2009年12月28日

第3回 GO FOR 2014 CUP 準優勝

2009/12/28(月)12:30 @埼スタ第2ピッチ
第3回 GO FOR 2014 CUP in saitama 決勝トーナメント
決勝戦
コンサユースU-18 0-1(0-0、0-1) 名古屋U18 (35分×2)
得点者:失点(後半1分)
コンサの警告等:前貴之(後半4分・退場 黄×2)

全体に名古屋の方が地力があるかなという展開の中、後半の早い時間にひとり少なくなってからも人数差をあまり感じさせないがんばりでした。
終盤怒濤の攻めを見せたのですが、追いつけず、0-1で負けてしまいました。
でもお天気にも恵まれ、広いピッチで存分にサッカーができたことはよかったんじゃないかな。
試合経過や出場メンバーはあとで追加します。


ということで、追加分です。


得点板
決勝戦の相手は名古屋ユースです。
35分ハーフで決着がつかないときは10分ハーフの延長戦。それでも決着がつかないときはPK戦になります。


選手入場
さすが決勝戦はこれまでの試合とは違います。
Jリーグアンセムが流れる中での堂々の入場です。


整列
整列


コンサの選手たち
コンサ側をアップで


コイントスは大くん
コイントスは大くんでした。


前半開始時の円陣
前半開始時の円陣


名古屋の円陣
名古屋の円陣


前半キックオフ
前半は名古屋キックオフでスタート


<前半のメンバー>

     11三上陽輔  35鈴木貴大
  31中川雄貴         14菅原康介
      29前貴之 28荒野拓馬
12葛西大 23奈良竜樹 22工藤直人 32小山内貴哉
         21松原修平



立ち上がりからなんだか押され気味の気配で始まりました。前半11分までにヒヤリとしてからくも守った幸運なシーンが2回ありました。
そういえばグループリーグでの試合のとき、見に行ったganchanさんは終始名古屋ペースだったと言っていました。やっぱりそうなんだなあと思いました。
名古屋の選手たちは全体に小柄というか背は高くないのだけど、スピードがあるのと豆タンク(←死語)という感じに身体がしっかりしているので、けっこうやっかいです。
コンサの最初のチャンスは前半14分、名古屋ゴール近くで相手ボールをチェックして奪い、そこから何度かパスで崩して最後は陽輔のシュート。バーの上で惜しかったです。
前半15分、名古屋の決定的なシュートは修平がキャッチ。
前半18分、相手が持っているボールを奪おうと挟んでプレスをかけていきますが、名古屋の選手たちは足もとが上手く丁寧で、寄せていっても足が届かない位置へボールを動かされキープされてしまいます。前日の高円宮杯(U-15)準決勝で見たヴェルディの選手たちを思わせる巧さでした。


試合中
(試合中のシーン。本文とは関係ありません。)


前半28分、ボールを持ってゴールへ攻め上がる名古屋の選手を貴之くんが引き倒す感じで倒してしまいました。イエローカードが貴之くんに出されました。うん、まあこれは仕方ない。
前半30分、名古屋の最終ラインがかなり高くなっていたとき、陽輔が上手く裏へ抜け出しました。ゴールまでの広いスペースを独走です。ゴール前にいるのは名古屋GKひとりです。
チャンス!陽輔、決めろ~~!!と手に力が入ったのですが。陽輔は慎重になりすぎたのか、どんどんゴールに近づいていって近づきすぎて?シュートコースが狭まったような感じになって、GKに当たらないようシュートしたら打ち上げてしまいました。うーん、残念。
前半31分、拓馬から康介にボールが渡り、オーバーラップした貴哉くんにパスが出されます。貴哉くんはスピードに乗ったまま右サイドをえぐりましたがクロスをあげる前にゴールラインを割ってしまったようでした。惜しかった。
前半33分ころは、スピード溢れる攻防が見られるようになってきて、コンサが盛り返してきたなあと感じました。おもしろくなってきました。
前半34分、コンサ最終ラインから裏狙いのロングボールに陽輔がするっと抜け出て頭で前に落としてシュートしようとしましたが、少しボールが長くなってGKが拾ってしまいました。
前半34分、中川くんが粘って左CKをとり、そのCKを拓馬が蹴り入れましたが、チャンスにまではなりませんでした。
前半は0-0で終了です。


