コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2019年08月20日

もう浮かれてはいない

そう、24日の結果を受けての大騒ぎは翌日まで。
昨日はもう意識としては過去のことである。

別段監督のコメントを待つまでもなく、大量得点の次の試合が難しくなるのは百も承知なことで。しかもホームでの試合だから、無様な姿を見せるわけにはいかない。

良い勢いだけを継続できれば。幸い相手に不足はないですから、しっかりと準備していきましょう。


さて実質長い休みから明けたような昨日は、やはり久しぶりのことゆえにいきなりエンジン全開ともいかず、またバテ方がいつもと同じようになっていたのではある。

加えて昨今考えるのは、ひたすら拡大を目指すのではなく、どう収めていくのかが大きくて、今持つものの整理をどうしていくのかがメインでもあったりするのだな。

独り身ゆえもあって、やはりきれいにしておきたいですし。

まだまだこちらの方は模索が続きます。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年08月18日

サウジスコアの夜

そう2002年W杯でドイツがサウジアラビアに大勝したことを由来とする言葉である。あの試合は現地札幌ドームで見ていたのであるが、後半はもうオリバー・カーンが暇そうにしていた印象しかないのだが。


昨日の場合、前半終了時が2-0でまあ安心感はあったのだが、とはいえ「危険なスコア」でもあるから、完全に大丈夫とはなっていなかったのではある。

ところが後半TLをチェックしていたら、まさかの大量追加点で、終わってみれば8-0ってなんじゃそりゃ、と。


いくつかのことを思い出す。

2006年大雨の厚別で後半だけで6得点で勝利した試合は、ドームで公が試合をしていて確かリーグ優勝を決めた日だったと記憶しているのだが、この時もスコア上では公よりも点を取っていた。
今回はあちらが連敗を止めたということの方が、果たしてどういう扱いになるかはあるが、またあちらよりも点を取ったのでね。まああちらは6得点、普通であればこれを上回ることはあり得ないのだろうが、やってしまったのだな。

そして昨年の等々力での0-7である。
あれからまだ1年も経ってはいなかったのだが。勿論あの時は胆振東部地震の影響があったのだが、それを言い訳にしていない。
いやあの時だって序盤上手くいっていれば、はあったのだろうが。


8得点というのは、公式戦において過去に天皇杯で1回あっただけで、リーグ戦では初。

それをJFLの時でもJ2の時でもなく、J1のそれもアウエイでやってしまうんだからね。

夜は久しぶりに追加で飲んでいたようなことで、今朝は今一つのことではあるけれども、素直に今日までは喜んでおきましょうや。

posted by akira37 |05:42 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年08月17日

ウインドーが閉まったわけだが

昨夜の帰蘭は台風10号影響で予定が大幅に狂ったわけだが。
その顛末は改めるとして、今朝はまずは台風一過晴れ間が見えてきていることではある。


昨日で移籍期間が終了。
今年の移動の仕方は、稀に見るというのか、過去最高レベルの激しさだったようで。

一方で我がサポートチームは、確かJ1で唯一新規加入が無かったのか。
出て行く方は3人あったけれども。

まあうちの方は来期加入予定の3人の大学生が、すでに試合に出ているのでこれが補強だと言えなくもないのだろうがね。
何とも形容しがたいことではあります。


別に隣の芝生がどうのこうの言うつもりがありませんがね。

果たしてその効果たるやどうなんだろうかとなると別な話だし、まあそこは気にせずにいきましょうや。


さて今日は恒例の日ではあるのだが、イマイチな気分あるのだけれどもね。

昨日がムシムシしたまま。
今朝も気温が高くて、日中もまだ暑いと。

今までだとお盆が過ぎれば秋の様相が定番だったのですがね、暑いにしても北海道らしくないことではあって。

気分的にもあれだけれども、まずは粛々とこなしましょう。

posted by akira37 |05:03 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年08月10日

過去最大級のドキドキになるのか

札幌の雨はもう上がったと言えるのだろうか。
起掛けまた降っていたのだが、現在は止んでいて、空も明るくなってきている模様。

予想最高気温が22度って、一頃の暑さに比べれば寒いくらいなのか。
試合そのものへは影響がないものの、外での催事には影響がありそう。


元々はCRCのセルフプロヂュースの引退試合がメインイベントであった今日の試合。

そこに映画とのタイアップが入り、NHKのドラマの俳優が登場する話が出たものの、久しぶりの地上波放送がなく、そして意図していなかった小野移籍に伴うセレモニーまで入ることになって、もうかつてないくらいの盛りだくさん状態。

本当全てに付き合うとなると、体がいくつあっても足りないような状況で。

今からカオス状態が見えてきそうなのではある。


本当は相手が浦和だけに、その試合のみに集中できる環境の方がいいのでしょうがね、これもまた巡り合わせだと考えることにしよう。

あくまでも肝心なのは順位が近い相手との試合なのだけれどもね、その時々の心境がどうなっていくのか、まるで予想がつかない。


個人的には寝入りばなに変な夢を見て寝られなくなり、何とか寝てみれば今度は朝が遅いだとか、もうリズムがめちゃめちゃなんですがね。

まずは心を整えるところから始めましょう。

posted by akira37 |05:29 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年08月09日

