コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2018年11月10日

赤く染まった『すすきのへ行こう』

浦和はうまかったなあ。そして速かった。
11月中旬の厚別。例年ならば雪が降っていてもおかしくない時期。
私は寒いのは絶対に嫌だ、暑いほうがマシだと思っていたので、
Kappaさんのファミリーセールで買った登山のタイツみたいなのを中に履き、
上も3枚重ね着したうえにレプリカを着て、カイロを貼ってダウンを着てマフラーを巻いていった。
地下鉄で見かけた浦和サポは薄着だ。
をいをい、この時期の厚別なめてんなよ~知らないよ~、と横目に思いながら。
しかし、すでに現地に着いていた人たちの「寒くないよ」情報は正しく、この格好では暑い。
大谷地駅から厚別まで歩くとますます暑い。着くなりアイスカフェラテを買ってしまった。

1542082365-00.jpg


三好がとてもよかった。代表に行く前にまずはチーム、みたいなコメントがあったけれど
まさにそれを体現しているかのようだった。
三好には、チームの中心選手としてプレーする喜びというものを知ってもらいたい。
「チームの中心選手としてプレーする喜び」、これはののがとっくんを口説いたときの文句なのだけど、
元選手だからこその考え方だな~なるほど~と思ったものだった。
選手は試合に出てナンボっていうのは素人でもわかるけど、それより一歩踏み込んだ考え方なのでね。
三好は川崎でも試合に出られることはあっても、レギュラーの中心選手ということではなかった。
すばらしいベテラン選手に囲まれよい経験をしながらも、掴みきれなかったのかもしれない。
昨年川崎は優勝したけれど、自分は貢献できていないので嬉しさよりも悔しさが大きい、
みたいなことを菅ちゃんとの対談で言っていた。だから移籍を決めたと。
それだけ川崎愛が強いとも言えるけれど、愛だけじゃごはんは食べられないのも現実。
川崎の選手としての大きな目標はあったとしても、
そこへの過程はいろいろな方法があるのではなかろうかと。
だからうちに完全移籍をして、チームとしても個人としても新しい景色を見にいこうじゃないの!

...とまあ、スリーショットの一件以来、すっかり三好贔屓になった私の勝手なひとり語りはさておき。

最近、毎試合のように惜しいシュートを放っていた進藤くんが久しぶりにゴール。なぜそこに進藤...!
進藤くんのゴールにはほかにとっくんと三好の3人が入り込んでいて、
ああいう厚みのある攻撃はほんとうにすばらしいなあと思う。
菅ちゃんも今年一年めきめきと成長したよねぇとしみじみ。
あとみんな、宮澤はたしかにすごいけど宮澤に頼ってばかりじゃあだめなんよ。
たまには宮澤を助けてやってあげてよね。などと思ったり。

試合後にブーイングがあった。したければすればいいけど、なんのブーイングかわからなかったわ私は。
多分審判に対してなのだろうけど、審判が勝敗を左右するような出来だったとは思わないし
確かに良い審判ではなかったけれどそれ以前にこちらが点を取れていないんじゃしかたない。
試合後にそんなでかい声が出せるんだったら、試合中にもっと出せたんじゃないのかいと。
厚別ではなぜか真ん中以外からは全然応援がきこえない。
熱烈応援席にいるから熱烈応援なのではなく、その場は最後まで応援する任務があると思う。
ゆるく応援したいならそういう席を選べばいい。声出して跳んでだけが応援じゃない。
応援は誰にも強要されていないはずなのだ。
でも、唯一立って応援することが許されている熱烈応援席は、そうではないんじゃないかと思うので。
声に出して届けなきゃ、相手には伝わらないものなのよ。

帰りぎわにまたブーイングが聞こえて、「まだ浦和サポは歌ってるのか~
『試合終了後のコールは選手が全て退場した時点で終了してください。』
って言っているのに~」と思っていたのだけど、
あとから浦和サポが『すすきのへ行こう』を歌っていたことを知る。
いやぁ~、ブーイングが聞こえたから怒った人もいたのだろうし、悔しくもあるのだけど
個人的には浦和のこういうところは嫌いじゃない。
J1に上がってもエレベーターチームと呼ばれ、勝ち点をもらえる格下チーム扱いされ続け、
うちが勝てば「札幌"なんかに"まけた」なんて言われるというのに、
いまだに浦和はこうしてうちのことを大々的にいじってくれるのだ。
こういう嫌味というか「お互いわかっているからこその煽り」は、
たとえばダービーなんかじゃよくあることだろうけど
ダービーができるチームがないうちとしてはやり合える相手がいないもんだから。
ともにJ2で戦っていたころから、浦和がアジアチャンピオンになった今でも
お互いはずーっと続くライバル関係なのかもしれない。