後半開始からナリ、ナガコウ、ヤスの3人が交代出場ですが、誰に代わったのかは。前半のと見比べて確認してください(笑)。

後半キックオフ
後半はコンサのキックオフで始まりました。


<後半のメンバー>

     11三上陽輔  35鈴木貴大
  27近藤勝成         14菅原康介
      29前貴之 28荒野拓馬
34山下泰明 33永井晃輔 22工藤直人 32小山内貴哉
          21松原修平


後半1分29秒、名古屋のゴールが決まりました。後方からのボールを前線の選手が胸トラップでうまく自分の左前のスペースへ落としたところですでに「わ、やられた」感が満載。左側のスペースへ抜け出られてそこから中へパス。最初のシュートは打ちそこねた感じで何とか防ぎ、その後もクリアしようとしたり何度か防ぎましたが結局は押し込まれてしまいました。(0-1)
後半4分、今度はコンサのチャンス。GKとDFの間に出たボールに貴之くんが走り込みます。GKも前に出てきてどっちが先に触れるか勝負になりました。貴之くんがシュートしようとするより少し早く、相手GKがボールに飛びついたんですが、そのときの交錯で貴之くんにイエローカードが出てしまいました。え?そうなの?
GKを飛び越えなかったので危険なプレーということなのでしょうか。
貴之くんはイエローカード2枚目だったので、そこで退場になってしまいました。うーーーーん。(←不満げ)
もともと押され気味だったのに人数がひとり少なくなったらさらに苦しいなと思いました。


<10人になってから>

     11三上陽輔  35鈴木貴大
  27近藤勝成         14菅原康介
         28荒野拓馬
34山下泰明 33永井晃輔 22工藤直人 32小山内貴哉
          21松原修平



そのあとはやっぱり苦しい展開が続きました。でもそれは10人になったからというより、それ以前と変わらない感じでもあります。むしろ10人になってもそれを感じさせないがんばりを見せているとも言えます。
後半13分、康介に代わって翔太が入りました。ヤスが右SHに移って翔太がSBです。名古屋の前線が早いので翔太のスピードとフレッシュな運動量で人数差をカバーしようということかなと想像しました。



     11三上陽輔  35鈴木貴大
  27近藤勝成         34山下泰明
         28荒野拓馬
36榊翔太 33永井晃輔 22工藤直人 32小山内貴哉
          21松原修平


  
ここにいたのね
後半21分、ターボに代わってニシケンが入ります。
(貴之くんはあそこにいたのか。とこの写真を見て発見。)



     11三上陽輔  27近藤勝成
  28荒野拓馬         34山下泰明
         15西田謙太
36榊翔太 33永井晃輔 22工藤直人 32小山内貴哉
          21松原修平


後半22分、拓馬のスルーパスにナリが抜け出しますが、オフサイドでした。
後半24分、名古屋のシュートが修平の手の届かない反対側に飛びましたが左ポスト選手が防いでくれました。
後半30分、貴哉くんに代わって同じ位置に景祐が入ります。


     11三上陽輔  27近藤勝成
  28荒野拓馬         34山下泰明
         15西田謙太
36榊翔太 33永井晃輔 22工藤直人 24大野景祐
          21松原修平


後半35分、拓馬が右上のスペースに出したパスに景祐が走り込み中へ切り込んでシュートしますが、クリアされて右CKになりました。
後半36分、名古屋の左CK
後半37分、拓馬のパスが陽輔に届く前にカットされたところで試合終了の笛。0-1での敗戦になりました。



