スポンサーリンク

2018年11月18日

ハードロック・ジャパン様

今月9日、驚きの発表がありました。もうシーズン終了間近というタイミングで、ハードロック・インターナショナル(本社・米国フロリダ州オーランド)の日本法人、ハードロック・ジャパン(本社・東京)様とオフィシャルトップパートナー契約を締結したというではありませんか。親会社のハードロック・インターナショナルがプロスポーツチームのトップパートナーになるのは今回が初めてだそうで、そのブランド名の知名度からも他チームのサポーターの間でも話題になったようです。

何と言っても「ハードロックカフェ」が有名ですね。1度も入ったことはありませんが、世界各地にあり、日本でも何店かあります。私はレッド・ツェッペリンにディープ・パープルなど、ハードロックの王道を聴いて育った世代。英国発祥のハードロックカフェのことは、確か当時あった「ミュージックライフ」という雑誌を見て知りました。34年前、生まれて初めての海外体験だった新婚旅行で米国西海岸を訪れ、ロサンゼルスかサンフランシスコで店の前を通り、「これがハードロックカフェか」と看板を見たおぼろげな記憶があります。私の接点はそれぐらいしかなく、東京などのカフェも行ったことがありません。現在はカフェやホテル、カジノまで経営し、「世界70カ国以上で200以上の施設」を展開しているとは知りませんでした。

北海道にはカフェもホテルもまだ進出していませんが、現在、苫小牧市が立候補しているIR(統合型リゾート)にカジノで名乗りを上げているので、もしかすると、それをにらんだ契約かもしれません。あるいはカフェを札幌に出そうとしているのかもしれません。私も微力ながらハードロックカフェができたら利用します(カジノは行けませんが)。末永くチームをご支援ください。

下の写真は発表翌日の浦和戦で早くも掲げられていたものです。

1542537084-P1090494.JPG

1542537111-P1090588.JPG


posted by papa12 |19:04 | 思い出 | コメント(0) |

2018年11月17日

喜びも悲しみも

今日はJ2最終節。昇格と降格が一つも決まっていないという大混戦にどんな終止符が打たれるのか。ダゾーンのJゾーンプラスから目を離すことができない展開が最後の最後まで続きましたね。他人事ながら、胸を締め付けられるような思いがしました。

思い起こせば、2年前のアウェイ・千葉戦でアディショナルタイムに内村があの伝説のゴールを決めていなければ、今日のわがチームの好成績はなかったに違いありません。天国と地獄は紙一重ということが今日の試合でもそんな明暗が繰り広げられました。もう2度とJ2には戻りたくない、とあらためてそんな思いを強くする2時間でした。

松本と大分のサポーターの皆さん、おめでとうございます。今は祝福させていただきますが、来季のJ1では負けるわけにはいきません。いつかアウェイで遠征したいと思います。長崎のサポーターの皆さんは残念な結果でした。でも、4度も降格している私たちの立場から言わせてもらえば、すでに獲得した勝ち点29は大変立派な成績で、決して下を向く必要はありません。うちはわずか最少の4勝、勝ち点も最低の14を記録していますから…。ぜひともチームを見捨てずに、応援を続けてください。また、J1の舞台で戦いましょう。

posted by papa12 |21:39 | 思い出 | コメント(0) |

2018年11月11日

浦和サポーター考

昨日の浦和サポーターはさすが日本一のサポーターでしたね。最初の「うらーわレッズッ!」というコールから一気に野太い声が厚別に響き渡り、試合中もずっと風圧を感じるというか、対戦相手の選手・サポーターはもちろん、審判にも緊張感をもたらすのではないでしょうか。札幌ドーム開催時よりも人数的にはかなり少なかったものの、その分、精鋭ぞろいなのでしょう。威圧感が半端なかったですね。札幌ドームで開催すれば、双方合わせてあと2万人入っていたと考えられ、経営的にはもったいなかったところです。

厚別での浦和戦は実に18年ぶりだそうです。この時はJ2での対戦で、この2000年は4回戦って3勝1分けと一度も負けず、J2優勝を果たしたシーズンです。私は、浦和戦を生観戦したのは翌01年の札幌ドームが初めてで、当時の厚別決戦の盛り上がりは知りません。ただ、伝説のエメルソン弾幕を目にしたり、02年でしたか、「J2サッポロ」とコールされたり…。いやいや本当にJ2行きでしたが。08年には互いに応援自粛もあったりしました。

