コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2008年10月31日

【アンケート】どちらを選びますか【次期監督】

オシム報道に踊らされてナンボ、踊らにゃ損損シリーズ第3弾です☆

ついに報知が参戦してきました。再び盛り上がって参りました(個人的に)。

http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20081031-OHT1T00078.htm
(来季監督候補に「オシム親子は選択肢」…札幌)


当ブログはストーブリーグを楽しむスタンスです。
新聞各社によるコンサ監督人事の報道合戦を鵜呑みにするわけではないですが、あれこれ推測して楽しんでいます。

さて、アマル氏と石崎氏の二人のどちらかで一本化するとすれば、あなたはどちらが良いですか?
また、両者と交渉が決裂した場合、誰が良いと思いますか?


(1) アマル or 石崎 どちらかの名前
(2) (1)の理由
(3) 第3の候補者名


よろしければコメント欄に記入をお願いします。




【おまけ】

http://www.bnn-s.com/consadole/index.html
(BNN 三角山放送局「オフサイドトーク」)


【天皇杯】

http://soccer.phew.homeip.net/match/info.php?mid=10568
(mini toto-A と totoGOAL3 発売中!)

posted by (oDo) |08:18 | アンケート | コメント(3) |

2008年10月30日

頭の整理

このエントリーは自分の頭を整理するためのメモであります。
今後クラブに起こっていく様々な事に一サポとして対処していくための、現段階での自分なりの考えです。

【アプローチ】
オフィシャルブログ内検索でキーワードを「応援自粛」として色々読んでみた。次にUSの声明文を読んでみた。
http://www.ne.jp/asahi/ultras/sapporo/
(今後の応援の方針について(08.10.29))
ここで引っ掛かったキーワードが「市民クラブ」だ。※以下赤字は全て引用文。

「市民クラブ」として札幌市民、北海道民に広く愛されるべき存在であるはずが、現実はそうはなっていない。市民に愛されない市民クラブに存在意義はないし、それに対する問題意識が少なすぎるのではないか。サポーターを含めこのクラブに関わるすべての人間の意識が変わらなければ、このクラブの未来はないのではないだろうか。

【市民クラブって何だい?】
オフィシャルブログ内検索でキーワードを「五段階計画」として色々読んでみた。
じゃがほっけ佐々木元社長のインタビューの中に興味深い記事を見つけた。たぶん過去にも読んでいると思うが、USの声明文と合わせて「市民クラブ」という言葉を噛み締めて読むとかなり味わい深かった。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/jtoto/column/200503/at00004049.html
(スポナビ「HFC社長 佐々木利幸の未来予想図(1/3)
コンサドーレ札幌「北国プロビンチャの挑戦」第1回 2005年03月04日 )

「まずね、とにかく会社に透明性を持たせること。すべてをオープンにするということ。市民クラブであるのなら、市民にすべての情報をオープンにする。そうするとみんなが監視役になる。この会社には秘密はありません、ということを徹底してやらなかったらこの会社は直っていかないと思いました。
いわゆる会社として言うのであれば、ここはもともと市民によるクラブなわけでしょう。サポーターズ持株会も含めて市民や道民ひとりひとりがお金を出してくれて出来上がっている会社なのだから、その会社に秘密があって市民に教えられないというのは、あり得ない」
「初めてサッカーの試合を札幌ドームに観に行ったときに、サポーターの皆さんが『俺たちの街の誇り』ってみんな叫んでいた。理屈ぬきに『コレだ!』と思ったね。胸がザワザワっとした」
「彼らの声をさ、叫びを聞いたらね、それだけでコンサドーレ独自の文化ってのが分かるんじゃないかと本当に思ったよ」

【仮説】
「市民クラブ」というのがネックになって問題がややこしくなっているのではないか。次期監督報道を見ていると、なんとなく「市民クラブ」という言葉でぼやかされたモザイク模様な部分が見え隠れしてくる(昔からだが)。
例えば、オシム親子を推す人がいて日刊スポーツを巻き込んでリークしていたり、「いや、日本人監督で行きたい」と道新に書かせる人がいたとしよう。オシムなら集客もできるしスポンサーも集まる、とにかく今はまずカネ集めだとか、経験のある日本人監督でまず若手を鍛え直すとか優先順位も人それぞれだろうから。
仮にだが、HFCのある役員(2位の株主)が、筆頭株主の「サポーターズ持株会」の理事と結託してオシムを推したとしよう。HFCの別の役員が日本人監督を推したとする。自分達の描く強化計画とは別にGM、強化部長、現社長は対応に苦慮することにならないか。あくまでも想像だが・・・・。

【「市民クラブ」って言葉が曲者】
USは今回、深い提案をしてくれたと思う。以前USの冊子を買って読んだ時に「勝敗よりも大事なものがある」みたいな事を書いていて、その当時は「勝ち」にばかりこだわっていた時期だったので素直に読めなかったのだが、良い悪いは別にして「市民クラブ」の目指す道とは何か、まず考えるのもいいかもしれない。その上で個人的にうっすら思い始めた「脱・市民クラブ」じゃないと「J1定着」なんて無理じゃないかという仮説も成り立つのではないかと思う。