それはそれとして、だからこそ浦和にまけるとむかつくので
来季はなんとしてでも埼スタで勝って相手を黙らせたい。
そしてほんものの赤黒い『すすきのへ行こう』を埼玉に響かせてやりたいな。


posted by ひとみ |19:44 | 試合観戦 | コメント(4) | トラックバック(0)

2018年11月09日

三好とソンユンと私。

普段、クラブコンサドーレの会員限定イベントって申し込むことがなくて、
選手と交流みたいなのにも積極的なほうではないのだけど
仙台戦のときにブラック会員向けのイベントのメールを見てなんとなく申し込んでみようかなと思って。
いつもメールが来ても流すのだけど、なぜか惹かれるものがあったのだ。
当たるかどうかもわからないと思っていたからか応募したことすら忘れていたら、
なんと当選のメールがきていてびっくり。
「勝利時のヒーロー選手とツーショット」を体験したので、ちょっとレポートをしてみるよ。

集合時間はまだ後半はじまったばかりくらいの時間で、
試合状況も0-0だったのでそわそわと集合場所へむかう。
当選者3名のうちおひとりが時間を過ぎても来られないので少し待つ。
その間に菅ちゃんのゴール!もうひとりの当選者の方とわあわあ喜んでいたらオフサイド...。
コンコースにあるテレビで観ていたら、テレビではまだ菅ちゃんがシュートを打っていないのに
場内から「わーっ」という歓声が聞こえた。
ドーム内のテレビはDAZNが流れているのかな。けっこう時差があるのね。

3人目の方が現れないということで、2名で現地へ。パスをお借りして首からさげる。
移動途中で三好のゴール!!このままだと三好がMVPかな~などと話しながら。
(もうひとりの当選者の方は三好ナンバーのレプリカだったので)

地下に降りるとそこはもう選手入場口!おおおおお。
そこに設置されているテレビで試合を見てみると、え...PK?

選手入場口からスタジアムイン。
これが選手が入場するときの景色かー。
しかしその感動もそこそこに、今からPKがはじまろうとしている...!

そして!ソンユンが!PKを止めたー!!
わああああ!
うおおおお!

試合がおわるまではベンチ裏あたりで待機しつつ観戦。
ピッチよりも低いところなので試合は観づらいのだけど、これがなかなか良い体験で。
控えの選手が練習しているところがすぐ近くだし、
コーチ陣がけっこう大きな声を出しているのもわかったり。
ドールズがすぐ横で応援していて、試合終了が近づくとドーレくんもやってくる。
試合後にドーレくんとハイタッチもできた♪

それから、はじめて下から応援を聞くという経験をした。
スタジアム全体からぐわーっと応援がピッチに降りてくる感じがして、
選手はいつもこういう環境でプレーしているのねえと新鮮だった。これは力になる。まちがいない。
「勝利時のヒーロー選手とツーショット」なので、引き分けかまけだった場合は
なにもなくそのまま解散~となる可能性が高かったけれど
もしツーショット写真がなかったとしてもこの場所で観戦できるということ自体がなかなかのレア体験だ。
見るところたくさんあって目が疲れる。

三好のヒーローインタビューを近くで見て(と言っても三好が報道陣に囲まれていてほとんど見えない)、
選手たちが場内一周をし、すすきのへ行こうを歌ってメインまで戻ってくる。
...いよいよツーショット写真!うきうきどきどき。SNSに載せていいよと言われた写真を。

