スポンサーリンク

2017年03月18日

普通に勝った感じが重要なのです。

1489841332-IMG_4565.JPG
2節のFマリノス戦で惨敗した時は 『ヤバいかも……』 と不安になったものの
水曜のルヴァンカップといい今日の試合といい
セレッソ戦も含めて振り返ってみると、結構J1の水に慣れてきたな〜と。
今日の勝利などは今後に向け、非常に価値のあるものだと思います。

『内容は悪くなかったのに結果が出せない』 というのも無いし
先制され追いついてのドローとか、前半は沈黙しても後半一気に2ゴールとか
先制して追いつかれたけど勝ち越し点を決めて勝つとか
そういう勝ち点の取り方が出来るのは大きいと思います。
そして何よりも
相手の攻撃を凌ぎに凌ぎ、何とかギリギリ逃げ切るとかじゃなく
私の目では、ごく普通に勝てた感があり
また、J1の舞台で戦っているという意識を忘れて観戦している自分がいて
そういうのはとても重要だと思ったりもします。

これからは、格上の強豪との対戦もあるから
2節のような大敗をするゲームも考えられるとしても
勝ち点を取れるところではしっかり取っていってほしいです。
そしてその先に 『残留』 の2文字が見えてくるのだと思います。

あとは中心選手がケガ等で長期離脱をしませんように。


posted by hiroki |21:46 | コンサドーレ | コメント(0) |

2017年03月11日

まずは勝ち点1から

1489219222-IMG_4512.JPG


前半は何だかな〜な感じだったけど
後半は早めに2枚替え。ボランチを3から2にしたのかな?
それともマセードが良かったからかな?
とにかくその辺から流れが来て、その先に都倉選手の同点弾!
内村選手のフワリとしたクロスも良かったですね。

そこからは互いに重い足を懸命に動かしての打ち合い。
見応えもあったし緊迫感もあったし。

欲を言えば逆転勝利まで行って欲しかったけど
それは来週のお楽しみにします。

取り敢えずの勝ち点1。ホッとしています。


posted by hiroki |17:07 | コンサドーレ | コメント(0) |

2017年03月04日

ファーストディフェンス

コーナーキックの回数では圧倒していたのだけど・・・。

素人思考ではありますが、試合を見ていて幾つかの良くない点が目につきました。

1. ファーストディフェンスの緩さ
自陣でボールを保持しているDFへのプレスに随分差があるように見えました。
コンサはボール保持者へプレスをかけてはいるけど本気で奪い取るような迫力に欠け
野球で言えばランナーがいても牽制球は形だけのもので
本気でアウトを取ろうとはしていない感じ。相手にかかるプレッシャーは低いでしょう。
逆にコンサ守備陣がボールを保持している時はヒヤヒヤするシーンが多かった。
強いプレスに焦り、パスミスをしたり、慌ててバックパスを入れたり
痛かった2失点目は余裕の無い位置にいた進藤へ無理にボールを渡し
それをかっさらわれてのものでした。
F・マリノスの選手が見せたようなファーストディフェンスを真似したいものです。
ボールを持ってから少しもたついただけで簡単に奪われてしまうのがJ2との違い。
出しどころが無かったらドリブルを試みるとかのアイディアが出るか出ないかの差。

2.ミスからの失点
これは仙台戦でもあったので非常に残念。
まぁ、ミスを誘うのも1に書いたファーストディフェンスに関係すると思います。


0-3になってしまったものの後半40分あたりからは
何となくJ1の流れに乗れていた感じがしました。
ああやってテンポよく攻め込めば相手だって慌てることもあるでしょう。
攻撃は最大の防御という言葉もありますし。
今日の試合は終盤にそういう動きが出来ていたせいか
終了後のガックリ感が意外に少なかった私です。
終盤の攻撃でシュート数も3本差まで迫っていたようだし。


長い長いキャンプ生活は精神的にもきつく、これは体の動きにも影響が出るはず。
なにせ脳からの指令で体が動くわけですからね。
スタートダッシュを飾れるシーズンが少ない原因の1つだと思います。
逆に、そんな環境でも良いスタートを切ったシーズンは
必ず残留や昇格という素晴らしい成績を残していますね。