今年J1で戦った結果、札幌はJ1で安定して戦えるクラブではまだないということが、はっきりと分かりました。我々が今強くクラブに求めたいのは、J1であるかどうかや、単純な勝敗の結果ではなく、たとえJ2であろうが信じられ、夢を持て、一緒に戦えるクラブになって欲しいということ。そして一部のサポーターに支えられるクラブではなく北海道民、札幌市民に愛され誇りとなるクラブになれるように誰もが考え努力をして欲しい。本当の「市民クラブ」になってほしいということです

USの皆さんには「市民クラブ」の定義を教えて欲しい。何をもって「市民クラブ」というのか?税金に頼らない経営を目指しても「市民クラブ」にこだわるのか?「サポーターが筆頭株主だから市民クラブ」なのか?そもそもサポ持株会がいつまでも筆頭でいいのか?この辺りをマジでどうお考えか聞きたい。HFCのビジョンも大切だが、USのビジョンも提示していただきたい。

「札幌はJ1で安定して戦えるクラブではまだない」というのはまさにその通りだ。俺が強く訴えたいのは、それはJ1に上がったからこそ言えるのであって、2007年「勝利」にこだわり「昇格」にこだわったのは無駄ではなかったのだという事を改めて表明しておく。この事に関し三浦監督には最大の敬意を払っている。
USは「今」強くクラブに・・・・と「今」を強調して、「北海道民、札幌市民に愛され誇りとなるクラブ」と謳っている。これはどう解釈すべきなのだろうか。他チームで考えると例えば、市原市&千葉市とジェフ、柏市とレイソル、広島とサンフレッチェ・・・・大分、新潟・・・・・そういう関係か?どこも「J1であるかどうかや、単純な勝敗」にこだわっているから残留してるんだよね?勝っているから「誇り」に思えるんだよね?違うかな。小中学生なんかはそうだと思う。ファイターズだって毎年クライマックスに出場するから爆発的に市民に受け入れられているんじゃないか?プロって勝ちにこだわるのが当たり前だし、ファンもそれを求めるから声を嗄らして応援するんでしょ。
応援自粛に違和感を持つのはまずそこ。どんな戦力であれ「目の前の勝利」にこだわらないと、10周年のときの神戸戦みたく白けムードになる恐れがある。あの時にドームにどんな空気が漂ったか。「攻めろコール」の大合唱、そしてヴィッセルより数多く放ったシュート。17本も打った。「攻めるサッカー」にこだわり過ぎた挙句、守備があっさり崩壊して1-4で敗戦した。10周年を祝って駆けつけた1万8千人が肩を落とした。

<参考>
http://blogs.yahoo.co.jp/tacky1965/42754763.html
(「気まぐれ更新BLOGですが、何か?」より「J2:第46節・札幌vs神戸」)

「J2であろうが信じられ、夢を持て、一緒に戦えるクラブ」というが、柳下監督の3年間で「攻撃的サッカー」を追い求めた結果は3年目でも6位だった。USの声明文の「夢」ってもしかして「攻撃的サッカーの継続」なのかな?と思ってしまう。別にそれでも構わないけど妙に引っ掛かる。
目の前の一戦に、大事な浦和戦の前に「一緒に戦わない」(USには悪いが応援自粛はそのように映る)人たちが「今季残り試合のクラブとして臨むスタンスを示してほしい」なんて書くのは、理屈が通らない気がするがいかがだろうか。
まぁ、理屈が通らないと思う人たちが大勢いて、コンサドーレコールを響き渡らせるに違いない。
「コンサコールは止まらない」(次のブログタイトル候補にしよ) そっちに100ドーレ賭ける!

なんだかよくわからなくなってきたんで、今日はここまで(笑)


posted by (oDo) |05:45 | 俺達の札幌 | コメント(0) |

2008年10月29日

奮起して白丸を!

081029_0852~0001.jpg


posted by odo5312 |09:00 | at HOME | コメント(0) |

2008年10月28日

声圧されてたまるか!

081028_0619~0001.jpg


posted by odo5312 |08:30 | しんぶんし | コメント(0) |

2008年10月27日

人生いろいろ、サポもいろいろ。

二人の若者のブログを読んだ。

どっちがいいとか悪いとかではなく、俺はどっちにもある種の「熱さ」を感じた。
それぞれサポとしての方法論は違うが、コンサドーレを想う熱い気持ちが伝わってきた。

二人もそうだし、二人それぞれを支持する人たちも、あるいはどっちも支持しない人も、コンサドーレサポーターとして思うままに活動したらいい。

この胸に(シマフクロウの)エンブレムがある限り、俺達は闘い続ける。
一番大切なのは、考え方の違う仲間を、その考えに至る過程を、尊重し認め合う事だ。もちろん相譲れない所は批判してもいいだろう。

