コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2017年06月18日

私見 Jリーグラボ いわきFC篇

この回はある意味対照的な社長同士の対談になった
いわき大倉社長に対する野々村社長の質問にコンサドーレの方向性がおぼろげながら見て取れた
結論から書いてしまうと、いわき大倉社長がサッカースタジアムを保持して街の中心からいわば不動産業として拡大していく方針
野々村社長は冬場の雪の事を第一に理由に挙げ札幌ドームにとどまり、サッカーの質で観客を呼び込むといった戦略だ

いわきは行政と一緒に、アンダーアーマーと一緒に街づくりから始めるのに対し、野々村社長は今ある札幌市の資産・札幌ドームの全天候型メリットを享受し、あえて自前のスタジアムグルメやイベントで客を呼び込もうとせず、試合というソフトを海外へ売り放映権料で稼ぐという事に着眼した
チャナティップ・ソングラシンで今季中にある程度、収益は確保できるだろう

野々村社長の考え方は、2月のサポーター集会から一歩踏み込んだ内容であり、現在進行形のファイターズ移転計画をも当然視野に入れている
札幌ドームに対する不満は、スタジアム使用料金が他地域に比べ高いことと、日程が自由に組めないこと
ファイターズが移転すれば、日程面はクリアするのだから

専用スタジアムで通年で利益を出し続けることは、難しい
その答えは、この対談のテーマにある
ビッグクラブ
コンスタントに集客して50億くらい稼げないと厳しい 
野々村社長はスカパーを通じて暗に我々にメッセージを送っているのだ


1497779387-IMG_2947.JPG
↑名波監督からブタ呼ばわりされ自虐ネタにする野々村社長


posted by odo5312 |18:25 | 野々村社長/ノノノミクス | コメント(0) |

2017年06月15日

タイでPRできる良い機会

北海道とともに世界へ
を地でいく親善試合

北海道の成長産業は
食と観光
と言われている

タイの人々が北海道に
たくさん来てくれる日も近い
北海道の食材がタイにも渡る
サッカークラブの親善試合は
北海道代表の意味を持つ
その波及効果に期待する


1497475009-IMG_2896.JPG


posted by odo5312 |06:15 | 野々村社長/ノノノミクス | コメント(0) |

2017年02月15日

ノノ社長ホムスタの今後を語る(後)

つづき

でもまあ僕らだけじゃなくて、たぶん行政サイドとか他の取り巻く関係の人も
北海道札幌にサッカー専用のものがあっていいんじゃないかという風になんとなく
考えられるようになっていると思うんですね、この2年半で。
そのままの流れでいけば、どっかでそういうチャンスは出てくるかなと思ってます。
野球と違って、僕らは外(北広島)でやりますみたいなことは言うつもりも全然
ないんで。
みんなでこういうのやりませんか?というような流れを僕らは作っていくのがいい
かなと思ってるんで。
2年半くらい経ったら、見える流れはなんとなくこうなっていくのかなというのが
ホームの人に伝わっていくかなと思ってます。





いかがでしたでしょう。
野々村社長のクレバーさが垣間見えた答弁だと思いました。

札幌ドームに対しても、札幌市に対しても配慮した発言であります。
ファイターズが北広島に移転する可能性。個人的には高いと思います。

そうなった場合、コンサドーレは日程を入れるのが自在になります。
あとは器に見合った観客動員を目指せばいい。
何年かで大きく収益を伸ばしてから、専用スタジアム建設の機運を
待つのもありなのかもしれません。




posted by odo5312 |18:20 | 野々村社長/ノノノミクス | コメント(0) |

2017年02月15日

ノノ社長ホムスタの今後を語る(中)

続き

で、たまたま今ファイターズ云々かんぬん含めて(ボールパーク構想で移転)、
え〜、そんな話も出てきているので、また彼らの動き方しだいでは、また
なんらかの、うちにとってリアクションしなきゃならない局面は出てくるかな
と思っています。
で、ん〜、ドームがダメだとは全然思ってなくて、ドームはドームでやっぱ
スゴイんですよ。雨が降んないとか天候リスクを考えないで運営できるとか
スゴイんで、あれで全試合できるんだったら僕はそれはそれで充分いいかな
とは思っているんだけれども、他の競技団体とか、このまま同じ人数しか
お客さんが入らないクラブだとしたら、もう少し小ちゃな専用スタジアムは
あってもいいかなと思います。
けど、あったらあったで天候リスクとか、結局は屋根が付いてなきゃ3月4月
10月11月はなかなかできなかったりするんで、え〜、まあ難しい問題だとは
思うんですけど

(後)へ つづく

posted by odo5312 |18:06 | 野々村社長/ノノノミクス | コメント(0) |

2017年02月15日

ノノ社長ホムスタの今後を語る(前)

一昨年のお盆の札幌ドームでの発言について
(2015年〜2020年で)5年後ぐらいと言ったんだと思うんですけど、
たぶんその時、なんで5年後と言ったかというと、おそらく例えば市長選が
その間にあるとかで、その後にオリンピックをどう誘致していくかみたいな
ことがあって、スタジアムを自分たちだけで造るというよりは、やっぱり
サッカークラブなんで地域の行政を含めた人たちで造るというのが、一番
僕は正しい形だと思うんで、そう考えたときにはオリンピックだとか地域の
大きな出来事がある時に、一緒にその計画に乗っかっていくようなことが、
望ましいと思っているんで、そういう話が出てくるのは、あの時からすると
5年よりちょっと前くらいに、5年後くらいに出てくるんじゃないかなと
思ったんで、5年後って言ったんですね。

posted by odo5312 |17:43 | 野々村社長/ノノノミクス | コメント(0) |

2017年01月07日

We 粘〜ギブアップ

難しいのは
わかってる
どれだけ
粘り強く
やれるかだ
    
     よしかづ



https://twitter.com/odo5312/status/817633235056271360


昨日の補強発表で、やっとイケるかも
なんて思い始めましたよ
(あくまでも私見です)


そして、開幕ダッシュが肝心という
思いが日増しに大きくなっている


サクラの季節までに上昇気流に乗ってしまいたい!
ってね





posted by odo5312 |18:26 | 野々村社長/ノノノミクス | コメント(0) |

2016年11月18日

サッカーは地域で勝つもの(野々村芳和)

ののむら よしかづ様

テレビを通じ名言をいただきました。
地域で勝つもの
メディアを通じて、講演会を通じて何遍も繰り返してきた
野々村社長の揺るぎない信念。
地域で勝つ。
短くも、この四年の全てが詰まった重たい言葉です。
野々村社長とコンサドーレの四年間が報われますように。
コツコツと積み上げてきた努力の日々を我々は決して忘れません。
俺たちの野々村社長、自慢の社長に地域力を見せたいです。
それが一つの恩返しになると信じてます。
満員の札幌ドームで新しい未来が開けるはずです。

                                          元レプリカ背番号「7」の一サポより

https://twitter.com/odo5312/status/799553199283851264




これも一つの地域のチカラ
札幌市交通局さまtweet
https://twitter.com/sapporokotsu_pr/status/799471402797498368

posted by odo5312 |21:42 | 野々村社長/ノノノミクス | コメント(0) |

2016年09月22日

サッカーキング社長インタビュー

ブレずに繰り返し説明すること、これは大事なことだ。
ドームがハイコストなのは、これからも訴え続けるだろう。
そして博報堂DYとの7年契約の真意。

野々村体制の間に行ける所まで行かないと、おそらくコンサドーレは万年J2だ。
昇格が届きそうな今こそ道内のマスコミ各社は社長にインタビューしてほしい。話したいことは沢山あるはずだ。
そして社長はマスコミのことをマスゴミなどと蔑んだりしない。ちゃんと利用(笑)するだろう。

https://twitter.com/soccerking_a/status/778915224028078080

posted by odo5312 |20:29 | 野々村社長/ノノノミクス | コメント(0) |

2016年09月05日

再度専用スタジアム構想に言及

地上波で発信出来たことは大きい。
イシヤさん他の大口パートナーはJ1残留とスタジアム建設の両睨みで資金計画を立てる必要がある。ネーミングライツや土地選定には行政の協力も不可欠だ。
吹田市営スタジアムなど参考例も取り上げてもらいたい。


コンサ梟の穴、期待に応えてくれ感謝したい。
ちなみにテーマソングは運命共同体だ。これも有り難い。
https://twitter.com/odo5312/status/772545164665430016

posted by odo5312 |07:26 | 野々村社長/ノノノミクス | コメント(0) |

2016年09月05日

コンサ梟の穴、録画予約OK

野々村節が聞けるのかお楽しみに。

https://twitter.com/hbchokkaido/status/772402632610738176

posted by odo5312 |00:15 | 野々村社長/ノノノミクス | コメント(0) |

2016年08月31日

HBCコンサ梟の穴 野々村社長編

ターニングポイントになったセレッソ戦稲本のゴール。

野々村社長の最終戦サプライズが今に繋がっている。

着実に階段を上がってはいるが、経営者として先を見る中でどうしても避ける事が出来ないのが資金問題だ。

今度こそ
ホントに行くぞJ1

イシヤさんも強化費アップに本気出す?
それともJ1級のビッグな胸スポンサーが現れる?



https://youtu.be/Cjib6IDUQKQ

posted by odo5312 |03:21 | 野々村社長/ノノノミクス | コメント(0) |

2016年06月02日

サッカーキング野々村社長語録

サッカーキングの野々村社長インタビュー。
パートナー企業の支援の輪がまだまだ必要なんだなと思わざるを得ない。
ファイターズのように親会社が付いてるわけじゃない。
ファイターズのように札幌市と道新主導でスタジアム移転へ加速できる保証もない。

ただし野々村社長は専用スタジアム構想を視野に入れている。
著者出版の際に専用スタジアムについて質問させてもらった時は
専用スタジアムに否定的だった。あの時はクラブ自体にそんな余裕も伸び代もなかったのだろう。今はどうか。J1定着を果たし動員が倍増したら2万人専用スタジアムで埋める事も夢じゃないと社長は考えていると個人的には思う。
その為にはまだまだ今のレベルで立ち止まる訳にはいかない。圧倒的強さでJ2を制さないと世論の風はこちらに吹いて来ない。ファイターズのスタジアム構想よりもインパクトが大きいサッカー専用スタジアム構想。親会社がいない中、皆んなで創り上げるためには土地提供と多くの出資企業集めが今から必要となる。まずは野々村社長の構想を今の全パートナーが共有出来ているか。中小企業から個人商店まで皆んな共有出来ているか。まずはそこだ。
まずは博報堂メディアパートナーズ様のご協力でじわじわとネット広告等でクラブの方向性の浸透からだろうか。

http://www.soccer-king.jp/news/japan/20160531/446552.html

posted by odo5312 |06:48 | 野々村社長/ノノノミクス | コメント(0) |

2016年01月09日

今年もコンアシは頼もしい

かゆいところに手が届く赤黒系情報番組コンアシ。
(制作グループは「アシスト」と自称)

さて、今夜の収獲(と書いてネタと読む)は。


まず
伸二と助っ人外国人構想

伸二の左右で働く外国人がいたほうがいいイメージが湧く補強。

これは主語が、おそらく三上GMあるいは野々村社長なのであって、四方田監督はそう考えてるかどうかは不明。
キャンプを見なきゃわかんねーよ!という感じでしょう。


次に
ブルーノコーチいいんじゃね?

去年の反省点を突き詰めると(ブラジル人不発)、
・キャラクターの明るさで、チーム全体にいい雰囲気を作れる
・ブラジル人と日本人選手&スタッフを繋ぐ役割

ここは「コミュニケーション」という部分で組織論的に重要なトコ。


最後にノノさんらしいと思ったのが、
70% ・・・ 鍵となる数字

中心選手が70%ゲームに出て、
外国人選手も70%出場をクリアして、
若い選手が伸びたとしたら(J1昇格)いけると思います。


裏を返すと、長丁場のJ2リーグ。100%フルで調子の良いことなんか無い。
ベテランに頼り過ぎるな。
外国人には去年よりしっかり活躍してもらう。
でも若手諸君!
残りの30%はお前らで埋めろよ。

どんなことをしてでもゲームに出るという迫力は(若手には)見せてほしい。(野々村談話)

ということだ。

ありがとう&ごちそうさま、コンアシ。

少しは来季構想が見えてきた。これで安心して寝られる(笑)

1452289882-CYNS0tbU0AAc0vG.jpg
                 (C)TVh テレビ北海道


posted by odo5312 |00:31 | 野々村社長/ノノノミクス | コメント(0) |

2016年01月07日

ののむらさん にラッパのエール

ののむらさんにラッパのエール 



野々村社長、コンサ強化計画を語る

posted by odo5312 |14:32 | 野々村社長/ノノノミクス | コメント(0) |

2015年11月24日

馬を水辺に連れていくことはできるが、水を飲ませることはできない

ゴール裏ダンマクの「変わるも変わらないも自分次第」を受けて、

ホリエモンに紹介された本からの言葉

「馬を水辺に連れていくことはできるが、水を飲ませることはできない」

オーロラビジョンに映し出す念の入れよう。

この辺りは8月15日の「コンサドーレの未来を考える会」の延長を見せていただいた印象だ。

それを踏まえての四方田監督続投宣言。

なかなか良い流れの挨拶だった。


出典を調べてみると、海外のことわざのようだ。

You can take a horse to water but you can't make him drink.

A man may lead a horse to the water, but he cannot make him drink(unless he will).

故事ことわざの辞典(小学館)

意思がなければ強制できない。勉強のやる気と成果(教えること)で例えられることは多いし、需要と供給(需要超える供給は無理)と使うこともある。

またあるページにはこう訳してあった。

馬が水を飲むかどうかは馬次第なので、人は他人に対して機会を与えることはできるが、それを実行するかどうかは本人のやる気次第であるという意味

別のページにはリーダー側の視点も。

ムチを打って走れではなく、「走るといいことあるんじゃないかな。きっと、いいことあると思うよ」と体全体で表現し伝えているのが武豊という男です。強制や命令ではなく、馬が自らの意思で水を飲みたいと思わせられるかどうか、リーダーは常にこの難題に挑戦し続けることを忘れてはいけないのです。

転じて解釈するならば、

いくらどんなに指導しても、あるいは良いお手本を見せても、
それを学び吸収し実行しゲームに反映するのは、選手達自身だよ、
ということを言いたかったのかな?

需要と供給…は、うーん…解釈が難しいけど、
見たいお客さんと見せるべきプレー とか
欲しい強化費とパートナー(スポンサー) とか
あとは単純に、
点取り屋欲しいという欲求とスカウティング能力 あたりになるのかな

いづれにしても、 にまつわる故事成語を持ってくるあたり、さすがノノさんだなと思った。

「チッチ」から「馬に水」。

馬に始まり馬に終る

ホッカイドウ競馬さんから好かれるのもわかる気がするw

1448334161-images.jpg


posted by odo5312 |07:22 | 野々村社長/ノノノミクス | コメント(2) |