今日の試合が終わってようやく札幌に帰って来れるわけですが
精神的な疲れが少し取れてのホーム開幕戦で躍動する事が出来れば
良い結果もついてくるような気がします。
3月11日を楽しみにしています。

posted by hiroki |22:00 | コンサドーレ | コメント(2) |

2017年02月26日

武器アリ

過去に唯一J1残留を果たした2001年シーズンは
ウィル という凄い武器になる選手がいました。

では1年で降格となった2つのシーズンはどうだったのかと振り返ると
確かに2012年はこれといった凄い武器は無かったような・・・
シーズン途中から加入したハモンという選手が最初からいれば
もう少し勝ち点を伸ばせた可能性はあるけど、残留まではいけたかどうか。
2008年はダヴィとクライトンがいたし、戦力は結構あったと思うのですが
2012年と同じ4勝しかできませんでした。

あっ・・・ もしかしてそこか・・・
2008年の顔ぶれで断トツ最下位という結果を喫してしまった事が
私の中で 『J1は怖いところ・・・』 というイメージを作っているのかも。

でも今年のチームは、ダヴィ・クライトンといった個々のチカラではなく
チーム全体として (個のチカラも含め) なかなかの武器を保持していると思います。
それは身長が高い選手が多いという点。
昨日の相手は先発メンバー中180超えが3人。183:2人、180:1人。
コンサの高身長ぶりは凄いですよね。180未満が3人でした。
ソンユン195、都倉とミンテ187、横山とジュリーニョ184、福森183
宮澤182、菊地181。
180未満3人中2人も、石井が178で深井が177です。
この他にも180超えの選手がゴロゴロいるというチームにつき
セットプレーやゴール前での空中戦においては
いくらJ1とは言え、ほとんどの相手は警戒せざるを得ないでしょうね。
そこへ福森のようなキッカーが控えているわけですから。

セットプレー頼りじゃだめでしょうと言われそうですが
やはり何か1つ相手に脅威を与える武器はあった方がいいし
それがあることでカウンター攻撃など他の攻め方も活きてくると思います。
他の攻め方に関しても、ジュリーニョのPエリア外から放つシュートや
ヘイスの高い技術、大型でありながら飛び出しが巧いストライカーの存在など
昨年ほど通用しないかも知れませんが、実はバリエーションは豊富。

プラス思考が過ぎるような考えを長々と書きましたが
昨夜までは正直こういう気分にはなれませんでした (笑)

posted by hiroki |10:51 | コンサドーレ | コメント(1) |

2017年02月25日

失点1

後半の動きを見る限り
優勝候補と呼ばれる程の強豪じゃなければ
状況によっては互角以上に戦えるという感じはあったけど
それにしても終盤の失点はショックだったなぁ〜。
この1つの失点が今シーズンの行方を決めるわけじゃないと
自分の心に言い聞かせる私 (笑)

でも修正点もたくさん見つかったと思うので
一週間を有効に過ごし、次はやってくれると信じます。

posted by hiroki |16:30 | コンサドーレ | コメント(2) |

2017年02月25日

ドームで私もスタートダッシュ!

いろいろと非公開が多かったせいなのか
昨夜のコンサにアシストと朝刊某紙とでは予想スタメンに違いが。

まぁ、あと3時間少々経てば分かることですね (^-^)

1487978509-IMG_4469.JPG

せっかくJ1に昇格しても
その初戦が自室で1人観戦だと淋しいな~と思っていたところでの
パブリックビューイングというのは、心の底から有難く思い、本当に感謝!

