コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2018年04月18日

磐田戦スタメン/内村が先制ゴール!

1524046723-8375AB59-091F-470F-BC0D-1BFE4D7A8301.jpeg

駒井→ジュリーニョ→内村ゴール!!


posted by odo5312 |19:17 | ルヴァンカップ(ナビスコカップ)・天皇杯 | コメント(0) |

2018年04月18日

今夜スカサカ800で磐田戦

1523994825-61DA9E07-986B-4C3F-BFF9-21797495275A.jpeg


ルヴァンといえば
スーパーで見つけて買ってみたら
結構美味いのな

なんか乗っけて食べるみたいだけど
そのまんまでもOK

磐田もサクッと食えるのかどうか

あ、そういえば代表監督
いずれは名波に声がかかるかもなぁ


posted by odo5312 |04:52 | ルヴァンカップ(ナビスコカップ)・天皇杯 | コメント(0) |

2018年03月14日

磐田戦短評

清水戦よりはストレスが少ない試合内容だった
ミシャ式とは程遠い試合運びだった
ゆっくりとしたパス回しは磐田も同様でミラーゲームに

練習試合としてはなかなかよかったと思う
ヨモ式に近かったので、攻守のバランスが取れ、敗れはしたものの
最後まで追いつける可能性、つまり勝ち点1の可能性はあった
都倉の先制ゴール取り消しさえ無ければ引き分けていたので評価したい

入場時、都倉が愛娘を抱いて入ってきた
オーロラビジョンに釘付けになった
幻のゴールになったが、やはり娘の存在はパワーになる

ゴールまであと少しだったのが宮吉
惜しいのが2連発で今後に期待が持てた
早いとこ決めないと中原みたいな感じになっちゃう恐れも

前半は小野と稲本がテンポを作った
同時スタメンでの公式戦、貴重なものをホーム側で間近に見られた

菅野、さすがの貫禄だ
立ち姿勢が美しく、リーグ戦でも見てみたい

菅大輝も流石のスタミナと存在感だった
今夜目一杯使われたため、長崎戦はお休みか
良くも悪くもミシャッポロの象徴
この調子で精進して欲しい

スタジアムグルメは頑固親父のカレー栗山コロッケ乗せ
腹が減ってたからね
ちょっと芋を食い過ぎかも
腹一杯で試合を観ると不思議と腹が立たない

リーグ戦は早くも正念場を迎える
残留のためには下に3チーム作らねばならない
その3チーム候補に長崎は当然入っている
取りこぼしは自らの首を締めることに

ルヴァン杯の予選突破は絶望的
リーグ戦に集中しなさいという神のお告げか
18日までにしっかりと準備されたい

1521034963-DEF3777F-EA3A-4D29-90A2-CD2EAC01B4D6.jpeg


posted by odo5312 |22:17 | ルヴァンカップ(ナビスコカップ)・天皇杯 | コメント(0) |

2018年03月14日

磐田戦の見どころ

スカパー!はスカイA
相変わらず番組が探しづらい
いっそのことコンサドーレ札幌チャンネルを作ればいいのに
とかなんとか書いてるが、明日勝てなかったら解約する

都倉が頭が疲れると言ったのが気になっていた
キャンプ中にミシャ式を理解する選手と、そうでない選手が分かれた
数試合を見る限り、リーグ戦組は理解できている
カップ戦組は?
それが磐田戦の見どころになる

先日の清水戦、ジェイとヘイスと都倉が並んで起用
フラットな3トップとなったが、完全にブロックされた
中盤は深井が消え、迫力も厚みもなかった
今のところは前への推進力でガツガツ勝負できるのは小柄な3人
三好、駒井、チャナ
都倉賢が復活するとすれば、ヨモ式のイメージを一度リセットし
上記の3人に合わすしかない、そうジェイのように

その3人は18日の長崎戦に温存するだろう
だとしたら誰にアシストして貰えば良いのか
パッと頭に浮かぶのは、小野と稲本だ
彼らならヨモ式でなんとかいける
石川、早坂もヨモ式で、なんとか都倉に初得点を
出られるなら内村でもいい
平均2点は取っていかないとミシャッポロは修正を余儀なくされる
修正した方がいいかもしれないし、DFの補強があるかもしれないが
それは筆頭株主の石屋製菓様が、今季の位置付けをどう考えるかにかかる

