コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2019年03月25日

打たれての大量失点なので

1553517677-scoa.png

エラー続出とか四死球連発ではなく
打たれての大量失点だから仕方なかった と思います。

ちなみに本道代表校の最多失点は次のとおり。
 札幌商 7-19 嘉義農林 (台湾)  昭和6年:夏

春の甲子園におけるこれまでの最多失点は
 砂川北 7-18 PL学園 (大阪)  昭和59年
      桑田・清原がいた頃のPL に大敗しましたが爪痕も残しています。

なお、24失点はセンバツの最多失点記録ではありません。
昭和12年に 滝川中 (兵庫) 27-0 浦和中 (埼玉) というのがありました。

    ※ 札幌商 ⇒ 北海学園札幌  砂川北 ⇒ 砂川

札幌第一が選手権大会に向けてどう立て直して行くか注目しましょう。
この大敗を糧にできると良いですね。まずは投手力の強化かな。


posted by hiroki |21:28 | 高校野球 | コメント(0) |

2019年03月24日

札幌大谷センバツ初戦

センバツ甲子園 1回戦

札幌大谷 4-1 米子東 (鳥取)


2回戦の vs 明豊 (大分) は、総力戦で行くしかない。

その前に明日は 札幌第一 が登場。

posted by hiroki |17:41 | 高校野球 | コメント(0) |

2019年03月23日

センバツ本道勢初戦予想

【2日目の第3試合】 札幌大谷 ― 米子東 (鳥取)

昨秋の新人戦北海道大会決勝で大逆転勝利し
その勢いで明治神宮大会まで制してしまった札幌大谷。
投手力が際立っており、また強打に手堅さを絡め勝負強い。

一方ユニフォームがとても美しい進学校且つ古豪の米子東は
チーム打率が参加校中最下位。

米子東には4番に山陰のおかわり君がいるものの
札幌大谷が大量失点する場面は想像しにくい。
総合的に考えても甲子園初出場の札幌大谷優位は動かない。

ちなみに札幌大谷の部長は、駒大苫小牧の三塁手として夏連覇を果たした五十嵐さん。
彼がコーチに就任以来、札幌大谷は急激に北海道の強豪校へ。
今回はコーチから部長となった五十嵐さんがベンチ入りする。

札幌大谷は初戦に勝利したとしても2回戦以降は強豪との対戦が待っているので
その壁を幾つも破っていかないと優勝までは難しい。


【3日目の第3試合】 札幌第一 ― 山梨学院

どちらも投手力に難がある。
展開としては打撃戦になる可能性が考えられる。

山梨学院には山梨のデスパイネと呼ばれる野村という強打者がいる。
しかし札幌第一はチーム全体として打力・得点力がある。

札幌第一は、札幌大谷が神宮大会で優勝したことにより
神宮枠としてラッキーなセンバツ出場を果たしたが
過去春夏合わせて甲子園を6度経験しており、浮足立つような心配はあまりない。

専門誌での評価は山梨学院の方がやや高いが
序盤から札幌第一の打線に火がつくようなら勝機は十分にあるだろう。

posted by hiroki |09:44 | 高校野球 | コメント(0) |

2018年08月20日

なかなか決勝戦で勝てないジンクスを明日打ち破れ!

大正04夏  京都二中 2x-1 秋田中 (秋田) (延長13回)
昭和44夏  松山商 4-2 三 沢 (青森) (前日0-0延長18回引き分け)
昭和46夏  桐蔭学園 1-0 磐 城 (福島)
平成01夏  帝 京 2-0 仙台育英 (宮城)
平成13春  常総学院 7-6 仙台育英 (宮城)
平成15夏  常総学院 4-2 東 北 (宮城)
平成21春  清 峰 1-0 花巻北 (岩手)
平成23夏  日大三 11-0 光星学院 (青森)
平成24春  大阪桐蔭 7-3 光星学院 (青森)
平成24夏  大阪桐蔭 3-0 光星学院 (青森)
平成27夏  東海大相模 10-6 仙台育英 (宮城)

という具合に、東北代表校は春3回夏8回、計11回も甲子園の決勝戦に進出し
まだ1度も優勝していないという悲運に見舞われています。

明日、遂に優勝旗が白河の関を越えるのでしょうか。
それとも、またしても準優勝となってしまうのでしょうか。

第100回 全国高等学校野球選手権大会決勝戦
大阪桐蔭 vs 金足農 (秋田) は明日PM2:00プレイボールです!

