コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2013年01月31日

前俊登場シーン

1359642090-P1270301.JPG

1359642113-P1270302.JPG

1359642131-P1270303.JPG


http://www.youtube.com/watch?v=R4G0CP-gw-w
【演奏してみた】暴れん坊将軍@殺陣のテーマ【ロックアレンジ】


posted by odo5312 |23:19 | Syunsuke.MAEDA | コメント(0) |

2013年01月30日

財前語録 1

<目指すサッカーの片鱗>


最も多く出た言葉は「慌てない」

対人練習中には「慌てない、慌てない」と繰り返し、「無理しなくていい」と後方でパスを回すことを優先させた。

「選手はどうしても自分でいいことをしてやろうと、無理なプレーをしてしまう。ただ相手のレベルが上がると(ボールを)失う回数は当然増える。それならシンプルに人を使わないと球は回らない」。

ボール保持率を第一に考える指揮官は、意識徹底の前段階として、ボールキープの大事さを説いていく。

FW上原慎也は「昨年までは奪ったら前にという感じだったが、回すことでじっくり攻めていくサッカーだなと。保持率は高まると思うので、練習でさらに高めていければ」と話した。


回すことでじっくり攻めていくサッカー 

 φ(・_・”)メモメモ


昨季はボールを奪うことが重点だった。今季は奪った後、いかに効果的な攻撃ができるかを追求

http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20130129-OHT1T00092.htm
(財前イズム注入!猛ゲキ初指導 @スポーツ報知)




1357226231-A_pxJIBCAAAII-3.jpg_large.jpg


全体のバランスが崩れぬよう

2人目、3人目でボールを奪う守備に力を入れ、

みんなでフォローして攻撃に向かう


「?」
もう少し噛み砕いて説明を…


道スポによると、

財前新監督が目指すサッカーは「全員攻撃、全員守備」だ。

「少ない失点で勝ち切るチームが理想。でも2点取られた時には3点取り返す力が必要」と攻守両面スタイルを貫く。
基本システムは4―4―2や4―2―3―1の2ボランチ。

「4バックが基本。1対1での球際は大事。でもバランスを崩すぐらいなら、2人目、3人目で奪いに行く。バランスを保てれば、時間をかけずに攻撃もできる」と言い切る。 

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/consadole/430904.html


posted by odo5312 |07:05 | 財前恵一監督 | コメント(0) |

2013年01月27日

闘GON継承

1359288849-P1270337.JPG

http://www.youtube.com/watch?v=e-VoqsJiEjg
(B'z ウルトラソウル 歌詞付き)

1359288947-P1270344.JPG

夢じゃない あれもこれも

1359288969-P1270366.JPG

今こそ 胸をはりましょう

1359289063-P1270376.JPG

http://www.youtube.com/watch?v=7QSYdddd0sw
(B'z ULTRA SOUL 2008 LIVE)

1359289090-P1270383.JPG

1359289125-P1270387.JPG


http://blog.livedoor.jp/odo5312/archives/51874698.html
(背番号『9』、ゴンさんから純貴へ)


posted by odo5312 |21:11 | Gon.NAKAYAMA | コメント(0) |

2013年01月27日

野々村顧問

1359287716-P1270329.JPG


スタジアムへカモン!(byコモン)


posted by odo5312 |20:42 | クラッキ野々村軍団 | コメント(0) |

2013年01月27日

新AWAYユニの古田

1359282960-P1270456.JPG


posted by odo5312 |19:32 | Hiroyuki FURUTA | コメント(0) |

2013年01月27日

18番は誰が背負う?

気になる芳賀番「18」の行方。

1996      足立恵蔵
1997~1999 吉原宏太
2000      高木琢也
2001      山瀬功治
2002~2003 曽田雄志
2004      河端和哉 	
2005      桑原剛
2006~2012 芳賀博信
2013      ????


本命視していた榊が「7」を背負うということで、次の「18」が誰になるのか非常に気になっている。


過去の傾向から予想してみる。


◎松本怜大

○横野純貴

▲荒野拓馬

△上原慎也


一応、各ポジションから選んでみた。


ウィキ:コンサドーレ札幌の選手一覧





1359281615-P1270306.JPG
18番はなんとなんと、深井一希!!! びっくりした~。 でも年代別代表だもんね! クラブの期待を背負って大きく羽ばたけ! http://www.consadole-sapporo.jp/teamdata/


posted by odo5312 |07:27 | コンサ★小ネタ集 | コメント(0) |

2013年01月26日

びびるな

名塚コーチの言葉に重みを感じ、メモ代わりに残しておこうと思った。

ニッカンスポーツより。

「考えろ! 相手をびびるな。引きつけて相手を動かして穴を見つけろ!」

「DFでのボール回しも、ただ回すだけでは意味がない。相手を感じて駆け引きしろ。敵を動かしスキをつくって仕掛ける。それでこそサッカーは面白くなるんだ」


http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp1-20130124-1075979.html
(札幌名塚C「考えろ! 相手をびびるな」)


