コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2017年06月24日

宝塚記念熱闘予想

本命
2  ゴールドアクター

単勝2

馬連  2から流し   5・6・10・11


自信度B

posted by odo5312 |21:44 | お馬さん | コメント(0) |

2017年06月24日

タイのメッシでなく、タイの小野伸二を目指せ

タイの追っかけ メディアが熱い
どれだけのタイ王国国民が見ているのだろう
クラブの命運がかかる今夏最強の補強、チャナティップ・ソングラシン
その動向に要注目だ

チャナティップは日本代表相手にも臆することなくトップ下を務めた
小野伸二のアドヴァイスで化けること必至だ
稲本先輩、小野先輩、よろしく頼みます!

https://youtu.be/3Ifvc2ndEvo

posted by odo5312 |19:14 | チャナティップ18タイメッシ | コメント(0) |

2017年06月23日

赤黒応援企業のチラシチェック

オートバックスさま
流石です!

クルマのことならオートバックス!
クルマのことならオートバックス!
クルマのことならオートバックス!

宣伝のハットトリックじゃ
とっくん、やったれ

1498164908-IMG_3071.JPG


posted by odo5312 |05:53 | スポンサー様/パートナー様 | コメント(0) |

2017年06月22日

いわきFC戦分析 その2

つづき

四方田の責任はどこまでなのだろう
リーグ戦は結果が全てなので言われても仕方ないかもしれない
だが、天皇杯はそこまで結果が求められていただろうか
私の見解は、否である
天皇杯は捨て試合
これが結論だ
なぜなら、何も収穫がなかったからだ
四方田監督は収穫がない事を想定してあのメンバーで挑んだのだ
決していわきFCを侮っていたわけではない


カテゴリーが6つだか下というのは、うわべだけの話であって
厚別で体感したそれはレベル的にはJ2のそれであった
恥ずかしい試合をしやがって
こんな意見が大勢を占めていたのだろうが、私は全くそう思っていない
天皇杯のメンバーがJ1レベルなんて言ったら他のJ1に笑われる
福森以外は、J2レベルなんじゃないかなというのが率直な意見だ


https://youtu.be/cHTRE9xdt-U


四方田監督はあえてスタメンを入れ替えて、いわきFCと戦わせた
いわきFCを侮るどころかJ2レベルと判断した
だからこそ、コンサの2軍で戦いを挑んだのだ
これを勝ちに行っていないと解釈するのは勝手だ
四方田はもしかしたら、いわきFCの選手たちと戦う中で2軍メンバーに
闘争心を呼び起こす事に賭けたんじゃないかと思う

監督の賭けは半分は当たった
ヘイスが試合勘を取り戻すキッカケを掴んだ
半分は裏目に出た
金山は5失点目で屈辱的な股抜きを決められた
延長戦で集中力が切れた
金山だけでなく前、石井、上原、内村などが個での打開が出来ず
現時点での限界を晒した
相手はアマチュア、地域リーグ
四方田監督はあえて失態を晒し、トップチームと2軍との実力の乖離を晒したのだ

公式戦で晒すということは、当然三上GMの査定対象になる
四方田監督更迭論があるとするならば、何故三上GMの責任が問われないのだろう
コンサのJ2優勝は、フロントのトロイカ体制が上手くいったからであるし、
四方田監督就任の背景には、三上GMの五段階強化計画が少なからず影を落としているはず
もし四方田責任論、解任論があるならば、それは三上GM責任論と表裏一体でなければならない
ヘイスの出来不出来も、リーグ戦に影響する
ヘイスだけでなくて外国人全般に言えることだ

チャナティップは五段階強化計画と一線を画し、野々村社長のアジア開拓路線の賜物だ
それを考え突き詰めていくと、ブラジル人の穴はタイ人が埋め、三上の失策は野々村社長が助ける、こんな構図で後半戦に進んでいく
四方田責任論など、まだまだ時期尚早
15位残留圏内に、夏場までいるだけで既に石崎コンサより百倍マシというもの

要は、勝ち負けだけで判断するなということ
サポーターズ集会での野々村社長発言を思い出して欲しい
残留がラクじゃないことは春先から解っていたこと
その意味で、カップ戦で底上げが出来ていないのを確認した監督に、フロントへの
アピール、つまり補強プリーズの訴えを感じたのは私だけではないだろう
2-5で負けて、そのままでリーグ戦に突入できるわけないのだから

チャナティップは、ルヴァンカップのセレッソ戦アウェーから出場可能だという
来日してすぐにポジションを奪うのであれば、四方田のメッセージは一連の流れの中で腑に落ちることだろう