考えてみて欲しい。
聖地厚別にはもう8千人の仲間しか集まらなくなった。
関東や全国に散らばる仲間も含めてコアサポは1万人いるかどうか。
熱心なコンサ狂は年々減っている。これ以上減らしたくない。
特に若いコンサ狂を増やしたい。今が良いチャンスのような気がする。



http://blog.livedoor.jp/nel_regno96/archives/51061941.html
(「赤黒浪漫」より「残り試合の応援について」 )

http://www.consadole.net/shuya/article/195
(「俺らの想い歌に乗せて響かせろ~赤黒日誌 2号館~」より「俺がやってやる!@11.08」)



若い二人のブログを読んで、心の炭に火を点けてもらった。
同じように真っ赤な炎が胸の奥に点いてしまった方も多いだろう。やけに物分りのよくなったつまらない大人は、往々にして純粋な少年の言動に心を揺さぶられる事がある。
今回のUSの決断をきっかけに、ひょっとしたらコンサのゴール裏が新機軸を打ち出す可能性もある。マンネリ気味で予定調和だったゴール裏に激辛スパイスが振りまかれ、ちょっと不安定だけどスリリングでエキサイティングな応援ができるかもしれない、などと少しだけポジティブな秋の夜長。


posted by odo5312 |20:52 | 俺達の札幌 | コメント(3) |

2008年10月26日

Kitaca定期で実験してみた

Kitaca定期を財布に入れたまま、タッチ&ゴーしようとしたら・・・・


ケース1:エラー音で通過失敗

     ※Suica(JR東日本)が入っていたため、Kitacaが反応できず?


ケース2:普通に通過
 
     ※Suicaを財布から抜いて、財布ごとタッチ&ゴーに成功


<結論>

Kitaca定期は財布に入れたまま、つまり「財布でタッチ」してOK!



<キャラの生みの親>

http://sora.pulp.jp/?eid=650707
(2007.09.19♪モモンガを描きました♪@SORA'S BLOG)



<ブログパーツ>

http://blog.livedoor.jp/odo5312/

エゾモモンガのブログパーツも導入してみた(笑)


posted by (oDo) |21:54 | 鉄道研究会 | コメント(0) |

2008年10月26日

USの応援拒否始まる

秒刊コンサ1528日より。

116 :その1:2008/10/26(日) 19:41:57 ID:dcqQe1dK0
    現地から帰宅。
    前スレから読んだけど、今回の臼が開いた集会の
    内容と今日の応援までの経緯が書かれてないので書くよ。
    といっても俺も途中までしかいなかったので補完ヨロ。

    試合開始前に臼がゴル裏の人たちを集めて集会。
    まずは厚別で乱入した臼が居た事の謝罪。ただ、
    「ああいうことをすることで札幌のサポーターが悪くみられることについては謝罪したい」
    という感じで、個人的には行為の本質的な部分を肯定しているようでどうかと思った。

    そのあとは今日から応援を拒否することの説明。
    ビジョン云々は既出の通り。あと、厚別や磐田で選手から
    やる気が感じられなかった云々とも言ってた。

    ともかくビジョンが打ち出されるまではリーグも天皇杯も全て
    応援拒否するとのこと。 


144 :その2:2008/10/26(日) 19:54:21 ID:dcqQe1dK0
    説明のあと、質疑応答。順不同で記憶の限り書く。

    Q1:今日勝ったり、良い試合しても途中から応援したりしないのか
    A1:しない

    Q2:天皇杯を勝ち上がったら応援を再開したりしないのか
    Q2:しない

    Q3:今日応援しないことはフロントに伝えたのか
    Q3:言っていない。ただ、宮の沢で何人かの選手には伝えた。

    Q4:応援したい人もいるが、個人で応援する分にはいいのか
    Q4:個人で応援するのは構わないし、臼として妨害したり、止めたりはしない。

    Q5:質問ではなく要望として。応援しないなら離れた場所に行ってほしい。
       今後も応援しないならばホームでも熱烈サポゾーンには来ないで欲しい
    A5:今後については札幌に持ち帰って検討したい。そういう意見があることは受け止める。

    ・
    ・
    ・

    ここの辺りで選手が練習を始めたので、集会に居た人がパラパラと離脱し始める。ここで俺も抜けた。
    なのでこのあとの質疑については誰か補完よろしく。

    最終的には、応援拒否に納得いかない人達が右側に集まってコールを行った。
    7,8割の人は右側に集まって応援していたように思う。臼は集会を開いていた
    左側にそのまま残って試合観ていた。10人ぐらいだったかな。

    あと、試合開始前に臼が張っていた弾幕が3枚撤去されてたな。



173 :その3(ラスト):2008/10/26(日) 20:07:56 ID:dcqQe1dK0
    そうして始まった応援は、前レスで「楽しかった」と書いた人が居て
    不謹慎と言われていたが、確かに一体感があって、やっていて充足感があった。

    さて、ここからは報告ではなくて感想。

    ここまでわざわざ書いたのは、次のホーム、

    「臼が応援をリードしなくても応援したいという人は、それなりの準備をして頑張って応援してくれ」

    ということ。ここで応援するにしても、臼に賛同して応援しないにしても、
    それぞれ良い経験になるし、それは臼にとっても良い事だと思うんだ。
    サポーターの総意がどこにあるのか、臼の存在意義は何なのか、とか、
    考え、感じる良い機会だと思ったよ。

