スポンサーリンク

2020年08月08日

疲れは否めないけど

武蔵選手が戻ってきて(でもジェイ選手が入れ替わりに外れて・・)、しかも豪快なFKを決めたのは、とても喜ばしかったんですが、今日の清水戦、前回、前々回のゼロトップの試合に比べて、なんとなく全体に活気がなかったような気がしました。

前半はプレッシャーのきつい清水に慣れなくて、なかなか攻撃の形まで持っていくことができず、さあ攻撃というときになっても、前に選手がいない、ということが多く、チームとしてうまく機能はしてなかったように見えました。

後半、駒井選手が下がったのがよかったのでしょうか、ちょっと落ち着き始めました。
そして同点!
すごい!と思ったと同時にホッとしました。

でも、最後まで、いつものコンサじゃないぞ、という印象は拭えず。
なんか皆さん、100%の良さが出てない、らしくない感じがしました。

で、一人少なくなって2失点目、それはともかく、最後の3失点目は、ちょっと集中が切れてたような。
もう気力体力が持たなかったでしょうか。
あまり”疲れ”とか、言いたくないですけど、なにせハードスケジュールですから、そうなのでしょうね。

posted by じゅうよっつ |21:08 | コンサ |

2020年08月02日

追う試合はきつい

荒野選手は、ハットトリックかと思えるほど、調子良かったですし、今日の神戸戦、前回に引き続きのゼロトップの連係プレーもよく、よく相手ゴールを脅かせてましたが、ゴールラッシュを思わせるこんな試合では、それが出来てるうちに追加点を取れないのが、負けた大きな一因だったかもですね。

相手が前半のうちに2点を取り返したあたりから、今まで相手ボールをしっかり奪って、パスをつなげて、カバーもしっかり出来ていたのに、なんとなく動きが鈍くなったようにみえました。

後半、少しまったりした感じの中でも、荒野選手のどろくさいゴールで再び同点にできたのは、気持ちの上でも大きかったと思いますが、そのあと、その頑張りを全員で続けるのは難しかったでしょうか。

ゼロトップは、余りやったことがなくその分、それぞれのシチュエーションへの対応の仕方にバリエーションがあまりないということがあるでしょうかね。
後半は、かなり相手に翻弄されているように見えました。

今日もホームだったし、勝てると良かったですけど、残念です。

posted by じゅうよっつ |15:58 | コンサ |

2020年07月26日

誰が出ても!

今日の横浜FM戦、布陣をみたときは、「だれがFW?」「高森選手→高嶺選手(高嶺選手ごめんなさい、間違えました!)って右SBできるんだ?」と戸惑うばかりでしたが、はじまってみれば、なんの!

前は駒井選手、チャナティップ選手、荒野選手が精力的に動き回って、サイドのルーカス選手や管選手もくわわり、せっせとボールはひったくるわ(言葉は悪いですがそんな感じ)、そのあとのボールをつなげる息もしっかりあっていて、Fマのゴールを脅かすわ、見ていてほんとうに面白かったです。

守りでも、相手の攻撃を遅らせて、しっかり守ってました。
まさに、全員サッカー。

あれだけメンバーとポジションが変わっても、同じようにサッカーできるなんて、すごいですね。

前半の2点は独特のボール回しのルーカス選手のパスから駒井選手、チャナティップ選手のパスから名誉挽回の荒野選手。
後半、相手が相手だけに2対1のままじゃ危ないかも、後1点・・と願いつつも、相手は、後半調子を上げてきて得点の機会があまりない、その中、相手の守備ミス1つを見逃さなかった荒野選手の頑張りから金子選手のゴール。

どの得点も、普段FWのポジションでない選手の価値あるゴールですね!

そして今回も、ドームの拍手効果、よかったです。
特に最後は「さあこのまましめるぞ!」という思いが選手の皆さんと一体になって聞こえてきました。

posted by じゅうよっつ |15:05 | コンサ |

2020年07月22日

手に汗握った

とっては取られ、取られては奪い返し・・・もう最後の最後までまーったく息のつけないFC東京戦でした。

拍手応援、良かったですね!
ドームの反響効果で音が倍増してました。
ドームならでは。

今考えると、前回までのまとめてアウェー戦は、選手の皆さん、もちろん頑張ってはいるけど、どこか根無し草のようなふわっとした雰囲気があったように思えます。
札幌に戻った今回、しっかり北の大地に根を張った気持ちとプレーでした。
やはり、ホームはいいですね。