監督が変わるか、選手が変わるか

そう言ったのは四方田の師匠、岡田武史 1999年
鹿島アントラーズにジーコイズムがあるように、コンサドーレ札幌には岡田武史イズムがある
四方田解任論を振りかざす前に、今一度コンサの歴史を振り返ったらいい
二十数年の歴史から紐解けば答えは一つ
選手たちが変わるしかない
変われなければJ2に落ちる
それが見えた天皇杯いわきFC戦であった



posted by odo5312 |20:54 | ルヴァンカップ(ナビスコカップ)・天皇杯 | コメント(1) |

2017年06月22日

いわきFC戦分析 その1

大谷地の東光ストアで買い物をしてスープカレー屋で椰子の実チキンカレーを食す
厚別競技場行きの中央バスに乗ると熱心なコンサファンですぐに満席に
210円を払い競技場に着くとキッチンカーが2台暇そうにしていた
ホームメイン側からいわき側を見るとゴール裏弾幕がびっちりと張ってあった
アマチュアとはいえ天皇杯に対する意気込みが伝わってくる
メインスタンドの屋根の下は関係者席としてスズランテープで囲われていた
その後ろを貴族席立見と命名し傘を引っ掛け場所を確保する
厚めの雲が厚別の空を覆っていていまにも降り出しそうな気配がしていた
風が強くあと1時間何をしようかと思っていたら、チャナティップがピッチに登場
この時点でチケット代2,100円の元は取った、素直にそう思った

https://youtu.be/JEDG7CkTaYI

チャナティップは鈴木智樹に連れられサポーターに軽く挨拶
スマホでタイに配信しているようだった
いわきFC側からフラダンサー3人が出てきて寒い中踊ってくれた
のちに関係者席に戻ってきて試合を観戦していた
俯瞰で立見も悪くない
兵藤が間違っていわき関係者側に出てきたり、いわきサポーターの様子を観察できたり
120分後に2-5という歴史的大敗を喫するのだが、5回分のいわきサポーターの歓喜を真近に見ると、97年10月にナビスコカップで厚別に鹿島アントラーズを迎えた時の興奮が蘇ってきた
あの時、俺たちはJFLで、鹿島アントラーズと対戦する事は夢のようなコトだった
昔の自分といわきイレブンといわきサポーターを重ね合わせて試合を見ていると、不思議なことに腹は立たなかった
あっぱれだなぁという感心の苦笑いが浮かぶだけ

コンサについて不満があるとすれば、例えばダブルボランチがどうのとかサイドの動き出しがどうのとか言いだせばキリがないのだろうが、あの夜に限ってはどう転んでもいわきペースのまま終わるんじゃないかと思っていた
走力、体力、モチベーション、フィジカル、ガッツ‥‥ありきたりな言葉を羅列しても伝わらないかもしれないが、10番を中心に纏まっていたのは間違いなくいわきFCであった
怪我で出遅れたヘイスが意地の2ゴールで延長に持ち込んだのは良かったが、あの雨と寒さの中では正直90分で負けた方が‥‥なんて思わなかったと言えば嘘になる
実際に最終のバスに揺られながら考えていたのは、敗因ではなくこの試合でコンサが得たものは何かという問いだった
問いの答えは、おそらく今ざわざわし始めた四方田責任論にあるのではないかと考えている
四方田の責任はどこまでなのだろう
リーグ戦は結果が全てなので言われても仕方ないかもしれない
だが、天皇杯はそこまで結果が求められていただろうか
私の見解は、否である
天皇杯は捨て試合
これが結論だ
なぜなら、何も収穫がなかったからだ
四方田監督は収穫がない事を想定してあのメンバーで挑んだのだ
決していわきFCを侮っていたわけではない


つづく

posted by odo5312 |19:12 | ルヴァンカップ(ナビスコカップ)・天皇杯 | コメント(0) |

2017年06月21日

いわき戦 19時厚別 キックオフ

逆ジャイキリ警報発令中

1497987977-IMG_2999.JPG


posted by odo5312 |04:44 | ルヴァンカップ(ナビスコカップ)・天皇杯 | コメント(0) |

2017年06月20日

チャナティップがやってくる!!

チャナティップ・ソングラシン インスタ

https://instagram.com/p/BVitT_gB4k7/

posted by odo5312 |17:09 | チャナティップ18タイメッシ | コメント(0) |

2017年06月19日

西大伍のバスフィッシング

西大伍のバスフィッシング・スタイルを
動画で観察する

釣りとサッカーの共通項を見出した
あの竿ふりは、あのパス出しに似ていないだろうか

茂みに潜む獲物目掛けて竿を振る
ゴールの匂いを感じた所にパスを出す

札幌でも釣り堀対決で番組を盛り上げていた西大伍
やっぱり西大伍は札幌が育てた(格言)

https://youtu.be/FRi8WPIrvyQ

posted by odo5312 |04:06 | Daigo NISHI | コメント(0) |

2017年06月18日

私見 Jリーグラボ いわきFC篇

この回はある意味対照的な社長同士の対談になった
いわき大倉社長に対する野々村社長の質問にコンサドーレの方向性がおぼろげながら見て取れた
結論から書いてしまうと、いわき大倉社長がサッカースタジアムを保持して街の中心からいわば不動産業として拡大していく方針
野々村社長は冬場の雪の事を第一に理由に挙げ札幌ドームにとどまり、サッカーの質で観客を呼び込むといった戦略だ

