コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2009年10月31日

天皇杯→天皇賞

toto-GOAL3、いとも簡単に1等が当たってしまったではないか!

(1)コンサが0-2で清水に順当負け。(あんま嬉しくないけど)
(2)三浦神戸が得意の1-0勝ちで柏を下す。
(3)鹿島の3、福岡の0なんて極々普通に予想できるっしょ。

てなわけで、今年2回目の1等&2等数本まとめて(σ・∀・)σゲッツ!!
順当すぎる結果なんで1等でも4千円しかつかないけどなー。


で、明日の天皇賞はどうすっぺ?てなわけで。

(1)コスモバルクからワイド総流し
(2)カンパニーからワイド総流し
(3)ドリームジャーニーから馬単数点流し

ホント何が来るかわからん秋天だな。荒れちまえ!!



 

posted by odo |23:01 | totoのカルパッチョ | コメント(2) |

2009年10月30日

天皇杯3回戦清水戦展望

展望もたまには「愚痴&ボヤキ」モードでええんかいな、と。
ネガティヴ予想なので、気を悪くされる方もいらっしゃるかもしれません。だが、今の俺の正直な心境であります。

まず、トトワンの「今週の波乱警報」なんだけども、

2連敗中の清水はリーグ戦に集中する可能性も
モチベーションが高い札幌が波乱を起こすか 

http://www.totoone.jp/haran.html

なんて書いてあるんすヨ。

俺に言わせりゃ、「清水は天皇杯にも集中する」し、
「モチベーションは高いとは言えない札幌」という分析なんだけどね。

クラブが石崎信弘監督の続投という方向性を示しているため、
来季へ向けた自己アピールを行うべく選手たちが好プレーを披露する可能性は十分

↑の部分にしたって、リーグ戦でアピールすべきところをアピールできていないんだから、天皇杯だけ頑張っても指揮官の目は騙せないゾ。
あと気になってるのが、石さんが「これからどういうサッカーを目指す」というのをあまり語らない事だ。開幕前は海外サッカーみたいなダイナミックなサッカーを目指すと言ってた気がするんだが、選手達があまり伸び伸びやってないように見えるし…。
パスを綺麗に繋ぐことばかりに集中し過ぎて、肝心なゴールを目指すという姿勢に結びついていない。選手達がまだまだゲットゴールに関して貪欲でない。岡崎に教えてもらえよ、と。
愛妻家なのは充分にわかったから、そろそろ自身の戦術と現有戦力の不整合について語って欲しいもんだなぁ。これはノノさんの仕事なんだけどな。頼むよ、のんのん。

キリノが1点獲るのがせいぜいだろう。

札幌1-2清水
札幌1-3清水
札幌0-2清水
札幌0-3清水

正直な話、トトラーとしては、上記のスコアしか予想できない。スマン
4回戦に進む力量があるとはとても思えないんだわ。
むしろ心を鬼にして清水にガツンとやられて欲しいなんて思っている。
厳しい事書くようだけど、今やってるサッカーがJ1に通用するサッカーだなんて、変に勘違いされたら困るんだよね。


J2札幌が番狂わせを起こす展開に期待し、この一戦は「0」や「2」をマークしてみては(トトワン)

↑ ありがたいっちゃありがたい一文だけども…そんなに甘くないぞ清水は。
トトワン編集部に「コンサは静岡で勝ち無し」っていうデータはあるんだろうか。

元日国立を目指す気迫は清水の方が高いような気がするけどなぁ??
実際のところどうなんだろう。


http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00091828.html
(【第89回天皇杯3回戦 清水 vs 札幌】プレビュー:
両チームとも結果も内容も求めたいガチンコ勝負。清水は自分たちのリズムを取り戻すことができるか)

http://soccer.yahoo.co.jp/jleague/player/500224/index.html
(お元気? DF 平岡 康裕 ヤスヒロ)

posted by odo |19:20 | ルヴァンカップ(ナビスコカップ)・天皇杯 | コメント(0) |

2009年10月30日

マジっすか!?