2点取られたら3点取らねばならぬ
先制しても1-0逃げ切りは選択肢にない
3点取られたら3点目を後悔なんてしない
反省もしない
3点目を、4点目をどうやって取るか考える

とっくんじゃないけど、頭が疲れてくる

posted by odo5312 |00:34 | ルヴァンカップ(ナビスコカップ)・天皇杯 | コメント(0) |

2018年01月28日

富士山グループ

おは羊蹄山!

静岡に山梨っすよ

富士ダービーっすよ

コンサ?

蝦夷富士っすよ

1517094141-C0605522-4736-44B0-8A5B-F879D819257F.jpeg

しかし、アレっすよね
札幌ー甲府というカードがJ1で見られるなんて
1999年の岡田監督時代には考えられんよね

こう考えるとコンサがタイトルを取っても
おかしくはないよな
積年のうっぷんを晴らす可能性だって無いことは無い

だがあえて書いておこう
目標はリーグ戦残留
2年連続で残留なら史上初だ、これ大事

カップ戦は、戦術をこなれた感じにする為の実戦だ


posted by odo5312 |07:59 | ルヴァンカップ(ナビスコカップ)・天皇杯 | コメント(0) |

2017年10月01日

ルヴァンカップが変わるってよ

4クラブ✖️4グループは
公開抽選にしたら盛り上がるんちゃう?
死の組とかが出てきて面白いと思う


2018シーズン以降のJリーグYBCルヴァンカップ 大会方式について:Jリーグ.jp https://www.jleague.jp/release/post-50812/ #Jリーグ

posted by odo5312 |00:43 | ルヴァンカップ(ナビスコカップ)・天皇杯 | コメント(0) |

2017年07月26日

チャナティップ、公式戦デビュー

JリーグYBCルヴァンカップ プレーオフステージ 第2戦
2017年7月26日(水)19:03KO 金鳥スタ 
https://www.jleague.jp/match/search/leaguecup/

後半0分
26早坂OUT→18チャナティップIN

後半5分
チャナティップが巧みなターンでDFをかわし、左サイドの田中につなぐ。田中は左足でクロスを上げるが、GKに防がれる

後半18分
チャナティップが相手のスライディングタックルに遭い、左サイドの敵陣深い位置からのFKを獲得

後半28分
チャナティップが敵陣中央でボールをキープし、ディフェンスラインの背後に浮き球のパスを供給。しかし、上原は触れない

後半34分
チャナティップがドリブルで敵陣に進入し、左サイドの上原につなぐ。だが、上原はオフサイドの判定を取られてしまう

後半38分
チャナティップがディフェンスラインの背後に浮き球を送る。抜けだした上原が右足でシュートを放つが、枠をとらえられない

posted by odo5312 |20:33 | ルヴァンカップ(ナビスコカップ)・天皇杯 | コメント(0) |

2017年06月28日

20年ぶりの4強をかけて

6.28  セレッソ大阪戦      ルヴァンカップ
7.01  清水エスパルス戦  リーグ戦

この試合間隔が恨めしい
結果、サブメンバーの層の厚いクラブが賞金を稼いで、さらにビッグになるシステム
Jリーグにもドラフト会議が必要かもね
有能な若い選手は全国各地にいるのだし、札幌に来ればサポーターはみんな道産子と分け隔てなく可愛がるのだから
覇気のない道産子を見るにつけ、レギュラーで活躍する道外出身勢を見るにつけ、いつも考えることだ

果たして、真剣勝負の意味合いを解って試合するのかどうか
確かに中2日はキツい
だけれども、裏を返せばここでチカラを出し切れなければ、J1レベルと認められるチャンスを自ら手放し来季の下部リーグ行きを暗示されることになる
リクルート活動の一環と捉えて欲しい
カップ戦の出場歴も公式記録として残され、出場給も出る
ドームを借りて赤字覚悟でクラブも必死でビラ配りをした
焼け石に水かもしれない
JALサンクスマッチとは客層が違うかもしれない
でも平日ナイトゲームにしか来れない客だっている

