コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2020年04月07日

誇りには思うが美談ではない

昨日のこれの反響は凄まじいものであった。

当初スポ紙の1面に出たのは、ローカル扱いかと思っていたら道外でもあったのだという。
ニュース上でも全国レベルで夜まで扱いがあったのだということで、その反響の大きさに驚くことでもあった。

勿論これは必ずそうなるということではないのであるが、こういうことを言える空気というのは、間違いなく風通しが良いからではあることは間違いない。

まあ我々サポから見ても、この行動に驚くほどのものではなくて、やりそうだなくらいの印象はある。
我々は一方的な存在ではなくて、パートナー様も含めて、運命共同体であり、一蓮托生でもあり、という部分が身に染みているのでね。


さて今日は「緊急事態宣言」が出されるとのことで。
なんだか「緊急」のわりには、時間がかかっている、という相変わらずの矛盾な気分はあるのだけれどもね。

正直「自粛要請」はするものの、お願いばかりでセットになるべき「補償」の話となるとややこしくなる。
当初10万でスタートした話も20万、30万と額が増えても、それをもらうためのハードルが高すぎて実際どれだけの割合が手にできるかとなれば絶望的で。
結局「やっている感」で終わるのは変わらないんだろうなと。

まあ「自粛」は本来自らの意思でやることではあって、それを「要請」するというのも変な話ではあるのだけれどもね。
つまるところは、最後責任は取りませんよ、でしかない。
某国会議員の発言は論外だけれども本音だろうし、もちろん速攻辞職レベルだろうが、相当の役職についているとしても任命者があれだから何も変わらんのだろうがね。


ええ下々の人々はそれぞれの立場で頑張っているのに、上の連中があのザマですからね。

またため息に帰結してしまうけれども、本当に遅くて無策の時間が長すぎる。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年04月01日

こういう時だからこその

まあ毎日のようにあのことに触れて書くのは、決して健康的なことではない。
先の見えない、実のところよくわかってもいない状態のことで悩むのであればなおさらで。
がゆえに、昨日のリリースは救いの要素も多いかと。


来季新規加入選手については、最初朝のスポ紙に出たわけだが、リリースによれば26日には仮契約していたのだというのだから、完全ノーマークではあった雰囲気。

私自身はユースヲタではないからよく理解できていないけれども、また超有望選手ということで。
まあ最近の新卒選手獲得については、もう選ばれる立ち位置にあることを実感させられるわけですな。

現状試合再開までまだ1か月以上ある状況では、こうした話題が出てくることは悪くない。


もう一つは新規パートナー様の話。

これも名前を見れば、ローカルではなく全国レベルですからね、こちらもそういう立ち位置なんだろうと。
まあほかのチームでも同様のリリースが出ている模様だけれども、一企業が複数のチームのサポートをすることは珍しい話ではないから、この部分はあまり気にすることではない。


さて今日は新年度初日である。

例年もっと晴れやかな気分にもなれそうなところが、そうはならないのだろうな。
あの問題抜きにしても、いろんな値上げの話は出ているのでね。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年03月27日

改めてJリーグを評価する

国の施策として出てくるのが商品券・旅行代金の補助・お肉券に挙句にお魚券ときてて、もう声を失っている。

なんでまあ出てくるのがこう陳腐なものなのか。
そして相変わらず議論ばかりだし、支給にあたりやたらと制限を設けようとするのはなぜなのか。
そうして無駄に時間を浪費していくのでは、すでに貧困にあえぐ人たちには余計苦しむだけではないか。

しつこいくらい繰り返すけれども、必要なのは「やっている感」ではなく実務。
「自粛要請」という名の言うほうが責任も痛みも伴わない、結局何もしないに等しいことではないはずで。

ああもうクラクラが止まらない。


昨日Jリーグの公式として、今回の試合再開延期についての文章が出てきた。

再開してもアウエイ参戦部分で規制がかかることについて不満が多い反応ではあるけれども、少なくともJリーグ側の立場としての考え方はよく理解できる。

9年前の中断期間を超えることになっている部分について、正直精神面でも通常とは違うことになっているものにとっては、こうしたコメントがあることは悪くない。


何が大事かといえば、
*一方的なトップダウンではない
*決定までのプロセスが見える
*隠さない
*具体的である
ということで、それが信頼感や安心感につながるのだろうと。