相手をびびるな
相手を感じて駆け引きしろ

守備を再構築するにあたり、コンサの年間テーマでもある気がしてならない。


2000年AWAY駒場。
「してやったりという感じですかね」「クールに燃えました」
名塚のコメントは今も記憶に残っている。

あの時の岡田サッカーも全員守備だった。

当時J2最強の浦和に全員で立ち向かった。あの時も「びびらない」事からスタートした。監督も選手もサポーターも。

名塚イズムはコンサドーレの伝統の「たれ」。DFにおける継ぎ足しの「たれ」なんじゃないか…

そんな思いすらするんですねぇ。

赤黒のサカ場ライターは、新しいDF陣に期待してしまいますねぇ。

じゃあ、次の守備陣への言葉も待ってみましょうか。


スポーツ報知より。

http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20130124-OHT1T00063.htm
(名塚コーチ流「考チング」で判断力磨く)

「考えなくなったら成長は止まる。やらされるんじゃなく、常に自分で考えてほしい」

J1最下位に終わった昨季の戦いで、名塚コーチには気になる部分があった。
「数的優位なのにミスパスしてピンチになったりしていた」。


「ボーッとしている選手はプレーに出る。与えられたことだけじゃなく、勝つために一人一人がどうするか考えれば、自然と答えは出る」


「サッカーは11人でやるもの。特に人を動かせないと、今は通用しない」

「今もポテンシャルはあるが、やってないだけ。やれるし、変えられると思っている」


念願のDFの改革が始まっている。見守っていきましょう!












posted by odo5312 |10:05 | DF・GK | コメント(0) |

2013年01月22日

3.3千葉決戦

3.3ひなまつり開幕戦は、チバプールJEF

http://www.consadole-sapporo.jp/news/2013/01/013831.html

踏み出せば
その一戦が
道となる

迷わず行けよ
行けばフクアリ

【第1節 AWAY】
3月3日(日) ジェフユナイテッド千葉 vs コンサドーレ札幌
■会場: フクダ電子アリーナ (千葉市中央区川崎町1-20)
>> ジェフユナイテッド千葉について
    ・昨年の順位: J2 5位(勝ち点72 21勝9分12敗 61得点33失点)


1358857191-inoki.jpg


http://www.youtube.com/watch?v=hogR-r9nkAA
(猪木「出る前に負けること考える馬鹿いるかよ!」)


posted by odo5312 |21:18 | 相手チーム | コメント(0) |

2013年01月21日

赤黒の塗り絵

2008年埼玉スタジアム。

芳賀のタテパスから「す、な、か、わ~!!」先制GOALに萌えたあの日。

高速鉄道を降りると、浦和の若い女性達がユニを着て闊歩していて、うらやましく思ったもんだ。

ロングの巻髪にミニスカート、それに浦和の赤ユニを着て3~4人固まって歩いてたりする。

ミーハーだらけの代表の試合じゃない。Jリーグの試合なのだ。
おやじだけでもない。男だけでもない。中高年だけでもない。幅広い年齢層こそが脅威であった。
埼玉のプライドを着ているギャル。「老若男女」で戦いを演出する一種のコスプレ県民ショーではないか。


幅広い年齢層の集客。浦和に出来てなんで札幌は出来ないんだ。反骨精神がメラメラと燃え上がった。

うちだって赤系のユニなのに。ギャルが着ても似合うデザインなのに…

ファン層を拡大させにゃならん!と巨大スタジアムをにらみながら思ったものさ。


☆  ☆  ☆  ☆  ☆


今年のAWAYユニが大変カワイイ!と好評だ。史上最大のつけまつける◎な白ユニぱみゅぱみゅとの評判だ。

HOMEの赤黒縦縞はウェストが細く見えるデザインで、縦縞本数も増えた。

若い人たちにも是非ファッションアイテムに加えて欲しい。

若梟を追っかける「追っかけギャル」が増えるかどうか。そんな部分にも注目したい。

なにも心配するこたぁない。

今の「おばサポ」は昔の「コータギャル」だったりする。戦いのメリーゴラウンド。それが厚別の歴史ではないか。

きっかけはミーハー。
ギャルサポも、今では「私がおばサポになっても」。
ミーハー上等。上等の2乗。

一曲お聴きください。モリタカで「ザ・ミーハー」。

http://www.youtube.com/watch?v=hGcn6oGMFug

スタジアムの活気は、あらゆる客層を呼び込むおおらかさから生まれる。応援の方法に垣根もへったくれもない。あらゆる応援をパワーに換えたから、昔のスターはGOALが生まれ代表に選ばれたのだ。