試合終了
終了。お疲れさまでした。残念だったね。



表彰式
続けて優勝チームの表彰式が行われます。


見ています
横で見ているコンサの選手たち


優勝カップ授与・・・のはず
こちらからは見えにくいけど、並ぶ選手たちの向こう側で優勝カップの授与が行われています。


受け取って戻りました
戻ってきた手に優勝カップが見えます。


フェスティバルですし結果はあまり気にしていなかったんですが、せっかくだから優勝した笑顔を見たかったなと思いました。そして表彰式で「2年連続この大会で優勝したチームが翌年の高円宮杯で優勝していますので、名古屋グランパスのみなさんも高円宮杯優勝を目指してがんばってください。」というお祝いの言葉を聞いて、なんだか逃がした魚は凄く大きいような気がしました(笑)。

ちなみに、表彰式の賞状読み上げで知りましたが大会名の「GO FOR 2014 CUP in saitama」は「ゴー フォー にーまるいちよんカップ イン サイタマ」と読むようです。
”にせんじゅうよんカップ”かと思っていたけど違うのね。
埼スタの正式名が「埼玉スタジアム2002(←にーまるまるにー)」なのでそれと合わせてあるのかな。



うらやましい
優勝チームの記念写真を撮っているようです。
みんな笑顔なんだろうなあと思うと羨ましい限り。
→この写真http://gofor2014.net/pic/3rd_champion.jpgの撮影ですね。
大会公式ページの最終結果は→こちらから


最後に優勝を飾れれば最高でしたけど、そうじゃなくても十分に成果がある大会だったろうと思います。
私にとっては今年の公式戦でなかなかプレーを見ることのできなかった2年生たちをたくさん見ることができたのが楽しかったです。そしてなんだ、試合に出てこないと思ったけどみんなけっこうやるじゃん、頼もしいじゃん、と思ったのが嬉しかったです。来年の新チームがどんなふうになっていくのかますます楽しみになりました。

選手たちもスタッフのみなさんも1週間近い合宿と連日の試合、お疲れさまでした。どうぞよいお年を~。


posted by あきっく |14:03 | ユース | コメント(4) | トラックバック(0)

関連コンテンツ

スポンサーリンク

トラックバックURL
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.consadole.net/akik/tb_ping/913
この記事に対するコメント一覧
Re:第3回 GO FOR 2014 CUP 準優勝

結果報告ありがとうございましたm(__)mう~残念!悔しいなぁ(≧へ≦)

posted by キャサリン| 2009-12-28 14:18

Re:第3回 GO FOR 2014 CUP 準優勝

ハッハッハ。高円宮杯ならウチも優勝しますよね、明日。

ところで明日は、サポ入替制開催なのでしょうか。

posted by すがり| 2009-12-28 18:59

Re:第3回 GO FOR 2014 CUP 準優勝

今日の高円杯決勝、応援に専念してください。
そして、札幌に優勝をもたらしてください。
お願いします。

posted by クラシック| 2009-12-29 08:18

Re:第3回 GO FOR 2014 CUP 準優勝

>キャサリンさん
詳しい報告が遅くなってしまってごめんなさい。
優勝って、逃してみると惜しいもんですねー。
優勝と準優勝では扱いが全然違いますもんね。
って、これは高円宮杯(U-15)も同じですけど。くーーっっ!

>すがりさん
時機に遅れたレスになってしまいましたが、ホーム側サポエリアの一角にコンササポエリアを設けてくれていました。
事前の問い合わせでは特別なことはしないとのことだったのですが、大量のコンササポが押しかけたせいか、JFAが柔軟に対応してくれたようです。ありがたかったです。

>クラシックさん
おかげさまで応援に専念しました。
優勝はできなかったけれど、越える山がある方がいいさ。・・・と負け惜しみを言ってみる(爆)

posted by あきっく| 2009-12-31 09:56

コメントする