当方としては因縁の相手としてリスペクトしてきましたが、残念ながら当方はJ2暮らしが長すぎて、戦うことがほとんどなかったのが実情です。01年にともにJ1に上がった時は、ダービーの相手がいない札幌としてはライバル関係になれると期待したものですが、方や万年J2のエレベーターチーム、方やJ1優勝・アジアチャンピオンと完全にすれ違い、まったくの片思いとなったわけですね。

そんな浦和側からすると、歯牙にもかけない相手であろう札幌ですが、昨日、勝利の後、何と「ススキノへ行こう」を歌うではありませんか。札幌側からは怒りだす人が多くいました。私も悔しかったのですが、半ばうれしかったのも本当のところです。日本一のサポーターの彼らが札幌のことを少しは意識してくれていると感じたからです。「ススキノへ行こう」はここ数年の凱歌として定番になりましたが、浦和に対して歌ったのは確か昨年のホーム戦が唯一だと思われます。それを日本一のサポーターたちが根に持っていて、意趣返ししてきたとすれば、光栄なことだと思います。試合後にススキノでたくさんお金を落としてくれたでしょう。胆振東部地震の復興途上の北海道、ススキノとしてもありがたいことです。

昨日の試合結果・内容からも分かるように、残念ながら札幌はまだまだJ1上位で戦い抜く力は足りません。ACLもまだ時期尚早かもしれません。それでも、いつの日か、浦和などと実力で伍して戦い、応援でも負けずに渡り合う日が来てほしい。そして埼玉スタジアム2002に乗り込み、試合で圧勝して本物の「ススキノへ行こう」を響き渡らせ、さすがの浦和サポーターを黙らせてみたい、と夢をみています。そんな日が来るまで長生きしたいものです。頑張れ!コンサドーレ!!

1541941924-P1090537.JPG


posted by papa12 |21:14 | 思い出 | コメント(2) |

2018年11月11日

浦和戦の収穫

浦和戦は勝ち点を得られませんでしたが、試合以外の収穫を記録しておきます。この日はフェニックス様による「北海道応援マッチ supported by Kappa」。入場とともに、赤黒縦縞に北海道のシルエットが入った「Kappaオリジナルサッカーノート」をいただきました。2006年から続くKappaブランドのユニフォームはさまざまなデザインが登場しましたが、赤黒縦縞は不変です。これからも赤黒の魂を込めたユニフォームをよろしくお願いします。

1541924384-P1090835.JPG

第2ゲートからの入場直後、最初によつ葉乳業様から先日発売した「よつ葉のむヨーグルト」をいただきました。りんごとベリーミックスの2本です。おいしいんですよ、これ。すでに何回か買って飲んでいます。

1541925120-P1090806.JPG

ゴール裏ゾーンに席を確保した後、再び第2ゲート側に戻り、コンサ・土・農園のチャリティ募金ブースへ。募金に協力することで、さやあかね5個をいただきました。ほくほくする品種らしく、ふかして食べるのが楽しみです。

1541926649-P1090816.JPG

EZOCAブースに立ち寄り、EZOCAの来場者ポイントをつけてもらうと、洗剤のサンプルもいただきました。一緒にもらったエゾクラブマガジンコミュ10月号にはカーリングチームが紹介されていました。同チームはパシフィック・アジア選手権で優勝しましたね。一足早く世界で活躍するカーリングチームを祝福します。

1541927375-P1090823.JPG

エゾデン F-Powerキャンペーンブースでは、事前にネットでアンケートに回答したことで、ビッグサイズのオリジナル選手缶バッジがもらました。5種類のうち、チャナティップを希望しました。

1541927646-P1090828.JPG

最後にJICA北海道ブースに寄り、アンケートに答えると賞品が2種類あり、ノートの方をいただきました。

1541927771-P1090844.JPG

今度はバックスタンド側に移り、厚別食堂へ。なぜかガラガラで、オニオングラタンスープをすぐに買うことができました。温かく、本当においしかったですよ。

1541928171-P1090424.JPG

試合結果以外は収穫盛りだくさんだったのですが。次に期待です。


posted by papa12 |17:11 | 思い出 | コメント(0) |

2018年11月10日

試合巧者

残念でした。浦和は強かったし、個々の選手はやはり上手かったですね。それでも、真っ向勝負に挑んだわがチームもよくやったと思います。

前半、浦和にスキを突かれ、2点を奪われたのが痛かったですね。1失点目はあそこで相手FWをフリーにしてはダメですし、2失点目は相手右サイドからのグラウンダーのクロスが非常に良かったとはいえ、誰も触れなかったのが悔やまれます。