トトワンから“まんま”コピペしとく。
これをどう判断するかは貴方次第。

J1清水が足をすくわれる展開も!?
3者とも清水vs札幌で「2」をマーク 

http://www.totoone.jp/

目を疑うよなぁ。
俺が札幌を知りすぎてるのか、トトワンが札幌を過大評価しているのか、
コンササポとして買うのか、トトラーとして買うのか。
totoに私情は禁物だぜ。禁のモツ鍋だぜ。
危ぶむなかれ、危ぶめば1等はなし、
踏み出せばその一蹴りがゴルとなり、その一蹴りがゴルとなる


ちなみにtoto-GOAL3の予想は、大仏と一緒だった。
迷わず買えよ、買えばわかるさ。アリガトー!




<最近の対戦成績>
2002/08/03 A・清水 3-2 札幌・H
2002/10/05 H・清水 3-0 札幌・A
2008/07/05 A・清水 2-2 札幌・H
2008/09/13 H・清水 3-1 札幌・A



<本日のパクればいいベアー>

ようつべ 「セレッソ大阪公式チャンネル」

http://www.youtube.com/user/CerezoOsakaOfficial

これからは動画の時代じゃ。

クラブ自ら発信すればええんよ。


良いものは真似すべし!

「コンサドーレ札幌公式チャンネル」

速攻でつくれーー!!!

健作兄さんをリポーターにしたらええやん!!




posted by odo |01:37 | totoのカルパッチョ | コメント(0) |

2009年10月29日

宣伝乙ゲーフラ

店名入ってない所がミソ

091025_221547.jpg


posted by odo5312 |20:20 | 焼鳥ばんぶう(狸小路5) | コメント(0) |

2009年10月28日

8割勝てない

■これで3回戦進出ですが、相手はリーグ首位の清水です。いけるでしょうか?

普通に考えれば、難しいですよね。8割勝てない。
でも○ェルディが負けたり、○レッソが負けたりするわけで、
やり方によっては充分チャンスがありますから、そこが天皇杯の面白いところですよね。

http://www.hbc.jp/radio/asadoki/nonomura/index.html#m
(野々村芳和語録)


えー、私は仙台戦で9割勝てないと思ってました(苦笑)
totoで仙台勝ちに賭けたくらいだもん。(サポトシテアリエネー)

ノノさんの8割も社交辞令込みなんだろな。

やり方によっては充分チャンスがある

↑ この秘策ってなんかあるの?

posted by odo |06:22 | ルヴァンカップ(ナビスコカップ)・天皇杯 | コメント(2) |

2009年10月26日

前の補強について

 FWとGKの補強が最優先だなと感じ始めた今日この頃。
キリノが18点獲って及第点だとしても、セカンドストライカーが不在なのはいかがなものか。

 チーム2位がダイゴだからなーーーー。41試合7得点。う~む。もっと前で使えばいいのに…

 期待してたセーヤがなんと年間を通して不発弾ですもの。参ったよなキムヨナって感じの43試合3得点。辛口になってしまうが、本人に「サイドアタッカーは点取り屋」ってイメージがあまりにも無さ過ぎる。監督にも責任がある。
なぜなら三浦コンサの時のセーヤの方が輝いていたから。

 次の誤算は岡本ヤスだな。怪我もあったし、戦術理解度も半端だった印象。23試合4得点。

 セーヤの穴を埋めたかに思えた古田も結果が出ない。16試合0得点。やっぱりフットボールはフットでボーズがボールをゴールにビョーブに絵を描いた、じゃないと。

 宮澤も期待を裏切りキングだ。FWなのに FWなのに なんとなんと、42試合5得点。こんなもんかなーという感じもしないでもないが、あのアントラーズからもオファーが来た逸材。コンサじゃなかったらもっと入れてるんじゃねーの?と書きたくもなるな。まだシーズンは終わってないから噴火を待ってますヨ。

 上里はキャプテンということもあって批判の矢面に立たされているけど、よーーく考えてくだしゃんせシャンゼリゼ、狸小路はポンポコシャンゼリゼー。今年からレギュラー掴んだいわばグリーンボーイ。
46試合5得点は物足りないかもしれないが、「46試合出た」ことが彼の最大の収穫なんざます。キャプテンとしての力量は少なくとも、名塚、野々村、芳賀のグループではなく、残念ながら梶野、森下、和波のグループかもなという気もする。しかし化ける可能性も多少は残していると見る。