1人で参戦するのはいつもと変わらずですが
駆けつけた大勢の皆さんとドームで盛り上がりたいと思います。

スタートダッシュを決める瞬間、きっと見ることができると信じています。


posted by hiroki |08:34 | コンサドーレ | コメント(0) |

2017年02月24日

スタートダッシュの重要性

コンサドーレ J1での成績
  2001年  ◎◎×◎△  年間10勝 ・・・・・ 残留
  2008年  ××◎××  年間4勝 ・・・・・ 降格
  2012年  △××××  年間4勝 ・・・・・ 降格

開幕の時期が到来してもホームタウンが雪で覆われていることから
どうしても長期遠征中に初戦を迎えるなど
スタートダッシュを決めるのが難しい状況におかれるコンサドーレ。
しかしスタートダッシュを決めたシーズンは
必ずJ1残留やJ1昇格といった素晴らしい成果を出せています。

さて今シーズンはどうでしょう。

願わくば開幕戦と2戦目を連勝してホーム初戦を迎えたいものです。
開幕からの5試合で勝ち点8~12を取れれば残留まで漕ぎ着けそうな気がします。

まずは明日のベガルタ戦で勝ち点3を !!!

posted by hiroki |22:43 | コンサドーレ | コメント(0) |

2017年02月19日

7日前

理想のスタメンがどういう顔ぶれなのかは一概に言えませんし
そもそも監督さんが決めることです。

私個人で考える理想のメンバーは攻撃タイプのブラジル選手が絶対に欠かせません。

開幕戦に間に合わない選手が早めに良い状態へ仕上がり
監督さんがメンバーを組むのに、厳しい台所事情で悩むのではなく
好調な選手が多過ぎて誰を起用しようか悩むようなチーム状態になるのが
早ければ早いほど順位も上げていけるのかな~と思っています。

開幕まであと7日です。

posted by hiroki |08:34 | コンサドーレ | コメント(0) |

2017年01月28日

沖縄の青空の下

1485585856-dazn_cup.png

終盤は 2-0 というスコアの怖さを実感しそうな展開でビクビクしながら。

なんとか 1-2 で逃げ切り、沖縄の青空の下、優勝賞金300万円をGET!

FC琉球はクオリティが高い攻撃を見せますね。
選手層さえ厚くなればという感じのようです。

結構いい補強ができてポジションごとの層が厚くなった感のあるコンサですが
やはり負傷者が気になります。
体重オーバーで絞り込みが必要とかならまだしも
主力の何人かがニューイヤーカップ2戦ともベンチ入りしていません。
熊本キャンプの途中から完全合流できる程度なら良いのですが。

私個人としては、千葉戦や琉球戦での試合内容は、そんなに気にしていません。
それより僅か出場3チームとはいえ、こうして優勝を飾るっていうのは
とても幸先が良いことだと思っています。


posted by hiroki |15:59 | コンサドーレ | コメント(2) |

2017年01月26日

そうであることを願おう!

今日の夕刊記事に
「楽観視しているわけではないですが、J1昇格よりもJ1残留のほうが
難しくはないのでは、とも考えています」 と社長の言葉。

そして 「少ない予算の中でいかに結果を出すかという点では
うまくやれそうな気がしています。J1中位以下のクラブとは資金力に差があっても
戦力差はそこまでない」 とも。

先見の眼がある社長からこういう言葉を聞くと
J1残留、そして定着へのシナリオが実現していくような期待が
私の中で、ますます膨れ上がります。

最後に、「シーズン終了後にやっぱりそうだったなと思えるよう
選手の頑張りに期待しています」 と。

そうであってほしいな~と強く願い続けるつもりです。

posted by hiroki |20:34 | コンサドーレ | コメント(0) |

2017年01月25日

vs ジェフ千葉 見逃し配信

見た感じなので違っていたらゴメンナサイ。
上が先発メンバー。下は試合終了時の布陣です。
黒字は交代で入った選手。

1485343255-20170125_vs_JEF.png

他チームからの補強選手は全員が先発出場。
そしてジュリーニョは2トップの一角として元気に先発!
マセードも後半スタートから右SHで頑張りました。
しっかりと自己管理してきた証明ですね (^o^)  あれ?ヘイスは? (笑)

交代枠が8人までということで、両チームともそれを使い切り
コンサドーレでフル出場したのは進藤・前・永坂といった3名の若者。

試合の方は、DAZNニューイヤーカップ2戦目のジェフに
押し込まれる時間帯が長かったものの
金山が、見事な読みでPKをストップしたり
強烈なヘッドを左腕1本で弾いたりの大活躍でスコアレスドローという結果。