菅選手は、あの位置、お得意のシュート位置でしょうか。
今回はワンバウンドのあとでしたが、しかし、いつもズドンと決まりますよね。
しかも、いつも1点が欲しいといういい時間帯に。
狙ってますね~。

1失点は、あれだけの息の詰まる試合だったので、もったいないけどお互い互角だったかなと思えば1対1の引き分けは仕方ないかも。
(でも、あのあと少し”やられた”という、気落ちした感じが出てのがちょっと怖かったですけど)
まだ数分ありましたもんね。

次ももっといい試合を!

posted by じゅうよっつ |21:03 | コンサ |

2020年07月18日

心臓に悪い!

今日は本当なら、アウェーの仙台戦、一番現地観戦の可能性の高い試合だったんですけど・・・。

最後の最後までヒヤヒヤドキドキの試合でした。

前半は、その前の湘南戦でも見られたような、真ん中でボールが取れない、セカンドボールどころか、味方からのパスも取られることが多くて、なかなか攻撃まで持っていけませんでした。

ドゥグラス選手はだいぶ慣れてきた感じでしたが、味方のプレーの意図をなにげに感じるまでには、あと数試合は必要そう。
試合を追うごとに良くなってる感じはしましたけど。

どこか消化不良の前半が1点とられたまま終わり、後半、ドゥグラス選手に代わってジェイ選手。
やはり、チームプレーとしては、ジェイ選手のほうが迫力がありました。
(得点はジェイ選手のヘディングから流れたボールを決めた田中選手でしたけど)

交代で入ったルーカス選手も、攻撃の機会を増やし危機を救ってくれて、最後はチーム一丸となって戦ってました。

2対0と2点ビハインドから1人少ない中で2点取り返せたのが今節の一番の収穫ですね!

これでやっと、北海道に帰れる選手の皆さん、長い合宿お疲れさまでした!
疲れのせいかなあ?と思えるシーンも多々見えましたが、その間、負け無しは、大きい!

posted by じゅうよっつ |20:00 | コンサ |

2020年07月15日

頭、固い!

「まだ大丈夫、まだ大丈夫」と、その頭の固さで初期のコビッド19感染拡大阻止に失敗したのに、与党のトップの先生方って、本当に柔軟性にかけるんだなあ・・・。

一度言ったことは絶対、曲げない。
GOTOキャンペーンは予定通りやる、市中感染は広がっていない、誰が見てもおかしいと思うのに。

それが、支持者の信頼ということに結びつくのかもしれないけど、今回の場合、逆に信頼性を失いつつあるように見えます。
内部にいると、それに気づかないのか?

どうも、表立って自分たちのやり方に反論されたことは、絶対受け入れられないようで。
何が何でも支持する強い層のある党としてメンツが大事なのも理解できますが、メンツがどうのと言ってる場合じゃないときに、そんなことでウジウジしてるのはいかがなものかと。
その昔、誰のためになんのために政治家になったのか、もう一度考えてほしいところです。
(もっともそこから違ってる可能性もありますが・・)

もう隠し事のある不誠実な政治なんてまっぴら。
自分たちが彼らを選んだという責任は重たいですが、自分たちをささえるはずの政治から、今は逆に振り回されています。

国以外、地方の自治体も含め国民はまともなのになあ。

posted by じゅうよっつ |19:56 | 考えごと |

2020年07月12日

引き分け御の字

前半の始まりは、いい具合にボールが取れて、取り返せて、チャンスを(決めきれなかったけど!)作ってましたが、すぐに相手の湘南もなれて素早いプレスを掛けるようになり、前半終わって、ほぼ互角。

しかし、調子良かったときに点が取れなかったのがあとあと響いてしまった試合でした。

そこから一気に4人替えになりましたが、要所要所では頑張りが見えたりいいところが見えたりしたんですけど、結果としては前節と違って今節はあまり効果が出せなかったように見えました。

後半は、湘南に押し込まれる時間帯が多く、クリアも少しアバウトで相手に渡ることが多く、畳み掛けて相手の攻撃にあうという目に度々あってました。
攻撃のチャンスもパスのつながりがイマイチなのは、チーム内での意思が少し通じにくくなっていたのか?
相手との競り合いも負けることが多く、そこからもっと攻撃につなげていられたら、得点の機会ももう少しあったかもしれません。

後半最後は、このままじゃいけないという気持ちが全面に出てきたように見えましたが、ちょっと遅かったかも。

posted by じゅうよっつ |21:00 | コンサ |

2020年07月08日

勝った!勝った!