ようやく決められる日

全くこの天候には困ったことで。
いやようやく連続真夏日が終わったと思ったら、今度は連続の雨だ。
それもかわいいことではなくて、本格的が長く間断なく。
いやね、そりゃ恵みの雨でもある地域はあるのだろうが、どうしてまあ極端に来るのかと。
現状では降雨していないけれども、この先はまだ雨予報。時間帯によっては強くなることもあるのだろうし。
上手くいきませんな。


珍しく公が昨日はドームで試合をしなかったので、今日は久しぶりのドームでの前日練習となるのか。

ここに来て道内各局に出向いての明日に向けてのPRも盛んだけれども、結局明日は久方ぶりに地上波中継がないのでね。

どう見ても戦略なのかどうか、まあ観衆は大台は超えるだろうけれどもどうなりますか。


今日のタイトルはそれとは別の話。

ええ今日夕方にようやく9月以降のリーグ戦の日程が発表になるのですよ。

今年は最初の発表で曜日すら未定というのが結構ありますのでね、決められない部分が多いのだし。

一応1カ月以上前ではあるけれども、もう少し早くできないものなのでしょうかねえ。


室内はまだまだ暑い空気が残っていますので、夜中に目が覚めてしまうことの連続はまだ途切れていなくて。

体力面での不安はあると。

けれども明日以降のことを楽しみに変えて、今日を乗り切っていきましょう。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年08月06日

小野移籍に寄せて

一昨日の夜は涼しい風が入って来て、ようやく寝苦しい夜とさらばかと思っていたのだが、昨夜はまた元に戻って今朝はその影響からのグダグダ状態から始まっている。

週間予報によれば、この暑さも明後日までの予想。
最も天気の方も雨マークて大事な10日に向けて悪化しなくてもいいのに、ということではあるんだが。


さて今更私が取り上げるまでもない昨日の発表ではあったのだが、各人の発言を見渡せば皆コメントが優しいのが彼の人徳の賜物、というまとめでもいいのであろう。

シーズン途中での移籍となれば、通常サポへの公の場での挨拶無しで行くものなのだが、今回はその場も設けられる予定。
これって確か砂川と榊が同時にやった時以来でいいのかね?まああの時も結構驚いたものだが。

今回は引退するわけでもないのにグッズも作るというし、SNSでコメント募集もするし、まあ前代未聞の展開ではあるんだな。


何でも約5年間、足掛け6シーズンの在籍というのは、彼のキャリアでもコンサが最長なのだとか。
正直なところ、こんなに長く是移籍してくれるとは思っていなかった。
高齢になれば怪我も多くなるし、治りも遅くなるし、当然稼働率が下がるから、長くいるのが難しいからね。

彼の場合は私が言うまでもなく、存在そのものが貴重で、練習に取り組む姿勢とか、プレイの質を見るだけでも意味が大きかったですからね。

ええ記録よりも記憶ということでは、他の選手にもサポにも十分すぎる土産になったということでいいんでしょうな。


さて10日の試合は、久方ぶりに地上波放送がないことになったので、DAZN環境下にない人は現地に見に行くよりないのだから、迷っている人は決断の時だと。

ただでなくても通常であれば1回でやるには惜しいくらいイベントが目白押しなんでね、一試合で三試合分くらいの価値はあるんだろうから、是非是非夏休みの思い出に押し掛けてください。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年08月05日

滅多に見れないもの見る

今朝のスポーツニュースは、もうあれがトップなんですな。
深夜時間帯にあった、ゴルフの全英女子オープン。

ゴルフは専門外だけれども、42年ぶりとか、全く恐れ入る結果。
いや最終日前まではそこそこに来ていても、最後崩れるというのは多数あったのが、今回はそれもなんのそのですからね。

まだまだ若いんで潰されないことを心配することが先になってしまうのですが。


昨日は午後1時からのFリーグ1部「エスポラーダ北海道VS名古屋オーシャンズ」の試合を見に行っていた。

フットサルを見たいというよりは、今年4月に開館した「北ガスアリーナ札幌46」(なげーネーミングライツだこと)の初見学が目的の第一。

エスポラーダは今シーズンも序盤から苦しんでいる状態、そこに相手が王者名古屋ともなれば苦戦必至上等なはずであった。
サッカー的に言えば、コンサが鹿島や川崎とやるような感じ、ということでいいのかな。

シュート数を見れば21対40ということで倍以上、って1分に1本て尋常じゃない。
結果は3-2で、先制され追いついて、また入れられて追いついて、最後逆転ということで。
勿論ゴレイロのスーパーセーブ連発もあったけれども、失点後にズルズルしなかったのが良かったんでしょうな。こと2失点目からは公式記録わずか10秒後に同点にしましたしね。