いわきは行政と一緒に、アンダーアーマーと一緒に街づくりから始めるのに対し、野々村社長は今ある札幌市の資産・札幌ドームの全天候型メリットを享受し、あえて自前のスタジアムグルメやイベントで客を呼び込もうとせず、試合というソフトを海外へ売り放映権料で稼ぐという事に着眼した
チャナティップ・ソングラシンで今季中にある程度、収益は確保できるだろう

野々村社長の考え方は、2月のサポーター集会から一歩踏み込んだ内容であり、現在進行形のファイターズ移転計画をも当然視野に入れている
札幌ドームに対する不満は、スタジアム使用料金が他地域に比べ高いことと、日程が自由に組めないこと
ファイターズが移転すれば、日程面はクリアするのだから

専用スタジアムで通年で利益を出し続けることは、難しい
その答えは、この対談のテーマにある
ビッグクラブ
コンスタントに集客して50億くらい稼げないと厳しい 
野々村社長はスカパーを通じて暗に我々にメッセージを送っているのだ


1497779387-IMG_2947.JPG
↑名波監督からブタ呼ばわりされ自虐ネタにする野々村社長


posted by odo5312 |18:25 | 野々村社長/ノノノミクス | コメント(0) |

2017年06月18日

西大伍起点の2ゴールに沈む

Jリーグタイムを録画で見た
西大伍、おもいっきり得点に絡んどるやんけ
やるやるとは思っていたけど、あそこまでわかり易いパスを出しちゃうとは

最初の2失点で撃沈

コンサドーレにスカウティングってのは存在してるんだろうか
起点を潰さないとああなる
鹿島を舐め過ぎだったよな

直ぐ下に大宮が迫ってきた
ここから再度エンジンをかけられるか
それとも降格スパイラルに陥るか

来年もカシマサッカースタジアムに行きたければ残留するっきゃない


来年こそカシマに行きたいぞ



訳あって遠征をドタキャンしたもんでな

来年こそは………………

1497757957-IMG_2929.JPG



西大伍は札幌が育てた(格言)

西大伍に札幌はやられた(結果)

https://youtu.be/7I4lK8nNOyc


posted by odo5312 |08:19 | Daigo NISHI | コメント(0) |

2017年06月17日

鹿狩りチャレンジ

前乗り組はすでにトーキョーを楽しんでるご様子

わたしはこれから成田に飛び、乗り鉄しながらイバラキーに入る
イバラキーは2000年のJ2水戸戦@ひたちなか以来となる

コンアシを見た
兵藤、頼んだぞ!

あ、もう時間がない

行ってくるっす!

ゴール祈願!
1497645827-IMG_2916.JPG


posted by odo5312 |05:23 | アウェー旅 | コメント(0) |

2017年06月15日

とっくん31歳バースデーおめでとう

6.16は都倉賢選手生誕祭

17日はバースデーゴールで
鹿狩り!
新聞には、バースデー弾
って書かれるね

18日は父の日だから
赤×黒系のお父さん達には
勝ち点3が欲しいなあ

いや、贅沢は言わない
勝ち点1
でもいいよ

先におめでとうとお礼を
させてもらうね

だって
コンサ辞典に格言が載ってたからさ

アウェー旅は自己責任

アウェー戦、勝てば喜びは3倍、負けたら悲しみは5倍

アウェー旅、試合前が一番楽しい

ってね

22年もコンサを見てたらね、いろいろ学ぶんだよ

強い奴に会いに行く

とか

西大伍は札幌が育てた

とか勝ち負け以外の何かにこだわってカシマスタジアムに行くんだから
とにかく全員がベストを尽くしてくれればいいよ

レスターの岡崎みたいに泥臭くいったれ!

posted by odo5312 |19:30 | TOKURA Ken | コメント(0) |

2017年06月15日

キングスター ススキノ

1497475444-IMG_2888.JPG


posted by odo5312 |06:23 | 街角コンサ | コメント(0) |

2017年06月15日

KAMO パルコ

1497475364-IMG_2886.JPG


posted by odo5312 |06:21 | 街角コンサ | コメント(0) |

2017年06月15日

タイでPRできる良い機会

北海道とともに世界へ
を地でいく親善試合

北海道の成長産業は
食と観光
と言われている

タイの人々が北海道に
たくさん来てくれる日も近い
北海道の食材がタイにも渡る
サッカークラブの親善試合は
北海道代表の意味を持つ
その波及効果に期待する


1497475009-IMG_2896.JPG


posted by odo5312 |06:15 | 野々村社長/ノノノミクス | コメント(0) |