    応援について言うと、今回は太鼓が無いので応援の開始終了が難しかった。
    頑張って応援しよう!という人は何か持っていた方が良いかも。

    それではホームのサポーターの奮起を期待して。

    一関東サポ。



※臼=US(ウルトラス・サッポロ)






スカパーからコンサのチャントが聞こえて来なかった訳はわかった。

応援拒否するなら全員でやらないと中途半端になって、何も伝わらないのでは?
とにかくコンサ史上おそらく初めての「分裂応援」が始まったようだ。


応援拒否って最後の手段だよねぇ。レッズ戦の前にやっちまうのはどうなんかな。興行的に盛り上がりに欠ける環境をゴール裏が作ってしまうのはなぁ・・・・。堪忍袋の緒が切れたのかな。
応援拒否する人は「全敗」も覚悟してるんだろう。わかります。
日本一諦めの悪い集団は、実は諦めが早かった(笑)
だってそうだろ?ビジョンなんかすぐに出来やしないよ。
真っ赤なダンマクに「意地」なんて書いていたが、実は「意気地なし」の略だったんだよ。

降格した「後」こそ大事なんだよ。
降格した後にサポとしての生き様が見えるはず。いや見てもらいたい。
コンサドーレのサポーターは、しぶとさが伝統なんだ。どんなときも最後まで声を張り上げて来たではないか。
全敗したくない人は声を出せばいい。シンプルにそれだけじゃないかな。
勝ち点が千葉の半分の17しかなくても、ガンガン応援する。それがコンサドーレのサポーターなんじゃないの?
不満があるなら試合後に盛大にブーイングすりゃいいじゃん。拍手なんかしてないでさ。
降格で情けない思いをしている選手の背中を「試合中は」押してやるのがサポの仕事だと思うんだが。

レッズのチャントばかりが響き渡るドームかぁ。想像しただけで萎えるね。

posted by (oDo) |21:08 | 俺達の札幌 | コメント(4) |

2008年10月25日

第30節AWAY川崎戦展望

ヤフーのレーダーチャートを貼っておく。

黙って眺める。

青がフロンターレ。

20081025-00.gif
赤がコンサ。 しばし考える。 いや、考えるだけ無駄。 黙祷!(爆) 【今日のようつべ】 昨日のMステに出てた女子高校生風バンドをもう1回みたいと思って、 「スキャンダル」で検索したら、懐かしい明菜の曲が! http://jp.youtube.com/watch?v=jX9HGNX5rJE (中森明菜 「少しだけスキャンダル」) http://jp.youtube.com/watch?v=8N4v5KwjXTM (SCANDAL "DOLL") http://jp.youtube.com/watch?v=jIZfAOSrGJQ (SCANDAL - DOLL)


posted by (oDo) |22:10 | 三浦俊也監督 | コメント(0) |

2008年10月24日

04653

「04653」 と書いて「オシムコンサ」と読みます(挨拶)




20081024-00.JPG

↑2008Jリーグ・キックオフ・カンファレンスでのひとコマ


オシム:「J1昇格が君の唯一のミスだ。人生にはミスがつき物だ。」
ミウラ:「・・・・(苦笑)」
オシム:「ジェフは、あまりお金や施設に恵まれたチームではない」
ミウラ:「コンサは、施設には恵まれていますが、お金がありません」
オシム:「・・・・(苦笑)」


以上、勝手に04656(オシム語録)でした。

ニッカンを中心とした「オシム狂想曲」についてのまとめ。
新聞ネタに踊らされるって楽しいなぁ。
せめてストーブリーグくらいは盛り上がらないとな!!(微毒)

真面目な話、監督選びによって集まってくる(補強する)選手は変わってくる。選手が変われば戦術も変わる。監督選びはクラブのヴィジョンが根拠になってないといけない。
限られた予算を監督に使うのか、選手に使うのか、その辺のバランス感覚もフロントの腕次第。監督がビッグネームならスポンサーが集まりやすいというメリットもある。さて、HFCは「監督で」勝負するのか、「選手で」勝負するのか。
サポーターズ持株会からの発言がないのも寂しい。こういう時こそ筆頭株主が意思表示すればいいのに。



10/20
イビチャ・オシム ・・・ 札幌が、すでにクラブ関係者を通じて交渉に入っている - 日刊スポーツ

10/21
イビチャ・オシム ・・・ 札幌・矢萩社長「オシムさん側と正式な交渉はしていない」 - スポニチ
アマル・オシム ・・・ 札幌・矢萩社長「アマルさんは日本での監督歴が浅く、そんなに印象はない」 - スポニチ
アマル・オシム ・・・ 札幌・三上強化部長「オシムさんもアマルさんもリストの中の1人」 - 日刊スポーツ
イビチャ・オシム ・・・ 札幌・矢萩社長「(当初リストアップした)候補30人のうちの1人には入っている」 - 北海道新聞
三浦 俊也 ・・・ まだ、フロント側と話し合いはしていないが「私の方はいつでもできる状態にはあります」 - 北海道新聞

