コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2012年12月30日

さよなら2012年赤黒動画集

赤黒特選動画をピックアップしました。
ツライ1年ではありましたが、年の瀬くらいは元気の出る動画で〆鯛!
というわけで、5本選んでみました。
古田選手、札幌に残っておくんなまし、なんて願いを込めつつ。



■札幌の代表的ランドマークを表現したゴール裏コレオグラフィ
 「SAPPORO CITY IS NO.1」

http://www.youtube.com/watch?v=kV9AKBLQLwk&list=UU-3sUg8CaLM1SLQxqwOIpFg&index=2
(2012.03.10 コンサドーレ×ジュビロ 選手入場)




■コンサドーレ札幌 公式サポートソング「LET'S ROCK ! 2012」グランプリ曲
 ドーレくん、コンサドールズも出演してくれた画期的なPV

http://www.youtube.com/watch?v=D2X8XStubgU&feature=youtu.be
(ナイトdeライト/終わらない夢)



■2012年コンサドーレ最高試合賞、エキサイティングプレー賞
 埼玉スタジアムでレッズサポの悲鳴が…。しびれるぅ♪

http://www.youtube.com/watch?v=D-JGcV7KHps
(2012 J1 第28節 浦和レッズ×コンサドーレ札幌 古田寛幸選手1点目)

http://www.youtube.com/watch?v=89eT9MhcAjg
(2012 J1 第28節 浦和レッズ×コンサドーレ札幌 古田寛幸選手2点目 )

http://www.youtube.com/watch?v=O3ISmCL58BI
(J1第28節 浦和レッズvsコンサドーレ札幌 2012.10.06 ‪| RedsInternetClub )


http://www.consadole-sapporo.jp/info/topteam/detail/28_121006.html
(公式記録:1点目 櫛引⇒河合⇒古田、2点目 内村⇒古田)

50分 【札幌先制GOAL!】スローインを受けた河合が縦パスを送ると古田が巧みなコントロールで前を向き右足を振り抜くとゴール左隅に突き刺さる

74分 【札幌GOAL!!】カウンターから内村がゴール前にスルーパスを送ると古田が相手DFと競り合いながらマイボールにして、相手GKをかわしてシュートを決める!


↑この勝利があっただけで精神的にかな~り救われたよね。

みなさま、良いお年を!!

posted by odo5312 |10:49 | 特選ユーチューブ | コメント(0) |

2012年12月29日

野々村新社長、改革5カ条

野々村会見3連投稿。

記者によって書き方が若干違う。でも野々村イズムはどこかに潜んでいる。
だから何でもいいから、今のうちに汲み取っておいて、キックオフまでに意識を共有しておきたい。

http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp1-20121229-1065761.html
(札幌野々村新社長、改革5カ条打ち出す)

OB社長として営業&広報&強化の3役、観客動員増プラン、社内ムードの一新、緊縮財政の克服、育成の強化及び徹底と、いきなり5つの具体策を披露。新体制の基本方針を打ち出した。


勝ち負けは大事、でも負けてもまた来たくなるクラブにしないと。

J2だから観客が減るのじゃなく、コンサドーレが将来どうなるか楽しみにしてくれる人が、1人でも多く来てくれるように。

負けてもまた来たくなるクラブ

難題だが、取り組みへの挑戦はいいと思う。
ヨーロッパの2部、3部チームにそういうチームがあると聞いたことがある。


アウェーの試合中に社員が試合結果を確認してないというのは論外。

最速降格の時の話だろうか。サポミでもしつこく言われてたっけ…
他のチームの動向もチェックしておいてほしい。順位的にプレーオフに絡めばの話だけど。最下位、ブービー前後でもか。


今は総売り上げの20%程度しか選手、スタッフの人件費にあたっていない。J平均値を見ると、40%ぐらい使えないとおかしい。背伸びしてるかもしれないし、もう1度、精査したい。会場利用費など改善の余地はある。行政と一緒になって。いろんな人に北海道から発信するサッカーに協力してもらいたい。