1541735948-00.jpg


いやあ...イベントも申し込んでみるもんだ。
MVPの表彰というのが特になかったので、実際に写真を撮るまで選手が誰になるかはわからなかった。
三好かなー三好かもねーと話していたのだけど、
はいではどうぞーと呼ばれると三好とソンユンのふたりがいる!
ふたり!の間に入れてもらうのか...!ツーショットじゃなくてスリーショット...!
イベントに参加していたのが25レプリカの私と41レプリカの方だったからか、
広報さんがソンユンと三好を選んでくださったようなのだ。
試合のあとのバタバタ忙しい時間だろうに、こんなところに気をまわしてくれる広報さん。
お心遣いにほんとうに感謝。対応してくださったスタッフさん(社員さん?)も
「おふたりの推し選手が活躍しましたね!」って言ってくれたり、
ていねいでわかりやすい案内をしてくれたり。ありがたかったなあ。
勝利後のテンションでちゃんとお礼を伝えていない気がしたので、感謝メールをクラブに送った。

私のように今までこういったイベントにあんまり積極的ではなかった皆さん、ぜひ応募しよう。
クラブがいろいろがんばって企画してくれているのをしみじみ感じたのでね。
スタッフさんに「また応募してくれますか」って聞かれて
「はい!」って答えちゃったので、私もまた応募しようと思う。
ピッチ上で間近で見る選手は、客席や宮の沢で見るよりも100倍はかっこいいぞ。
(と言いつつも、写真のあとに握手してもらったときに、ふたりの顔を見れなかった私なんだけど。)


posted by ひとみ |12:59 | イベント・トークショー | コメント(6) | トラックバック(0)

2018年11月04日

完封ソンユン

ひっさしぶりのホーム戦。
ドームの試合のときって荷物これでいいんだっけ?と、持ち物に不安が出るほどひさしぶり。

ソンユンからのジェイからの三好のゴールは素晴らしかったし、
PKを止めたソンユンもほんとうにすばらしかった。ふたりともありがとう。いやー三好めんこいね。
ソンユンはPKの前にビジョンに顔が映ったとき、とてもよい表情をしていたので
これはいけるのでは!と思っていたのだ。
さわったけれど入れられてしまうという惜しいPKが今まであったので、
そのあたりがきちんと経験として積み重なっていたんだろうなあ。ほんとうにすごい。

ソンユンはよく「99点取られても、100点取って勝てばいい」と言う。特に今年から。
それまでは完封にこだわっていたこともあったように思うけど、
ミシャサッカーで良い意味で考え方が切り替わったんだろう。
それでも、完封できるとやっぱり嬉しいソンユン。それがまたいい。
J1で完封は簡単じゃないけど、だからこそ嬉しい。完封勝利っていいなあ~。

あとチャナティップがもうほんとうにチャナティップがほんとうにもうチャナティップ。
チケット代だけではもったいないくらいのものを見せてくれるチャナ。
もったいないので今度なにかチャナのグッズを買おう。スーパーがすぎる。チャナティップがすぎる。
もっと大きな舞台で、もっとたくさんの人にチャナを見てもらいたい。


さて、食べたもの。

1541567299-01.jpg


海鮮丼があるほうのプリンスホテルのしらすちらし丼。
軽めなので、そんなにお腹すいてないなーってときに食べやすいかも。

1541567341-02.jpg


ルナクレープのイチゴバナナチョコ(手前)。奥は母が食べたイチゴチョコ。
イチゴが道産ということだったので買ってみた。は~クレープうまし~~。

1541567894-03.jpg


ひさしぶりにアップルティーソーダ。
私はホーム最終戦に行けない可能性が高いので、これが今季最後のアップルティーソーダかも...。

そういえばアップルティーソーダを売り子さんから買おうとしたら、
「今はアップルティーソーダの代わりに、期間限定のシークヮーサーパイナップルなんです」
と言われた。めっちゃ気になったけどアップルティーソーダの気分だったので買わなかった。
買った人いたらどんな味だったか教えてけさい。来年は飲めないかもだし。

1541578347-00.jpg


仙台サポが「がんばろう北海道 全ての仲間達がついている」というダンマクを出してくれた。ありがとう。
地震から2か月くらいになるけど、こうして忘れないでいてくれて嬉しい。

試合後は梅光軒でラーメンとビールで祝杯した。お店の人とコンサの話をしたら、
「川崎から移籍してきている選手を応援しに、川崎から来ている人がいる」ということを聞く。
今日その選手がゴール決めたんですよー!と伝えておいた。
その川崎サポ(多分)さん、わざわざ札幌まで来た甲斐あっただろうなあ。


posted by ひとみ |18:28 | 試合観戦 | コメント(2) | トラックバック(0)

2018年10月28日

残留。

台風で延期になっていた名古屋戦をやっと消化。そしてここで残留が決定...!
去年は2試合を残して残留が決まったけれど、今年は4試合も残して残留を決めた。
というかそもそも2年連続残留を決めたのがはじめて。しかも現在3位。つ、強い?