後半は相手が守備的にシフトしたこともあってか、わがチームの攻勢が目立ちましたが、ついにゴールを割ることはできませんでした。浦和は試合巧者だったと思います。これも元鹿島のオリヴェイラ監督流でしょうか。このチームに追いつき、打ち破ることができるようになってこそ、ACL出場への道も開けて行くのだろうと思います。頑張れ!コンサドーレ!!

それにしても、今日は審判のせいで負けたわけではありませんが、判定の基準が安定していないように見え、「あそこは流して、そこは取るのか」とイライラさせるジャッジでした。浦和の選手も妙に審判へのアピールが目立ちました。自らは反則をしないのならリスペクトされるのですが、陰でしっかりとユニを引っ張ったり、バックチャージをしたりしていて、ご都合主義のアピールに見えてしまいました。日本一のサポーターがついているのですから、ぜひとも選手・チームも王道を歩んでほしいと思ってしまいました。

posted by papa12 |21:21 | 雑感 | コメント(0) |

2018年11月10日

仙台戦の収穫

仙台戦は勝ち点3とともに、試合以外も盛りだくさんでした。この日は札幌ドーム様のスペシャルデーでした。

1541812703-P1080818.JPG

まず入場とともに、札幌ドーム様提供のオリジナルマグネットクリップをいただきました。ユニの色はホームの赤でした。また、ボートレース振興会様のオペラグラスと入浴剤もいただけました。

1541812983-P1090357.JPG

席を確保して向かったのが赤い羽根共同募金ブース。仙台のマスコット・ベガッ太とコラボしたクリアファイルと缶バッジをゲットしました。後で再訪すると、ドーレくんとブースに来ていました。ベガッ太はやんちゃらしいですが、なかなかいいやつでした。

1541812953-P1090350.JPG

1541813195-P1080846.JPG

続いて近くの札幌国際大学様のブースでアンケートに答えてファイルとボールペンをいただき、ユニリーバ・ジャパン様は「Dove」商品のサンプルを配布していました。

1541813479-P1090375.JPG
1541813523-P1090379.JPG

最後にクラブコンサドーレ会員限定のガチャコン。2回並んで計6回挑戦した結果、写真の5選手が出ました。ダブりがなくて良かったです。今からコンプリートするのは諦めています。

1541813550-P1090385.JPG

さあ、厚別での浦和との決戦に向かいます。勝つぞ!頑張れ!コンサドーレ!!


posted by papa12 |10:15 | 思い出 | コメント(0) |

2018年11月05日

今日のスポーツ紙

1面は2紙でした。まず道新スポーツ様は「札幌ACLへ勝ち続ける 3位譲らん三好弾 親友・板倉のクセ見抜き 後半29分左足さく裂」と報じ、写真はゴール後にサポーター席へ向かう三好でした。また、下の方にゴール後のゆりかごパフォーマンスの記事もあり、白井の第2子誕生を祝うものだったことが紹介されていました。2面にも「GK具“神セーブ”魅せた」という記事もありました。日刊スポーツは「三好V弾 3位再浮上 クラブ史上J1最高10位以内確定 幼なじみ仙台板倉に競り勝ち4戦ぶり2号『全員で勝ち取った勝ち点3』」と大きな見出しで、写真はゴールを喜ぶ三好でした。

1541421531-P1470146.JPG

裏1面はスポーツニッポンで「具聖潤神セーブ 18試合ぶりの完封勝利で連勝 後半先制直後の大ピンチPK止めた コンサ3位再浮上 行くぞACL」とソンユンを主役に据え、写真もソンユンがPKを止めたシーンです。一方、名古屋戦で1面を飾り、私の評価が上がったスポーツ報知ですが、また中面になってしまいました。ただ、メイン写真を唯一、サポーターにし、「完封コンサ連勝 ACL圏3位再浮上」となかなか大きな扱いです。1面に出してくれれば文句なかったのですが…。

1541421933-P1470149.JPG


posted by papa12 |21:27 | 思い出 | コメント(0) |

2018年11月04日

神様仏様ソンユン様!