 ダニルソンが38試合4得点。これもかなーーーーり少ない。期待を裏切っていると言わざるを得ない。
 スナが43試合3得点。明らかに少ない。西谷と比べてはいけないが…来年の残留はかなり厳しい。
 ハファエル13試合2点、芳賀30試合1点。これまた少ない。というか起用法から見れば妥当?
 上原が23試合3得点。もう少しやれると思ったが…来年は勝負の年だ。
 元気が22試合1得点。FWじゃないよね。来年はコンサでは難しいかな。
 横野が5試合0得点。育成期間につき。
 石井が13試合0得点。もう他チームで修業するしかないぜ。

というわけで、前の補強は必須なのであります。




 そこで、こいつが欲しいっちゅーのを挙げてみます(10/26現在)


http://soccer.yahoo.co.jp/jleague/player/4389/index.html
(千葉・新居)

理由:実力、話題性充分だから。本人も帰って来たいだろうし。


http://soccer.yahoo.co.jp/jleague/player/2749/index.html
(神戸・我那覇)

理由:オキナワン部隊を作りたい。上里&上原&我那覇。なまらちゅら!


http://soccer.yahoo.co.jp/jleague/player/500250/index.html
(草津・都倉)

理由:函館の壁の下FKに惚れた。つか、40試合21得点じゃけん、普通J1に行くよな。


http://soccer.yahoo.co.jp/jleague/player/800214/index.html
(水戸・高崎)

理由:42試合19得点。身長188センチ。J1向きかなー。


http://soccer.yahoo.co.jp/jleague/player/800216/index.html
(水戸・荒田)

理由:30試合13得点。この辺りが狙い目だろうか?







posted by odo |20:48 | データファイル2010 | コメント(3) |

2009年10月26日

ばんぶうの牛モツ鍋

なまら美味いよ~♪
コラーゲンタプーリ。
もう、噛めば噛むほどじゅわーっと。
噛めば亀ほど、乙亀さまです。ようこそJ2へ>ニータン
ホルモン苦手な人も充分いけまっせー。
550円。(試作段階らしい)

091025_220030.jpg


「北の勝」(根室)をチョイーっス!


posted by odo5312 |00:40 | 焼鳥ばんぶう(狸小路5) | コメント(0) |

2009年10月24日

第47節AWAY仙台戦展望

一言。


仙台よ、俺達を倒してからJ1へ行け!


それだけかよっ!(それだけです)



p.s. 東北ダービー、みちのくダービー、J1で実現!!



p.p.s. 一言じゃ終わらなかったわ。

梁勇基250試合出場 おめ!!

http://www.kahoku.co.jp/spe/spe106/news_spe/news20091025_001.htm

リャンが好きなコンササポ、結構多いと思う。上手いもんね。




【オススメ★発泡酒】


「贅沢言ってすみません。」(大森南朋)


http://www.sapporobeer.jp/offnozeitaku/cm/cm_no2.html(30秒CM)
http://www.sapporobeer.jp/offnozeitaku/cm/cm_no1.html(15秒CM)
http://www.sapporobeer.jp/offnozeitaku/cm/cm_no3.html(コメント)
                                                       ↑カンペ読んでる



大 森 南 朋 *:.。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。.:*!! キタワア 



ハゲタカファン、鷲津ファンにはたまらない。

買い叩く!買い叩く!!買い叩く!!!(箱買い決定)


そして、同じコンビのユニクロCMも合わせてどうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=ddJmz3amBrs


「いいじゃん。」


posted by odo |22:01 | ハゲタカ | コメント(4) |

2009年10月24日

深友 フカトモ

とりあえずメモ 
 
STV  25日  10:55 

Dアンビシャス 


ろう者代表チーム とコンサドーレユース 
の試合 

FMラジオの情報によると 

フカトモは両方の指導をしており 

ユースには全力でやれと指示 

障害者に対しても手加減 足加減 しない 
それが相手への敬意なのだと 

そしてユースは大勝するが ユースも学ぶ 
健常者は声が聞こえる 指示を出したり聞いたり出来る もっと声を出さないと駄目だと 

ラジオで聞いただけでもフカトモの熱い思い 指導者魂を感じ サポとしても胸が熱くなった 

サッカーの底辺の幅を拡げる仕事もコンサドーレは担っている 

フカトモは我等の誇りだ



10月25日放送内容
「サッカーを通して感動を伝える!」
コンサドーレ札幌 U-18コーチ 深川友貴さん
プロサッカー選手としてJリーグで活躍し、現在はコーチとして
後進の指導にあたる深川さん。次の世代にサッカーの魅力を
伝える彼が今年、ろうあ者のサッカーチームを指導することに!
指導者として新たな可能性に挑戦する深川さんの熱きどさんこ魂に
せまります。