10/22
三浦 俊也 ・・・ 去就について「考えていない」と態度を保留 - スポニチ
三浦 俊也 ・・・ 札幌・矢萩社長「まず1番目は三浦監督なのか、そうじゃないのか、から始まる。三浦さんと話をするのが最優先で、すべてはそれが終わってから」 - 北海道新聞
江尻 篤彦 ・・・ 札幌がリストアップ - スポーツ報知
石崎 信弘 ・・・ 札幌がリストアップ - スポーツ報知
三浦 俊也 ・・・ 札幌・矢萩社長「方向性は絞られてきた。だが、最終的にはまだ決まっていない。決まればまず、今週か来週に三浦さんとお話しする予定」 - スポーツ報知
イビチャ・オシム ・・・ 「(現場復帰は)健康や家族にとってリスクが大きい。死ぬのであれば自宅で死にたい」 - 毎日新聞

10/23
イビチャ・オシム ・・・ 「どこかのクラブで仕事をしたい気持ちはある」 - サンスポ
イビチャ・オシム ・・・ 代理人・大野氏「オファーは来ていない。リストアップしていいかと問い合わせはあったが、お父さんは体調的に無理」 - 中日スポーツ
アマル・オシム ・・・ 非公式ながら、札幌側から監督就任の話が持ち込まれている - 日刊スポーツ
イビチャ・オシム ・・・ 「札幌がアマルを監督にしたいという話は聞いている」 - 日刊スポーツ



【引用元】

http://soccer.phew.homeip.net/coach/news/
(さっかりん 監督人事関連ニュース)



オシムが本命なら、対抗は・・・・??


【江尻篤彦】

http://f.hatena.ne.jp/twingle/20061027112540
1967年7月12日生まれ、静岡県出身。
清水商業高校では1985年選手権にて主将を務め優勝。
卒業後、明治大学を経て古河電気工業に入社。
Jリーグ開幕後のジェフ市原にも引き続き所属。
1993年には日本代表にも選ばれた。
1998年現役引退。Jリーグ193試合出場24得点。
1999年、育成部・ジュニアユースコーチ就任。
2000年にはサテライトコーチを兼任し、シーズン途中、トップチームコーチに昇格。
2005年、アルビレックス新潟ヘッドコーチ就任。
2007年、U-22日本代表コーチに就任。



posted by (odo) |07:08 | 俺達の札幌 | コメント(2) |

2008年10月23日

踊らにゃ損損 2

一部には「引っ込みがつかなくなった」説が流れるニッカンだが、まだまだオシムネタで引っ張っている模様。
道新まで後追い記事(ニッカン攻撃)を出し、無視できなくなった模様だ。

おおっ!と思った部分が三上発言だ。

三上大勝強化部長(37)は20日、日本代表前監督のイビチャ・オシム氏(67)と息子アマル・オシム氏(41)を、来季の指導陣にリストアップしていることを認めた。
「オシムさんもアマルさんもリストの中の1人」と話した

三上のコメントを取った事で、ニッカンのスクープは真実味を帯びてくる。要は札幌からのオファーは間違いないということ。そしてビッグネームなだけに(親父の方が)優先順位が1位なのは間違いないということだ。
話を総合すると交渉順序は、1番三浦俊也、2番オシム(息子)という感じだろうか。三浦監督への続投要請と平行で作業をしているのは明らかだ。三浦監督が続投を断った段階でオシムへ一本化する運びなのだろう。

http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp0-20081021-421148.html
(札幌がオシム氏リストアップを認める)

http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/f-sc-tp2-20081022-421594.html
(オシム前監督来日「話すのもリハビリ」)


オシムチルドレンの言葉もありニッカンの必死さが伝わってくる(苦笑)

羽生も「むしろ札幌でやってほしいぐらいです」と喜んだ

http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp0-20081022-421489.html
(東京羽生がオシム氏札幌総監督就任を歓迎)


サンスポのオシムコメントはどう解釈したらいいかわからない。
コンサドーレが一番準備を要するのはオシム親子と選手・マスコミを繋ぐ通訳なのかもしれない。

http://www.sanspo.com/soccer/news/081023/scg0810230503003-n1.htm
(【オシムトーク】死ぬなら自宅で死にたい)

 「もちろん、もっと体調がよくなれば、どこかのクラブで仕事をしたい気持ちはある。
ただ、ドクターは100パーセントのゴーサインを言ってくれないだろう。
監督というのは、あらゆる試合で100パーセントの自分を投資する。
興奮状態になるし、わたしの健康と家族にとってリスクが高い。
死ぬなら自宅で死にたい。遠く離れたところでは死にたくない」


早々に降格した事によって逆に世間の注目を集めている。
これをプラスにとらえて、選手諸君は残り5試合発奮してもらいたい。


【追記】

暴走するブルーニッカン(わ

http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp0-20081023-421826.html
(オシム氏札幌総監督就任に前向きの姿勢)

 札 幌 総 監 督 就 任 

センセイ!シツモン。ソウカントクって何するんですか??