金足農の全力校歌斉唱、明日も見たいな~!

posted by hiroki |18:36 | 高校野球 | コメント(0) |

2018年08月02日

北海道勢は揃って2日目に登場

2年前の夏に北海が準優勝した後
昨年春 (札幌第一) 、夏 (北海、滝川西) 、今年春 (駒大苫小牧) と連敗続きの北海道勢。
甲子園での勝利を願うばかりです。

で、本日行われた組み合わせ抽選会の結果
北照は春夏通じて甲子園初出場の沖学園 (南福岡) と。
そして旭川大は、8度目の出場 (春は1度) となる佐久長聖 (長野) との対戦に。

戦力的に見て、北海道勢は2校揃って勝利するかも知れませんし
また、当然その逆もあり得るかと。
ただ、試合をやる前から 「この相手じゃ勝つのは難しいな~」 という感じではありません。

北海道 vs 福岡県 の春夏通算対戦データは7勝7敗と互角。
昭和58年以降は6勝2敗と福岡を圧倒しています。
北海道 vs 長野県 の同データでは2勝3敗と、こちらもほぼ互角です。

北照は甲子園で5勝を挙げていますが全て春の大会。夏は3度出場しいずれも初戦敗退。
逆に旭川大は夏に4勝しています (春は出場なし) 。
しかしながら旭川勢は平成11年の夏を最後に11度出場し全敗。

両校とも甲子園で1つ2つ勝てるチカラは持っていると思うので期待は大きいです。
でも北照は勝ち上がると2回戦の相手が選抜優勝の大阪桐蔭 vs 作新学院の勝者。
旭川大も同じブロックに入っており、3つ勝つのは難しそうです。

夏の甲子園は今回が大きな節目となる100回目。
どんなドラマが待っているのか、今からとても楽しみです。

posted by hiroki |21:43 | 高校野球 | コメント(0) |

2018年07月21日

奮起してほしい旭川勢

旭川出身の同僚が
「北北海道代表として甲子園で勝っているのは旭川勢だけでしょう」 と言う。
すかさず私は
「それは大きな勘違いでしょう」 と返す。

【近年における旭川勢の甲子園成績】
平成12年:夏  旭川大 2-9 柳川 (福岡)
平成14年:夏  旭川工 0-10 福井 (福井)
平成15年:  旭川実 1-8 広陵 (広島)
平成15年:夏  旭川大 1-9 小松西 (徳島)
平成16年:夏  旭川北 3-6 岩国 (山口)
平成17年:夏  旭川工 0-6 済美 (愛媛)
平成18年:  旭川実 1-2 北大津 (滋賀)
平成19年:  旭川南 0-1 創造学園 (長野)
平成21年:夏  旭川大 0-2 常葉橘 (静岡)
平成22年:夏  旭川実 1-5 佐賀学園 (佐賀)
平成24年:夏  旭川工 8-9 龍谷大平安 (京都)

というように近年は全く勝てていない旭川勢。
最後に勝ったのは平成11年夏の旭川実で、その時は2勝しています。
とにかく明るい安村 さんがベンチ入りしたシーズンだったと思います。

本日行われた北北海道大会決勝で勝利した旭川大が
旭川勢としては6年ぶりの甲子園となります。
ここは奮起して甲子園での連敗に終止符を打ってもらいたいですね。

さて南大会の方は・・・
実は今日の準決勝を円山球場で観戦してきました。
明日の決勝戦は、駒大苫小牧 vs 北照 と、試合巧者同士の対戦。
私も観戦予定なので明日は円山球場からの厚別です。

posted by hiroki |15:55 | 高校野球 | コメント(0) |

2017年08月04日

北海道代表の相手は

第99回 全国高校野球選手権大会の組み合わせが決まりましたね。

昨年準優勝の北海は2回戦からの登場で、兵庫代表の神戸国際大付と。
そして選手宣誓を引き当てた滝川西は仙台育英との対戦。

両校とも順調に日程が進めば5日目となる11日 (金・祝日) に登場。
第1試合で滝川西、第3試合で北海が試合を行います。

仙台育英は、特に夏は強いですね~。夏の初戦敗退は1983年が最後。
その後は7回出場し全て初戦を突破しています。特に2年前は準優勝。
ただ今年の春は初戦で福井工大福井に逆転負けを喫しているし
選手宣誓を引き当てたチームって割と初戦は突破しているような気がします。
でも準決勝を除き圧勝で県代表を勝ち取った今回の仙台育英は強そう。