試合がおわったあとは「わーいわーい残留だー!」と思っていたのに、
「J1残留」ということは「来年もJ1」だということがあとからじわじわきている。
ふたつはイコールなはずなのに、なぜだかすぐには実感できていなかった。
いまだに「昇格しないとJ1に行けない」と思っているのか私は...。
残留すると来年もJ1なんだな。すごいシステムだ(←去年も言っていた気がする)。

ジェイがやっとPKを決めた。
以前、「きっとまた次の機会がきたらキッカーを誰にも譲らないのではないか」と書いたのだけど
やっぱりそうだったね。FWにはそういう気持ちの選手がいてくれなきゃね。

台風で中止にならなければ名古屋に行っていたのだけど行けず、
延期の試合も飛行機が取れれば行けたのだけど行けず。名古屋に縁がないのかしら私は。
ホーム戦ではオウンゴールをくれたクッシーが、アウェイ戦ではPKをくれた。
さすがになんというか、かわいそうな気がしないでもない。これからもうちの試合以外でがんばってほしい。


全然関係ないけど、先日イシヤカフェで食べたモーニング。

1541472848-01.jpg


卵・野菜・ベーコンでバランス良し。クロワッサンはあんこのやつが一番好きだわ。

1541472889-02.jpg


モーニングだけだと足りなかったのでカップケーキを買って帰った。

1541501889-00.jpg


今年も富良野ヴィンテージはうまい。


posted by ひとみ |21:27 | 試合観戦 | コメント(2) | トラックバック(0)

2018年10月20日

サブローなるもの

湘南戦。引き分けで残念だったけど、2度追いついたのはすごい。今年はほんとうにすごいなあ。
後半途中からすすきののサブローのとこで観ていた。

1541464442-01.jpg


1541464465-02.jpg


1541464480-03.jpg


写真じゃわかりづらいけど、映像はきれいだし音もちゃんと聴こえてていいねえ。
信号待ちで見ていく人がけっこういるのもいい。これは続けてもらいたいな。

1541465312-04.jpg


試合の前に、イシヤカフェのぶどう&ラムレーズンパフェを食べた。
アイスがめっちゃぶどうだしめっちゃラムレーズン。業務用サイズでほしいくらいおいしかった。


posted by ひとみ |19:00 | 試合観戦 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年10月18日

元気な温泉へいこうよ

今月は代表戦があってただでさえリーグ戦がお休み気味なのに、
ホーム戦がひとつもないのでさらにおもしろくないったらない。
中断期間はしかたないとしても、ホーム戦がひとつもないというのはどうなのよ。
日程くんにおかれましては、そこんとこ配慮してほしいもんだわ。


先日、定山渓へ行ってきた。
札幌に住むようになってから定山渓がとても手軽に行けるとわかり
なんだかんだ毎年一回は行くのが恒例になっている。
たいていは試合がシーズンオフになる冬に行くことが多いのだけど(←選手気取りか)
今年は地震の風評被害でキャンセルが相次いでいるということだったので
道民としてすこしでも支援ができればと思って早めの時期に。
私たちが行った日は満室とのことだったので、お客さんが戻りつつあるのかもしれない。
外国人観光客は少ないけれど、ディナーの並びのときに近くからタイ語らしき言葉が聞こえた。
なぜタイ語とわかるかというと、なんとなくチャナっぽいかんじがしたから。

部屋に着き、ちょうどレバンガの試合を中継していたのでビールを飲みながらだらだら観て
ごはんの前にお風呂に入り、バイキングを食べすぎ、また部屋でだらだら飲み。
ごはんをつくってもらえて、片付けなくてよくて、ふとんを敷いておいてくれて、
お風呂を洗わなくていいのに好きなときに広々入れて。温泉のなんてすばらしいことよ。

秋ということで部屋の窓際にはてんとう虫がたくさん入り込んでいて、まぁ害はないのだけど
ちょっと気持ち悪いし、寝ている時にそばをモソモソされてもいやなのですべて捕まえて。
(それ用に部屋にガムテープが用意されている。笑)
虫が無理!っていう都会っ子は、春・秋を避けてお越しなさい(春はカメムシも出るモヨウ)。
春と秋は景色が最高なんだけどね。自然のなかというのはそういうものなのさ。