まだキャンプが始まったばかり。
1試合を経験した事で、土曜のFC琉球戦は見事に勝利してくれるはず。


さてDAZNの見逃し配信ですが
・・・・・・ネット環境の問題でしょうかね。
画面が止まりまくり、ロスタイム直前にはスタート地点に戻ってしまう有り様。
iPhone視聴の方が少しはマシだったけど終盤に入ると止まってばかり。
ネット環境等の改善はできそうもなく
せっかくJ1が舞台の今シーズンですが、視聴に関しては苦難の道になりそう。


posted by hiroki |20:41 | コンサドーレ | コメント(0) |

2017年01月18日

パウロンに関して

北海道コンサドーレ札幌のパウロンが期限付き移籍先の福島ユナイテッドFCから
レンタルのまま2017シーズンは水戸ホーリーホックへ移籍。

日本への帰化を希望・・・・・・なんて噂を耳にした事があるけど
もしも噂が本当で、日本国籍を取得できたら
再び赤黒のユニフォームを着るということかな?外国人枠を気にする必要ないし。

年齢的には宮澤やヘイスと同じで、まだまだこれからの選手。
個人的には、またコンサドーレの選手として活躍する姿が見たいな~と思います。

posted by hiroki |19:46 | コンサドーレ | コメント(0) |

2017年01月16日

過去に唯一J1残留を果たしたシーズン

コンサドーレは、97年に悲願のJ昇格を果たしましたが
98年のJ1参入決定戦で敗れて99年はJ2へ。これも残留できなかった年と考えると
  07年に昇格 ⇒ 08年に降格
  11年に昇格 ⇒ 12年に降格
というのを含め、1シーズンで降格してしまった経験が3回。

逆に、唯一残留を果たしたのが2001年。

このシーズンにナゼJ1残留できたのかを私なりに分析してみますと
一言でいえば メンタルの強い選手が多かった に尽きると思うのです。

で、2001年はどんな選手が出場していたのか。
その中でも、私が思う特にメンタルの強そうな選手を挙げると・・・・・・

まず真っ先に現社長:野々村氏の名前が (笑)
もちろん内心では神経をすり減らしたりもしていたのでしょうけど
現社長がキャプテンとしてピッチの中央からゲームコントロールをしているだけで
他の選手達も思い切りやれたはず。

2トップがウィルに播戸。
この2人は、まずもって、どんな強豪が相手でも関係ないでしょう (笑)
相手が強ければ強いほどチカラを発揮するタイプ?

他にも、メディアで活躍中の大森健作氏に現コーチの名塚氏。
メンタルが強い弱いの概念すら無さそうなビジュ。
後に日本代表DFまで出世した今野が高卒ルーキーからレギュラーの座へ。
入団2年目の山瀬選手も既にメンタルが強そうでしたね。

こういった選手達が、対戦相手に臆することなく戦っていたという印象です。


さあ、今年のメンバーはどうでしょう。
シーズンが始まってみなければ分かりませんが
メンタルの強さという面では、かなりイケてるような気がします (^o^)
窮地に陥りかけた時に慌てず対処できるかどうか・・・・・・という心配もあるけど
昨シーズン終盤のピンチを乗り越えた経験は非常に大きいですね。


あとは 沖縄 ⇒ 熊本 でのキャンプでケガ等による新たな長期離脱者を出さないこと。
それはシーズン突入後にも同じことが言えますね。
これも大きなキーポイントになると思います。

posted by hiroki |18:43 | コンサドーレ | コメント(2) |

2017年01月15日

昨夜のMVP

1484454275-IMG_4352.JPG

昨夜のキックオフ2017。

全体的に涙が出るほど笑いまくったけど

なんだかんだ言っても

私的に1番面白かったのは河合竜二さんだったな〜。


posted by hiroki |13:24 | コンサドーレ | コメント(0) |

2017年01月14日

真横から

1484389498-IMG_4335.JPG

きたえーる内はこんな感じです。

まもなく開演。

真横から見る席になってしまいましたが
雰囲気は充分に味わえそうです。


posted by hiroki |19:24 | コンサドーレ | コメント(2) |