「武蔵、今絶好調だけど、怪我しないといいよね」
と、1点入れたあとの武蔵選手を見ながら話してました・・・。
(言ったのが悪かったのか!!)

大丈夫でしょうか?
自分で走るのやめたというのがとても気になります。
しかし、ほんとに”らしい”シュートの1点目!

でも武蔵選手が抜けて、スピード系がいなくなって、ジェイ選手にボールが収まっても、チャナティップ選手がボールをキープできても、その先が見当たらない・・・。
そこで戸惑っているように見えました。

でも前半は無事無失点で終わり。

後半に入って、それでも少し調子を取り戻してきたように見えましたが、今度はジェイ選手が怪我で交代・・。
うわあ、FW他にいたっけ?!
しかも武蔵選手、ジェイ選手といなくなると、高さもなくなる・・。

しかし、交代選手の皆さんと、残った選手の皆さん、気持ち入ってましたね!
しっかり守って攻撃、最後の最後で駒井選手のもぎ取ったボールでルーカス選手が落ち着いて2点目!
結果、鹿島相手に2対0なんて、すごい!
まさにみんなでとった勝利でしたね。

前の試合は、”勝ててよかった”でしたが、今回の鹿島戦は、”勝った!勝ったあ!”とテレビに向かって拍手した試合でした。

posted by じゅうよっつ |21:06 | コンサ |

2020年07月04日

勝ててよかった!

かつかつ勝てた、って感想です、今日の横浜FC戦。

前半早々に武蔵選手が得点したころは、うまくボールが取れてつながってましたが、その後、失点したあたりからはもう、横浜FCの思い切りのよいプレーに受け身になってる印象。

1つ不思議に思ったのは、低い位置では今まで通りのボールをつなげるサッカーでしたが、そこからはロングボールになることが多かったように思います。
あれは、FCのプレスがきつかったということなのでしょうか。
なんか、プレーが中途半端な感じでした。
(キャンプ疲れかなとも思いますけど、今疲れてると先が長いからなあ・・)

後半は、それまでよりも積極的に入りましたが、なかなか点が取れず。
でも、やはり武蔵選手の個人技で2点目。
スピードはそのままで体重増やしたそうですが、確かにパワーが増した感じです。
(体重を増やしてスピードは前のままという体作りってどうやってできるのかなあと、そこのところ、個人的には知りたい!)

FCはどんどん選手を替えてきて、体力のある選手でさらにプレッシャーがきいてきそうで、1点リードでは余り安心はできそうにない展開でしたが、3点目は取れず。
しかし、交代で入ったルーカス選手がロスタイムの時間ぎりぎりのところでCKを取ってくれたので、助かりましたね!

長く試合がなかったあとのリーグ戦だったので、”始まり”のような今日の試合に勝てたのは大きかったですね!

posted by じゅうよっつ |22:14 | コンサ |

2020年05月29日

いい加減、学習すべき

ついにリーグ戦開始日が決まりましたね!
ほっとしました。

でも、北海道も、まだまだ油断できない状況。
コンサはどうするのか?札幌に残るのか、どこかへ移動するのか。
どちらにしても経済的にもメンタル面でも大変そう。
北九州でも第二波になってしまったし、サッカーを観戦できるのは嬉しいけど、まだ素直には喜べないですね。

それにしても、政府って学習しない!
コビッド19の第一波が始まったとき、あれだけ、初動の鈍さが露呈したのに、まだ今回の北九州は「第二波じゃない」などと菅さん、平気で言っている。
信じられない。
また同じ波を(いや今度はもっと大きくなるかもしれないと言われているのに)繰り返すつもりでしょうか。
情けない。

コロナの専門家会議の議事録をとってない、というのも、専門家の意に反して無理押ししたのかとか、なにか隠したいためか?と疑ってしまいそうです。

現実をちゃんと見つめて正直になってほしい。

ただ、国と違って、多くの地方自治体の長はしっかりしているということが今回わかったので、それだけが頼りです。
今回の騒動がなかったら、政治家ってこんなものなのね、という不信感ばかりのままだったろうなと思うと、それがわかったのは大きな収穫です。

posted by じゅうよっつ |19:24 | 考えごと |