去年のリーグ戦は客席からの歓声が足りなかった。「見慣れたプレー」ばかりだったからだが、新規のお客が少なかったとも言える。ナビスコ鹿島戦の榊のGOAL時が最大値だったのではないか。リーグ公式戦のシュート数、GOAL数を嘆くと同時に、スタジアム全体の歓声の減少を憂慮していた。良いプレーに歓声を上げることは、難しいことなのか。サッカーに詳しくない人の方が歓声を上げるんじゃないか。観客が固定化してスタジアムの空気もマンネリ感が漂った。

もしかするとコンサのサッカーをつまらなくしてしまったのは「目が肥えてしまったコアサポ」のせいではないのか。机上の札幌スタイルに雁字がらめになった悪夢をサッポロクラシックで流し込む。(これぞ、サカ場ライター…って書いてる場合かっ!)

こんなことなら、俺らも違うサッカー観でコンサと向き合わなければならないのではないか。勝ち負けだけにこだわらないサッカーというのなら、勝ち負け以外に歓声ポイントを見つける努力をするしかないではないか。
(あれこれ書いたが結論は出ない。ブレたくはない。勝利至上主義でいたい。しかしそれだけでは窒息死してしまう)

究極を言ってしまえば客層を変えて行くしかないんだ。2013年のテーマ「新陳代謝」だ。スローガンはニトリホールで発表されるだろうけど、とりあえず新陳代謝が不可欠。

勝ち負けだけなら、古いサポはどんどん減っていくだろう。資金力も戦力も関係無い価値観の創造が必要な難しい局面を迎えた。懐かしんでいても昔のコンサにはもう戻れない。
仕方ない。クラブが変貌を遂げる時、血の入替は起こるものだ。残った古いサポは、新しいチームに付いた新しいサポをどんどん受け入れていかなければ。



前置きが長くなった。

ツイッター経由での拾い物。

新鮮なイラスト。

ファン層拡大への願いを込めつつ。



https://twitter.com/morisoba6717/status/293243146081550336/photo/1
(「赤黒ギャルサポ 2013ver」 @もりそば様)


   ↑ ※タイトルは勝手につけました



posted by odo5312 |21:31 | 赤と黒 | コメント(0) |

2013年01月17日

Kappaダービー

同日の新ユニお披露目。

一枚で表すと↓こんな感じだったようです(笑)

http://gogoinu.sakura.ne.jp/inulog/?p=4887
(いぬろぐ様 新ユニフォームお披露目2013)


ここの作者さんはドーレくん好きです。

posted by odo5312 |07:18 | 相手チーム | コメント(0) |

2013年01月15日

マイベストイレブン

1358255023-777c8dacc90eda2927d8c94c94603300.jpg


http://j20th.jp/eleven/detail/637



FW
    吉原 宏太
    ダヴィ
MF
    西谷 正也
    クライトン
    芳賀 博信
    砂川 誠
DF
    西嶋 弘之
    曽田 雄志
    池内 友彦
    田渕 龍二
GK
    佐藤 洋平 


4-4-2

お遊びとはいえ、かなり理想的なバランスです☆

http://j20th.jp/




posted by odo5312 |22:03 | 俺達の札幌 | コメント(1) |

2013年01月14日

守備の再構築から

2012年のJ2データを眺めていたら、今年にもあてはまるであろう重要ポイントを見つけた。

下位5チームの総失点数が突出しているという点だ。
さっかりんの得失点グラフをご覧いただきたい。


http://soccer.phew.homeip.net/chart/league/?type=tokusitu&start=&year=2012&league=J2