今日のヒーローインタビューは決勝ゴールの三好がお立ち台に上がりましたが、本当のヒーローは誰が何と言おうとクソンユンでした。PKをストップしたのはもちろん、あと2点ほどビッグセーブで防いでくれました。ソンユン様様です。

試合内容は決して悪くはありませんでした。立ち上がりから仙台を圧倒しながら、得点できないもどかしい展開。とりわけ前半は押し込むことが多く、仙台はカウンターを繰り出すしかない状態でした。何度か決定機を演出するも、最後の最後で決めきれず、前半のうちに得点できなかったことで、難しい試合になってしまった気がします。本当に力のあるチームなら、3-0、4-0で押し切るべき試合だったのではないでしょうか。それができないから、3位に浮上するも、得失点差がマイナスのままなのでしょうね。まだまだ成長しなければならない課題が見えた試合だったのではないでしょうか。

それにしても、よく勝ってくれました。粘り強い仙台はアウェイでアディショナルタイムに追いつかれ、2-2で引き分けた相手。今日も粘り強い守備とすきを突く攻撃は健在でした。J1に居続けるにはこのたくましさを学びたいものです。

1541336813-P1080973.JPG

試合前、札幌の選手紹介の間、仙台サポーターの皆さんが「頑張ろう北海道 全ての仲間達がついている」という段幕を出してくれました。東日本大震災を経験した皆さんだからこそのエールに心から感謝します。あの年の仙台の選手たちの活躍を忘れません。札幌も今季、残り3試合。ACLを目指して奮闘します。頑張れ!コンサドーレ!!


posted by papa12 |21:49 | 雑感 | コメント(0) |

2018年11月03日

Presents by Dove

クラブパートナーとして継続契約が発表されたユニリーバ・ジャパン様のブランド「Dove」商品を買うと抽選で当たる「応援キャンペーン Presents by Dove」が行われています。仙台との決戦を控えた本日、サツドラ様に立ち寄り、応募はがきをゲットするとともに、応募するのに必要な500円以上の購入してきました。買ったのはラベンダーの香りがするボディーウォッシュ(ボディソープのようです)です。早速、A賞の特別サッカー教室は小学生対象で無理なので、B賞のレジャーバッグか、タオルマフラーを目指して応募したいと思います。

1541249999-P1080816.JPG

実はわが家では普段、「Dove」商品を買うことはありませんが、これを機会に利用し、試合の前の日はこのボディーソープで身を清めて翌日の応援に備えたいものです。なお、このキャンペーンの応募締め切りは12月1日の消印有効です。皆さんもぜひ「Dove」商品を購入して応募し、サポーターの力を差ポンサー様に示しましょう!


posted by papa12 |21:45 | 思い出 | コメント(0) |

2018年10月29日

今日のスポーツ紙

全紙そろい踏みとはいきませんでしたが、何と3紙が1面でした!

まずは道新スポーツ様。「ジェイ3位弾弾 札幌再びACL圏内 クラブ初2年連続J1残留」の見出しで、メイン写真は決勝ゴール後のジェイのガッツポーズでした。2面にも小さな記事ですが、「宮沢ジョー封じた」があります。日刊スポーツは「3位ジェイ弾弾 キタ~ッACL圏内 連続残留」の大きな見出しで、写真はジェイが決勝ゴールを蹴り込む瞬間です。また、中面の全国版にも「札幌ACL圏 ペトロ監督攻撃采配で3位」と結構大きな記事があります。珍しくスポーツ報知も「コンサ3位浮上 残留決定!! 行くぜACL ジェイ2発」と1面で報じ、決勝ゴール後のジェイがメイン写真です。

1540816952-P1470089.JPG

ただ1紙、スポーツニッポンだけは裏1面で「ジェイ2発 ACL見えた 残り4戦3位浮上&残留も確定」で、写真はジェイの決勝ゴールでした。

1540817091-P1470084.JPG

ぜひ今度は4紙そろい踏みで1面を飾りたいものです。


posted by papa12 |21:09 | 思い出 | コメント(2) |