http://www.stv.ne.jp/tv/amb/index.html

posted by odo5312 |21:59 | 俺達の札幌 | コメント(0) |

2009年10月22日

キリノのOverhead Shoot

091022_082026.jpg

昨夜はプレーで熱い気持ちを見せてくれた。一人でシュート6本!


キリノ個人戦績

43試合 18得点(PK2)

シュート決定率  0.19
 
90分平均得点  0.46 


申し分ない。三上さんGJ!

性格もフッ○みたいに生意気じゃないし。
なぜ去年ダヴィのパートナーとして連れて来なかったんだ?
(なぜキリノと比べてノ○トを選んでしまったんだ? いまだに謎)

って書くのはノムさんのボヤキと一緒やね。


posted by odo5312 |08:40 | 映像コマ送り&一時停止 | コメント(0) |

2009年10月22日

ヒロくんのJHA

Jumping Head Assist 
Jump の Timing が 絶妙だったよ

091022_082124.jpg


結果として「虎の子の決勝GOAL」となりやした。

キリノシュート→GK弾いて、ふわっと上がったボール →
ヒロくんが相手DFに高さで競り勝ち(相手DFが飛ぶのが早すぎた)→
再びキリノの前へ → キリノ、すかさずバイシクル・バイシクル・ヤッホー!!

古田、岩沼も惜しかったね。
プロは結果を出した者勝ちだからね、待ってるよ!!
今季中に結果出せ!!!


posted by odo5312 |08:30 | Hiroyuki NISHIJIMA | コメント(0) |

2009年10月20日

第46節HOME栃木戦展望

ホームゲームも残り3試合となった。
今年は調子にずいぶん波があった。凸凹(でこぼこ)が激しかった。今は凹み期間。
凹凸(おうとつ)も激しかった。似て非なる漢字の印象。
要は安定感に欠けているわけ。組織全体にメンタル&フィジカルの調子の波がある。相手によってパフォーマンスに差異が出る。そこが石さんサッカーの弱点だ。良い部分と表裏一体だからしょうがない。爆勝も爆負けもあるっちゅーわけさ。それはそれで否定するどころか、むしろ興行サッカーとしては歓迎したい。
8月2日にアウェーでセレッソに0-3で敗れた直後の、5日に厚別でアビスパに3-0で勝ったりしてねぇ。よくわかんないチームであった(既に過去形)。

前節の0-3徳島も別に驚く結果ではない。一つは得失点差は向こうの方がプラスだったこと(大体順位と比例するもの)、二つは死国だから。

http://soccer.phew.homeip.net/match/info.php?mid=11774

相手が栃木だってどこだって、一番の敵はインフルエンザでしょ。なんてったってアイドル札幌は全国一のインフル王国なんだから。Jリーグでイッチバーン!!(ハルクホーガン)じゃないの?選手の感染率。ファイターズもコンサドーレもインフルにやられた。若い選手は特に気をつけてくれたまえ。特にレラカムイの皆さん。

てなわけで、試合に集中できないわけよ。ダイゴが出られないってそりゃないぜセニョールセニョリータ。ダイゴの背番号が22だけに、元「2」番対決が見どころか?それって、吉弘vs.岡田?

んー。筆が進まん。というかキーボードが進まん。
えーと、コストコのカークランド・レギュラーコーヒーはコロンビアだっ!!毎朝ダニルソンだぞ、コノヤロー!ダー!!

えーっと、古代米煎餅もうまいぜ!
あとはミックスナッツだな。ってなんでコストコ話なのよ。

苦し紛れに大胆予想でもすっか。もうDFなんてどーでもいいよ。
ノーガードで打ちやがれ。前節芳賀のシュート1本だけだったんやろ?
うず潮に飲まれたんやろ?
だったら、辻褄合わせたーれ。ふろんたーれ。

いつかの広島戦あったやん?5-4(曽田ハット含む)
あれでええやん。

札幌5-4栃木

DFの皆さん、高原、信じてないわけじゃないんよ。
ヒロくんも守りはいいから、点取っておくれ。
ゴメンネゴメンネーーーー!!