春に引き続き夏も出場を決めた神戸国際大付は
過去に、絶頂期の駒大苫小牧を破ったり、何となく強そうなイメージがあるけど
夏は2度目の出場です (春は4回)。
今年の春は初戦で東海大福岡にサヨナラ負け。
地区予選も準々決勝と準決勝は苦戦。
決勝では春季兵庫大会決勝で敗れた明石商にリベンジした形。
北海が普段通りのチカラを出せば好勝負に持ち込めると思います。
データを見るかぎり、夏は1つ勝てば一気に勝ち上がる北海ですが
昨夏の決勝戦で活躍した選手が結構残っているので期待が膨らみます。

他で、初戦の好カードと言えそうなのは・・・
2日目 第1試合 ⇒ 作新学院 - 盛岡大付
4日目 第2試合 ⇒ 横 浜 - 秀岳館
4日目 第3試合 ⇒ 興 南 - 智弁和歌山
あたりでしょうかね。

7日から、いよいよ夏の甲子園 !!

posted by hiroki |20:06 | 高校野球 | コメント(0) |

2017年07月23日

北海道代表は滝川西と北海に

1500796999-minami.png
本日行われた南北海道大会決勝は
初回に5失点の北海が、3回からリリーフした多間選手の投打に渡る活躍で
中盤に追いつき9回に勝ち越しての逆転勝利。
夏の甲子園3年連続出場を果たしました。

多間選手を始め、昨年の甲子園決勝戦を経験した選手の活躍が
今日の決勝戦では光りました。
特に最終回は2塁打を放った井上君を多間君のタイムリー安打で返しました。

北海の夏・甲子園には奇妙なデータが存在します。
昭和40年より前は初戦の成績が10勝12敗と、まずまずでしたが
昭和42年以降の初戦は2勝12敗という散々な成績。
北海道予選では相手に付け入る隙を与えないような強い勝ち方で期待するも
何故か甲子園へ行くと別のチームのような戦いをするのが目立ちました。
いまファイターズで活躍中の鍵谷も別人の投球で愛知の東邦に10-15で大敗。

ところが42年以降に初戦勝利した2つの大会はベスト8と準優勝という結果。
つまり1つ勝てば一気に上位進出が期待できるというデータです。
今回は昨年の決勝戦で試合出場している3年生が多数おり
初戦で余程の強豪と当たらなければ1つ勝って
データどおり、そのまま一気に行けるかも。


1500798064-kita.png
スカイブルーのユニフォームで有名な滝川西は
昭和63年夏に甲子園初出場を果たしましたが初戦で天理に1-10で惨敗。
8回表までは1-2の接戦でしたが、そのウラ、一気に8点を奪われました。
平成6年春は、初戦で神戸弘陵に4点を先制しましたが6点を奪われ逆転。
しかし8回表に3点を奪い再びリード。
ところが勝利目前だった9回ウラに追いつかれると10回サヨナラ負け。
平成10年夏は初戦で智弁学園に2-6で敗れており
この夏に甲子園での初勝利を狙います。


両チームとも、北海道代表として
予選で敗退したチームの分も頑張ってきて下さいね!

北海にはプロが注目する145km/hの速球投手がいます。
(でも今日の決勝ではその投手が初回に5失点)
しかし何よりも昨年の決勝戦を経験した選手が多いので期待できそう。
まずは1勝です。データ的には1つ勝ちさえすれば・・・ですからね。


posted by hiroki |16:54 | 高校野球 | コメント(2) |

2016年08月22日

北海高校帰道

1471867009-IMG_3597.JPG

昨日甲子園で激戦を終えたばかりの北海高校野球部が北の大地へ帰って来ました。
17時台に到着するという情報を得た私は新千歳空港へ。

テレビ局のカメラ・アナウンサー、新聞者のカメラマン
そして北海の選手達を温かく出迎えようと、私を含む多くの人で一杯の到着口。

1471867019-IMG_3593.JPG

昨年の選抜で準優勝した東海大札幌も、今回の北海も
共通して言えるのは、開催前のチーム評価が高くなかったということ。
凄いピッチャーがいるとか、猛打の4番打者がいるとか、そういうのもない。

でも、強さを感じさせない強さで1戦1戦を勝ち上がり、最後は決勝戦まで進出。
実は2004年に優勝した駒大苫小牧も同じでした。

こうして考えると、北海道代表が再び優勝旗を持ち帰る日も近いのかな・・・と。


posted by hiroki |21:16 | 高校野球 | コメント(0) |

2016年08月21日

北海高校まもなく出陣!

