コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2021年05月02日

悩みつつ進む

準備がやはり十分でないと慌ててしまう、という朝ではある。
まったく詰めが甘い。


昨日は年3回定期の室蘭と札幌を車で往復する日に設定していた。
諸々の事情が早く出る必要があると踏んだので、昨日の投稿が異様に早くなった次第である。

夏場であれば、どうしてもスピードが出がちになるが、そこは無理はしない。
実際早朝からパトカーを見かける機会が少なくなく、別に悪いことをしているわけではないのだが、当然に身構えるしなあ。


もっと札幌宅滞在時間を多めにとってもよかったのだろうが、そうならないところが性格ではあるのだな。

車で来ているからと、早くから予定していたのが芸術の森美術館でやっている「ドラえもん展」である。
元より駐車場券は回数券でまだ残っているし、という条件もあっての車での参上。
駐車場自体は9時からスタート、美術館開館は9時45分だから肌寒いこともあり、時間調整をしつつ最後は9時半までCRCとハイジのFMを聴いてから向かうこととする。
結構人出が早い、と見ていたのは先に見える工芸館前に並ぶグッズ目的の人々であった。その数10人以上。

肝心の美術館の方は、並んでるだろうとの予想は見事に外れ、実はフライングで開館していた次第で。
見る分には特段混みあうこともなく、快適に見ていたのではある。
戻る際グッズを物色して見れば、あまりにもの点数の多さに苦笑してしまうのだな。
とか思いつつ何点か購入して昨日のメインは終了。


スマホが振動して何事かと車に戻って見てみれば、地震発生。
ラジオを付けてみれば、NHKは当然に通常番組を飛ばして放送中ではあった。

まあ連休中に落ち着かないことではある。
なお札幌でも震度を観測したようなのだが、個人的には感じぬままではあった。


芸術の森からの帰蘭であれば、通常は中山峠越を選択するところだが、久しぶりに支笏湖畔から美笛峠経由、大滝から壮瞥洞爺湖畔から虻田に抜け、有珠善光寺の桜もチェックして国道37号に戻るルートにしたのではあった。

特段拘ったのではないにせよ、各所で桜を愛でるには充分な環境下ではあったかと。
GWを過ぎてしまえば、今年は難しいのではないか。

最後崎守の一本桜をチェックしてみれば、こちらはちょっと早いかなと。
で室蘭宅徒歩圏内の祝津公園内の桜は、ドンピシャであったということではあった。


さてこの先のGW中の予定であるが、大幅に変更を余儀なくされているので、その辺りは後日触れるとして、まずは当初の予定で行くところまで行くのではあります。

posted by akira37 |05:16 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

トラックバックURL
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.consadole.net/akira37/tb_ping/5684
コメントする