ノーゴールとか1-0じゃつまらないじゃん。
だったらG多いほうが温まるかなってな。


天皇杯だけ真面目にやろうぜ。




http://www.youtube.com/watch?v=xeO4ZkcwFXI
(ところでさ、ドールズにバナナラマ踊って欲しいんだけど。俺だけか?)




             

posted by odo |22:18 | データファイル2009 | コメント(0) |

2009年10月16日

第45節AWAY徳島戦展望

 51試合の長丁場も残るところ後わずか。
そろそろ「中期経営計画2009-2011」の観点から、出来たところ出来なかったところをザクっと洗い出してみたい。

2009 北海道フットボールクラブ 経営方針

 昨年の11月に発表されたもので、例の浦和戦応援自粛を受けてクラブ側が出してきたものである。こういうものは、出された時は出来るのか出来ないのか阪神いや半信半疑だったりするのだが、石さんが率いて第3クール終盤まで来ると、クラブ側の思惑がわかったりするんじゃなかろうかと思う。
そしてそれを検証することによって、シーズン終盤から始まるストーブリーグに灯が燈るってな算段になっちょりひちょります。

 さて、前置きが長くなったが、トップチームに関することを中心に見ていこう。

<2009経営方針>
親会社を持たない市民クラブチーム・コンサドーレ札幌の活動を通して、北海道にアイデンティティを持つ人だれもが『共有体感』できることを企業使命とし、特に経営基盤の確立を最重点課題と認識しながら、次の経営理念の完成度を高めることに全力を尽くします。

 北海道へのこだわりという部分では、わかりやすい所でいえば、「コンサ・土・ファーム」であったり「コンサ百年の森」であったり、盲導犬募金だったり、スタ飯にジンギスカン登場であったり、そういう事は今後も継続していって欲しい。「北海道へのこだわり」「札幌へのこだわり」は強く意識し続けて欲しいと思う。ファイターズがどうたらこうたら、というのではなくコンサの身の丈にあった内容で独自の姿勢を見せていけば、見ている人は見ていると思うのであります。(サポ・ファン以外の方も)

 来年J1へ(というかJ2にいる限りは常に目標なわけだが)復帰するという目標の前に毎年毎年必ず浮上する問題があり、それもしっかり謳われているワケであるが、大事なので文字の色を変えてみると「経営基盤の確立を最重点課題…」ということになる。
具体的に書けばおそらく、①収入UP ②収入ダウンなら支出を減らす 単純に書けばこの2点しかない。
つまり入場収入が予算よりダウンだったならば、人件費は削らなければいけないだろうし、実際昨年のダヴィの移籍金みたいなボーナスがあるのかと言えば「無い」可能性が高い。もしかすると高額選手放出も辞さない覚悟で、「チーム石さん」を再構築(というか初構築)するかもしれない。戦力を見直して組み立て直す…このあたりはまさにストーブリーグの焦点になる。

 次に、「コンサドーレ・スピリットを有するチームの基盤構築強化」に関してであるが、ハッキリ書いちゃうけど、一番これを理解し実践したのはUS、特にUSのコールリーダー氏だ。間違いない。
函館のすなトラメガ、カズトラメガから始まり、アウェーでの芳賀トラメガ、すなトラメガ、厚別での勝利の大脱走などなど「コンサドーレ・スピリット」の醸成はゴール裏と選手が一体とならないといけないんだと、USを中心とするゴール裏の面々が身をもって示した。(賛否両論だとは思うが、ゴル裏以外の席のヤジラーにもニュアンスは伝わったと思う)
ゴール裏で起きた(あえて意識して起こした)一連の出来事は2009年最大の収穫だったと言える。
「遠慮するな、俺達も一緒に戦う。一緒に成長する。」こんな選手たちへのアピールが選手を動かしたと思う。
「言い返せなかったのは自分たちが一番情けないと思っているから」とスナが語った函館から2ヶ月後、室蘭で決勝FKを決めたカズがゴール裏に堂々と立ちトラメガを握った。今までのシーズンの中でも最も、ゴール裏と選手が同じベクトルを向いていた年かもしれない。