で逆転後、残り約4分は名古屋のパワープレーだったのですが、正直滅多にやることのもないのでしょうから、そんなに上手な感じはしませんでしたか。まあこちらも貴重なことではありました。

ということでまさかの大金星ゲットの現場に居合わせたことではあったのです。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年08月04日

驚くほどではないにしても気分はもすぐれない

昨夜は久しぶりにアウエイ戦をリアルタイムで見ていたのであるが、もどかしい気分になったのは、恐らく皆共通であったのだろうと。

前半再三あったチャンスで決めきれないと、後半ヤバい、との予感は当たってしまうのだな。
まああの場面は、恐らくソンユンも予想していないタイミングであったであろうことは想像に難くない。

ともあれ、まあ予想された展開というのはきついなと。


それにしても後半終盤にあった広島スタッフの醜態は、確かに激怒ものであったと。
試合促進に反する意図的行為は許されるものではない。
そして逆ギレって何。
今回の国際ルール改定であれば、当然イエローカードが出てもおかしくないのに何もないとはね。

正直「ピースマッチ」の名が泣きますって。


そんなんだったから、夜は又暑ぐるしさも加わってすんなり寝れず、夜中に起きてはグダグダしていて。

何せ室蘭にしては無風ですからに、しんどいって。


まあ何と言うかね、でしかない朝。

posted by akira37 |05:10 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年07月31日

盛りだくさんだけど、少し気になる

昨日の話題の中心といえば、まずディープインパクトか。
これは競馬をやらないような私でも知名度は一般的にも抜群でしたからね、確かに衝撃的なことではありました。

そしてコンサ的には、宮の沢に「名波氏現る」。それもスタッフジャージを着こんで。
最初TLで見た時にはコラかと思ったんですがね、実はそうではなくて。
そりゃ現地は騒然となりますわな。
まあ結局は後に記事になったようなことではありましたから、そう驚くことでもないのですが、明日まで居るとのことなので、見に行ける人は確認のほどでも。


さてそれよりも前、朝からまた別の騒ぎが。

そうまずいきなりNHK北海道からのリリースで、「なつぞら」出演俳優の参戦発表があり、直後にコンサの公式にも登場。
まああの試合は河合CRCの引退試合に、あのアニメとのコラボもあり(まあこのコラボは他のJの試合でもあるようだが)、すでに盛りだくさんなのに、まさかの共演で。
そりゃまた大騒ぎ。

こうなると当然地上波中継はNHKかと思うのだが、昨日現在記載はない。
相手が浦和でまさか中継無しなの?ということではあるんだな。
土曜の午後2時キックオフだからNHK的には支障はないはず、と思ってふと考えた。
そう高校野球があるんだな。
そりゃ無理だ。
けどこれだけNHKともコラボするのであれば、中継無しはないだろうと。
せめてサブチャンネル利用でもやりませんかね?
公は平日夜の中継でさんざんやっているんだから。
一つ頼みますよ。


今日はCRCがNHK総合の昼前のローカルに出演だとか。
いよいよあと10日という時期に、更なるPR活動ご苦労様でもあるのだが、ふとクラウドファンディングの方を見れば、何と今朝段階でついに目標額の6倍を突破している。

いやはや、こちらも大変なことになっているのだな。
恐らく記録的なことでもあるのだろうけれども、ともあれこちらは本日が最終日なので、まだ迷っている人はすぐ決断のほどを。


さて真夏日もしんどいけれども、熱帯夜もきついね、という今朝ではあるのだな。

体調的には回復傾向なのかどうか怪しいけれども、何とか乗り切っていきましょう。


posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年07月26日

無風では終わらなくて

結局昨日朝に正式リリースが来たことは、まあ特に驚くとかいうこともなく、現状を見ればむしろオファーがあったことを良しとすべき案件であったのであろう。

まあ離れることになっても温かい言葉が多いことは、幸せなことでもあるのだろうね。


あのユース世代がトップに上がった時期というのは、チームとしてはしんどい時期で。

確かにあの頃のユースは今以上に輝ていたことでもあるのだが、大量加入というのはそのままでは終わらないであろうことくらいは想像ができていたのでね、今回の件もそうだろうし、過去の去っていった選手のことを考えれば、単純にプロは甘くないということでもあってか。


目指すところが変わってきた我がサポートチームとしては、こと来期へ向けての動きがすでに違っていて。

シーズンも半分終わらないうちから新加入予定者が3名もいて。
しかもその面々が先のユニバーシアードでも判るように、全て主力級であるのだから、隔世の感があるのだな。

ようやくJ1定着3年目で大きなことを言える立場でもないだろうけれども、明らかに方向性が違うと。

なかなかにこれからも試されることではある。


まあこちとら、大騒ぎせずに粛々といくだけですがね。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)