非公式ながら、札幌側から長男アマル・オシム氏(41)に監督就任の話が持ち込まれていることを認め、自身がチームをどうサポートすべきかを熟慮していると発言した

ニッカン特急が止まらない。

オシム氏:
 札幌がアマルを監督にしたいという話は聞いている。私がテクニカルディレクター(総監督)につくという話については…サッカー界には「○○ディレクター」という役職が、あまりにも多すぎると思いませんか?(笑い)。大事なのはチーム強化のために、毎日いい練習を準備し、いい雰囲気をつくること。そのためにどうするかが、肩書よりも重要です。

質問!コレ、通訳を通して聞いたの?

関係者によれば、親子2人にアシマ夫人を加えた家族会議では「アマルが札幌監督に就任した場合、脳梗塞(こうそく)から回復したばかりの父が、どれだけチームに帯同できるか」という話までしている

質問!関係者って誰(笑)

ってか、総監督が愛媛とか熊本に行かなきゃいけないのか??
J2は過酷だぜ。水土水だぜ。大丈夫かよ、おい。

 札幌の総監督就任は、小さなクラブを強化してサッカー界に一石を投じるというオシム氏のポリシーにも合っている

オシムのポリシーって「小さなクラブを強化してサッカー界に一石を投じる」ことなのか?
ジェフとコンサはかなーーーーーり資金力が違うけど、大丈夫か?そんなこと書いてしまって>ニッカン!

札幌を強くし、日本代表の強化にも手を貸したい。本格的な交渉はこれからになるが、総監督就任に向けて、今のところ大きな障害は見当たらない

以上、ニッカンスポーツのご意見ご希望でした~☆


【アマル・オシム】

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%82%B7%E3%83%A0

 父親はイビチャ・オシム。イビチャの長男
 1967年 サラエヴォに生まれる
 (中略)
 2004年 ジェフユナイテッド市原(当時)コーチに就任
 2006年 日本代表監督に就任した父・イビチャの後任として、ジェフユナイテッド千葉監督に就任、Jリーグヤマサキナビスコカップ優勝(チームとしては連覇)
 2007年 成績不振により千葉監督を解任される。

posted by (oDo) |07:51 | しんぶんし | コメント(0) |

2008年10月22日

夢を追いかけて

当ブログはブレないGMを支持している。東雁来に全寮制作るまで辞めないで!

081014_1911~0001-0001.jpg



http://www.jsgoal.jp/photo/_prog/detail.php?c=00022737&search[team2]=454
([ J2:第14節 札幌 vs 仙台 ]
この日、バックスタンド側コンコースで営業開始した「しま福」。
選手寮「しまふく寮」の寮監である村野晋さんが自ら焼く餅には、長蛇の列が。)


コンサドーレの根幹はどこにあるのか、今一度考えてみたらいい。
J2陥落なんて大したことじゃない。
だってそうじゃないか。存続するだけで精一杯なクラブなんだから・・・・。



posted by odo5312 |08:30 | 俺達の札幌 | コメント(0) |

2008年10月20日

踊らにゃ損損

初めから監督人事ネタは、マスコミ同士のバトルとしか見ていないんだが(苦笑)

さっそくスポニチが反撃してますぜ。HFCにウラ取りに行ったようだ。

2008年10月21日
札幌“オシム総監督”との正式交渉否定

「オシムさん側と正式な交渉はしていない。アマルさんは日本での監督歴が浅く、そんなに印象はない」と説明。「絞り込まれた中にオシムさんが入ったとかは言えない」

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2008/10/21/07.html


さて、ニッカンは二の矢を放てるのか?

今はどこの報道機関もとりあえず可能性のありそうな名前を出してるだけ。
HFC側では「年内にビジョンを発表したい」なんて言ってるらしいから、監督の発表はズレ込むかもしれないなぁ。

まさか、監督決めてからビジョンを決めるわけじゃないだろうから。
(普通、ビジョン決めてから監督だよね。いいんだよね)

あ、普通じゃないクラブだった。エレ・・・・






今回の来日は、主治医にメディカルチェックを受けるなどのリハビリと
協会のアドバイザー活動が目的

http://mainichi.jp/enta/sports/soccer/news/20081021k0000m050064000c.html
(毎日「オシム氏が22日に来日」)


「実に面白い!」(ガリレオ福山風)


日本一ストーブリーグ突入が早い街、サッポロ。

結局ニッカン買いましたがな(笑) 

こういう夢のある一面はいいね! 

まるで元旦の初夢記事みたいだ。

「オシム札幌」
センス抜群だな。東スポかっ!