 「チーム強化」については、昇格絶望になった時点で新聞各社がああだこうだ書き連ねるだろうが、当ブログは今のうちに書いてしまう。後だしじゃんけんは嫌いじゃけんのう。(ちなみにこのエントリ長いね。まだ徳島戦のコト書いてねーし。勢いで書き倒すしかねーな。)

・メンタルとフィジカルの強化
・コンサドーレ・スピリットの醸成教育の徹底
・リーダーシップを向上させる社会性教育の強化と魅力ある選手の育成
・ユース世代の地元エリート選手の発掘と育成
・コンサドーレ札幌強化計画ステップ5に到達可能な選手強化

いろいろ書かれているけど、やっぱり数値的に検証可能な「コンサドーレ札幌強化計画ステップ5に到達可能な選手強化」という文言に注目するわけだ。ステップ4(昇格)を逃すとこの部分をどう捉えるのかでクラブの方針に対するスタンスが変わってくる。ここをよく吟味して判断しないと「5段階計画」を「5カ年計画」(実際は何年かかるかわからない。何故ならJ1定着が目標なのだから)と間違ったりして、計画そのものの白紙撤回論が渦巻いたりするのは目に見えている。

 「メンタル&フィジカルの強化」っつたって、他のチームと比べてどうなのよ?というのがある。50だったレベルを70に上げましたって言われても、C大阪や仙台は80、甲府、湘南は75でっせとなったら、来年はどうすんの?って新聞各社に書かれまっせ。
2番目、3番目は、石さんと古田らに期待するとして(あっさりスルー 笑)、
問題は「コンサドーレ札幌強化計画ステップ5に到達可能な選手」って具体的に誰ですか?ってことなんざます。いよいよ本題。

※チーム強化については、2003年策定のコンサドーレ札幌強化計画にある「チーム力の強化、活動方針」(コンサドーレ札幌ホームページhttp://www.consadole-sapporo.jp/club/pdf/kyouka.pdf 参照)を指針とする。なお2009年当初のチーム現状はステップ3、同年末の目標をステップ4と捉える。また、当該強化計画はステップ5をもって完了ではなく、ステップ5を維持継続するものである。

こんな但し書きがある以上、「もう5段階計画なんて砂漠の水のように消えたんジャマイカ」とかいう一部世論に異論反論オブジェクションしなきゃならん。これが実にややこしい。砂漠の蜃気楼になってしまった5段階計画「ステップ5」へどうやって到達するかというのが、シーズン終了時から来年へのテーマである。

 ステップ5=J1定着 であるので、「当該強化計画はステップ5をもって完了ではなく、ステップ5を維持継続するものである」なんてわざわざ書いてあるんだけど、そもそも定着の前に最低2~3年はJ1に残留しなきゃ「ステップ5」は始まらないわけで、今の「石さん体制」の原点がこの方針から来ていると思われる。

 しかし、大きな大きな壁がその前に立ちはだかる。
それは「ステップ4」すなわちJ1復帰である。「復帰してもすぐに落ちるチームにはしたくない」(石さん)、その考えは非常に共鳴できる。
三浦俊也監督の言葉を借りれば「肉でも魚でもないチームだから落ちた」というわけだ。

 今シーズンは石さん采配初年度ということもあり、選手起用はいまだに試行錯誤が続いている。キャンプ中からクライトンシステムで始まり、ダニルソンを中心とした4-1-4-1システムであり、いまだにキリノのワントップシステムである。
なぜか。それは昇格しなけりゃ何も始まらないからだ。もっと書いてしまえば、フィジカルもメンタルも外国人選手抜きには考えられないってことだろう。これはコンサに限った話じゃないが、頼り過ぎると彼らが移籍した時のダメージがでかい。

 外国人頼みがいいか悪いか。古くから議論されていることだ。
バルデス頼みで昇格、エメルソン頼みで昇格、ウィル頼みで残留、ダヴィ頼みで昇格した。その時は「嬉しい楽しい大好き」だ。ドリームがカムトゥルーしたと思ったから。でも、ドリームは昇格じゃないんだよね。カムトゥルーしなきゃならないのは定着なんだ。裏を返せばダヴィが居ても降格したでしょ?という教訓がある。結局、日本人選手の底上げが無いと上がれないし、残留しないし、定着しない。その上で新潟のように毎年計算できる外国人を強化部が補強する。言うは易く実現はなかなか…といった所だ。ステップ5はマジで何年かかるかわからない。2011年に答えが出るモンでもない。それでも近日中にHFC社長、石さん、三上さんを中心にフロント、スタッフ全員で話し合って方向性を定めておかないといけない。昇格を逃すということは、来年どうすんの?と聞かれるのとセットだから。ナアナアで済まさず、何が達成できて何が達成できなかったのか、目標達成のために何が足りなかったのかを反省して糧にしないと。道内のスポーツマスコミも突っ込んで取材してほしい。サポはそこが一番知りたい。クラブが今後どういう路線へ舵を切ろうとしているのか。

 「ただ上がればいいってモンじゃねぇ」「上がった後、簡単に落ちないチームに強化しておけ」…クラブ的には未踏の大地に足を突っ込もうとしている。ヤンツーにも三浦さんにも課せられなかった重たい課題が石さんに委ねられている。既に来季の契約は水面下で打診されているとは思うが、今は天皇杯3回戦突破に集中してもらいたい気もする。

 2000年に上がって、2001年に残留できた。「J1残留」は現代表監督岡ちゃんしか成し得ていない。
石さんが「J1復帰」「J1残留」の壁を突破し、「J1定着」をカムトゥルーするには、最短で何年必要なのかな?という疑問もある。長期政権を委託するのであれば、最低昇格付き条件の3年契約が必要だと思う。さらに順調にコトが運んだとしても、J1仕様の資金力を呼び込む何かがなければいけないと思う。
「中期経営計画2009-2011」って西暦時限で宣言しちゃってるんだから、素直に考えれば、よっぽど悪い成績でなければ石崎体制は2011年まで続くだろう。

 資金=スポンサーを集め、入場収入を増やすのはどうしたらいいのか?
いまいる選手達ひとりひとりが「スター」になるしかない。いまのレベルだとアレだが、コンサから代表が出るようになれば風向きが変わる。けしてアリエナイザーなんて思う必要はない。南アの次を目指せばいいんじゃ。その前に天皇杯を獲るんじゃ。若梟たちよ、向上心を持て!
寄せ集めチームは魅力が無い。生え抜きが頑張るから親身になって応援できる。そして成長をスタジアムで見せることだ。スカパーを通じて見せることだ。

 そんなわけで、明日は徳島戦。
5月のアウェーでは追いつかれて悔しい悔しい3-3ドローだった。

http://soccer.yahoo.co.jp/jleague/games/2009051009/game.html

あれから5カ月経ったしメンバーも変わったから同じ轍は踏まないと思うけど、頼むわよ!

http://soccer.yahoo.co.jp/jleague/games/2009061401/game.html

ちなみに厚別でも1-1ドローだったんすよね(棒読み)

なんとかせいゃ!!せいゃ セイヤ・セイヤ・セイヤ!(祭モード)


<予想>
札幌3-2徳島
得点者:セイヤのハットトリック!!
その心:お前が札幌のスピードスター、華。


<モチベUP曲>
http://www.youtube.com/watch?v=DPBDL3NQ4yY
(SEAMO 「Fly Away」)

posted by !oDo! |06:33 | データファイル2009 | コメント(0) |

2009年10月15日

パワープレイ

スペースシャワーのPVも耳に残ったし、毎日FMラヂオから流れてくるし、
今最もナウい(死語)アーチスト、さかいゆう『ストーリー』。

http://www.office-augusta.com/sakaiyu/information.html#media

■Air-G「AIR-G POWER PLAY」
■FMノースウェーブ「NORTH WAVE MEGA PLAY」
◆スペースシャワーTV(スカパー)「it!」

どうりで聞きまくってるワケだ。
俺はFMラヂオの「ラヂオショッピング」が大嫌い。メイク落としのTVCM並みに嫌い。FMにつまらんトークは要らないぜ。
だって、FMは高音質で音楽がかかってるからFMなんだろうさ。
したがってラヂオショッピングになるとラヂオ局をチェンジする。要はエアGとノースを交互に聞く。その両方でパワープレイだもんな。スゲーゼン金沢!

