スポンサーリンク

2022年11月28日

乾坤一擲!

今回のW杯は、開幕から2連勝したチームはフランス以外にはないそうです。

つまりは、混戦ということ。

日本はコスタリカに負けてしまいましたが、ドイツ、イタリアが引き分けたので、この組も例に漏れず混戦です。

グループリーグを勝ち抜くための条件が色々提示されていますが、
要は、スペインに勝て!ということに尽きます。

スペインも勝ち抜くために、真剣に勝負してくるはず。

あのスペインと、真剣勝負できる貴重な機会。

真っ向から挑んで、それでダメなら、今の実力がそこまでだったということ。

そんな気持ちで、楽しみたいと思っています。

posted by No.1 代表:くー |19:40 | サッカー | コメント(0) |

2022年11月27日

W杯の現実

恐れていたことが起こった、という感想。

テレ朝さん、おだちすぎでしたもんね。

これがW杯。

楽な試合は1つもないわけで。

次に勝つしかない!

posted by No.1 代表:くー |20:55 | サッカー | コメント(0) |

2022年11月24日

ドイツに勝ったぞ

絶望感すら感じた前半からの、見事な逆転勝利!

起きて見ていて良かった!!

興奮の勝利でした。

TLを見ていて面白かったのは、コンササポさんたちには「興奮したけど、歓喜したけど、あの川崎に勝った厚別の試合にまさるものではない。」と言っている方が多くて、わかる!わかる!!と思ってしまいました。

さらに、森保監督への評価が掌返しになって、勝負事はまさに「勝てば官軍」であることを痛感しました。

民放は放送で使える映像時間が限定されてからでしょう、渋谷スクランブル交差点とかスポーツパブとか、さらには、○○選手の幼馴染や親類などなど、相変わらず本質とは関係ない話でとにかく盛って来ています。

仕方ないとはいえ、なんだかなぁとは思います。

まあ、とにもかくにも、初戦で熱気が萎まずに、なんなら膨れ上がってくれて、良かったです。

グループステージ突破へ向けて、次戦コスタリカ戦も勝利あるのみです。

posted by No.1 代表 : くー |09:34 | サッカー | コメント(0) |

2022年11月23日

勝ったぞー!

すごーい!!

勝ったー!!!!

posted by No.1 代表:くー |23:59 | サッカー | コメント(0) |

2022年11月22日

サッカー情報がドンドン

NHKが2晩連続で、ドイツといかに戦うかという番組をやっていました。

明日の放送はNHKですから、煽りまくりです。

日本の代表ユニが世界一売れているというニュースもやっていました。

明日、もし、ドイツに勝ったら、例のごとく渋谷のスクランブル交差点が大騒ぎになったりするのでしょうか?(コロナ禍の今でも?)

ワールドカップなんだなぁとしみじみ思っています。

さあ、明日はどんな戦いを見せてくれるのか?

楽しみです。

posted by No.1 代表:くー |20:07 | サッカー | コメント(0) |

2022年11月21日

W杯が始まった!

カタールW杯が始まりました。

と言っても、私は、開会式と開幕戦をニュース画像でチラリと見ただけですが。

それでも、「ああ、W杯というのはやはりサッカーの最高峰、祭典なんだなぁ」と思うのは、普段、サッカーのことなど鼻にもかけないマスコミ各社が、ニュース枠にそれなりに時間をとったり、関連のバラエティ番組を放送したり、スポット番宣を流したり、そんな「変化」を見るからです。

私がサッカーにこれほどに関心を持つようになったのは、98年のW杯での中田英寿選手がきっかけですから、やはり、サッカーというコンテンツにとっては大切なものなのだという実感は持っています。