チェアマンは公式に堅めの発言になるが、一方で副会長のほうは普段からフットワークも軽いし、映像でかみ砕いでの表現もしてくれる。
わが社長のほうも、数字を出して表明する。

まあね、国や自治体トップの体たらくを見ていると、雲泥の差を思い知るのだな。


皆大変なところで、我々が今できるとすれば今まで以上にパートナー様の商品購入・サービス利用くらいしかないのだけれどもね。

いや大きい金額で支えているところが倒れてしまっては、元もこうもないのだから。


まだまだしんどいけれどもね、誇りをもって進みましょう。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年03月25日

大きく動き出す日になるのか

まあ昨夜東京五輪が延期ということになったらしいというので、各方面がこれから大騒ぎになるであろうということではある。

直近で言えば、今日Jリーグの会議があって恐らく再開再延期ということになるのであろうが、それがどのくらいの期間になるのかがまずは第一関心事にはなるのか。

もうね先月後半から予定がズタズタですからね、どうなっても驚かないにせよ精神体調面共に良好とはなっていないのではある。


もともとは例のウイルスの件が原因でこうなっているわけであるのが、相変わらず絶望的な気分は変わらない。

とりあえず五輪を先送りにしたことで、また勘違いして「やっている感」を出すのだろうがそうではないことは肝に銘じておかないと。

外から言われて切羽詰まって言わされているのだから、間違っても自分が主導したかのようなことが見られるとすれば、騙されてはいけないのである。


それ以前に現状の終息がいつになるかの問題はあるにせよ、本来試合ができない期間が使えるようになったことは朗報なわけで、当然それを織り込んで日程調整してくるんだろうなと。

勿論再開を1か月先送りにしても、そこで終れるかどうかの保証はないのだが。

早く楽にはなりたいけれども、なかなかそうはならないのだろうな。


ところで今夜NHK総合で東京五輪関係の番組が予定されているのだけれども、これどうするんだろう・・・。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年03月23日

早くはっきりさせてくれ

ようやくというか、今夏の東京五輪開催の是非について、延長をするかどうかの判断をする時期が一か月以内にあるとの報が出てきた。

正直遅い。

とにかくやらないならやらないで早い決定が望ましい。

恐らく再開が再延長されそうなJリーグにしても、五輪期間中及び前後の部分が使えるのであれば、日程調整上楽になる要素なのだから、さっさと決めてほしいだろうし、日程調整にしてもその辺を見込んでやっていくのだろうし。


それにしても「要請」ということばは便利だなと。

お願いはするけれども強制ではないから、何かあっても責任は取りませんということですからね。

催事をする側にしてみれば、やったらやったで非難されるし、やらなかったら負債は増えるしで、どっちに転んでも苦悩が付きまとう。
その辺の事情は、上の人間は判らないんだろうなと。

だから相割らず頓珍漢な少額での話しか出てこない。


ギリギリまでまって、決断できない姿が今から見えるようではあるけれども。

周囲からいろいろと言われているけれども、ポカーンとしている姿しか浮かばないのが悲しい。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年03月22日

抑圧されてきたがゆえに

昨日のメインイベントといえば、カシマスタジアムでの練習試合であった。
勿論通常では練習試合がここまで注目されることはない。
しかしちょっと枠を超えての反応にはなったのだと。


そう今は通常の試合ができず、やろうとしたところで無観客前提ですからね。

それがちゃんとしたスタジアムで、中継映像あり、解説も両チームのOBが担当しJリーグ副会長もかけつけるということで。

まあこちらとしては、練習とはいえ勝利したのがまたうれしくもあり、か。
一応45分*2、35分*2ということなので、どう捉えるかはあるのだが、各セット単位でも無敗、前半と後半とで2試合としては各々勝利、4セット全体でも勝利ということで、たくさん点も入ったし、まずまず楽しかったであろうかと。