081020_2034~0001.jpg


昔、「ブルーニッカン・日刊スポーツ」って名乗っていたから、青地で引用して更に検証とツッコミを。


イビチャ・オシム氏(67)を総監督として招聘(しょうへい)に動いていることが19日、明らかになった  

※言い切るよね~

すでに再浮上に向けた「切り札」獲得に着手していた。オシム総監督とアマル監督の親子タッグの招聘。交渉に当たっているクラブ関係者は「早く発表できるようにしたい」と期待を隠し切れないように語った

息子アマル・オシム氏(41)を監督に据えた2トップ体制を見据え、すでにクラブ関係者を通じて交渉に入っている

※ここでの「クラブ関係者」は三上強化部長しか思い浮かばないわけだが・・・・

J1昇格と降格を繰り返している「エレベータークラブ」からの脱却を目指す札幌

※なんだか次期ビジョンを知ったかのような書きっぷり。本当に三上と接触してるのか?>ニッカン

オシム氏にとっても札幌は縁のある土地だ。02年W杯のFIFAテクニカル・スタディー・グループの一員だった同氏は、札幌開催の試合の分析を任された。その際札幌の自然の美しさや市民の親切さにふれ、日本で指揮を執りたいという気持ちが芽生えたという。生地サラエボに近い涼しい気候も、同氏の希望にあっている

※この強引なこじつけは流石ニッカンと思わずにはいられない。ほほう、気候かぁ、サラエボとサッポロねぇ。

直接的に選手を強化できるクラブでの仕事に、心は傾いているという。近日中に来日を予定しており、札幌側と最終的な交渉に入ることになりそうだ

※推測の域を出ない文章だし、ソースも明らかでない。



村野GMと三上部長が一発逆転を賭けた(例えば大口スポンサー獲得&観客動員大幅増)サプライズ企画なら、岡田武史招聘を超えるオファーと言えるだろう。

でもさ、三浦監督とこれから話し合うって言ってるのに、もう他の監督候補に接触するか?普通。
・・・・と考えていたのだが、風呂の中でふと思いついた。

・三浦監督は今季限りで辞任の意向を三上強化部長に伝えた(元々1年契約だし)
・監督へのオファーは先手必勝。「最初にオファーをくれたから」と前向きに考える人もいる
・社長やGMは三浦監督に天皇杯を含め今季の全試合を指揮するようお願い済み
・三上強化部長は来年以降の事だけを考え監督選びに専念
・監督が決まらないと、コーチ、主力選手も決められない。だから監督だけは先に決めてしまいたい

こんな流れではないだろうか。誰でも考え付くか、この程度なら。


それにしてもニッカンの自信満々な全国版一面トップは、一体どこから生まれたのだろう。確かにこの見出しなら「売れる」よね。
道新や報知の反撃にも期待したい。できれば他の監督候補の名前で。

果たしてガセネタなのか、はたまたコンサにとって世紀の大スクープになるのか!?

乞うご期待!!


http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp0-20081020-420872.html
(2008/10/20 札幌総監督にオシム氏招へいへ)





これくらい書いとけば、躍らされたっぽい?(笑)


【おまけ】

懐かしのオシムコメント@室蘭

○オシム監督(市原)
「典型的なカップ戦の試合。J1、J2の違いもカップ戦では差はない。J1の選手はJ1ということで油断もするし、J2はやる気が出てくる。正直言って今回の2チームの差はなかった。
ウチのチームにも2、3人いい選手はいるが、札幌にもいい選手はいた。札幌にも市原でプレーできる選手はいる。そういう意味では同じ状態。ウチの何人かの選手はリミットである。常にウチは選手が足りない。レギュラークラスが5人いないし、その代わりもいない。その中でも若手が経験をつかんだのも事実。世代交代を行なう時期かもしれない。ウチは先制してから内容で負けた。1点入れて終わったようだった。札幌はしっかり戦って勝てた。向こうが戦って、勝った。札幌はいいチームではないが、勝ったものが勝つ」

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00013539.html
(2004年11月14日【天皇杯4回戦】札幌 vs 市原:オシム監督(市原)記者会見コメント [ J's GOAL ])



posted by odo5312 |21:00 | しんぶんし | コメント(0) |

2008年10月20日

書くよねぇ~(はるな愛風)

20081020-00.jpg
http://jp.youtube.com/watch?v=Fo4rnjqu1o0



日本一ストーブリーグ突入が早い街、サッポロ。


イイ機会だから降格確定まで封印していた次期監督ネタへ。

俺の予想は、高木琢也氏。


★10月20日

スポニチ。
既に水面下では次期監督の人選を進めており、三上部長は守備力の強化を第一に、「来季のチームコンセプトに合うなら、必ずしもJ1昇格経験者に限らない」とした。三浦監督が退団した場合には、川崎F前監督の関塚隆氏(47)柏現監督の石崎信弘氏(50)、日本代表の大木武コーチ(47)、元札幌OBで東京Vの高木琢也コーチ(40)らの招へいが有力視される

報知。
クラブの方針実現への指導者選びは水面下で進んでいる。オシム前日本代表監督や反町康治北京五輪代表監督の下でコーチを務めるなど、若手育成に定評のある江尻氏、「育てながら勝つ」を実践してきた石崎監督を次期監督としてリストアップ

うん、やっぱり消去法で高木だ!(笑)


★10月14日

報知の記事より。
◆次期指揮官はJ監督経験者
来季の監督についてはJでの監督経験者にターゲットを絞って交渉を進めていくことがわかった。クラブ幹部は「Jの監督経験者? そうだね。ほかのクラブが動く前に早く手を打たないと」とすでに候補が絞られていることも示唆。同幹部は「名前(ネームバリュー)? それはあった方がいい」

高木琢也候補、第一関門クリア!