多くの良い試合を見て、
サッカーに興味を覚えてくれる人たちが生まれ、
その人たちが日本の地域に根ざしたJリーグに、
「私のチーム」を見出してくれるキッカケになりますように。

posted by No.1 代表:くー |16:41 | サッカー | コメント(0) |

2022年11月20日

ジェイが語るW杯の戦い方

日本で6年間プレイしたジェイが熱く語っています。

「日本代表がW杯で成功するために必要なこと」


httphttps://www.sportingnews.com/jp/soccer/news/%E5%85%83%E6%9C%AD%E5%B9%8Cfw%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%81%8C%E8%AA%9E%E3%82%8B%E3%80%8C%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8%E3%81%8Cw%E6%9D%AF%E3%81%A7%E6%88%90%E5%8A%9F%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%AA%E3%81%93%E3%81%A8%E3%80%8D%E3%80%90%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%82%B9%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%89%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%80%91/x9dxb40zozlylou97pta972a?s=09


ジェイらしい「気持ちの持ち方」が出てきて、ふふふとなりました。

posted by No.1 代表:くー |09:01 | サッカー | コメント(0) |

2022年11月01日

心安らかにW杯を見る

W杯のメンバー発表がありました。

https://twitter.com/JPFA_NEWS/status/1587326813809696768?t=tChPJVmHKU00V6HmX03Ieg&s=19

意外というか、想像の範囲内というか、受け止め方は十人十色でしょう。

ここでどんな声が上がろうが、結果をだせば正解となり、だせなければ不正解となる、それが勝負の世界の宿命です。

ウチの子がこの宿命の中に取り込まれる未来は、あとどのくらい先なのでしょうか。

とりあえず、来季もJ1にいることが決まったことですし、ハラハラドキドキするウチの子はいない(悔しいけど)ですし、心安らかにW杯を楽しみたいと思います。

余談ながら。

今や代表チームの中心に君臨する遠藤航選手ですが、前回のW杯ではメンバー入をするも1試合にも出られずだったのだそうです。

そこからの4年間、どう考え過ごして来たかを書いた書籍が発売になるそうで、その宣伝で知りました。

https://www.yurindo.co.jp/storeguide/73365?cat=comic

人間、紆余曲折を経て迎える未来なのだなぁ。

ウチの子たちも次のW杯へとしっかり向かってほしいなと思います。

posted by No.1 代表 : くー |15:32 | サッカー | コメント(0) |

2022年10月21日

ルヴァンカップへのミシャ監督の思い

明日はルヴァンカップ決勝の日。

私たちコンサドーレサポーターは、
あの2019.10.26を思い出すわけですが、それはコンサドーレサポーターたちだけではなく、
名場面ランキングで1位だったそうです。

https://youtu.be/YzuhZjVdpWg

そして、4度決勝戦を戦ったミシャ監督をして、やはり最高に思い出深い試合であったとか。

ミシャ監督のルヴァンカップへの思いのつまったインタビュー記事。

https://www.jleague.jp/sp/news/article/23565/

明日の決勝戦はどんな試合になるのでしょうか。

地上波で全国放送されるサッカーの試合です。

多くの人を惹きつける試合となりますように。

posted by No.1 代表:くー |08:20 | サッカー | コメント(0) |

2022年09月28日

三上GMも委員に

フットボールのあれこれについて考えていく「フットボール委員会」なる委員会がJリーグに設置になるそうてす。

https://www.jleague.jp/sp/release/%e3%80%8c%e3%83%95%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%a7%94%e5%93%a1%e4%bc%9a%e3%80%8d%e3%81%ae%e8%a8%ad%e7%bd%ae%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/

委員には、よく知ったお名前の方々が並んでいます。

その中に、我らが三上GMもいて、おっと思いました。

かつて、野々村氏がそうだったように、これからのJリーグを作っていく人のひとりとして認知されている(いく)ということでしょうか。

仕事の膨大さを思うと大変なことだとは思いますが、Jリーグの未来のため、しいては、コンサドーレの明日のために、頑張っていただきたいと思うばかりです。



posted by No.1 代表 : くー |20:15 | サッカー | コメント(0) |