最も私自身はDAZNを見れる環境下にないので、TLで知るよりなかったのだが、それでも本番さながらの反応は見ていて楽しいものであった次第。


個人としての動き方としては、ずっと籠るのもしんどいし。

思い立ってプチドライブみたいな感じもして。
無駄走りとも言えるかもしれないが、同じところにとどまっているよりは健康的と。

いつもと違うルートで。
多少はストレス解消にはなったのかな。


まあ相変わらず先が見えないことばかりではありますけれども、また元気出せるように行きましょうや。

posted by akira37 |05:11 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年03月20日

予想だにしない展開へ

正直なところ、今月25日にまた再延期するかどうかの判断をするという部分で、まだ再開が難しいのだろうとの覚悟はあったのだが、それ以前にまさかの「降格なし」の決定である。

いやまあ未勝利で3月の段階で浮かれてはいけないのだろうがね。
来年4チーム降格するほうが恐ろしいのだろうが、ともあれJ1残留決定だと。

何とも不思議な気分である。


となれば今シーズンは優勝やACL出場がかからないチーム以外はモチベーションが難しい事にもなるのか。

1998年の苦い経験があるものとすれば、ポイント制の復活を望みたいところでもありますがね。


それにしても今年は2011年の時以上の中断を予想してるのだろう。

となれば日程調整はさらに困難なわけで。
全日程すら消化可能かどうかも怪しい見解なのかね?


その前に東京五輪開催の是非を早く決めてもらいたいことで。

もうねここまでくれば、個人的感情は別にしても、少なくとも当初の日程でやることは不可能でしょう、。

いくらこちらで「やるやる」言ってみたところで、肝心の選手たちが日本に来られるかどうかすら怪しいレベルまで来ているのだから。

国体でないのだから、まさか日本人だけでやるわけにもいかないだろうし。
いや大袈裟な話ではなくて。
そこまで見据えて、やりたい側は考えているのかは怪しい。

ひたすらメンツを保つためにやっているのであれば、もう論外のはずだがね。

どうにも国外から見れば、やっていることの異次元さというかちぐはぐさは理解しがたいところまでに来ているはずなのだが。


今日から三連休とて天候がすっきりしない状況も相まって、なんかスッキリしないのではあります。

posted by akira37 |05:08 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年03月18日

何が大事なのか

昨夕ちょっと思いついてブログテーマの準備をしていたのだが、帰宅してあっと驚くニュースがあって。

いやそのことは単にサッカーに身近に接しているからではないだけではなくて、さすがに大事ともなりそうで。
まあタイトルの「大事」は「だいじ」であり、ニュースの方は「おおごと」ではある偶然はあるのだが。


先にJFA会長のことに触れれば、勿論これを機会に云々という気持ちは判るにせよ、あまり揶揄し過ぎない方が賢明だと考える。
病人には違いないですからね、過度な表現は慎んだ方がいい。

ただまあ現在進行中の諸問題に対しての影響は避けられない。
もう一つの顔としてJOCの副会長というのもあるのでね。

勿論今回海外にあちこち行っていた中での濃厚接触が原因と思われると、そちら側からの心配が大きいと。


当初予定してこととは、たまさか昨日芸能ネタとして大きく出てきたことに関係している。

いや毎度の話になるけれども、芸能人の不倫だとか離婚だとか、そんなに大騒ぎすることなのか?
所詮他人の話だろうに。
それがあなたの人生に多大の影響を及ぼすとでも?

何かね、関係ない者が寄ってたかって正義ずらしているのが醜いのよ。
愚問する側に言いたいのは、あんたはそんなに聖人君子なんですかって。
もし逆の立場に立った時、同様のことをされて耐えられますかって。

まあ未だにこんなレベルのことが跋扈するというのは、やはり民度の低さを指摘されても致し方ないで終る話だが。


現在進行中のことを見ていれば、相変わらず愚かとしか言いようがないことで。

勿論現場に近いところは大変だけれども、本来にすべきところを阻害する行為があまりにも多すぎやしないかと。

出る杭は打たないと収まらない行為というのは、あまりにも浅はかでしかない。

全くやりきれなさは減りませんなあ。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年03月10日

混沌とし過ぎていて

今朝もまた微妙に早い起床である。
早すぎれば寝直すのだが、最近は中途半端であるからにして、そのままで行くから日中確実に反動が来ることを繰り返してしまい、あまりよろしくない。


