スポンサーリンク

2024年06月09日

良くも悪くも”らしい”ところがあった

まったく今季のコンサドーレはどことやっても最後まで冷や冷やドキドキです。

富山とのルヴァンカップ2回目。

前回の試合は、速報を見るだけでしたが、それによると前半は全然よくなくて後半やっと調子を取り戻したという話でした。

今日は、メンバーがほぼベストメンバー。

前半のはじまりは積極的にボール奪取して攻撃につなげてましたが、やがて勢いがすこし弱くなった感じ。

富山よりわずか優位に立っている感じはするけれども、得点できそうな機会は富山の方が上回っている印象を受けました。

そんななか、近藤選手ががんばってPA内に持ち込んだボールでPKを取って、鈴木選手が決めて1点先取。

前に出ていた菅野選手を見ての相手外人選手のロングシュートが、あわや決まるか?と思いきや、ゴール直前に戻ってきた菅野選手が体をぐーんと伸ばして取って前に弾きファインセーブしたという、なんども見たくなるようなプレーもあって、前半は、そのまま終わりました。

後半、前半終わりのシュートの時に軸足をいためた管選手にかわって田中宏武選手。

今日はほぼベストメンバーなんだから、よもや互角のいい試合するんじゃないぞ~。

後半はじまりは、調子よかったです。
長谷川選手のCKを近藤選手→中村選手が決めて2点目、それからしばらくコンサの怒濤の攻撃が続きました。

ただ、なぜか、緩むんですよねえ、コンサは。
もちろん、選手のみなさんは気を緩めてないつもりでしょうけど、どことなく緩んでる。
クロスがあまかったり、プレスがあまかったり、打てそうなところでシュート打たなかったり。
それが大きな問題点。

それでも今回は零封を一寸は期待してたんですが、ゆっくり攻撃の機会を狙いながら自陣でボール回しをすると、ミスから失点。

この、ときおり一寸したミスで失点するというシーンはもうデジャブになってて、ヒヤヒヤします。
最後の5分くらいのボール回しは、相手の陣地でやって欲しいところ。

結果は結果は2対1で勝利して、とりあえずほっとしました。

posted by じゅうよっつ |16:06 | コンサ |

スポンサーリンク

スポンサーリンク