コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2017年07月10日

34,309人

日本ハム2-0ソフトバンク、有料?入場者数34,309人
こういう数字を見ると、コンサドーレも負けてはいられないと思う
単純に比較してはいけないんだろうけど、なんせ浦和レッズだ
浦和レッズ目当ての客をどれだけ呼べるか
そしてペトロヴィッチ率いるレッズに一泡吹かせるコンサドーレに
これまた注目が集まると思いたい

コンサドーレの場合、2万人を超えたら満員感が出る
最近では1万7千人位でも大入りな感じだ
だけれどもJ1にしてはあまり増えていない印象だ
大事なのはご新規、それも有料入場者をどれだけ増やせるか
一度もスタンドに足を運んでいない人達をどハマりさせるにモッテコイなカード

他のカードにない緊張感、そしてレッズサポーターの迫力
これをライブでドームで味わって欲しいものだ
このライブ感はプライスレス、どこの席種でも楽しめるだろう
さて、コンサドーレはどんな広告を打つのか、注目したい
おそらくJ2時代の、ドーム開業前の 2000.7.29 厚別伝説を持ち出してくると思う
ホームの試合日程は偶然ではなく意図的だと思うので

posted by odo5312 |04:26 | HFCの経営・営業 | コメント(6) |

2017年02月18日

ご利用明細は、チケットぴあ

カード会社から請求書が届いた
チケットぴあ   53,000円(コンサ千円・・・狙った?)

コンサブラック 赤黒サポーターゾーン 年間パス


そうか、コンサドーレではなくて、ぴあなのか

Jリーグオフィシャルチケッティングパートナー

クラブコンサドーレ情報誌で早速確かめる

なるほど

posted by odo5312 |18:18 | HFCの経営・営業 | コメント(0) |

2017年02月12日

サポ集 おどスポ取材ノート11

先行入場は3段階に
シーズンチケット先行入場
ファンクラブ会員先行入場
一般入場
以上を15分間隔で行う予定
並びの列に関しては、最終戦の途中からまずいと感じていた
もし悪天候だったらと思うと‥‥

運営のコストも考えつつ調整したい
CVSやアルバイトの配置、人数を詰める


サポからの要望
アカデミーのユニはトップと同じデザインにならないか
検討の余地あり

並びの時間が長い。選手が回ってくることはできないか
プライスレスな体験は必要だという統計は持っている
全ての箇所では難しいが検討の余地はある

札幌ドーム、相手サポーターの隔離について
ホームとアウェーを厳密に分けるのが世界的な流れ
欧州では地下鉄のホームですら分けられている
通行規制は行う
なぜなら安全なスタジアムは、Jリーグからの指導項目だからだ

コンケーンとの提携はどうなった?
副社長は把握していなかったので担当から
シティープロモーションの一環として、アジアのクラブと提携している
具体的には向こうのグッズにキティちゃんを取り入れたりして
ロイヤリティ収入を得ている

大黒摩季さんについて
パートナーアーチストということで、1回こっきりではない
今年はどうかわからないが、仲間として活動するジャンル
第2号アーチスト以降も考えていく

コンサドーレ主催のマラソン大会はどうか
ホームタウン活動の一環として
他のスポーツの大会に関与する可能性はある
中長期的な取り組みになる


関東後援会のイベントに現役選手を呼べないか
Jリーグの規約で選手は団体行動を義務化されている
交通手段も集合時間も縛りがあるので難しい



以上で 取材ノートは終わります
言葉のニュアンスや受け取り方は人それぞれ
サポの質問の意図も計りかねる部分もありました
不平不満はサポの不勉強に端を発する場合も多いのです

大事なことは、社長、副社長はじめコンサドーレの皆さんの意志を
サポーターズがみんなで共有する事であります

このBlogがその一助になればと思います

posted by odo5312 |11:35 | HFCの経営・営業 | コメント(4) |

2017年02月12日

サポ集 おどスポ取材ノート10

副社長からは経営者としての覚悟が感じられた

ミッション、理念、ビジョンを策定
それに従って取り組みを行う
この何年かで共有できるものを
将来像や、こういう事を目指すというものを
未来志向で示す

コンサドーレ22年目、ようやく普通の企業になるための
スタートラインに立ったなという印象を受けた
野々村社長の周りを支えるブレーンがキレ者でよかったという安堵感


TVh  コンアシなど
北海道はテレビ局が多い
地方局が元気なエリア

ファンマーケティングで力を入れたいところ
入場料収入
グッズ収入
でビッグクラブに負けている

他クラブの売上  参考
チケット収入  6.6億  仙台2015   ガンバ7.9億
ガンバは新スタジアムで10億を目指す

鹿島のグッズ売上は4-5億 レプリカシャツだけで3億

こうしてみると親会社に頼らずに稼ぐ手段はまだあり
入場料、グッズに伸びしろがあると考えている


サポより
グッズ収入増に関して
赤十字社や赤い羽根募金で、寄付のカタチで選手グッズをもらっている現状
コンサドーレのグッズとして、缶バッジなどの選手グッズを販売できないのか

担当のイワサキさんから
選手グッズ、検討中です


そういえば、タペストリーも選手グッズでしたね
売れる選手と売れない選手がいるから、ランダム販売
売上増には何回もスタジアムで買ってもらえる仕組みと商品開発を

その11へ
          

posted by odo5312 |11:23 | HFCの経営・営業 | コメント(0) |

2017年02月12日

サポ集 おどスポ取材ノート9

スガハラ副社長のお話続き

チケットの席割り、ファンクラブ、グッズに関して議論している

指定席をシート、自由席をゾーンと呼ぶことにした

上がれた以上、今年がターニングポイントで
勝負の年

四方田監督の
一体感
厳しさ
チャレンジャー精神 スピリット
これらは会社全体で共有したい

楽しみながらチャレンジしていくことも忘れないで

事業部紹介  本部制?
ファンマーケティング事業本部   ーーーサービスの提供
パートナー事業本部  ーーー スポンサー関連
広報メディアコンテンツ事業本部 ーーー情報発信

という具合に組織改正が行われているようだ


posted by odo5312 |11:14 | HFCの経営・営業 | コメント(0) |

2017年02月12日

サポ集 おどスポ取材ノート8

費用の面がクリアできれば、プロ野球以外はコンサドーレで
あるいは、コンサドーレと一緒にやりたい
レバンガやエスポラーダとの業務提携も視野に入れている?


野々村社長、所用のため退席&移動
休憩後、菅原スガハラ副社長のお話、質疑応答へ

菅原副社長 50歳 1991年博報堂入社
スポーツ畑を歩み、静岡では磐田、清水と仕事、その後
筑波大学大学院でスポーツビジネスを学ぶ
Jと博報堂のしんがりイヤーに担当部長  Jの広告は電通へ
これが転機となり、昨年GW明けにコンサドーレへ
今季札幌で初の越冬。雪の中での生活に奮闘中

博報堂のサッカービジネス部長の経験をコンサで発揮
地元クラブへの帰属意識
地域活性化
クラブと密に歩むのがJリーグのスタイル

飛行機の遅延、滑走路封鎖など
札幌が持つ交通移動リスクを痛感

博報堂とコンサ、パートナーシップ1年目で昇格
野々村社長が博報堂はラッキーだと言っていたが、自分もそう思う
当初の予定より1年早く上がれた
だからこそ、残留に向け勝負の1年だと思っている

北海道は広い
例えば中標津などを地図と縮尺で関東の距離と比べてみている
毎試合全道から通うのは大変だ
だから地上波テレビ中継に力を入れてきた



その9へ

posted by odo5312 |10:57 | HFCの経営・営業 | コメント(0) |

2017年02月11日

サポ集 おどスポ取材ノート7

連投スミマセン
なんか筆が止まらない。内容が濃かったつーことでお許しアレアレアレサッポロ〜

投資
プロモーションに1億円    かつての公約通り

タッチポイントを増やす
コンサドーレに触れる機会のことか?
行きたい人
誘ったときに行きたいと言ってくれる人を増やす
クラブを大きくするための地道な努力、そして継続


アカデミーを改革
この数年クリエイティブな選手が出てきていない
500万の人口の割に出ないエリアとの認識
北海道のサッカーはもっとやれないとおかしい
振り返ってみても、クリエイティブなのは西大伍くらい
(個人的には榊翔太もまあまあいい線行っていたような)

西大伍も発掘までに時間がかかった
小・中学生くらいのときに発見できるアカデミーにしたい


バドミントン
ハマちゃんという女性担当から
セレクションを行い、7名がコンサドーレ
ほとんどが社会人だが、1名はコンサドーレ預かりに
オリンピックを目指す






posted by odo5312 |20:37 | HFCの経営・営業 | コメント(0) |

2017年02月11日

サポ集 おどスポ取材ノート6

サポからの要望
女性のピッチレポーター   スカパーカップ戦? DAZNリーグ戦?

DAZN  アーカイブスを残すように働きかけることはできるが
録画は出来ない
そもそも脱テレビ、スマホ参入??というリーグの選択か


チャナティップ
6月にくらいに来日  そこから1年半札幌にいる


専用スタジアムについて
この件はまた今度じっくりまとめます
5年計画から半分過ぎたが、状況が変わりつつあるという内容


生中継はできるのか
スカパー!は地上波10試合までが原則だったが
ドームへのプロモーションになり、観客動員がスカパー加入者増加に繋がると言って
全試合中継した   主にテレビ北海道

DAZNは
12試合はローカル中継OK   主にNHKか?
AWAYも2試合はローカル地上波OK
全試合の40%をこえない範囲で

サポの要望
せめてシーズン後まとめDVD化を



posted by odo5312 |20:23 | HFCの経営・営業 | コメント(0) |

2017年02月11日

サポ集 おどスポ取材ノート5

アカデミーの実績について
トップでやれるかどうかの判断
トップと言っても3-6億強化費の時と、十数億の時ではレベルが違ってくる
大学に行かせるか、他の予算規模の少ないクラブへ行かせるか
トップ昇格に必要なのは、強いメンタリティがあるかどうか
アカデミーをもっとしっかりやりたい


松山光プロジェクト資金の使途について
東雁来のLED照明化
プレミアリーグ
稚内からの交通費に
資金は足りていないとのこと



アパレルグッズの販売について
素材、サイズなど要検討


博報堂DYメディアパートナーズとの提携について
副社長 のスガハラ氏 博報堂でJリーグしんがりのご担当 プロフェッショナル
担当初年度でJ1へ上がれたのはラッキーだった
テレビ視聴率  6%とすると30万人が見ている計算
看板価値、広告の価値は高まった

のちにDAZN関連でもテレビ中継に言及
北海道は広いからスタジアムになかなか通えない地域が多い
地上波の露出は博報堂で力を入れた
ファイターズと似たような活動はしているが、なかなか伝わらない
よってテレビの影響力は大きいと考える  10年先はわからないが

posted by odo5312 |19:45 | HFCの経営・営業 | コメント(0) |

2017年02月11日

サポ集 おどスポ取材ノート4

質疑応答
サテライトリーグに数千万出せる余裕はない
Uー23 参加はビッグクラブのみ


8/26 厚別なのか未定のままなのか
厚別に決定
相手が仙台なので函館だと、こちらの負担が大きく仙台有利になるから
函館開催は無しに


キックオフイベント
来年のきたえーるは予約いっぱいだが、再来年の分は押さえてある
副社長後で補足。実は札幌ドームも押さえていたが、キャンプ日程が変わった

同じ大学だから、獲る、来るというのは、あることはあると思う
ミンテは少し違って、ソンユンのモチベアップの側面も

パウロン
うちの選手ですよ。水戸にレンタル
大化けするかもしれない、もう少し見たい


高卒選手は大学進学の方がいいユースが多い
トップから声を掛けたい選手がいなかった
ただし、大卒の即戦力は獲る可能性がある

シュツットガルトとの業務提携は解消していない
2部落ちしたけど。代理人?はよくみかけるけど

関東後援会から26の要望
要望書を提出します、  受け取ります



その5 へ

posted by odo5312 |19:29 | HFCの経営・営業 | コメント(0) |

2017年02月11日

サポ集 おどスポ取材ノート3

例えばシーチケ販売売上目標
2億の目標に対し、1.6億。毎年のこと

入場者数目標
リーグ戦平均で17,000-18,000人
年間で32万人を目指す

無料招待券は減ってきた。持株会のみ
かつてのFC東京戦は12,000枚の招待券を使って4万弱集めたが
昨年の金沢戦のほうが有料入場者数が多いので財務内容はいい
ただし、空気感がなんだか
最後のお祭り感を出したかった
お金払って観に行きたい人を増やす


降格してもクラブの規模が小さくなることはない
その前に落ちるとは思っていない

売上35億まで伸ばし、J1残留、定着を目指す
今の戦力で、売上25億  このまま右上がりのステップでいきたい


ここまでは株主総会みたいでしたな
サポーターも持株会会員が多いから大変結構だと思います

posted by odo5312 |19:18 | HFCの経営・営業 | コメント(0) |

2017年02月11日

サポ集 おどスポ取材ノート2

飛行機で2年前のJリーグのデータを見ていた
13㎞/1試合 走れる選手リストに兵藤と金園が入っていた
四方田監督の好みの選手は、こういうタイプかと納得


良い意味で選手選択の悩める要素は増えている

兵藤語録  国見なんで大丈夫ですーーーーー大丈夫でなかった(笑)

ミンテは若いし伸びしろ有りそう
深井曰く  王様です


J1をA、B、Cランクに分けたら、コンサ含めCランクは6-7チーム
社長としては1位でも15位でもいい
前回2012、前々回2008より、残留のチャンスはある

広告収入は約8億に増えた
最後帳尻合わせで数百万の黒字を出すのが大変
サッカークラブという性質上、黒字額が多ければよいというものではない

安定したら終わりでしょ(積極投資するよの意味か)

事業計画は支出25-26億に対して、収入をいくら得るかという予算組み


その3へ

posted by odo5312 |19:06 | HFCの経営・営業 | コメント(0) |

2017年02月11日

サポーター集会2017 おどスポ取材ノート

まずは野々村社長、お馴染みの、お楽しみのノノ節から

どのくらいのサイズのクラブを目指すか
いま売上25-26億。これでJでは20番目。コンサドーレ史上最大
これを数年後に35億にする


今年のスタンス
今シーズン出来ることを100%やる


クラブを大きくしていくことが大事
あのクラブがあってよかったなというクラブへ

勝ったらスゲー、負けたらダメ ではない

強化費
2016年は、昇格した2000年、残留した2001年と同じ水準だった
野々村選手が活躍してクビになった頃と同じ水準まで回復していたのだ
2001年  8億
2002年  8.5億

補強
四方田監督が好む選手をなるべく獲るようにした
タフにがんばれて、クオリティよりタフさを優先
いざキャンプが始まってみると、今までよりクオリティが高い
お金を使うといい選手が獲れるんだなぁ

その2へ

posted by odo5312 |18:53 | HFCの経営・営業 | コメント(0) |

2016年07月30日

30分前倒しの理由は?

異例の変更だと思う。
理由を教えて!
テレビ中継?

https://twitter.com/odo5312/status/759339617107652608



追記

TVhさま中継の都合説

それに関して五輪中継との兼ね合い説

が出てりおます、いや、おります

posted by odo5312 |19:48 | HFCの経営・営業 | コメント(0) |

2016年07月06日

連帯貢献金

フッキ、3度の大型移籍でJリーグに2億6000万円の恩恵。若手外国人選手獲得におけるモデルケースに
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6206664

さあ、フッキ(ハルク)パイセンに続くんだ、ジュリーニョ&ヘイス………

posted by odo5312 |12:11 | HFCの経営・営業 | コメント(0) |