重要なところを拡大で。

会場利用費など改善の余地はある。行政と一緒になって。

「この空席の数が道民の評価」なんてダンマクがあったけど、1万人前後でも黒字が出るような会場費に設定、交渉しなきゃダメなんじゃないだろうか。
観客動員目標も現実的な数字を求めたい。名前だけで客を呼べる選手は居ないのだから。


来季ユースから6人昇格できたのは、もとは00、01年ごろに探してきた選手が育った結果。10億、50億で動かすクラブじゃない。育成、普及は札幌というクラブが地道に戦うために最も力を入れなければいけないこと。10年先を見て、しっかり継続していきたい。

↑ ↑ ↑
岡田武史監督、四方田ユース監督、名塚コーチ、野々村社長。
00、01年ごろ撒いた種は、確実に花を咲かせている。
実が成るかどうかは、来年からの取り組みにかかっている。
J2は道場になる。同時に戦場でもある。
10年先の生き残りをかけた新計画を早急に策定していただきたい。

posted by odo5312 |12:27 | HFCの経営・営業 | コメント(0) |

2012年12月29日

野々村アクション骨子

野々村アクションの骨子だと思われる部分を報知から拾ってみた。

サポーターとしては、次期社長のビジョンを理解した上であれこれ動けるので、こういう記事はありがたい。

「営業でも広報でもやるし、何でもしゃべる。現場のことは何でもやろうと思っているから」

洗いざらいしゃべってもらいたい。何度も死にかけた経営状態だからこそ、手の打てる内に公表してもらいたいと思う。

「メディアともどんどん協力したい」

サポーターもファイターズに嫉妬している場合ではない。地上波があるからファイターズに食いつく。これは当然のこと。妬んではいけない。
「妬まないでネタを出せ!」っての。(軽めのギャグ)
スカパー中心の放映が現状の中、それでもTVHやSTVやHBCはコンサの番組を組んでくれている。報知もニッカンも道スポもきっと協力してくれる。


下部組織については「最も力を入れないといけない部分」

マスコミにどうやって下部組織をアピールするかという問題もある。アマチュアからプロフェッショナルを育成する過程をドキュメンタリー型式で追う企画はどうか。NHKっぽいか。

目標はシンプルだが、本質を突いている。
そして一番の課題でサポーターが最も頭を悩ませてきた問題でもある。

 「J1だから行く、J2だから行かないとかじゃなく、コンサドーレなら見に行くというクラブにしたい」。

コンサドーレなら見に行く

今は「代表なら見に行く」だからね。あの客層とコンサの客層はかなーり違うからね。

もうコンサからA代表を出すしかないんだよね。

気が遠くなるけどガンバロー!(やや棒読みで)

posted by odo5312 |12:05 | HFCの経営・営業 | コメント(0) |

2012年12月29日

Jクラブの平均は40%

野々村次期社長から具体的な数字が飛びだした。

「予算段階ですが、総収入の20%ぐらいしか人件費に充てられていない。Jクラブの平均は40%。もう一度、経費削減を考え直す」


総収入をどう増やすのか。具体的には入場収入と広告だ。
そして経費をどう削るのか。例えば、稼働率の少ない外国人選手。
道産子中心のポリシーと矛盾する補強などなど。
実に興味深い。

売上を増やすための経費は確保しつつ、割高なコストは減らす方向だろう。
怪我人が増えると経費だけが膨らむ。怪我防止策にはコストをケチらないでほしい。
勝利給、得点ボーナス、完封ボーナスなど出来高制で、選手のモチベーションアップも図ってほしい。スポンサーから商品をかき集めてもいいだろう。勝って商品の宣伝に繋がるような工夫を。
試合開始前に得点者には「○○町の特産品」が当たります、とアナウンスしたらどうだろう。
コンサドーレは待ったなしで変革を求められている。
あまりにも勝利への執着心が薄れすぎている。得点への執念、気迫が足りなさすぎる。見ている人をうならせるには、やっぱりガツガツ行ける選手を揃えないといけない。若手同士で競争を促すには、ニンジンが必要だ。活躍した選手には現物支給だ。勝てば何かもらえる。プロっぽく細かく査定してファンにもわかりやすくしたらいい。コーナーキックの精度から、選手別グッズの売上高まで全て査定に入れたらいい。


