コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2015年09月27日

監督コメント ✖

監督コメントを見て愕然。

采配ミスと準備失敗を認識していない!
試合結果だけが責任範囲ではありません。
《 チーム形成の結果が、試合結果 》
選手に責任を負わせる前に「指導への反省」は。

posted by yuukun0617 |18:32 | コメント(0) | トラックバック(0)

2015年09月27日

課題未解決の原因

枠内シュート数僅か4本。
総シュート数19本-4本⇒枠外シュート数15本は得点機会喪失数。

今期30試合を超えても未解決課題です。
その原因となり得るものは、

(1)枠内シュート化への打開策が不明。
(2)打開策の練習・進捗が極度に不適切。
(3)打開策を実践を出来る選手の不在。
         の3つに集約されます。

現状は、(1)と(2)の複合型。
(3)ではありません。
 ⇒ナザリト・内村・前・石井の全面責任ではなくなります。
  確かに、選手毎に、シュート(キック)力・シュートレンジの遠近・テクニックは
  ありますが、枠内力は「個別能力」以外にも改善可能です。

(1)ですが、
  よくする混乱は、〈シュートレンジの問題と捉え、ミドル・ロングシュートを否定し、
  ゴールエリアでのラストパス数増加を図る〉、ですが、
  「シュート数大幅減少」「ラストパス増加は、枠内シュート力よりも困難な課題」
  で解決しません。
  と言って、単なる「シュート練習」「場面設定シュート練習」では、自然に身体が
  反応するレベルまでの反復練習数=地獄の特訓レベルが必要でシーズン中は不能です。
  唯一可能な改善策は、
  「メンタルメソッド」(集中・冷静・脱力しより早いキツクスピート等...)だと
  思いますが、出来る指導者は今本当にチームにいるのでしょうか?
(2)も、試合毎に、分析・評価、タイムリーな課題設定、その打開策設定、実践。
  が、練習で、見えません。

 結論は、指導陣が一番の課題で、安易な交代論の前に、指導陣自らの正確な分析と
 当面課題目標、打開策設定をする!!ですね。
  

posted by yuukun0617 |16:17 | コメント(0) | トラックバック(0)

2015年09月23日

今の選択

残念・無念!! ここに至って目指すものは何でしょうか?

自明の通り、これからの道は次の6内容ですね。
①J1昇格 定着継続となるベース獲得
②J1昇格 ただし定着ベースまでは未形成
③J2残留 JI昇格レースに参加のベース獲得
④J2残留 J2上位レベルに未到達
⑤J2残留 J2下位レベル
⑥J2残留 J2降格レースレベルまで低下
 左が結果  右がチーム力 となりますが、
結果はそれこそ゛結果論゛で、チーム力形成が全てですね。
問題は、
【A.チーム形成は今どの段階?】と
【B.形成ステップを適切にコントロールしているか?!】ですね。

【A】は、監督交代が大影響し、
 ≪メンタル≫中レベル以下層の崩壊防止は出来たが、
           以上層の緊張感低下もまねき、全体レベル低下。
 ≪フィジカル≫前任者は離脱者急増を伴うも急上昇を獲得したが、現在は低下顕著。
 ≪戦術・連携・組織≫
   攻撃は、特定局面程度で基本の戦術構築には未到底で安定性も無く、
     個々能力頼みで、少し高能力対戦相手には通用しない。
   守備は、離脱者続出が契機で、熟成が後退。軸不在とマークズレが頻発。
 *現状は、不本意・残念ですが、基本・基盤の再整備と形成計画の再設定と実践段階で、
  シーズン中盤の到達レベル!にしか見えないですね。
【B】は、更に深刻な状態の様に見えてきます。

ただ、両問題点も、堅実・着実・大至急の個別課題の克服積やみ上げさえあれば、
連鎖改善により急改善となるもので、全く悲観だけではないです!ね。

今は、試合結果は大問題ですが、チーム形成進展を第一優先とし、試合と練習での組織と個人の【A・B課題】克服の姿を見届ける。ではないでしょうか。

試合結果や昇格からのアプローチをつい求めますが...
  




posted by yuukun0617 |19:09 | コメント(0) | トラックバック(0)