ルーティンとして起床後約1時間くらいかけて夜中のTLを見て動きを探るのだが、今朝の感想がタイトルなっているようなことで。

うーん大雑把なまとめ方だと、いろんなことがあり過ぎてまとまらない感覚。
まあそもそもは衝動失敗からの遅々として進んでいない状況。
いやそりゃ検査体制がなっていないから、数字は伸びないだけのことだろうし。


大前提としてやる気がないんだろうでもいいんだろう。
第一今回の件で来期予算をつけることすらしていないのだから。
今期にしても他の国に比べれば、あまりにも恥ずかしい数字でしかないし。
やり取りを見ていても、単純に真剣さがトップに足らなさすぎるだけのことではないのかと。

だから末端の状態が見えない。頓珍漢な施策しか出てこない。


Jリーグの方はどうやら今月いっぱい無理との方向性のようで。

これもなかなかにつらい。

いや中断そのものは9年前に約1か月半近いのを経験しているとはいえ、あの時はまだ目に見えている状況下だったから、納得はしやすかった。

しかし今回は目に見えないという前提があり、完全収束となればどのくらい先になるかも読めない中、今後はどのへんで折り合いをつけるかという難しい判断だからね。

まあただ救いなのは、こうしたことが過程として見えることなんだろうと。
どっかの世界とは違うんでね、やっている風で終わらないのが。

ついでながら、こういうことは1998年に我々が食らった理不尽以上につらいことですな。各所で起きている不満が果たして届くかどうか。


今日はあの東京大空襲から75年目、明日はあの日から9年目ということで、まあ一方で混沌とした状況下で、何とも言えない気分にはなってくる。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年03月09日

そっと涙してしまう午後に

昨日の行動としては、午前中は隣への買い物のあと籠るのもよくないと新札幌まで徒歩往復を。
何かあれば、の部分ではさほどの収穫ではなかったけれども、普段見ないものを確認する意味合いとしては〇だったか。

帰宅してなぜか午前中にやっていいたマラソンの最期の切符を巡る中継は、女子の方で大記録で決まったのだと、というのがハイライトであったか。


午後は室内籠り。

1時からは前日に続いてびわ湖ホールからの生中継があるから、YOUTUBEをつなぎっぱなしにしていて。
一方で途中からではあったが、ニコニコ動画で東京交響楽団の無観客のミューザ川崎からの配信があるのが判ったので、こちらはスマホ経由で聴いていたと。

まあニコニコだと画面にメッセージが出ますのでね、通常ならわずわらしいところですが、聴くのがメインですから、そんなに画面を見ることも無くて済んだと。
たまに見るコメントにしても、誹謗中傷的なものはなくておおむね好評だったのが何よりではあった。
そして終盤は感極まっていたりもしたのだな、恥ずかしながら。

都合7万人以上が見たのだとか。
問題はこの先で。これをきっかけに実際に会場に足を運んでくれる人が増えるといいな、というのが普段から行っている者の願いではある。

そしてこれも感じたと。
通常演奏会では「エキストラ」と呼ばれる団員以外の参加がある。
その多くはフリーランスであるから、この演奏会を中止にしなかったことは、彼らの生活の一助にもなったのだな。
このことは結構大きい。

そう今回の騒動で出てきた施策が「10万円を融資する」という、まったく人を馬鹿にした舐めた程度のものでしたからね。
そんなのよりもずっと意味があるのだな。


TLを探ると、また感涙的なものを見かける。

前日のソンユンの病状発表に続く本人のコメントが見られたことと、それに対するミンテの返しだったことと。

いやあ理屈抜きに涙なくして見られないって。

今シーズンの目標として、何かタイトルを取る、というのがあるけれども、このことがあると更に力を込めたサポートをしないといけないよな、という感覚には至る。


最も今月18日に再開できるかが怪しい情勢で、また悶々とした日々を過ごさないといけないのは結構しんどい。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)