福岡68、富山59、鳥取78、岐阜55、町田67。


昨年データで言えば、岡山の33失点(!)から、山形、栃木、水戸、徳島の49失点の間で抑えるのが最低目標だ。


長崎の高木新監督ではないが、「まず残留」という気持ちで守備の再構築からしっかりやっていきたいところだ。

熊本キャンプでは、櫛引、奈良、日高、新加入の趙成真(チョ・ソンジン)、パウロン、松本らDF陣だけでなく、チーム全体で堅守の意識を植え付けたいところだ。


http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/consa-burn/184434.html
(堅守構築 名塚に重責 @燃えろ!コンサドーレ 平川弘の通信簿)

posted by odo5312 |08:33 | データファイル2013 | コメント(0) |

2013年01月13日

育てて売って、また育てる

サンデーモーニングでやっていたクラブ経営ネタをつぶやいたら、最初にエスパルスサポとセレッソサポから反響があった。
(※その後、Jクラブサポや代表サポから続々RTされる)

https://twitter.com/odo5312/status/290251184713916416

資金力の大小に関わらず、サポがクラブの経営状態を気にしている。

Jリーグそのものが曲がり角に差し掛かっているの事に、多くのJリーグファンたちが薄々気づき始めたとも言える。



1358039544-BAct6ijCYAAIm8d.jpg_large.jpg

クラブライセンス制度については、まだよくわからない部分が多いのだが、とりあえず有名なライターさんのコラムを貼っておく。


http://www.jsports.co.jp/press/article/N2012100110270302.html
(元川悦子 2013年度からのクラブライセンス制導入がJリーグに及ぼす影響を考える)

http://www.ninomiyasports.com/sc/modules/bulletin/article.php?storyid=4606
(二宮清純 「クラブライセンス制度」が根付かす経営的戦略)



1358039578-youth_top_final.jpg

おぼろげながら、若手選手を育てて他チームに売っていくクラブに特化していくのだろうなと。

岡田武史さんは先の先まで読んでいたな、と。

ただ、岡田さんはこうも言っていた。

「札幌はビッグクラブになる可能性を秘めている」

さて、長期的な戦略の先に「ビッグクラブ」という野心はあるのだろうか。

野々村顧問は「夢を売りたい」という。

夢は何か。J1定着なのか、安定経営か、専用スタジアムか。


その前に今季やるべきこと。2つ。

◎単年度黒字の達成

◎J2からJFLに落ちない


http://www.jsgoal.jp/record/j2.html

http://www.jsgoal.jp/goalrank/j2.html



posted by odo5312 |10:11 | HFCの経営・営業 | コメント(0) |

2013年01月12日

目標順位について

6位以内を目指し、プレーオフ進出をかける!
という意気込みはいい。では具体的にどれくらいの得点力を整えなくてはならないか調べてみた。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/jleague/2012/data/rank/rank_j2.html

まず、スポーツナビの順位表を眺めてみる。
松本山雅を見てみよう。勝ち、分け、負けがだいたい1:1:1だった場合、22チーム中12位だ。
1勝1敗1分けペースで真ん中あたり。


http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/jleague/2012/data/rank/goal_j2.html

http://soccer.yahoo.co.jp/jleague/stats/j2

http://www.jsgoal.jp/goalrank/j2.html



次に得点ランキングで松本の選手が何人いるか。これを調べてみる。

船山 貴之  12点
塩沢 勝吾  11点

二桁得点者が二人いても、真ん中の順位だ。

これだけで、いかにJ2が大変かわかろうというもの。


ちなみに6位でプレーオフに食い込み、逆転昇格を決めた大分は、

森島 康仁  14点
三平 和司  14点

と二人のストライカーがいた。


2位で自動昇格を決めた湘南は、二桁得点はいないが分担して得点している。

馬場 賢治      9点
キリノ(25節から加入)7点
菊池 大介      7点       
遠藤 航       7点
高山 薫       6点



6位以内に入るには、

1.計算できるストライカーは2~4人必要

2.失点は1試合平均1点以内に抑える


この2つの条件を揃えるだけでも、相当厳しそうだ。

例えば、内村、上原、前俊、榊、横野の5人が結果を出すことだ。

さらに2の条件が難しい。


6位以内を目指すという目標は現実的ではないかもしれない。

では、どのあたりが妥当なのか。

やはり1勝1分1敗ペースで中位あたりでないかというのが、現時点での予測である。

posted by odo5312 |10:45 | 戦国J2 | コメント(0) |

2013年01月12日

赤黒系アメーバブログリスト

(五十音順)

池内友彦/イケ
http://ameblo.jp/dack20/

上里一将/カズゥ
http://ameblo.jp/uesato-kazumasa/

岡本賢明/ヤス
http://ameblo.jp/yasuaki-okamoto/

日高拓磨/たくみぃや
http://ameblo.jp/hidaka-takuma/

横野純貴/ジュンキ
http://ameblo.jp/yokono-junki









posted by odo5312 |08:20 | オリジナルリンク集 | コメント(0) |