真剣勝負と考えてるのが株式会社コンサドーレの営業・広報担当だけじゃないことを祈る
広告に偽りなし
賞金を、カップを!史上初の何かを奪え

1498591976-IMG_3129.JPG


posted by odo5312 |04:10 | ルヴァンカップ(ナビスコカップ)・天皇杯 | コメント(0) |

2017年06月22日

いわきFC戦分析 その2

つづき

四方田の責任はどこまでなのだろう
リーグ戦は結果が全てなので言われても仕方ないかもしれない
だが、天皇杯はそこまで結果が求められていただろうか
私の見解は、否である
天皇杯は捨て試合
これが結論だ
なぜなら、何も収穫がなかったからだ
四方田監督は収穫がない事を想定してあのメンバーで挑んだのだ
決していわきFCを侮っていたわけではない


カテゴリーが6つだか下というのは、うわべだけの話であって
厚別で体感したそれはレベル的にはJ2のそれであった
恥ずかしい試合をしやがって
こんな意見が大勢を占めていたのだろうが、私は全くそう思っていない
天皇杯のメンバーがJ1レベルなんて言ったら他のJ1に笑われる
福森以外は、J2レベルなんじゃないかなというのが率直な意見だ


https://youtu.be/cHTRE9xdt-U


四方田監督はあえてスタメンを入れ替えて、いわきFCと戦わせた
いわきFCを侮るどころかJ2レベルと判断した
だからこそ、コンサの2軍で戦いを挑んだのだ
これを勝ちに行っていないと解釈するのは勝手だ
四方田はもしかしたら、いわきFCの選手たちと戦う中で2軍メンバーに
闘争心を呼び起こす事に賭けたんじゃないかと思う

監督の賭けは半分は当たった
ヘイスが試合勘を取り戻すキッカケを掴んだ
半分は裏目に出た
金山は5失点目で屈辱的な股抜きを決められた
延長戦で集中力が切れた
金山だけでなく前、石井、上原、内村などが個での打開が出来ず
現時点での限界を晒した
相手はアマチュア、地域リーグ
四方田監督はあえて失態を晒し、トップチームと2軍との実力の乖離を晒したのだ

公式戦で晒すということは、当然三上GMの査定対象になる
四方田監督更迭論があるとするならば、何故三上GMの責任が問われないのだろう
コンサのJ2優勝は、フロントのトロイカ体制が上手くいったからであるし、
四方田監督就任の背景には、三上GMの五段階強化計画が少なからず影を落としているはず
もし四方田責任論、解任論があるならば、それは三上GM責任論と表裏一体でなければならない
ヘイスの出来不出来も、リーグ戦に影響する
ヘイスだけでなくて外国人全般に言えることだ

チャナティップは五段階強化計画と一線を画し、野々村社長のアジア開拓路線の賜物だ
それを考え突き詰めていくと、ブラジル人の穴はタイ人が埋め、三上の失策は野々村社長が助ける、こんな構図で後半戦に進んでいく
四方田責任論など、まだまだ時期尚早
15位残留圏内に、夏場までいるだけで既に石崎コンサより百倍マシというもの

要は、勝ち負けだけで判断するなということ
サポーターズ集会での野々村社長発言を思い出して欲しい
残留がラクじゃないことは春先から解っていたこと
その意味で、カップ戦で底上げが出来ていないのを確認した監督に、フロントへの
アピール、つまり補強プリーズの訴えを感じたのは私だけではないだろう
2-5で負けて、そのままでリーグ戦に突入できるわけないのだから

チャナティップは、ルヴァンカップのセレッソ戦アウェーから出場可能だという
来日してすぐにポジションを奪うのであれば、四方田のメッセージは一連の流れの中で腑に落ちることだろう