道内のサポも道外のサポも、ぜひとも足を運んでもらいたい。
温泉街は大きな被害がなく、地震のあともすぐに通常営業ができているようだった。
定山渓に限らず登別や十勝川や、スポンサーのトーホウリゾートさん系列にももちろん。
車があれば付近をいろいろめぐるのもいい。見所たくさん。

地震に関係のない地域の人からは「たかだか2、3日の停電で」だなんて言われたりもするけれど
当事者としてはそれでもそれなりにしんどい思いをした2、3日だったのだ。
生活面ももちろんだけど、心の動揺は2、3日すぎれば元通りというもんでもないわけだし。
一か月前のその日からどうにもバランスが崩れて、
いまいち体調がよくない日々が続くという人もいると聞く。
のんびり温泉にでも行ってぼーっとすごして、身体と心をやすめるのもいいもんだす。

posted by ひとみ |19:44 | コンサ徒然 | コメント(3) | トラックバック(0)

2018年10月05日

マリノス戦、というかオータムフェスト。

マリノス戦は勝てずに残念だった。
試合は観ていないのでなんとも言えないのだけど、
いつもとはちがうメンバーであったことは少なからず影響しただろうか。
試合経験の差が出るのは仕方のないこと。
経験のすくないことには、途中で方向転換してもうまくはいかない。
いくところまでいかないと経験値にならない。だから誰が出ても出なくても、
小さくまけても大きくまけても、やっていくことは変わらずぶれずにいたい。


試合は観ていないので、オータムフェストの写真でお茶をにごす。

1539850801-01.jpg


シェフズキッチン『ル・ジャンティオム』。
じゃなかった、今年はシャフズステージって名前に変わったんだった。
お店に入るにはちょっと敷居の高いイメージのフレンチなんかを、
シャフズステージではお手ごろ価格で食べられるので好き。道産若鶏のワイン煮がおいしかったー。
地震で中止になった時期の担当シェフも、日程変更で出店するようになっていてありがたい。

1539850826-02.jpg


別海ジャンボホタテバーガーは毎年欠かさず食べているおいしい。

1539850840-03.jpg


メロンソフトは小さいやつにした。後日、ハーフカットもしっかり食べた。

1539851435-04.jpg


今時期のわずかな期間だけ手に入れられるさんさりんご。
毎年オータムフェストではどこかしらで売っているので必ず買っている。
今年は小さめで味もいまひとつなかんじ。天候の影響かしらねぇ。

1539851650-05.jpg


2回目に行ったときのもの。サッポロビールと中標津のでっかい椎茸、バター醤油で。
これも毎年食べている...毎年食べているものばっかりだけど、
オータムフェストでしかなかなか食べる機会もないから、自分の恒例はとりあえずおさえておく。
さらに毎年新しい発見もあるので、年々食べたいものが増えていく。日にちが足りない!食べきれない!

1539851656-06.jpg


木古内のつぶと牡蠣。うまいに決まっている。

1539851931-07.jpg


シャフズステージでは限定30食のメニューがまだあるとのことだったので注文したら、
ひとりで食べるものではない量のチキンが出てきた...!食べたけど!
シャフズステージはいろいろなワインを飲むことができるのも楽しい。もっぱらスパークリング。

1539852344-08.jpg


ラストオータムフェスト。
最終日は売切も多いけど割引とかオマケがあって、最終日ならではの楽しさがある。
締めにカニ汁。みそベースかと思ったらしょうゆベースだった。
鉄砲汁ってみそ汁なもんだと思っていたけど、しょうゆスープもアリなのね。
今年もたくさん食べました。また来年!


posted by ひとみ |23:14 | 試合観戦 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年10月03日

おいしいよ北海道

鳥栖戦のときに食べたもの。

1538472682-01.jpg


テラスの肉祭りでは気になっていたクジラ串を。
クセを消すためかブラックペッパーが強めだったけど、おかげでなかなか食べやすく。

1538472694-02.jpg


妹のぶんのスタジアムクッションをもらうために、この日も太鼓判メニュー。
稲本太鼓判メニュー、プリンスホテルの赤黒鶏塩ラーメン。
糸唐辛子、黒胡椒で赤黒。塩ラーメン好きに嬉しい味。そんなに期待してなかったけど(!)おいしかった。