決勝戦開始時間の甲子園球場は、晴れで36℃の予報。
道産子の体力が心配ですね。
1471751160-koushien_2016.png
↑↑ こうして見ると、作新学院圧倒的有利とも言えないのかも知れませんね。
キーポイントはエース大西健斗君の体力がどれだけ残っているかでしょう。

作新学院は相手投手の立ち上がりを攻め立て
序盤に勝負をつけてしまう戦いで勝ち上がってきました。
 〔2回戦〕 作新学院 3-0 尽誠学園 (香川)  初回に2得点
 〔3回戦〕 作新学院 6-2 花咲徳栄 (埼玉)  2回に5得点
 〔準々決〕 作新学院 3-1 木更津総合 (千葉)  3回までに3得点
 〔準決勝〕 作新学院 10-2 明徳義塾 (高知)  3回までに5得点

北海は中盤以降に勝負をかけるような展開で勝ち上がりました。
 〔2回戦〕 北 海 2-1 松山聖陵 (愛媛)  9回サヨナラ勝ち
 〔3回戦〕 北 海 4-1 日南学園 (宮崎)  8回の3得点で引き離す
 〔準々決〕 北 海 7-3 聖光学院 (福島)  中盤に逆転し8回にダメ押し
 〔準決勝〕 北 海 4-3 秀岳館 (熊本)   終盤追い上げに遭う

私は北海高校が優勝する条件を次の4つと考えます。
  ① 後攻を取る。
  ② 3回まで1点以内に抑える。
  ③ 作新学院エースの150キロを超える速球を打てる。
  ④ エース大西君が最後まで投げ切れる。

正直言うと、北海道代表が甲子園で決勝進出を果たしたのに
私自身、さほど感動も無いし、試合時間が近づいても高ぶる気持ちはありません。
もし2004年からの駒大苫小牧夏連覇が無かったら
今頃かなり入れ込んでいることでしょう (笑)
駒苫の大偉業があったからこそ昨年春の選抜で東海大札幌が準優勝した時も
あまり実感が湧かなかったし 『あぁ、そんな事もあったっけ』 な人も多いのでは?
だからこそ北海高校には勝って深紅の優勝旗を持ち帰ってほしいと思います。
準優勝だと数年後には忘れてしまう人も出て来るでしょうから。



そして決勝戦が終わって約3時間後には暑い暑い京都でのアウェー戦キックオフ!
試合の時間帯は晴れており気温は30℃前後。
それよりも特筆すべきなのは湿度が80%以上という点。

都倉選手が以前ブログに書いたように
涼しい札幌だからこそ真夏でも普段と変わらず
1週間しっかりトレーニングを積める事が大きなメリットになって
勝ち点3を獲ってくれると信じています。


posted by hiroki |13:27 | 高校野球 | コメント(2) |

2016年08月20日

明日は北海の決勝戦からの京都サンガ戦

8月12日、こんな記事 (ラスト2行) を書いたわけですが
まさか本当にそうなるとは・・・。

この日も立ち上がりが良くないエース大西君。
初回から無死1・3塁のピンチを迎えます。
ですが1塁走者の盗塁に対し3塁走者を気にせず2年生捕手が送球し1アウト。
そしてワイルドピッチで本塁突入した3塁走者もホーム上でアウトにし
無得点に抑えて良い流れを呼びこみました。

北海は序盤からスコアリングポジションに走者を送るのですが、あと1本が出ず。
でも、こういう状況は初戦から続いていました(初戦は18残塁)。
ようやく3回裏、2人の走者を置いて大西君が自ら右中間を抜ける3ベースを放ち
更に次打者のサードゴロが3塁手の悪送球を誘い一挙3点を奪いました。
5回にも、ここまで当たりの出ていなかった1番打者のタイムリーで1点を追加。

