コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2018年08月31日

相性?そんなの関係ないかも

最後に勝利して以降の神戸戦 (Jリーグ戦) を振り返ってみると・・・

2006 ◎ 2-1  GOAL 相川、OG
2006 × 1-6  GOAL フッキ
2006 △ 1-1  GOAL フッキ
2006 × 1-4  GOAL フッキ

2008 △ 1-1  GOAL ダヴィ
2008 △ 1-1  GOAL ダヴィ

2012 × 1-2  GOAL 山本
2012 × 2-4  GOAL ハモン、上原

2013    ×    0-1
2013    ◎    1-0      GOAL    レコンビン

2017 × 1-2  GOAL ジュリーニョ
2017  × 0-2

2018 × 0-4

という風に、2012年からは1勝6敗である。

今年5月20日に0-4で大敗した試合で私がHPに記したコメントは
「序盤の2失点で苦境に。後半開始からジェイ投入で流れ掴む。
ポスト直撃が決まっていればどうなっていたかわからない展開。
ミンテ、宮澤が相次いで退場も勇敢に攻めた」

このコメントに勝利へのヒントが含まれていると思う。
2人も退場なんてケースは滅多にない事。つまり、序盤の失点さえ防げば
後半圧倒的に強いコンサドーレなので何とかなるかも知れない。

昨シーズンまでの相性の悪さは今年のコンサには関係ない。

それともう1つ。イニエスタの加入で神戸のサッカーが少し変わっているとしたら・・・
これまでの神戸じゃなければ充分に勝機は見いだせる・・・と思う。自信はないけど。

posted by hiroki |19:33 | コンサドーレ | コメント(0) |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントする