コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2020年07月05日

いつもの週末への第一歩

昨日は亡き母の月命日であった。
平日の場合は室蘭在住の妹に対応を任せているのであるが、週末私が室蘭宅にいる場合は在宅するようにしている。
寺の坊さんが来るわけだが、通常午前中の時刻は未定。昨日も遅かった、というか午前中に来なかったものだから、準備にきていた妹は戻って、私も昼食を取って昼寝しようかというところの1時過ぎにやってきて。まあ事情はあるのせよ、どうもなんとも。


昨日の室蘭は朝から霧雨が続いていて寒々とした状態。
そんな状況で外出する気にはなりにくく、坊さんが来たあとは昼寝して、4時過ぎに買い物に出るのが昨日最初の外出という具合でもあったのではある。

室蘭駅前のサツドラ様に出向く。
ここでずっと探していたサッポロビール様の「サクラビール2020」をようやく見つけてチョイス。限定品とはいえ、発売地や店に限定があるわけでなく、ずっと見つけられないでいたのがようやくで、感慨もひとしおであった。

合わせてフォーナインのコーラバージョン(赤黒)とリポビタンDのコンサバージョンも購入。この2つ並べて陳列されているのだな。
更に丸大食品様の北海道カルパス4本束も購入。これ税抜きで300円を切るのでお手軽なつまみでもあって。

見事なまでのパートナー様愛に包まれた行動と言えようか。


まあDAZN環境下にない者にとっては、試合経過はTL頼りではあるのだが、昨夜はそんなにチェックの回数を多くはしていなかった。

で感想といえば、こんなところか。
ロースコアは予想通り、しかしまあなかなか本調子という感じでもなかったようで、後半はいきなりの3枚交代もあるかと思ったがそんなこともなく、むしろ相手が先にやったと。まあうちの方は終盤にそれをやったのだが、意外な感じでもなかったのかね。

結局そろりそろり行く感じか。
過密日程の状態では予測は難しいと。


何でも昨日の勝利はコンサにとって神奈川県内での試合ではJ1のリーグ戦では初勝利だったそうで。

そうか、そうなのね。

でかつて静岡県内で勝てないことも思い出したのだが、現在はむしろお得様状況であることを考えると、いつまでも負のジンクスは続かないということでいいんだろう。


さて次節は中3日で相手が鹿島である。

承知の通り、カシマスタジアムでは未勝利のままではあるが、ここ2年は続けて負けてはいないのよね。

で何とまだ第2節終了時はいえ、相手が最下位というのはどうなのだろう。
昨夜のNHK-BS1で見ていた感じでは結構模索が感じられるので、ジンクスを崩すチャンスかもしれない。

まあまたもどかしく見守るだけだけれども。

posted by akira37 |05:07 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年07月04日

再開の朝に

昨夜の月は良かった。
今日が満月らしいので、昨日は十四夜になるのか。はっきりとした天気ではなかったものの、ぼーっと浮かぶさまがらしくもあり。


今週は結構ハードだったが故に、もう毎日へとへとではあったが、昨夜ようやく久々の開放感があったのかね。

ようやく落ち着いて考えられるのかも。


昨夜は昨年のホーム神戸戦の配信があったわけだが、移動の関係で全編見る体制にはなく。

それでもあの進藤のゴールはしっかり確認したわけだが、そうかあんな感じだったか。
結果が判っていても再確認すれば、また気分は高揚するもので。


そしてコンアシはいつも以上に最高であったと。

あの短時間の間にあれだけのものをよく詰め込んだものだと感心する。
単純にこれからだけのことではなく、ここに至るまでをコンパクトに表現できるのは普段からの取材力がものを言っているのだろうし。

メンバー予想についてあれこれ言うのはよそう。


現在九州地方では記録的短時間大雨情報からの大雨特別警報が出されていて、それはそれで心配。
試合がこの状況下でできるのだろうかという心配にもつながることは、まあリーグ再開時の戻ってきた感覚でもあるのか。

ともあれ災害が起きず犠牲者が出ないことを祈るよりない。


さて今夜はどんな心境に至るのやら。

再開まであと半日あまり。

posted by akira37 |05:13 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年07月03日

J1再開前日に想う

やはりあっという間であったか。

公式HPの今日の「再開まであと〇日」の選手は予想通りの宮澤。
そういや当初のホーム開幕告知ポスターと同じ構図になったことに気づく。
で本来ならもっとワクワク感があってもいい感じなのだが、正直冷静というか覚めているというか・・。


昨日の帰宅時に地下鉄駅構内にスケジュールポスターが戻ってきた。
最もその下にあるパンフレット差込口には何もない状態。
流石に今回は作成しなかったのか、間に合っていないだけなのかは定かではないが、スケジュールの方もあと2度に分けての発表が残っているので、やりにくいことだけは確かなのであろうと察さる。


そして公式HP上には矢継ぎ早に情報が出てきて。
もうこの時期だし、重要なことでもあるのだが。

正直気分はもどかしい。

まずシーズンシート払い戻しに対しては、煩雑さ故の苦悩が見えるが、実際はこの先の不透明さも加味はしているのだろう。

観客収容に関しても、無観客→5000人まで→最大収容数の半分まで、という段階を踏む予定にしても、順調にいくかどうかも怪しいわけだし。
最も収容状態に合わせてのチケット販売方法は価格も含めて忸怩たる内容なのも理解するしかない。

今月中の試合は正直争奪戦が激しそうではあるが、なかなかに悩ましい。
幸いなのはどちらも地上波中継があるから、チケット購入不可でもなんとかなるわけだが、でも異様な感じの試合会場も体感してみたいがどうなるやら。


あとそうですね、試合のパンフレットについては事前にHPに載せてくれないだろうか。

現在でも試合後に購入するすべはあるけれども、今年は特殊事情なのでね、実際に見に行きたくても行けない数は半端ないでしょうから、試合前日か当日朝には見られるような状態にあれば、TVやDAZNでの観戦でも楽しめると思うのだけれども。

posted by akira37 |04:43 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年06月28日

還って来た日に

今朝もまた雨模様で寒々としていて。
やはりこんな天候下では気分は盛り上がりませんな。


昨日の午前中は虎杖浜の竹丸渋谷水産様に出向いていた。今年初めに福袋を発注した関係でDMが届いたのだが、その中にフェアが昨日・今日とあることが理由であった。まあ私の場合、わざわざ出かけるという形にはならないので、ハードルは低いわけだが。

降雨で寒々としているから人出はどうかと思っていたら結構なことで、ちょっとした驚きもあり。
勿論散財は問題なくやってきたような次第ではある。

事務所入り口にはコンサ押しがよく判るのだが、パートナー様になった理由がCRCにありそうなのがありありである。
元々中にあるサイン色紙を見れば、いろんな形で放送により取り上げられてきた経緯があるからその縁もあるのかもしれない。
で数ある色紙の中でCRCのが一番上に飾られているので、勿論誇らしいことではある。


フェアは今日もあるから、行かれる方もいるかもしれないので、無駄に詳しいご案内でも(札幌近郊から行く事前前提)。

公共交通機関利用で時間を気にしない向きはJRの「一日散歩きっぷ」利用が便利。駅でいけば最寄りは虎杖浜でも登別でもほぼ同じ約20分ということではある。

楽なのは高速バス利用で登別下車となるが、札幌BT730発(大谷地BTだと803発)の道南バスの白鳥号は、現在「ゴールデンカムイ」のラッピング車両で運行中なので、これもありかね。

車で行く場合はいつも以上に注意が必要でしょう。結構パトカーがウロウロしていて落ち着きませんので。


午後は配信があった一昨年のホーム神戸戦の映像を、一方でニコニコ動画の東京交響楽団生演奏を聴きながら見ていた。

こちらは結果をしているから、前半は大半が無視ではあったのだがね。

そしてJ3を皮切りにJの公式戦も始まりだして。
興味はメンバーにコンサOBコンサユースOBコンサ選手兄弟の名前を見つけることにあるくらいかね。

そしてJ1は再開まで一週間を切ったのか。やはり早いな、と。

posted by akira37 |05:18 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年06月27日

還ってくる日

今日からJリーグの試合が復活する。まずJ2は再開、J3は開幕となって、来週はJ1も再開という流れ。

本来であれば、今日はJ1はもう折り返し後の第19節の日であり、次々節が終われば東京五輪のための中断期間になる予定であった。
現実は承知の通り五輪は無くなり、中断前の久々の駒場での試合も無くなり、ということで。

今回のコロナ禍の影響からの変更で、本来中断中に過密日程が入ることになったのかと。


今日の本来の予定では厚別での試合だったから、この雨天を見ればなくて良かったなということになるのか。

加えて寒々とした感じがねえ、どうにも。
来週はもう7月だというのに。


昨夜はJFATVで23年前のいわゆる「ジョホールバルの歓喜」の試合をやっていて。
私自身は移動の関係で延長後半くらいしかまともに見なかったのだが、やはり見入ってしまうのだな。

当時見ていたはずではあるが、見直してみると結構印象が違ったことでもあるのだがね。
それにしてもゴン中山は相変わらず喧しかったなあ・・・。

ちなみにこの試合があったときの我サポートチームはまだ旧JFL時代の話。
最もリーグ戦は終了していてJ昇格を決めた後のことではある。

そうかもう少しで四半世紀に届くところまで来ているのだな。


昨夜はそのままの流れで22:48放送開始のコンアシを生で見ていた。

流石に日本代表のための施設は立派だなあというのと、トレーニングマッチの映像なしに苦笑していたような。

ともあれ元気そうなのは一番か。


どんなふうになるのでしょうか。

まずは無観客から。
想像がつかない。

posted by akira37 |05:23 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年06月25日

忸怩たる時期は続いているけれども

まあ試合再開の時期が近づいてきていて、いろいろな情報が出てくることは多少の潤いにはなるにしても、実際の充足に繋がるかといえば、まだ先の話ではある。

私の余暇というか趣味というか、両輪になっているクラシック音楽公演での鑑賞とサッカー観戦参戦という部分では、上手くいったとしてもまだ1か月近く先の話ではあるから、まだまだスッキリしない時間は続くことにはなる。


この両者に共通することは、どちらも「自粛要請」の名のもとへの反応が一番早くて、解除後も真剣な模索が続いてることである。

科学的な根拠もないままに、決して責任を負う気がないものによって相矛盾する「自粛要請」を言い放ち、しかし補償はしない、何かあっても強制ではないから自己責任だとなれば、どうにもならんと。

あの10万円にしても、いまだ受け取れていない人は少なくないと聞けば、どこが「スピード感」だともなるわけで。
いやもう都合が悪くなればダンマリという姿勢にも飽き飽きしているけれども、それでも粘り強く続けなればいけないのがしんどいことでもあるのだがね。

涙ぐましいほどの試行錯誤や努力を見ていると、本当に気の毒でしかなくなる。


にもかかわらず為政者の大半は保身が一番で国民の生活状況を垣間見ることすら非積極的だから、どうにも忸怩たることにしかならない。

そうそう「専門家会議」を廃止する動きがあるそうな。
その理由が政府への不満を述べたから、というのがどうなのか。
自分たちにとって都合が悪いことを言われると、それを齟齬する動きってどうなのよって。

ああやりきれない。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年06月24日

意外なほどの露出

我サポートチームはまたキャンプに出て行ってしまって、しばらく身近なところで見られないのだが、しかし妙に情報は多かったりもした昨日だったわけで。


昨日はいきなりのトレーニングマッチとなったわけだが、相手はJチーム限定、しかも週末にはJ2・J3がスタートするから近隣のJ1が相手だと思ったら、なんとJ3の相模原であったと。
まあ相手にしてみれば中4日で本番スタートになることには抵抗はなかったということか。そうね場所がJFA夢フィールドだから試合する方にとっては滅多にない場所だしね。

非公開だったはずなのに結果が出てきたのは、無失点での勝利という部分もあるのかな。

今週末にもある予定だが、次は流石にJ1相手になるはずだが、どうするのかは見もの。アウエイ4連戦だからそれ以外の関東のチームとなれば、対象は限られてくるのだが、今度は本当に非公表で終わるかもしれない。


現在キャンプ中のことについてはJFAの公式にも取り上げられて。

勿論こんな状況下でもなければありえないことではあったのだが、ともあれ目立つことは悪くない。

目立つ、といえば場所が場所だからだろう、普段ではありえない露出もあって。

これは結構飢えをしのぐには十分すぎるくらいなのかね。

ともあれ怪我無く元気であることを願うしかない。


個人的には期末ということもあってヘロヘロな日々である。

土日の無茶に加え、今度は頭も使うこと多々なので疲労度が半端なくて。

こちらは報われる日が来るのかどうか・・・。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年06月20日

いつもと違う展開の中で

そりゃなんでもないだろうという今日のスタートではある。

最初の目覚めが午前0時前。勿論寝なおしたけれども次が1時前で、もう観念して動きだしてしまったのである。

そりゃ確かに今日の行動としては早めに動き出せるに越したことはないのだが、それにしても早すぎるだろう。

おかげで就寝中に録画してあった2時間分の映像も余裕で消化した次第である。


承知の通り昨日からプロ野球が始まったのであるが、そのことに対してJリーグ側がお祝いのコメントをし、そのことに対してNPB側も返答するということがあった。

過去には恐らくこういうことはなかったように記憶しているが、今年はこのコロナ禍に対して最初から共同歩調で進めた実績があるから、その感慨もあったのだろうと推測する。

まあ始まったばかりで、この先も不透明な部分はあろうし、単純に安心できないではあろうけれども、ちょっといい話ではあるのかな。


さて私自身はまた異常な行動パターンをこの後するわけだが、いやはやなんともな感覚ではあります。

posted by akira37 |03:35 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年06月19日

久方ぶりの週末へ

個人的事情から言えば、今日は久方ぶりの長距離移動を伴う仕事がある。
それを一般的には出張というのだろうが、社内規定ではその範疇にはならないので奥歯にものが挟まったような表現になるのだが。

それはともかく、こういうスタイルの仕事は実に半年以上ぶりであることに気づいて。
以前であれば最低でも2-3か月に一度は出張(+らしい事含む)していましたからね、こういう事態下とはいえそれだけでも大きい話で。


今日からプロ野球が始まるのだが、またそれ中心のスポーツニュースが憂鬱の種になっていくのが困りごとではあるが、とりあえずはいつもの週末が戻るということなのかね。

来週末になればJ2再開・J3開幕となり、その一週間後にはJ1再開となって、あっという間に来てしまうのだろう。
うちのサポートチームとしては週明けから約1か月近くのキャンプ状態で大変ではあるが、まずは怪我なくいってほしいだけではある。
そしていきなりの過密日程を乗り切って帰道してほしいことが第一でしょうな。


個人の行動パターンとしても2月末以来、GW中の一部を除いて、ずっと似たようなところからの脱出にはなる。

コンサートもサッカー観戦もない状態が続けば、判で押したようなことにしかならないのでね。

たまさか今日の出張もどきは、特に道知事が長距離移動を解禁したのに合わせたわけではないのだが、週末の動き方も少しずつ変化が出てくる萌芽になるのか。

いや試合観戦はできても最短で1か月以上後だし、コンサートの方も上手くいって8月1日が最初だから、まだまだ先か。

とはいえようやく先のことを考えられるようにはなってくるということでもあるのかね?


世の中を見渡せは、まだまだ不遜なことが充満しているけれども、自身の心持としては健全であるよう整えていく余裕は持ちたいですな。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年06月17日

乗り切れない

昨日個人の予定表に改めての日程を落とし込んでみたのであった。

流石に過密さについては壮観すべき内容ではあるのだが、じゃあこれをもってこの先どうしようかと考えたとき、高揚感が出てこないことに気づく。


いや、実際ホームゲームすらどれだけ参戦できるかも怪しいし。
幸いかどうか、うちはリモートマッチを主催せずに済む状態とはいえ、その先はシーズンパスは無効、販売されるチケットは争奪戦になるのか、いやそれ以前に座席の種類や価格も見えていない。

これがアウエイ参戦となると、もっと不透明だし。そもそも座席はあるのか。
でこちらから行く以上、飛行機の問題が出てくるから、便数もそうだろうし、混雑度合いによっては敬遠する可能性も無きにしも非ずだし。

まあ個人的には単純にいくことはないから、他の要素を考えたときもっと情勢は不透明なままではある。


かくして気分は最低。

行くと決めたとしても、その時の情勢が読めない。
実際このまま何事もなく、収束に向かう保証もないしね。

行くとなると秋以降しかないんでしょうなあ。
いや本当に行けるのか?

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)