ここまで炎天下の中を1人で投げ抜いてきた大西君が終盤に疲れが出ました。
7回は初回と同じようにピンチを切り抜けたかに思えましたが
ワイルドピッチで1点を返され
更に8回には右翼手がバックホームを焦って打球を後方へ逸らし
それが痛い2点タイムリーエラーとなり3-4と1点差になってしまいました。

しかし最終回は北海ナインが踏ん張り、簡単に2アウトを奪うと
内野安打で1人走者を出したものの
最後の打者をショートゴロに打ち取ってゲームセット!
北海としては夏の大会初となる決勝進出を果たしました!

1471679036-2016_hokkai_junketu.png

さて明日pm2時から行われる作新学院 (江川 卓さんの母校) との決勝戦ですが
さすがに北海にとって景気のいい予想は立てられません (^_^;)
しかしながら大会期間中に恐ろしいまでに進化した作新学院とて同じ高校生。
一般的には圧倒的に不利なのでしょうけど
どちらが勝つかは 甲子園に棲む魔物の 『さじ加減』 で決まります (笑)


posted by hiroki |16:51 | 高校野球 | コメント(0) |

2016年08月18日

頂点まであと2勝!

リオ五輪では早朝から女子レスリングで金メダル3連発 !!!
しかも3人とも土壇場の逆転劇を演じました。

そしてリオ五輪やコンサ以外にも目を向けたい北海高校の躍進!

【準々決勝】
1471516678-2016_hokkai_junjun.png

特別な強さを感じさせないまま、あれよあれよとベスト4進出を決めた北海高校。
昨年春の甲子園で準優勝した東海大四 (今年4月から東海大札幌に名称変更) もそんな感じでした。

北海にとって夏の大会では実に1928年 (昭和3年) 以来となる準決勝進出です。
春 (選抜大会) は結構勝っているのですが、夏は苦手の北海高校。

北海道代表として夏に決勝進出を果たしているのは駒大苫小牧 (3年連続) のみ。
北海にもその実績を作ってもらいたいですね。

さて相手は熊本代表の秀岳館高校。
熊本県の高校とは過去の大会で春夏合わせて4回しか対戦していません。
春2回、夏2回ですが、ここまでは北海道代表の全敗・・・・・・。
最近では4年前の春に女満別高校が九州学院に0-6で敗れていますが
その前は昭和29年なので、データとしての全敗を気にする必要はないと思います。

今年の北海高校はベスト4に残った他の学校に実力では引けを取りません。
(作新学院だけ少し抜けた存在かも)
なにせ強豪の八戸光星学院に7回表の時点で7点差をつけられたにもかかわらず
9回裏に大逆転サヨナラ勝ちした名門の東邦 (愛知) を
昨日5-2であっさり倒した聖光学院に7-3で勝ったのですからね。

まぁ昨日も書きましたが、北海が勝てるかどうかは
エースで4番でキャプテンの大西 健斗君の調子次第でしょうね。


posted by hiroki |20:10 | 高校野球 | コメント(4) |

2016年08月17日

北海高校が3回戦に登場

第98回 全国高校野球選手権大会
  【3回戦】 北 海 4-1 日南学園(宮崎)
1471422698-2016_hokkai_03.png

ネット上でもイケメンで盛り上がっているエースで4番でキャプテンの大西健斗君は
負傷で満身創痍の体調ながら素晴らしいピッチングを見せ
今日もチームを勝利に向け牽引してくれました。

北海は明日の準々決勝 (第3試合) において
クラーク記念国際を2回戦で破った福島の聖光学院と対戦します。
クラークの無念を晴らす意味でも勝ってベスト4進出を決めてほしいです!