秒刊にも関連情報(ソースは不明)が!

784 :U-名無しさん@実況はサッカーch
知り合いから話聞いたんだけど、次期監督候補は高木、○○○、○○といったあたりが候補らしいね
なんでも昇格あるいは昇格争いに絡んだ実績のある人をリストアップしているんだとか 


★10月11日

昨晩OSC仲間のLIVEがあり、その後酒を飲みながらコンサ論議へ。
話題の中心は「次期監督は誰がいいか」ということ。
三浦監督が続投要請を断るという前提で、何人か名前が挙がったのだが、最終的に一人に絞られた。

・J2の戦い方を知っている(選手と監督として2度昇格を経験)
・選手時代にはコンサのユニも着ていた(2000年岡田監督の下で指導方法を学ぶ)
・横浜FCで「ハマナチオ」という守備重視の戦術を徹底させた

高木琢也氏はどうでしょうか。

5段階計画では「J1定着」が最終目標。現時点では「J1再昇格」&「残留」という2つの目標があり、フロントは再昇格にあまり長い時間をかけたくないと思っているだろう。

そこで、失敗の経験を持った監督がいいだろうと。
J1で守備が崩壊し任期途中で解任された苦い経験。
監督としては手堅く守備的な戦術をとって成功(昇格)した経験と、高木氏自身のFW経験者としての攻撃の構築。

守備と攻撃のバランスのとれた人という意味でも、J2とJ1の違いに苦しんだ経験もあるので、リベンジを目指す意味で今のコンサに合うような気がするがいかがだろうか。
高木琢也氏は現在ヴェルディのコーチを務めている。ヴェルディにも降格の可能性がある。もちろん今はオファーの時期でもないだろう。

残り試合もわずかになってきたが、1試合また1試合と過ぎ去る毎に来年を見据えなくてはならない季節になった。その中で交渉が始まり、新しい誰かと縁が出来て、コンサの将来を紡いでいくことになる。
S級ライセンスを持ち、限られた強化費予算の中で、監督を引き受けてくれる人は果たしてどれくらいいるだろう。
その中でJ2を知っている人は、J1を目指せる人は・・・・。
誰に頼むにしても、次期監督を納得させるクラブとしての明確なヴィジョンが必要だ。


posted by (oDo) |08:59 | しんぶんし | コメント(0) |

2008年10月19日

聖地の落日 2

081019_1609~0001.jpg



http://jp.youtube.com/watch?v=uETP3sNn9n8

http://jp.youtube.com/watch?v=dTI02ylDfEY

http://jp.youtube.com/watch?v=fyKViW38nIM

http://jp.youtube.com/watch?v=HXEiMOFth7g

http://jp.youtube.com/watch?v=affcDxEFeIc



【宇宙戦艦コンサ】

さらば ちきゅう(J1)よ


【率直な感想】

怒りも悲しみも全く感じない降格。落ちるべくして落ちた。ただそれだけ。
J1での戦いにワクワクしたのは初めの数試合だけ。最近のコンサには何の魅力も感じない。


【ブログタイトル保存】

あかくろの憂者
00300310000300131 100001000000川浦緑名鹿 勝ち点「17」18位


posted by odo5312 |20:05 | at HOME | コメント(2) |

2008年10月19日

変身ドーレくん・ボビングフィギュア・リスト

第01弾 03/15 札ド ×1-2横浜M  ノーマルドーレくん
第02弾 04/02 札ド ×0-2川崎F  乳牛ドーレくん
第03弾 04/12 札ド ○2-1J磐田  キタキツネドーレくん
第04弾 04/26 札ド ×0-1A新潟  カニ頭ドーレくん
第05弾 05/06 札ド ×1-3東京V  丹頂鶴ドーレくん
第06弾 05/17 札ド ×1-3名古屋  鮭ドーレくん
第07弾 07/05 厚別 △2-2清水S  ヒグマドーレくん
第08弾 07/16 厚別 △0-0大分T  シマリスドーレくん
第09弾 07/20 厚別 △1-1V神戸  イカ星人ドーレくん
第10弾 08/09 厚別 ×1-2大宮A  メロンドーレくん
第11弾 08/17 札ド ×1-2京都S  まりも羊羹ドーレくん
第12弾 08/27 厚別 △3-3G大阪  トウキビ農夫ドーレくん
第13弾 09/20 厚別 ×2-3J千葉  綿羊ドーレくん
第14弾 09/28 厚別 ×1-2F東京  クリオネはぁとドーレくん  
第15弾 10/19 厚別 ×0-2柏レイ  スープカレー屋ドーレくん
第16弾 11/08 札ド  ---浦和R
第17弾 12/06 札ド  ---鹿島A

posted by (oDo) |18:19 | 収集品 | コメント(0) |