監督が変わるか、選手が変わるか

そう言ったのは四方田の師匠、岡田武史 1999年
鹿島アントラーズにジーコイズムがあるように、コンサドーレ札幌には岡田武史イズムがある
四方田解任論を振りかざす前に、今一度コンサの歴史を振り返ったらいい
二十数年の歴史から紐解けば答えは一つ
選手たちが変わるしかない
変われなければJ2に落ちる
それが見えた天皇杯いわきFC戦であった



posted by odo5312 |20:54 | ルヴァンカップ(ナビスコカップ)・天皇杯 | コメント(1) |

2017年06月22日

いわきFC戦分析 その1

大谷地の東光ストアで買い物をしてスープカレー屋で椰子の実チキンカレーを食す
厚別競技場行きの中央バスに乗ると熱心なコンサファンですぐに満席に
210円を払い競技場に着くとキッチンカーが2台暇そうにしていた
ホームメイン側からいわき側を見るとゴール裏弾幕がびっちりと張ってあった
アマチュアとはいえ天皇杯に対する意気込みが伝わってくる
メインスタンドの屋根の下は関係者席としてスズランテープで囲われていた
その後ろを貴族席立見と命名し傘を引っ掛け場所を確保する
厚めの雲が厚別の空を覆っていていまにも降り出しそうな気配がしていた
風が強くあと1時間何をしようかと思っていたら、チャナティップがピッチに登場
この時点でチケット代2,100円の元は取った、素直にそう思った

https://youtu.be/JEDG7CkTaYI

チャナティップは鈴木智樹に連れられサポーターに軽く挨拶
スマホでタイに配信しているようだった
いわきFC側からフラダンサー3人が出てきて寒い中踊ってくれた
のちに関係者席に戻ってきて試合を観戦していた
俯瞰で立見も悪くない
兵藤が間違っていわき関係者側に出てきたり、いわきサポーターの様子を観察できたり
120分後に2-5という歴史的大敗を喫するのだが、5回分のいわきサポーターの歓喜を真近に見ると、97年10月にナビスコカップで厚別に鹿島アントラーズを迎えた時の興奮が蘇ってきた
あの時、俺たちはJFLで、鹿島アントラーズと対戦する事は夢のようなコトだった
昔の自分といわきイレブンといわきサポーターを重ね合わせて試合を見ていると、不思議なことに腹は立たなかった
あっぱれだなぁという感心の苦笑いが浮かぶだけ

コンサについて不満があるとすれば、例えばダブルボランチがどうのとかサイドの動き出しがどうのとか言いだせばキリがないのだろうが、あの夜に限ってはどう転んでもいわきペースのまま終わるんじゃないかと思っていた
走力、体力、モチベーション、フィジカル、ガッツ‥‥ありきたりな言葉を羅列しても伝わらないかもしれないが、10番を中心に纏まっていたのは間違いなくいわきFCであった
怪我で出遅れたヘイスが意地の2ゴールで延長に持ち込んだのは良かったが、あの雨と寒さの中では正直90分で負けた方が‥‥なんて思わなかったと言えば嘘になる
実際に最終のバスに揺られながら考えていたのは、敗因ではなくこの試合でコンサが得たものは何かという問いだった
問いの答えは、おそらく今ざわざわし始めた四方田責任論にあるのではないかと考えている
四方田の責任はどこまでなのだろう
リーグ戦は結果が全てなので言われても仕方ないかもしれない
だが、天皇杯はそこまで結果が求められていただろうか
私の見解は、否である
天皇杯は捨て試合
これが結論だ
なぜなら、何も収穫がなかったからだ
四方田監督は収穫がない事を想定してあのメンバーで挑んだのだ
決していわきFCを侮っていたわけではない


つづく

posted by odo5312 |19:12 | ルヴァンカップ(ナビスコカップ)・天皇杯 | コメント(0) |

2017年06月21日

いわき戦 19時厚別 キックオフ

逆ジャイキリ警報発令中

1497987977-IMG_2999.JPG


posted by odo5312 |04:44 | ルヴァンカップ(ナビスコカップ)・天皇杯 | コメント(0) |

2017年06月05日

天皇杯初戦は、いわきFC

昨日ドームでチケットを買った
2,100円
メインスタンドからじっくりと観戦する
チケットに刷られている相手は聞いたことがないクラブだった


【天皇杯】いわきFC、8発快勝!次はコンサだ : スポーツ報知 http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20170422-OHT1T50252.html #報知 @SportsHochiさんから