なお北海道の北代表&南代表が1つの大会で同じ高校と対戦するのは過去2回あり
昭和43年に北海と旭川大がそれぞれ高知に敗れ
また、昭和60年には函館大有斗と旭川竜谷が沖縄水産に敗れています。

北海は昭和3年にベスト4へ進出しており、明日勝てばそれ以来となります。
ちなみに昭和3年の出場校は今の半分以下 (22チーム) で
その年は2勝で準決勝に進出しています。

ベスト4進出への鍵は、何と言ってもエース大西君の調子次第でしょうね。
今日のようなピッチングが出来れば聖光学園と言えども簡単に打てないと思います。


posted by hiroki |17:41 | 高校野球 | コメント(0) |

2016年08月12日

北海高校!夏の甲子園での素敵なデータ

【甲子園:2回戦】
1471002712-2016_hokkai_02.png

昨年夏の甲子園では開会式直後の試合で鹿児島実に4-18という惨敗。
今年のエース (4番で主将) 大西君は途中で登板しアウトを1つも取れず3失点。
そんな悪夢のような甲子園出場から帰道しての秋季大会 (新人戦) では
よもやの札幌支部予選初戦敗退・・・。
更に今年に入り、春季大会でも札幌支部予選決勝で敗退。

しかし北海は夏の甲子園に照準を合わせ、1戦1戦チカラをつけながら
見事に2年連続出場を果たし、本日その初戦で愛媛の松山青陵にサヨナラ勝利!

昨夏のリベンジを果たさんと、プロスカウト注目のアドゥワ誠と投げ合い
緊迫の投手戦を制したエース大西君は非常に男前でもあります。


さて、北海にとって今回が37回目の出場となった夏の甲子園ですが
昭和30年代までは1つや2つ勝つのが普通だったけど
40年代に入ると、出ては負けを繰り返していました。
40年代以降は14回出場し、勝利を挙げたのは平成6年のみ (3つ勝ちベスト8)。
それ以外の13回は全て初戦敗退でした。

そして今日、22年ぶりに夏の甲子園で勝利の校歌を聞いたのです。
春の甲子園では割と初戦勝利しているのに、何故か夏は成績不振が続いていた北海。

しかしそれを打ち破って勝利を挙げたからには
一気に勝ち上がって行く可能性があるような気がします。
今大会は飛び抜けた強さのチームが不在。
その中でも強豪と呼ばれる横浜と履正社はそれぞれ初戦を突破しましたが
なんと2回戦で直接ぶつかる事になり、いずれかが早くも姿を消します。

北海高校が、もう1つ勝つようであれば
ズバリ! 平成16年 (駒苫が優勝) の再現があるかも知れません。


posted by hiroki |21:30 | 高校野球 | コメント(2) |

2015年08月06日

夏に勝てない

今日から甲子園。

開会式直後の開幕試合に登場した南北海道代表の北海は
鹿児島実に 4-18 という歴史的大敗を喫しました。
1438858345-HOKKAI_2015.png
4回までは点の取り合いで、このままいけば裏攻撃だし勝てるかも!
と期待しましたが、5回表にまさかの10失点・・・・・・。
こんな超ビッグイニングを作られたのが、あまりにも痛過ぎましたね (ToT)

北海高校は春だと12勝12敗 (最高:準優勝) と五分の戦績なのですが
夏は17勝35敗で勝率は約33%となっています。春の方が実力を出せるのかな?

北海道大会で走攻守に隙のない戦いを繰り出し甲子園へ行き
そこでまるで別のチームみたいな野球をしてしまう傾向があると思います。
今日にしても18失点するような弱小投手陣とは思えず
この高校にとって夏に甲子園は鬼門なのでしょうか。

夏に関しては、昭和39年に1勝した後、今大会まで14回出場して
勝利を挙げたのは平成6年のみ (ベスト8 ⇒ 秋の国体で優勝)。
実に14回中13回が初戦敗退となっています。
監督さんも 『どうやれば夏に勝てるのかな・・・・・・』 と頭を抱えているかな?

現ファイターズの鍵谷陽平という大黒柱を擁して出場した平成20年の夏も
1438858366-HOKKAI_2008.png
という散々な結果で初戦敗退。終盤は盛り上がりましたが。 
あの鍵谷投手がこんなに失点するとは・・・・・・と信じられない心境で
ラジオを聴いていたのを思い出します。

とはいえ、北海高校野球部の皆様、本当にお疲れさまでした。
大学や社会人野球でも活躍しそうな選手もいるし
4番の鎌仲選手あたりはプロ入りの可能性も!と思います。
北海高校は次の夏に期待しています。

そして明後日に登場する 白樺学園 の初戦突破と
同日夕方登場する コンサドーレ札幌 の10試合ぶり勝利に期待します!


posted by hiroki |19:51 | 高校野球 | コメント(2) |