一定の収入がありながら、人件費をかけられない大きな理由が多額の返済金だ。
補助金とは違うのだが、スポンサー料と相殺という形にできないだろうか。
具体的には北海道の「道章」をユニフォームに縫い付けるのはどうだろう。

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/bns/symbol.htm

道への返済金が長年の足かせならば、逆手にとって「道民のクラブ」を強く打ち出してしまえばいい。
道にとっても、人件費が少なくてショボイ成績で終わるよりは、返済金を選手の経費に充ててもらって活躍して「道章」が躍動した方がメリットが大きいと思う。選手一人分でも二人分でもいいから「道章」スポンサー料としていただけないだろうか。もちろん返済したお金の何%かを還元してもらうカタチにする。
例えば、5,000万円返したら、500万円を「道章強化費・補助金」として還付してもらう。年末調整式いやエコカー補助金式か。よくわからんけど。まぁ希望です、希望。前々から思っていた願望っす。やっぱり試合で勝ってナンボだから。

道章は、
開拓使時代の旗章のイメージを七光星として現代的に表現したもので、
きびしい風雪に耐え抜いた先人の開拓者精神と、
雄々しく伸びる北海道の未来を象徴したもの

↑ ↑ ↑

今まさにきびしい風雪に耐えているコンサが雄々しく伸びる北海道のクラブチームとして未来を切り開こうとしているのだ。
Jリーグという原始林を開拓者精神で乗りきってる真っ最中なのである。


コンサドーレスピリットに通じるマークだと思う。HFCと道庁担当者との間で突っ込んだ話をしてみてほしい。
民間企業のスポンサードとは違う。
行政と地元クラブの接点の模索だ。



一番の商品は「選手」であり、「試合」そのものであると思う。
選手が光らないと、試合も魅力が無くなる。2012年の最大の反省点だ。
ユニフォーム姿の選手をいかに会場で見てもらえるか。
一般市民がチケットを買ってコンサに行きたいと思わせる施策は何か。
そこのところに一番注目している。
野々村新社長の経営手法に注目したい。


http://www.hokkaido-np.co.jp/news/consadole/430518.html
【道スポ】営業、広報活動…何でもやる “動く社長”だ 野々村


posted by odo5312 |11:02 | HFCの経営・営業 | コメント(0) |

2012年12月29日

GON GOAL

ユーチューブでゴンさんのゴールシーンを発見!

https://www.youtube.com/watch?v=RQsgYMBbbKw&feature=youtube_gdata_player
(2012 チャリティーマッチ 得点シーン)

5分28秒あたりから見ておくんなさい。


代表ユニでラストを飾るなんてステキングだね。


GONGOAL

ダンマクまで一団で走るシーンは圧巻!(笑)



http://www.youtube.com/watch?v=Ny4hsquikeg
(カラーボトル「アゲハ蝶」Music VIdeo )

posted by odo5312 |02:30 | Gon.NAKAYAMA | コメント(0) |

2012年12月27日

ネオ・コンサ

生活も未来も大事。
胡散臭い政党の話じゃない。

今の生活=身の丈
未来=次世代

クラブの環境を知り、次世代へとバトンを繋いでいく。
クラブポリシーがようやく固まりつつある。
一言で言えば「北海道へのこだわり」だ。
サポーターは開き直れる。良くも悪くも北海道なのだ。

胸のエンブレムを、シマフクロウだと、全ての小学生が答えられるように。
コンサドーレの語源はドサンコ+オーレなのだと全ての中学生が答えられるように。
そういう地域密着型エンタテイメント系クラブを目指す。

コンサドーレ札幌ユースの若梟語録に、地殻変動の予感を覚える。
駒大苫小牧が夏の甲子園で連覇を果たしたとき、北海道だから弱いという固定概念は消え去った。

今のユースにコマトマと似たような高揚感を覚える。
「タレントが揃う年」は当たり年。
若梟達が一気に停滞感を打ち破る可能性もある。


「環境がデメリットだとは思っていませんし、環境は変えられないもの。それを言い訳にせず、『絶対に負けない』という気持ちでやってきた」

中原のコメントをじっくり考える。
環境のせいにしてはいけないのだ。
地理的な環境も、経済的な環境も、負にとらえてはいけない。


http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/hs/other/text/201212270005-spnavi.html
札幌U-18の優勝から感じた明るい未来 (1/2)
2012 Jユースカップ 総括


BSスカパーで感じたのは、サポーターの熱心さだった。

札幌の成果は、この決勝の会場が長居スタジアムとはいえ地元大阪でホームとして戦ったG大阪ユースのサポーターよりも、札幌U-18を応援するサポーターの数や声のボリュームが多かったという事実からも見てとれる。

育成路線を継承していくことが、きっと未来に繋がると信じているのだ。
若梟自身がそれを一番よくわかっているようだ。


「J2に降格してしまってサポーターも苦しい時期だと思いますが、札幌の良さというのは、ユースからの選手が多いところ。時間はかかると思いますけど、僕たちがしっかりとプロで通用できるレベルになれば、明るい未来は待っていると思います」(堀米)


プロで通用できるレベルかどうかは、戦国J2の一試合一試合が教えてくれるだろう。
若さの特権は「怖いもの知らず」なところ。
今までのコンサドーレのイメージを思い切りぶち壊しても構わない。
最速降格した今季はリセットに最適なタイミングだ。サッカースタイルも戦術もがらりと変えてしまうべきだ。観客が面白いと思えるサッカーは、たぶん選手がやっていて楽しいと思えるサッカーだ。

ユースカップの延長線上に、生まれ変わるコンサのヒントがあるのかもしれない。そう願っている。攻撃的な広島、ガンバを連続撃破したのは偶然じゃない。今までに無かった札幌スタイルの誕生だったのかもしれない。
ネオ・コンサドーレに期待しているのは、もはや「ユースヲタ」だけではない。コンサドーレに飽き飽きしていた古参サポだって、ネオ・コンサドーレを待ち望んでいるのだ。生活と未来の両立って、そういう事だと思っているから。


http://www.youtube.com/watch?v=l4DkcLS4ETQ
(REVOLVER AHOSTAR 『blink』)


posted by odo5312 |22:34 | コンサユース | コメント(0) |

2012年12月26日

前貴之語録

報知⇒ヤフーヘッドライン


前、U―18日本一に刺激!J1の経験生かし共闘…札幌

スポーツ報知 12月26日(水)10時34分配信

1学年下の全国制覇に「歴史を変えてくれて本当にうれしく思う」

1年目の今季、ボランチやサイドバックで15試合に出場した。「J1でやれたのは大きかった」

2歳下の弟・寛之は、ボランチとして優勝の大きな原動力となった。「自分も勉強になる場面もあったので。刺激にしながらやっていきたい」

「どこでも使えるのが僕のストロングポイントなので。どの位置とは決めずに挑戦していきたい」。


どこでも使える


ぜひFWにも挑戦してもらいたい(笑)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121226-00000057-sph-socc

http://hochi.yomiuri.co.jp/hokkaido/soccer/news/20121226-OHT1T00057.htm


http://www.youtube.com/watch?v=t4GBUAaD-HQ
(爆弾ジョニー 『男の子』PV)

posted by odo5312 |23:45 | Takayuki MAE | コメント(0) |

2012年12月25日

純貴

健作。

http://www.hfweb-blog.jp/kensaku/2012/12/post_787.html


純貴。

http://ameblo.jp/yokono-junki/entry-11432548983.html


12月30日の13時10分から

STV


posted by odo5312 |22:24 | Junki YOKONO | コメント(0) |

2012年12月24日

栄光のイブ

若梟、ついに てっぺん 獲る!

1356353779-A-4TjILCcAAiGCa.jpg_large.jpg

1356353803-A-4TR42CAAATvOV.jpg_large.jpg

http://www.jsgoal.jp/photo/00107000/00107030.html

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00148450.html
(四方田修平監督 記者会見コメント)

http://www.jsgoal.jp/game/2012/20129999999920121224.html

http://www.jsgoal.jp/jyouthcup/2012/photo/article/00107040.html
(表彰式後、サポーターのチャントにのせて弾けたラインダンスを披露する札幌の選手たち。)

http://www.jsgoal.jp/photo/00107000/00107006.html
(俺達は 札幌を 愛してる)

http://www.jsgoal.jp/photo/00107000/00107048.html
(優勝した札幌U-18の選手・スタッフと、大阪長居スタジアムに駆けつけてくれた札幌サポーター・関係者と一緒にカップアップ!)
Jユースカップ初載冠おめでとう!


ガンバ大阪ユース 1 - 5 コンサドーレ札幌U-18

前半42分 中原 彰吾
後半04分 中原 彰吾
後半22分 下田 康太
後半24分 國分 将
後半40分 中原 彰吾



BSスカパーの録画は永久保存版だね。

タレント揃い とか

面白い攻撃 とか

まだまだ貪欲です、コンサドーレ札幌 とか

相手を引き出すパス回し とか

アンビリーバブルな褒め言葉の雨あられでしたな。


梟のエンブレム、白のKAPPAユニの若梟達がついにカップを獲った!

「コンサドーレ札幌強化五段階計画」スタートから13年。

発展途上だけれど、札幌は確実に進化を遂げている。


http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=EDbzORzNnws
(中田雅史/Free Bird【MUSIC VIDEO】 )
http://www.youtube.com/watch?v=yFHqDW-rVyk
(中田雅史/Free Bird 札幌ドームLIVE)


はばたけフリーバード。
はばたけ若梟。

無限の大空へ。

俺達の未来、俺達の待ちわびた札幌をどんどん見せてくれ!!



posted by odo5312 |21:55 | コンサユース | コメント(0) |

2012年12月23日

師走に羽ばたく若梟ズ

owlets 2012


1356225272-JOFF_top_photo201201222_02.jpg


http://www.j-league.or.jp/youth/



http://ejje.weblio.jp/content/owlet


posted by odo5312 |10:14 | コンサユース | コメント(0) |

2012年12月22日

有馬記念予想

7頭まで絞ったが、やっぱり金船がずば抜けてる印象。
二冠馬の有馬勝利が無いので、ルーラー逆転も。
六白金星の日なので、3.6.9.13.16番は要注意。前走3.6.9着にも。

◎ 13 ゴールドシップ
○  9 ルーラーシップ
△ 2 エイシンフラッシュ
△ 3 スカイディグニティ
△ 10 ダークシャドウ
△ 14 ビートブラック
△ 15 ナカヤマナイト

三連単:(13.9)⇒(13.9)⇒(2.3.10.14.15)
馬 単:(13)⇒(2.3.9.10.14.15)

posted by odo5312 |23:04 | お馬さん | コメント(0) |

2012年12月22日

札幌ユース決勝進出!

延長に入ってからの ケチャップどばどば

1356161830-20121222.jpg

広島ユースを撃破記念


勝利の余韻に浸りながら、MステのAKBメドレーを見てたら

なんだかジーンとしてきましてね。

後からじわっと来ます。

ユース中心のクラブ作りも、結局「リアル育成ゲーム」なんだなと。

ファンは育成の過程をワクワク、ハラハラ、ドキドキしながら一喜一憂している。

彼らも彼女らも、とにかく華やかな舞台に上がるためにプレッシャーに耐えてきた。

決勝の舞台がどうか彼らにとって、クラブにとって宝になりますように。


posted by odo5312 |16:36 | コンサユース | コメント(0) |

2012年12月22日

鳥肌モノのDVD

心が洗われる。もうその一言。
カメラワーク、コマ割もステキング。
横浜のLIVEだが、札幌の感動も蘇る。
ファンなら涙目になるシーン多数。
絢香の魅力がぎっしり詰まっている良作。
自分へのクリスマスプレゼント(笑)

1356139602-ayaka-dvd.jpg

ディスク:1
01. The beginning
02. 笑顔のキャンバス
03. Magic Mind
04. 夢を味方に
05. アカイソラ
06. そこまで歩いていくよ
07. 繋がる心
08. HIKARI
09. 空よお願い
10. ツヨク想う
11. THIS IS THE TIME
12. Rolling In The Deep
13. 手をつなごう
14. おかえり
15. Hello
16. やさしい蒼
17. はじまりのとき
18. みんな空の下
19. キミへ

ディスク:2
1. ツヨク想う 


アンコール3曲でノックアウトを食らったのは言うまでもないが、
DVDの映像から一曲選ぶとしたら、「Hello」(チャプター20)。
まさにLIVEのために作った曲。
バックバンドも含めて、最高の一言。


posted by odo5312 |10:25 | 今日の一曲 | コメント(0) |

2012年12月21日

みんな野々党

夢をみて、夢を売る商売だとおもうので、頑張りますよ。
サッカーの場合、もう出来上がっているものを売っているわけじゃないので、試合で必ず勝つかなんてわからないし、売る方がしっかり夢を語れなきゃダメなんですよね。

(社長業の打診が最初にあったのは?)
なんとなくそんな話になったのは1ヶ月まえくらいです。
クラブをなんとかしなきゃという方々と話していて、だんだんそういう気持ちになっていったという感じ。
やろうと思ってやれる仕事じゃないので、皆さんがやる気になって、頑張ってくれるのなら僕もやりましょうみたいな感じでした。
みんなでなにかひとつのことをやろう!ってなったら、絶対に出来ると思うんですよ。

皆さんがやる気になって、頑張ってくれるのなら僕もやりましょう

http://www.hbc.co.jp/radio/asadoki/nonomura/index.html
(HBCラジオ 山ちゃん美香の朝ドキッ!コンサドーレ情報 野々村語録)




「みんなでたくさんの夢を描き、みんなで一つ一つ実現し、みんなで一喜一憂できることを楽しみにしている」

20日に札幌市内で行われた北海道FC取締役会の席上、満場一致で野々村氏の次期社長就任が承認された。報を受けた同氏は「みんなでたくさんの夢を描き、みんなで一つ一つ実現し、みんなで一喜一憂できることを楽しみにしている」と意欲を口にした。

道を譲る矢萩社長は「日本サッカー界に広く通じていて、コンサドーレの事情も承知している最適の人材。クラブに新しい風を起こしてくれるのでは」と変革を期待した。

http://hochi.yomiuri.co.jp/hokkaido/soccer/news/20121221-OHT1T00059.htm
(野々村氏、強化費3億円で“改革” @報知)

posted by odo5312 |22:01 | 野々村社長/ノノノミクス | コメント(0) |

2012年12月21日

2012.12.20 船出

◆本日開催されました定例取締役会にて、弊社の次期取締役候補として、株式会社クラッキ代表取締役社長で当クラブチームアドバイザーの野々村芳和氏を選任することを決議いたしました。同氏は2013年1月1日付で弊社顧問に就任いたします。
なお次期の新しい役員体制については、2013年3月開催の株主総会で正式決定されます。


野々村芳和氏 次期取締役候補選任 及び 顧問 就任のお知らせ
http://www.consadole-sapporo.jp/news/2012/12/013690.html

野々村 芳和 (ののむら よしかづ) 氏
■生年月日:    
1972年5月8日生 40歳
■出身地:         
静岡県
■略歴:
清水東高校 - 慶応大学 - ジェフユナイテッド市原 - コンサドーレ札幌
※現在は、株式会社クラッキ代表取締役社長としてスクール事業などに携わっているほか、
解説者など多岐にわたる活動を行っております。
■コンサドーレ札幌での個人成績:
年度/所属/カテゴリー/リーグ戦/カップ戦/天皇杯
<2000>札幌…J2 36試合2得点/2試合0得点/4試合1得点
<2001>札幌…J1 22試合0得点/1試合0得点/0試合0得点

posted by odo5312 |07:25 | 野々村社長/ノノノミクス | コメント(0) |