1538472726-04.jpg


宮吉太鼓判メニュー、ルナクレープのOLE!コンサクレープ。
いちごクリームにトッピングされたカリカリした何かと、
中に入っていた生チョコっぽいものがいいアクセントに。オレオはなくてもいい。笑

1538472708-03.jpg


駒井くん太鼓判メニュー、ファンズカフェの赤黒いちごソフトパフェ。
チョコレートホイップといちごのソフトクリームってことでかなりくどいかと思いきや、
意外とスルスル食べてしまえた~。甘みと酸味の組み合わせがちょうどいい。

1538631690-05.jpg


ドームの秋メニューの、りんごのシブーストとマロンホイップ。
シブーストっていうのはケーキの種類のようだわ。これもくどそうに見えて食べやすかった。

上に乗っかっている銀色のビーズみたいなアラザンというやつ、
子どものころ幼馴染のお母さんがつくってくれたケーキにのっていて
それまでアラザンを見たことがなかった私たち姉妹にはとても新鮮で印象的だった。
今でもアラザンを見るたびその幼馴染のお母さんの"とし子さん"を思い出す。
このケーキを買ったときも妹が「とし子さんのケーキのやつ!」と言っていた。笑

そんでもって勝利のあとはオータムフェストに流れて。

1538631160-01.jpg


1538631174-02.jpg


ビールに牡蠣につぶにほたてにピザで乾杯じゃ~~~。

1538631359-03.jpg


1538631373-04.jpg


ハーブチキンの待ち札の番号がなんと41番!三好ぃ!

1538631954-06.jpg


函館のイカメンチはオータムフェストで毎年食べている。
以前、函館に行ったときに食べたイカメンチがほんとうにおいしかったので。
イカやタコのかまぼこもおいしい。

1538631969-07.jpg


メロンソフトも毎年恒例。メロンがもうちょっと熟していてほしいけどうまいから許す。
私はやっぱり8丁目が一番好きだなあ。

試合結果を聞いてほしくてレプリカ姿のままだったのだけど、いろんなお店で聞いてくれて嬉しかった。
あちこちでコンササポを見かけたし、鳥栖サポも見かけた。嬉しかったなあ。


posted by ひとみ |23:21 | コンサ徒然 | コメント(3) | トラックバック(0)

2018年09月29日

たまのラッキーはおいしくいただく

三好いいいいいいい*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
やっとだよ!お待たせだよ!待ってたよ!
三好は今季44本目のシュートをうっていて、その数は得点を挙げられていない選手の中で最も多いという
名誉なんだか不名誉なんだかわからない記録を持っていたそうだ。
いろんな記録があるもんだ。一番シュートを多くうった試合もあったもんね。
でもそこから一抜けしたぞ!やったねコンサ初ゴール!おめでとう!
シュートの前のトラップもうまかったなー。

ジェイがPKを蹴るまえに大型ビジョンでアップで写ったとき、
緊張というかプレッシャーというかとても難しい顔をしていて心配だった。
以前も一本外しているからそんな力むことないんやで...と
ちょっと弱気になってしまったのがよくなかったかもしれない(私が)。申し訳ない。
ジュビロにいたときのジェイはゴリゴリの点取り屋という印象だったし、
去年のうちでのプレーもそうだったけど、今年のジェイはなんだか変わったというか
献身的に走ったり、ゴールだけではなくアシストでもチームに貢献することをヨシとしていて
なんかいいねぇと思っている。今回はPKを外してしまったけれど、
きっとまた次の機会がきたらキッカーを誰にも譲らないのではないかと思う。
やはりこの壁は本人が越えなくては。そんなジェイが好きだわ。
「また外すかもしれないからやめれ」って言われても、そこに立ってほしい。

それでもってアディショナルタイム男のとっくんよ。
今季5点もアディショナルタイムでゴールを決めているらしい。どんだけ。
スタジアムTVでもちょうどその話をしていたから、
とっくんのPKが決まる可能性を信じていたサポーターは多かったのではなかろうか。
それにしたってミシャは見ていないし、私の周りでも見れない人がいたけれど
決めちゃうんだもんな~。すごいわ~。

