スポンサーリンク

2021年12月26日

我らがミシャ監督も

「Sportiva」の記事。

「日本サッカーを育てた名将ランキング」

代表監督をつとめた数々の監督たちの名前が上がる中、我らの監督ミシャさんも、しっかり取り上げられています。

しかも、その順位に驚きます!!

名将から学べることの幸せを感じながら、来季も共に進んでいきましょう!



https://sportiva.shueisha.co.jp/smart/clm/football/jfootball/2021/10/11/post_151/

posted by No.1 代表 : くー |12:47 | サッカー | コメント(1) |

2021年12月23日

村井チェアマンが語る人事のあるべき姿

日経の記事です。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO78648150R21C21A2UU8000/

村井チェアマンがチェアマンの仕事、どんな人がふさわしいか、そして、その選び方などについて語っています。

ふむふむ。

あらゆる面から評価される、楽な仕事ではないようです。

さて。

ウチの社長は、本当に次期チェアマンになるのでしょうか?

一部報道では、今年末に社長を退くなどとありましたが、こんな押し詰まって、それはないでしょうと思っているのですが。

posted by No.1 代表:くー |11:06 | サッカー | コメント(0) |

2021年12月21日

来季は2月19日〜11月5日

Jリーグからのお知らせによれば、

来季はW杯(11月21日〜12月18日)があるため、リーグ期間は前倒しで、2月19日開幕、11月5日閉幕とのこと。

開幕戦については、24日18:30からYoutubeで発表があります!

漏れることのないように、各クラブにもそのときまで事前通告なし、マスコミにも協力を依頼しているとか。

全日程は、1月21日に公表されるそうです。

なんだか、慌ただしくなってきましたが、

コンサドーレは、チーム、クラブの人事がまったく発表されぬまま、開幕戦発表を迎えそうです。

どうなるのかな?



posted by No.1 代表 : くー |18:42 | サッカー | コメント(0) |

2021年12月19日

Jリーグチェアマンの選出とは

前回、村井チェアマンが決まったときの「JリーグTV」で、チェアマンの選出方法について、原さんが話しています。

https://youtu.be/pV5C0ho7mzc

今回も、前回を踏襲する形での選考となっていると思われます(改善すべきところは改善した上で)

このときに話しているように、かつてない公平公正な選び方で、Jリーグチェアマンは選ばれて
いるとのこと。

この候補者100名とも言われる中から、もし、野々村社長が選ばれるのだとしたら、それは、もうJリーグのため、日本サッカーのために、涙をのんで送り出すしかないのだろうなぁと、改めて思っています。

posted by No.1 代表:くー |19:08 | サッカー | コメント(0) |

2021年12月13日

家長選手は高嶺オシ!

家長選手のインタビュー記事。

1ページめは自らのことを語っていますが、2ページめを読んでビックリ!!

「札幌のボランチ高嶺は技術はもちろん、気持ちが強く、フィジカルもレベルが高い」

https://news.yahoo.co.jp/articles/c2c250c531a28881d2f788bbd774a321cbc5db6f?page=2

それだけでなく、熱くオス理由を語ってくれています。


怪我なく、どんどん大きく伸びていってほしいです!!

posted by No.1 代表:くー |18:37 | サッカー | コメント(0) |

2021年12月05日

胸が詰まる思い

昨日J1リーグが終了し、今日は、J2とJ3の最終戦でした。

昇格争い、降格争い、どちらも熾烈でした。

長くコンサドーレサポーターを続けている身としては、どちらの気持ちもよくわかるわけで、なんとも言い難く、胸の詰まる思いで見ていました。

歓びも悲しみも、どちらも愛あればこそであり、そこから先のクラブを応援する、支えるという気持ちは変わらないわけですが、であればこそ、歓びも悲しみも深いのです。

さて。

やはり、と言うべきでしょう。

選手の去就について、色々出てきました。

ミシャ監督の言葉の通り
、「みんなが残ってくれることを願っている」

これにつきますね。


posted by No.1 代表 : くー |18:28 | サッカー | コメント(0) |

2021年12月01日

「なぜサッカー界には新庄のような監督がいないのか?」

Numberの記事です。

降格制度が監督選びをシビアにしている点について書かれています。

ただ、書き足りないなと思う点が1つ。それは、サッカー監督にはライセンスが必要であるけれど、野球にはそもそもその制度がないということです。

そこが残念な記事ではありますが、なにはともあれ、これは、どちらかというと、普段野球に親しみ、サッカーについては疎い層に読んでほしい記事でした。

なぜサッカー界には“新庄剛志のような監督”がいない? 野球との違いと指導者育成の問題点「カズさんやゴンさんが監督になっても…」 https://number.bunshun.jp/articles/-/850929

posted by No.1 代表: くー |19:00 | サッカー | コメント(0) |

2021年11月14日

おめでとうと迎える側でい続けたい!

ジュビロ磐田の昇格が決まったそうです。

3年ぶりにJ1に戻る、その喜びは、想像することができます。

なにしろ、昇格の経験値は高いですから。

ジュビロサポーターさんのツイートがチラホラ目に入ったのですが、

来年は札幌に行くぞー!と言っているサポーターさんも多くて、

どうぞどうぞいらしてください、そして、美味しいものをたくさん食べて、色々観光して、「白い恋人」をお土産に帰ってくださいね、
と思うわけです。

でも、ふと思います。

こうやって、おめでとうとか、遠征に来てくださいとか、のんびり思っていられるのは、コンサドーレが来季もJ1にいることが決まっていればこそ。

来年の今頃も、再来年の今頃も、この先ずっとずっとそう言い続けることができますように。

そう、心から思っています。



posted by No.1 代表 : くー |18:57 | サッカー | コメント(0) |

2021年10月12日

道は繋がった

日本サッカーのこれからを考えると、代表はワールドカップに出てもらわなくては困る。

私たちの愛するJリーグの発展のためにも、道が塞がることは絶対に避けなければならない。

そんな気持ちで、今日はひたすらに代表チームを応援した。

出て当たり前のようになっていたワールドカップ。

必死になって、死物狂いで、手に入れられる場所だったことを思い出した。

神様が味方してくれたと思う勝利に力をもらう、それこそがワールドカップ最終予選であることを思い出した。


勝って良かった!!


この必死さを忘れず、ワールドカップの切符をなんとしても手に入れたいと、心から思っている。

posted by No.1 代表 : くー |21:22 | サッカー | コメント(0) |

2021年09月02日

日本のサッカー界のために

W杯最終予選。

ホームでのオマーン戦。

な、なんと、負けてしまうとは。

全体的に良いところなく、

さて、勝つためにどうしたものかと思っていたら、

最後に集中力を欠いて、サクッとゴールを割られてしまいました。

なんだか、良く見るやられ方だったような。

吉田キャプテンが試合後のインタビューで言っていた通り、

全般的に良いところナシの試合で。

最終予選の初戦、しかもホームでの試合を落としてしまったことは、このあと、非常に重くのしかかって来そうです。

とはいえ。

日本サッカー界のために、W杯出場はどうしても果してもらわねばなりません。

W杯期間中、指をくわえて、他国の躍動するサッカーを見ていたくはありません。

次の試合に、勝利することを、ひたすらに願っています。


 

posted by No.1 代表 : くー |21:59 | サッカー | コメント(0) |