしまって、変なところをひたすら北上するという、場所は不明なのだが、どうにも弱ったようなことになってしまっていたのでした。


さて今日のタイトルは、まあ仕事上は今日からである、個人的にはいきなりスタートダッシュになることが昨年末に決まっていて、それはそれでいいのだが、結局体調不良はずっと休み中続いてしまっていたものだから、その不安がまずあるのか。

それよりも問題は我がサポートチームのことだが、他が移籍市場活発の中、判ってはいても静かな状況がどうなるのか。

昨年の例からいえば、仕事始めの日に一斉に諸々のリリースがありそうな気はしていますがね、どうなりましょう。

何せ週末にはキックオフイベントがありますからね、もう当然に準備しているでしょうから。

今回はJ-COMでの生中継があるから、すでに録画準備終了しているし。

まあそろそろとなるのかねえ?

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年01月02日

改めて思う

今年の天皇杯決勝は承知の通り神戸が鹿島を破って優勝したのではある。

まあ試合内容は正直鹿島があまりにも酷すぎた、という一言でもいいのだろうが、一方で神戸のタイトル奪取にかける情熱が上回ったのでもいいのだろう。
得点は2点ともしょぼいものだし、正直つまらない内容でもいいのだろう。


今までは天皇杯決勝を見るという事は、あくまでも他人事だったのだが、今回は少し意識が違った形で見たわけである。やはり昨年のルヴァン杯決勝を体験したことは大きいのだろう。どうしても今回ばかりは敗者側の意識に与する部分が大きくなったのである。

やはりこうなると、またタイトルがかかる場面にまた登場したい気持ちが高まる。そしてそこで優勝すれば、またさらに新しい光景が見える。
そう意味では第三者的とは言え、見た意味があるとも言えるのだろう。


もう一つは新しくなった国立競技場がどうかという部分があった。

実際に試合で使ってみて、また観戦してみないと判らない部分は多く、今回のTLでその様子が得られたことは大きかった。

Wi-Fiの繋がりは良かったようだが、事前に出ていたようにトイレ対応は酷く、また座席前も狭くて移動にはしんどいとか、通路が狭いとかあったのだが、一番の驚きはアウエィ側ゴール裏の様がワヤだったことだろう。まさかあんな形態になっていたとは。

結局これは観戦する側よりも放送する側の都合でそうなってしまっているわけで、ハッキリ言って本末転倒。

ずっと気になっていた屋根にしても、芝のためにああなっているのだろうが、見た目未完成のままなのは何ともではある。


この件は札幌のhitaruにも共通する部分で、結局使用目的を理解しない人間が造ると利用しにくくなることを如実に示したことになるのだな。

まあこの部分は今更言ってどうにかなることではないけれども、本当に何度失敗すればいいのかと、ため息をつく案件でしかない。


さてこの後は恒例行事に向かうのであるが、強風が遅まらないのが気がかりではある。

posted by akira37 |04:18 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年12月29日

静かなオフに

昨夜はU-22日本代表の試合があって。
うちの岩崎は途中出場、最後の得点をPKとはいえ決めたそうな。

これでうちの関係選手の活動も年内は終了となったわけだが、今年は「代表」という響きが特別なものではなくなったのだが、こんなこと昨年は想像もつかなかったことではある。


今年のオフは特段選手異動情報が出てきていないわけだが、昨年オフはそれから見れば凄まじいことになっていた。

例えば、昨年いた一桁番号の選手のうち、2・3・4・6・7・9番は今年はいなくなっているわけで。

それを思えば、まあ動きがないことも驚くべきではないのだろうね。


そういや昨年の今時分、9番の選手の動向については大騒ぎだったわけだが、今にしてみれば「それって何?」の世界。

そこから導き出された結果は瓢箪から駒的なのだろうが、ここまで来るとは思えなかったのだからね。本当に判らないものだ。


うちの選手更改情報については、一斉に出すのがパターンなので、それが年内のうちにあるのか、年明けにあるのかくらいの差ではありましょう。

もしそこから漏れる選手があるとすれば、まあ更改でもめているという事になるんでしょうな。


さて個人的には帰蘭したものの、未だスッキリしないままで。

ああまだまだ闘いは続く。

posted by akira37 |05:04 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)