ちなみにPKの場面は上からだと普通にエリアの外だなと思ってたのでラッキーだったけど、
審判からそれを判断するには難しい状態だったという意見もあるようだ。
VARなら外だけど、人の目からはどちらにも転がると言えるのかもしれない。
PKを取ってもらえないことは今までもあったし、たまのラッキーはおいしくいただいておく。

兵藤さんが交代で入るときの歓声はすごかった。
みんな兵藤さんを観たかったのよね。本人にも伝わっているといいな。

トーレスをフルで観られて試合はうちが勝つという、最高の結果だった鳥栖戦。
喋りがうまいとっくんがヒーローインタビューで、やっとゴールを決めた三好がMVPで、
この試合に関わらずさんざん活躍しているソンユンがよつ葉賞というのもバランスよく嬉しかった。
ソンユンは決定的なのを2本くらい得意の手足の伸びでセーブしたり、
よつ葉賞で名前を呼ばれる前にもうお立ち台に立とうとしたり、
貰ったのむヨーグルトの模型をかぶったりチャナにかぶせたり白井くんに飲ますふりしたり、
ソンユンチャントに合わせて指揮者したりめんこかったわ。
恒例の勝利のあとの監督・コーチ・スタッフ・ベンチにいる選手での円陣も嬉しいし、
とっくんのゴールに反対側まで猛ダッシュした菅野・白井くん・直さんもいいし、
ベンチ前でくるくるしていた菅ちゃん・三好・宮吉もよかったなあ。勝つっていいなあ。

posted by ひとみ |20:37 | 試合観戦 | コメント(4) | トラックバック(0)

2018年09月26日

自分のためにがんばれ

川崎戦、鹿島戦は無得点でまけていたので
なんとか得点を取ることができるといいなあと思っていた天皇杯磐田戦。
まけてしまったけれど、2度追いつくことができたのは
地震前のコンサドーレらしい姿が戻ってきた気がして嬉しかった。
いわゆるサブ組といわれるメンバーでも、リーグ戦とやることが変わらないというのを見せてくれた。
ルヴァン杯ではリーグ戦のメンバーとの差が大きいと感じていたけれど、
だんだんレベルアップしていって差を縮めていたのだなぁとしみじみ。

試合中ずっと激しい雨が降っていて、微動だにしていないのは宮吉の髪型だけだった。
名波監督もシャツがびしょ濡れだったから、
ミシャのようにジャージにしておけばよかったのになどと余計なことを思ったり。
雨のなか応援した皆さんもお疲れさまでした。風邪などひかぬように。

負傷交代してしまったウッチーが気がかり。軽症だと良いのだけど。
ウッチーは今季出場しても怪我をしてしまうことがあって、
気持ちに身体が追いついていないのだろうかとちょっと心配。
出てほしいし活躍してほしい気持ちは大きいのだけど、無茶をすることのないようお願いしたい。

こんなことを言うと怒られるかもしれないけれど。言ってみる。
「北海道のために」っていうのは嬉しいけれど、
そのせいで気負ってしまうのなら北海道のことは忘れてくれ。
誰かのためではなく、自分たちのために戦ってほしい。

そういうの全然関係なくて、川崎にも鹿島にもふつうにまけただけとも見える。
でも、北海道の地震のことが心に影響を与えていなくもないだろうとも見える。
忘れろというのはすこし乱暴だし無理かもしれんけど、
君らが背負いきれるほど簡単ではないのも事実だと思うんだ。
選手が楽しくサッカーをしている姿が、誰かの心にひびくこともあると思う。

中継では「ファン、サポーターのためにがんばってほしいですね」と言われ、
ニュースでは「北海道を元気づけるためにがんばってほしいですね」なんて言われる。
わからんでもないけれど、そうやって地味ーに背負うものが増えてしまってはいないかと。
だから言うけど、地震のことはもういいからサッカーを楽しんでおくれ。
選手たちが地元にたくさん寄りそってくれていることは、もうじゅうぶん伝わっている。
来月にボランティアに行くというし、やれることはそこでやればいい。
サッカーをやっている時間くらいは、自分のためにがんばっておくれ。

何が言いたいかというと、鳥栖に勝つぞ。ってことね。

posted by ひとみ |23:03 | 試合観戦 | コメント(5) | トラックバック(0)