記事を読む限り、「逆ジャイキリ」を警戒した方が良さそうな相手だ


posted by odo5312 |12:07 | ルヴァンカップ(ナビスコカップ)・天皇杯 | コメント(0) |

2017年05月31日

厚別を沸かせたスーガーダイキ

スーパーダイキ、
あるいは
スーガーダイキ、
どっちにも聞こえどっちもマジでそう呼んでいる
菅大輝

間違いなく一番歓声が大きかった
福森やマセードを誉める人は多いだろう

しかし、スーパーダイキの事は忘れないようにメモっておきたい
あの時の
あの右サイドを駆け上がっていくときの歓声は
コンサドーレの草創期の熱きアツベツのそれだった

3,600人しか集まっていなかったかもしれないが、
良いプレーにはそれなりのリアクションが出来る観客が集まっていた
本当のサッカー好き、コンサドーレ好きの集まり、そして空間

少ない観衆の時に得てして伝説は作られる
前回ナビスコ杯予選を突破したのは1997年、当時JFL
J1の一員としては初のカップ予選突破である
歴史の目撃者は少なくていい
ただ、見た者たちが語り継げばいい
菅大輝、今宵はスーパーダイキだった


動画ダイジェスト
https://youtu.be/VgLafKzwI68

posted by odo5312 |22:41 | ルヴァンカップ(ナビスコカップ)・天皇杯 | コメント(2) |

2017年05月31日

ルヴァン杯1次リーグ突破の条件

札幌が柏に勝ち、
磐田が大宮と引き分け以下。

厚別とヤマハ、19時kickoff


さて、プロとして上を目指すか
それともリーグ戦に集中するために
あえて勝たずに撤退を選ぶか
采配にも注目したい

posted by odo5312 |06:40 | ルヴァンカップ(ナビスコカップ)・天皇杯 | コメント(0) |

2017年05月25日

ダメヨマン

札幌市交通局のゆるキャラダメヨマンが入口で出迎えてくれた
世の中にはダメヨマンが溢れている
歩きスマホ
傘の横持ち
歩きタバコ
ゴミのポイ捨て
あ、昨日は怒りのあまり分別しないでゴミを投げてしまった
CVSさん御免なさい

そんなダメヨマンの集まりの頂点、J1が昨夜のスタメンではなかったか
例えば伸二がボールを持ちました、ハイどうすんの?
って事ですよ
決して多くはない観衆は44番に注目してる
が、しかしスペースへ走り出す選手は皆無だ
スーパーカイムだ、旭川行きか、それはカムイ
伸二らんなーーい
観客が何に期待してるのかを共有していない証拠だ
まず伸二を活かさない時点でもうダメヨメンだ 複数形だ

次にシステムについて
宮澤の穴がデカすぎると頭を抱えていたら、宮澤がインしたので
四方田監督の意図が逆に垣間見えたわけだが、要するに
リーグ戦のトリプルボランチですらまともに機能していないのに
カップ戦のボランチが機能するわけが無い
とスタメンを見て思ったわけだが、それはリーグ戦と違う自由な発想で
試合が出来るチャンスでもあった

それが残念なことに、宮澤がいないとダメか
福森がいないとダメだ
挙げ句の果てには、とっくんまで出しちゃうの?温存しとけよコラ
みたいな悪〜〜〜い雰囲気がドームを包む
まあ悪口はこの辺でやめておくけどもだ、厚別の柏戦と昨夜の仙台戦は
ズバリ来季の構想、つまり戦力外のリストを作る上で参考にさせてもらう
カップ戦は立派な公式戦、査定試合に違いはない  以上

得点シーンは見事だった
上原慎也は2点目をとる貪欲さがあれば、リーグ戦も出られるかも
他のメンツはなんだか覇気がなかった

仙台は小粒だけれど上手い選手が多いね
悔しいけれど、仙台の順位を抜くのはかなり難しい気がした

最後にビールの売り子さん2人に言われた一言
                                       お客さん少ないですね
どうもすみません


1495660479-IMG_0669.JPG



posted by odo5312 |05:58 | ルヴァンカップ(ナビスコカップ)・天皇杯 | コメント(0) |