キャッチーなサウンドはドライヴにぴったり。ま、ドライヴというより営業だけどな。

http://www.cdjournal.com/main/news/sakai-yu/26684
(さかいゆう、メジャー・デビュー曲「ストーリー」が前人未到の新記録を樹立!)

http://www.youtube.com/watch?v=ipWDcLdI104
(さかいゆう / ストーリー)



【パワープレイ】

前線に張っている長身FWにロングパスを放り込み、FWが落としたボールやこぼれ球を狙い得点を奪おうとするプレーをパワープレイという。

どうしても一点が欲しい時にこういった戦術をとる。
バランスを保った戦術を取っていてもゴールが割れないので、FWの人数を増やし前線のターゲットを多くして攻撃をぶ厚くする。

攻撃をぶ厚くすると、自然と守備は薄くなる。そこをつかれ逆に失点する恐れも出てくる諸刃の剣のような戦術。
試合終了10~20分ぐらい前に選手交代をしする場面を良くみかける。
だが、2009年のコンサにはハマらない戦術。

つーことなんだが、明後日の徳島ヴォルティス。
注目は得失差なんですわ。
ぬわーーんと、プラスの18ですぜ!

http://www.jsgoal.jp/ranking/j2.html

うちらはプラスの12。
だいたい得失差と順位は比例するもんじゃが、+18の徳島は8位で、+12の札幌は6位だ。
+38 セレッソ   +36 ベガルタ    この2チームの昇格は堅い。   
+29 甲府   +27 湘南   この2チームはどうなるかねー?
+20の鳥栖にまとめて交わされたりしてな。自力昇格はあるからね、鳥栖の唐揚げは。
http://www.jsgoal.jp/photo/00052700/00052720.html
(プロレスのポスターか、と。)

話を戻して、12のサポーロと18の徳島。何がどうなってこうなった?
なんてことはない。63得点は一緒で、徳島の方が失点が少ないだけの話だった。
得失差で徳島が上。だから本来は徳島の方が順位が上のはずだ。
話が膨らまないのう。
無理やり膨らますか。石川が新型インフルにかかってしまったそうで。
DFどうしましょーね。ヒロくんは累積で有給でしょ?
ソンファンの怪我はどうなの?曽田は無理か?
シバータか?それとも大穴、ほっちゃんか?

吉弘を忘れてた メンゴメンゴ!!

4-2-3-1 とか 4-1-4-1 とか 4-4-2 とかはもう無理かね。
こうなったら 3-6-1 か 3-5-2 で挑むしかないかな?
ここで「だいた」が脳裏をよぎる。「どーでも いいですよ」←なら書くなよってオチ。

いや書きたかったのは、今月のパワープレイ「ストーリー」だけだったりして。


posted by odo |23:15 | 今日の一曲 | コメント(0) |

2009年10月12日

10月31日・日本平13時

天皇杯3回戦の日程、コンサドーレオフィシャルHPに載ってない。

使えねー!!(毒)

しょうがないからサッカー狂会のHPで調べたよ。

http://www.jfa.or.jp/match/matches/2009/tennouhai/schedule_result/schedule.html#7

マッチナンバー71

http://www.jfa.or.jp/match/matches/2009/tennouhai/match_page/m71.html

アウスタは、「アウトソーシングスタジアム日本平」の略だそうです。
http://nihondaira-stadium.com/pc/index.htm


うちもサッカー専用スタ欲しいなー。
「ニトリスタジアム札幌」とか。ニトスタかぁ。素敵☆


リストラの星・GK高原、代表新星・岡崎に挑む!
コンサドーレ史上初の静岡県内勝利を目指して、
赤黒勇者達が常勝オレンヂ軍団に襲いかかる!!
コンササポはリボンナポリン片手に固唾をのむ!
公共放送NHKはこの戦いを中継するのだろうか?
NHK札幌放送局は、道民の期待に応えるだろうか?

http://www.youtube.com/watch?v=JWuV76SCbXs



【今夜のモチベUPようつべ】

http://www.youtube.com/watch?v=FxOoXMvH2b8

青臭ぇ~! でも鼻の奥がツンとするんだよな。
俺達、大事な何かを忘れちまってるかもなぁ。ナンテ







posted by odo |20:29 | ルヴァンカップ(ナビスコカップ)・天皇杯 | コメント(0) |